プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

俺の2歳馬

d_02660009.jpg


こんにちは。

2歳戦が始まり、盛り上がってますね。

我がpicot farmの2歳馬軍団はまだデビューを迎えていませんので

走っているクラブ馬を見ると羨ましくなる今日この頃。

早く2歳馬見たい。

早く勝つところ見たい。

今うちの2歳何してん?

というわけで、現在の我がpicot farm2歳馬の状況を

pi-commentを添えて簡潔にご紹介。





キングスヴァリュー(父:キングカメハメハ)
入厩→ゲート試験合格→ノーザンF天栄

pi-comment:意外に入厩が早かったです。今は天栄で調整中。デビューはいつ頃かな。馬体は文句ないし期待している。心配なのは名伯楽だけ…





ディロス(父:ステイゴールド)
入厩→ゲート試験合格→ノーザンF天栄……>函館に移動し7/16デビュー予定

pi-comment:来た、うちの2歳最速デビュー予定馬。今年の2歳戦はこの馬が楽しませてくれるだろう。ディロスこと通称デロィス。君には期待している。札幌2歳Sに出ちゃおう。心配はキムテツさん…





ポートフィリップ(父:ハーツクライ)
ノーザンF早来(秋移動予定)

pi-comment:デビュー遅くても構わない。だって君の目標はクラシック出走。この世代のうちのエースは君だ。





キャンディケイン(父:ハーツクライ)
ノーザンF空港(6月末に移動?)

pi-comment:最初はそこまで期待していなかったけど、実は結構やってくれるんじゃないかと思ってる。脚捌きはまだ硬いけど、だいぶ良くなった。牝馬ではこの馬がデビュー最速っぽい。毎年私の2歳戦は牝馬が盛り上げてくれるので、キャンディが今年はその役目だ…。出ちゃおう、3年連続あのレースに。





ツィンクルペタル(父:ヘニーヒューズ)
ノーザンF空港(移動未定)

pi-comment:ザ・未知数。この馬はどうなるかわからない…。期待はしている。しているが、父の日本での初年度産駒だけに見えない…。ただ、近況では順調アピールが凄かった。売れてないからだと思うけど…





オルボンディール(父:ステイゴールド)
ノーザンF空港(移動未定)

pi-comment:この世代の牝馬で一番期待しているのはこの馬。なんだろう、この根拠のない期待感…。ステゴ牝馬でこういう期待が高まる馬は…危ないのは知ってる…。でも、きっとやってくれるさボンジュールは。





トラソニャータ(父:ルーラーシップ)
ノーザンF早来(秋移動予定)

pi-comment:猫まっしぐら。





ヴィアプライド(父:マツリダゴッホ)
ノルマンディーF小野町→7/23に入厩したと思われる

pi-comment:我がノルマンディー軍団ではデビュー一番手になるだろう。そして、一番期待している。とにかく動きがいい。馬体は…という感じだけど、ゴッホ産駒はそこまで見栄えが良くなくても走るから気にしない。カルヴァリオもそうだったし。





ファントムメナス(父:ゴールドアリュール)
ノルマンディーF

pi-comment:怪我もしてるし成長も遅そうだし年内にデビューできないかも。馬体も幼いし、成長に合わせて育成はゆっくりでいい。ゆっくりすぎて3歳のあの馬のようにならなきゃいい…。馬体がしっかりしてきたらやってくれるだろう。超天然安田先生に任せておけば大丈夫。





オンファサイト(父:ブラックタイド)
ノルマンディーF

pi-comment:名前が決まりました。ノルマンディーの”オン”は馬名につけちゃいけない単語No.1だが、頭についてるから大丈夫…なはず…。幸があることを祈ってこの馬はサイトーさんと呼ぶことにしよう。きっとこの馬もデビューは遅い。うちの軍団で一番心配な馬だけど、こういう馬がやってくれるんだ。そう思うことにしよう…





大きく頓挫している馬がいないのはよかった。

ものすごい血統馬というのはポートフィリップくらいだけど

結構やってくれる世代だと期待している…

そしてなかなか個性あふれる馬たちが揃った…

2歳戦から盛り上げるんだpicot軍団。

まずはディロスが函館で魅せますので乞うご期待。


ノルマンディー4次募集

ノルマンディー15年産4次募集


タニノジャドールの15
父: エイシンフラッシュ
1,280万(32,000円)
栗東・昆貢

リンダムーンの15
父:スペシャルウィーク
1,480万(37,000円)
美浦・畠山吉宏

エムケイミラクルの15
父:ショウナンカンプ
880万(22,000円)
美浦・青木孝文

コールミーシュガーの15
父:アポロキングダム
600万(15,000円)
美浦・堀井雅広

スイートクラフティの15
父:ダノンシャンティ
1,080万(27,000円)
栗東・飯田祐史

マイネナデシコの15
父:ゴールドアリュール
1,920万(48,000円)
栗東・羽月友彦

ヤマトプリティの15
父:アポロキングダム
760万(19,000円)
美浦・菊川正達

ヤマカツアンナの15
父: シニスターミニスター
500万(50,000円)
園田・盛本信春




ノルマンディーさん…

多すぎ…

この時期に8頭って…

そしてすごいの出してきましたね…

なんていうか、

馬が渋すぎて…

まあそれは今に始まったことじゃないですけど

渋さがいつもの1.7倍…

あと意外な馬が高かったり…

安かったり…




アポロキングダム産駒は

4次募集に出してくるだろうと思っていましたけど

あらためて調べたら、

15年産アポロキングダム産駒は31頭いるみたいなんですが

そのうち2頭がノルマンディーで募集という…




私は、アポロサラブレッドクラブ持ちの繁殖牝馬以外で

アポロキングダムを付ける意味を全く見出せずにいるんですが、

牧雄さんはアポロサラブレッドクラブ以外で唯一

アポロキングダムの良さをわかっている人ということなんでしょうか…




その他の馬も萌えない…

私はもう15年産は出資する気はないんですが、

この中で選ぶんだったらおもしろくもなんともないですけど

普通にリンダムーンですね。

飛節は伸びないけど、ほどよい柔らかみとリズムいい歩様に好感。

パワーもありそうでダートで走りそうなイメージ。

でも牧雄さんが絶賛するほどなのか…という感も…

タニノジャドールはここらで一発みたいな期待はありますけど、

さすがに母高齢だし

エイシンフラッシュがどんなもんかまだわかりませんし

6月産まれというのもちょっと怖い…

あと牝馬はどれも…だけど

緩さは気になるけどちょっとエムケイミラクルがいいと思った私は

見る目なしでしょうか…

ていうかマイネナデシコのぼったくりみたいな値付けは…




とまあ、ネタ的にはおもしろいですが、

買う気はおきない4次募集。

でも売れちゃうんだろうな…

会員増えてるし、お財布に優しい価格だし。

アポロキングダム産駒も売れちゃうんだろうな…

いや、これ売れるのか…

いくら安いと言っても…

さすがに購買意欲旺盛なノルマンディスト相手でも売れないんじゃ…

ということで、

4次募集はノルマンディストの購買意欲に注目です。


いいよいいよ、アリンナ

アリンナ(3歳・牝馬・OP)
[父:マツリダゴッホ 母:ヴンダーゾンネ]
2017/6/23 (栗東トレセン)
次走予定:7/02(日)中京 CBC賞(G3・芝1200m)高倉稜

18日(日)に坂路コースで4ハロン58.6-42.3-28.0-14.0を単走で馬ナリに追われ、21日(水)にCWコースで4ハロン51.7-38.8-12.3を単走で馬ナリに追い切りました

「水曜日の追い切りは不良馬場の中、ジョッキー騎乗とはいえ、馬ナリで好時計が出ました。実は3頭併せの予定だったのですが、テンからスッといき過ぎてしまって、トラックマンの見た目には単走追いに映ってしまったようです。決して引っ掛かったわけではありませんので、ご心配なく。口向きや手前を替えることに関して、高倉君や自厩舎の金折に聞いても『回りが変わっても、右に行ったり、左に行ったりしませんね』とのことで、予習は大丈夫のようです。とにかく本番まで気合いが入り過ぎないよう注意して調整していきましょう」(松元茂樹調教師)
20170513葵S




来週、いよいよCBC賞に挑む、アリンナ。

そのアリンナの一週前追い切りですが、

どうも3頭併せの予定だったのが

アリンナのテンのスピードが凄すぎて

トラックマンには単走に見えてしまったみたい…

なんともアリンナらしい。

なんて頼もしい。




アリンナのスピードは噂によると

現役馬の中でも屈指。(世界の藤岡佑が証言)

ルメール騎手に「速ッ!」と言わせたほどのスピード。

それをいかんなく発揮してくれた今週の調教。

タイムも優秀だし、

うむ、いい調子。

このままの調子を維持して本番を迎えてもらいたい。




古馬スプリント路線の有力どころがあつまるCBC賞に

3歳で挑み、勝つのなんて相当難しい。

それはわかってる。

でも、

軽ハンデを活かせば…

そして、現役屈指のスピードを持つアリンナが

いかんなく力を発揮できれば…

決して無謀な挑戦じゃない。





「CBC賞、アリンナはアリですか?」と聞かれれば


私はこう答えたい。

























うん。


にゃーた通信 『ウチ、非凡やねん』

今週は愛馬の出走がなくて暇。

ブログネタもありません。

そんなときはこれに限ります。




困った時の







『にゃーた通信』(なお初めて)








みんなのアイドル、



トラソニャータこと、




にゃーた1にゃーた。





さて、今月のにゃーたはどんな様子かな?





トラソニャータ(2歳・牝)
[父:ルーラーシップ 母:ストラスペイ]
2017/06/15 <近況>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,400m
担当者「この中間も体調を崩すことなく、順調に調教を行っています。徐々に馬体に芯が入ってきた印象で、常歩でも段々とゆったり歩けるようになってきていますね。ハロン15秒ペースの調教を始めた当初は走りにブレがありましたが、真っ直ぐと駆け上がれるようになってきています。ここまで成長に合わせてじっくりと進めてきているので、まだ馬体に緩さは残るものの、キャンターをすると乗り味は良好で非凡なセンスを秘めているのが感じられます。引き続き秋移動を目標に進めていきますが、調教のペースを上げてからも馬体が減るということは現時点ではないので、とても調整がしやすいですし、それだけ馬自身がしっかりと成長してきているということでしょう」馬体重486kg
d_02660071.jpg









『ウチ、非凡やねん』








にゃーたは売れ残ってます。

シルクの15年産は6月30日が出資締め切り。

出資前としてはこれが最後の近況更新です。

なのでこれは、

見え見えの販促コメント。

シルクさん…、

わかりやす過ぎますよ。

これを真に受ける人はいないでしょう。



なんですか、


「非凡なセンスを秘めている」


って…。



私もね、一口経験4年にもなるんですから

もういちいちこんなコメントを真に…

ひ、非凡なセンスとか聞いたってね、

私は真に受けたりはしま…

け、決してしませんし…

間違っても、ひ、ひ、ひぼ、ふぃぼ…

ふぃぼんな…しぇんす…

とか言われたって…

舞い上がったりはしま…















えー、

チームにゃーた。のみなさん




















クラシック見えましたね。
(これからも真に受けます)


各クラブ会員を何て呼ぶか問題

一口馬主の皆さま、こんにちは。

今日は私を悩ませる一口界隈の議題をひとつ。





今日のテーマ

『各クラブ会員を何て呼ぶか問題』






これはね、

かなり難しい議題ですよ…

かなり深いですよ…

私の入っているクラブの話をしますと

ノルマンディー会員のことを『ノルマンディスト』と呼ぶのは

だいぶ定着してきた感がありますが、

じゃあシルク会員のことは何て呼べばいいんでしょうか。

よく〇〇民というのは目にしますが、

これは全てに使えちゃいますから、

オリジナリティという点では

若干点数が下がってしまいますし…

じゃあいい名前考えよう。

新しいやつ考えよう。




というわけで、

勝手に私が各クラブの会員さんの呼び名を考えましたので

発表させていただきます。






では、まずシルクから。





【シルク会員】


改め、










『絹野郎』










一口クラブ界きってのやんちゃクラブですから、

これくらい荒々しい名前の方がいいですね。












続きまして、



【キャロット会員】


改め、










『キャロライン』










一口クラブ界きっての実力を持つクラブですので

このくらいセレブっぽい名前が似合ってます。












続きまして、



【サンデー会員】


改め、










『サザエさん一家』










日曜といえばこれです。

会員はみんなファミリー。












続きまして、



【社台会員】


改め、










『シャダイン』










最近の成績低迷を吹き飛ばす、

オシャレな呼び名ですね。












続きまして、


【G1サラブレッド会員】


改め、










『Gメン』










ノーコメント。












続きまして、


【東京サラブレッド会員】


改め、










『都民』










東京の人ですからね、

これしかないです。












続きまして、


【ライオン会員】


改め、










『獅子組』










あ、これなかなかいけるんじゃ…











続きまして、


【広尾会員】


改め、











『広尾さん』










これしか思い浮かびませんでした…

ていうか、これ以外の案ってないんじゃ…












続きまして、


【ラフィアン会員】


改め、










『So Sweet』(総帥と)










総帥と共に夢を追いかけるクラブですから

So Sweetでいいでしょう。












いかがでしたか、

各クラブ会員の呼び名。

まだクラブはありますが、この辺でやめておきます。

この時点ですでに苦情のメールが多数届いておりますので

これ以上は続けられません…

会員でもないのにネタにしてすんませんでした…

ワラウカドの会員の呼び名なんかは

おもしろそうなのができそうですが、

それは会員のアキュチャーさんに任せるとして…




それしにしてもひどい出来でしたね。

どれも愛称として定着しないことは一目瞭然。

ただ、So Sweetはちょっといけるんじゃ…

という冗談は置いといて。





いろいろ考えてはみましたが、

どれもしっくりこない。



やはりこう見ると










ノルマンディストが一番ですね。


次走予定

7/  2   クードラパン

函館・道新スポーツ杯 芝1200m

      アリンナ

中京・CBC賞   芝1200m

7/  9   パドルウィール

福島・七夕賞   芝2000m

*7/16 函館記念の可能性もあり

7/16   ディロス

函館・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
4-2-4-4-2--18
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター