プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
出資馬タグリスト
検索フォーム

重賞馬誕生

みなさん、お久しぶりです。

しばらくブログを書いていませんでしたが、

私は元気にやっております。




前回ブログ書いたのが確か1ヶ月ま…




ん?












1ヶ月どころじゃねえ
3ヶ月前じゃあああああああん











自分でも驚き…

もうこれはブログ引退待ったなし…








しかしね、

私はまだやめませんよ。

確かにブログのやる気はありません。

一口のやる気も前よりだいぶありません。

競馬自体の興味も薄れているんですが、

かろうじて出資馬のレースは見ています。







そんな私ですけどね、








ついに先週出資馬が…


一口始めて初の…


苦節6年にして初の…


















重賞勝利






















(ง°`ロ°)งヨッシャァァ‼
















嬉しい…

ほんとに嬉しい…

だってあんだけシルクで重賞とかG1勝ったって騒いでるのに

私は蚊帳の外でしたから…

蚊帳の外歴6年でしたから…

いやシルクではまだ蚊帳の外歴継続中ですけど、

シルクで勝つより難しいノルマンディーで達成できたというのも

なんか嬉しい…








そういうわけで、

私の出資馬についに重賞馬が誕生したわけですが、

ちょっとここまでブログが長くなってしまったので、





私のどの出資馬がアンタレスSを勝ったのか





みなさん気になると思いますが、


















続きは次回にします。
(なお次回は3カ月後)
(なお勝った馬アナザートゥルース)


真実を見つける旅

アナザートゥルース(もう一つの真実)がやってくれた。




昨日のアレキサンドライトS(1600万下)。

通算5度目の1600万下のレースで…

過去3度も2着でOP入りを逃していたレースで…



ついに、







アナザートゥルース アレキサンドライトS




ウイン(なおノルマンディー)








そして、


夢にまで見た










オープン入り。









おめでとう、アザース。

ありがとう、アザース。





これで私の現役出資馬では

カルヴァリオに続き2頭目のオープン馬。





そして、なんと

その2頭ともが、








セン馬。








私の出資馬のセン馬はこれで









オープン馬率100%








セン馬ってつおい…

なんでセン馬ってつおいの…?







知っている。

私は知っている。

彼らが何のために走っているのか。

牡馬や牝馬とは

走る目的が違う…

じゃあ何のために走っているのかって




それはね、










失ったタマを探しているからなんだよおおおおおお











牧雄さんに同意なしで獲られた真実(タマ)。

未だに夢にまで出てくる真実(タマ)。

彼らは失った真実(タマ)を求めて走っていることを

私は知っている…





よかったな、アザース。

ついに手に入れたな、真実を…





…って、

いや、まだ早い…

ここまで来るのに惜しいチャンスが何度もあったから

感動がひとしおだったけど、

まだオープン入りしたばかり。

まだ真実は見つけていない…

そんなに簡単に真実は見つからない…





でも真実を手に入れるステージにまでは

たどり着いた。

おそらく、これから

重賞とかG1とか出て勝ったりしたら

なんらかの真実が手に入るような入らないような…

まあよくわからないが、

頑張って走ってればなんかもらえる。





そんなわけで、

まだ真実(タマ)を探す旅は終わらない…

簡単には見つからない真実(タマ)…


でもいつか見つけよう。



手に入れよう。






探そうぜ














アナザートゥルーボールを。

My special horse

先週、出資馬クードラパンの引退が発表されました。

引退期限の3月を待たずに引退することになり

まだあと1、2戦走るところを見られると思っていただけに

ちょっと残念ですが、

お母さんになるという大事な仕事が待っていますからね。

仕方ありません。

お疲れさまでした、クードラパン。




クードラパンは私にとって

本当に、本当に

特別な馬。

クードラパンを通して

いろいろな経験をさせてもらいました。




私がはじめてクードラパンに会ったのは

まだルシルクの13だったころ。

YearlingからノーザンF空港に移動したばかりの時でした。

牧場見学で会うのを楽しみにしていた私でしたが、

私の前に出てきたと思ったらブヒブヒ言いながら立ち上がろうとしたり

暴れまくり…

まさかの面会拒否か…(笑)

スタッフさんが、怪我したら困るからと厩舎内に移動して

会わせていただきました。

DSC00683.jpg

目が…(笑)

でもこのお転婆っぷりがラパンのかわいいところ。

ちょっとこの時心配しましたけど

出資してよかった。




このお転婆っぷりは入厩してからも変わらず

私の最も好きなエピソードの一つに

久保田先生を振り落すというのがあるんですが、

その時のコメントがコチラ。

久保田調教師
「昨日は今日の追い切りのために角馬場で私が乗って運動を行っていたのですが、元気が有り余っていて振り落されてしまいました。躓いた拍子に落ちることはありますが、普通にしてて落とされたのは最近記憶がありません。まだ2歳のこの時期ですから精神的に幼いのは仕方ないですが、結構言う事を聞いてくれないタイプですね」


カワイイ…

大好きこのエピソード(笑)

久保田先生は明治大学の馬術部時代、

全日本学生馬術選手権を3連覇し、

オリンピックに行こうと思えば行けた実力の持ち主だったとか。

そんな人を振り落すなんて…(笑)

すごすぎるぞ、お転婆ラパンさん。

お転婆すぎて2歳のころのコメントは

気性のことばかり書かれてましたね。




クードラパンと言えば尻尾を抜きにしては語れない。

尻尾のエピソードで印象的なのは

短いから夏場に虫を追い払えず

可哀想だからと久保田先生の提案で付けた

尻尾のエクステ。

その時のコメントがコチラ。

久保田調教師
「短い尻尾では虫などを払うことができず、特にこれからの季節は虫が多くなり、かなりのストレスになると思うので、能面に使う馬の毛を編み込みエクステ代わりにしました」

11217596_993876777289397_3399898282915583121_o.jpg

このエピソードも大好きなんですけど、

尻尾が普通にしてても不自然で、

走ってなびくともっと不自然だったので

デビュー戦の1走だけで終わってよかった(笑)




お転婆だったり、尻尾のエピソードだけじゃなく

G1にも挑戦するほどの馬だったのですよ、ラパンさんは!

なお第一線で走れたのは3歳の春まで。

でも2歳の時でもG1に出走できたのは立派な勲章です。

私にとってはじめての出資馬のG1挑戦だった

阪神ジュベナイルフィリーズ。

あのときはドキドキだったなぁ。

2連勝で臨んだし、

8人気だったけど、意外にいけるんじゃね?

とか思ったけど、甘かった…

13着…

でも楽しませてもらいましたし、出られただけで嬉しかった。

現地観戦したまつりさんに気を利かせてもらい、

クードラパンのグッズを送ってもらったことは一生忘れません。

ありがとう、まつりさん!




このあとも桜花賞とか、

重賞で、とか

そういうステージでの走りに思いを巡らせましたが

桜花賞にも出られず、

最後まで条件馬からは抜けられず…

引退期限の3月までになんとかOPに上がんないかな…

とか思いましたが、仕方ありません。

でも1600万下までいったんだから

私の中では十分。

1000万下を2勝もできましたし、言うことありません。




私の中のベストレースは

3歳の時のHBC賞かな。

d_02570009.jpg

勝つの難しいんじゃないかなと思ってましたが

見事優勝。

目の前で勝ってくれたこともあって

嬉しさ倍増。

あの時も嬉しかった。




5歳時の潮騒特別の復活劇も最高だった。

1001.jpg

3歳時以降、2年間馬券にも絡まない成績が続いていた中での

2年ぶりの勝利。

この時も嬉しかったなぁ。






長々と書きましたけど、

本当にクードラパンには感謝しかない。

ありがとう、クードラパン。

次のお母さんになるという仕事を頑張ってください。

ぜひともいい仔を産んでほしい。

そしてラパンが欲しかった(と思う)

長い尻尾のある仔を産んでね!笑

メジャーエンブレムの仔には負けたくない!(私の願望)

正直、最近の出資が思うようにできないシルクでは

もう楽しめないんじゃないかと思って

退会…ということも考えたこともありましたが、

でもクードラパンの子供に出資せずにはやめられない。

その思いだけでシルクを続けていきます。




というわけで、

タイトルにも書きましたが、

My special horse.

おそらくクードラパンを超える馬は

今後も出てこないんじゃないかな、と思える馬。

いや、ちょっと待てよ。

確か前にも出資馬引退する時こんなこと書いたような…

でもちょっと違うんだよなぁ。

ラパンのspecialさは本当に特別(なお同じ意味)




最後に

もう一度、声を大にして言います。






クードラパン、





本当にありがとう


d_02330108a.jpg
募集時のこの写真が一番好き

明けちゃってますね

みなさん、明けちゃいましておめでとうございます。




ついに12月はブログ更新ゼロ…

更新しなきゃしなきゃと思ってましたが

いつのまにか年が明けちゃいました…

まずい流れだ、これは…

このままブログ界からフェードアウトしちゃいそういな勢いでしたが

何とか踏みとどまりました。

すごいぞ…

すごいじゃないかpicot。

今年は一味違う臭が漂ってるぞ。

よし、今年は行ける。

何となく今年やっていける自信が湧いてきました。

なので、今年のブログの目標は

2ヶ月に1回は更新します!(目標低すぎ低杉君)





さて、新たな年を迎え、

一口ブロガーとしては何をやればいいでしょうか。

あれですか、目標とか立てちゃったら

一口ブロガーらしいですか。

何勝するとか、勝率何割目指すとか。

いやしかしね、私はこれまでも

一口の目標を立てない主義で通してきてまして

そこは突き通したいところ。





ただ、願いはあります。

ウィッシュがあります。

昨年は怪我が多かったですからね。

なんでもそうですが健康あってのものですよ。

なので、一年の初めにここで願掛けを。
















今年一年、健康に過ごせますように(私が)


オープン馬

先週、パドルウィールの引退が決まり、



あー出資馬でオープン馬いなくなっちゃったなー

出資馬がオープン入りしてくれるのしばらく先かなー






なんて思ってたら、

日曜日にやっちゃってくれた馬がいましたよ。

なんと、

準OPを見事勝って









カルヴァリオがOP馬の仲間入り











おめでとう、カルヴァリオ。

ありがとう、カルヴァリオ。








しかもね、勝ち方が凄かった






みちのく3コーナー

ここから















みちのくゴール2

ずどーん







4コーナー手前から

15頭ごぼう抜き。










レース映像もどうぞ。














カルヴァリオつおいいいい









ここは福島やで…

開幕週やで…

5ヶ月の休み明けだし、

勝ったことのない距離だし、

いい競馬はするかもとは思ってましたが、

まさかこんな強い勝ち方してくれるとは…

これからめっちゃ楽しみになりました。





そんなわけで、

オープン馬が1頭抜けましたが

代わりに新たな期待のオープン馬が誕生。

うまくできているもんですね。

パドルロスを埋めてくれたカルヴァリオ。

ありがとうございます。





タマはないけど、

君は男の中の男だ…

いやタマはないんだからその表現はおかしい。

そもそも男じゃないんだから…

いや昔は男だったんだし…

牧雄さんがカルヴァリオに承諾を得ずに

無理やり…








ってもうタマの話はいい。




タマはないけどね、

















カルヴァリオ最高。