プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

青草

青草




前から気になっていた…

今年に入ってノルマンディーがやたら2歳馬の近況更新で

『青草』というフレーズを出してくることを…

なんなんだ青草って…

ただの草じゃないんですか…






ちなみに以下が代表的な青草コメント(草コメ)。



・もう少し暖かくなって青草を摂取できる時期になれば、食べたものが実になって馬体重も右肩上がりに増えていくはずです。

・もう少し暖かくなって青草を摂取できる時期になれば、食べたものが実となってガラリ一変してくるように思えます。

・新緑の季節を迎え、青草を存分に摂取させながら馬体の充実を目指していきます。

・新鮮な青草を摂取させながら馬体の充実を図っていきます。

・今時期に青草をたくさん摂取できれば、これから夏に向けてしっかり成長してくれるでしょう

・大型連休を境にびっしりと生え揃った青草を一心不乱に食んでおり、これから初夏に向かって体重が右肩上がりに増えてくるでしょう。

・この期間は青草をしっかりと摂取させて成長を促す方針です。

・今後も青草を摂取させながら馬体の増加を目指していきます。

・今後も新鮮な青草を存分に摂取させながら馬体の更なる成長を促していきます。

・今後も青草を摂取させながら腹袋を作っていく方針です。

青草の摂取を継続していけば腹袋にもっと余裕が出てくるでしょう。

・ここにきて毛艶が冴えていますし、継続して青草を摂取させていけば馬体にグンと張りが増していくでしょう。

青草もたくさん摂取できているようで、ここ最近は体がひと回り成長して大きくなってきました。

青草の効果で馬体に少しずつハリが出てきました

・放牧地一面に広がる青草をたくさん摂取していることで、馬体の張りが明らかに変わってきました。



去年まではこんなに青草を推してきてませんでしたよ…

今年に入ってなぜこんなに青草アピールが…




しかも、驚くことに

クラブのこの青草推しに呼応するように

見事に2歳馬が成長しているんですよね。

出資馬でいうとミラグロレディの15ことオンファサイト

昨日更新された近況を見ると

1ヶ月で18kg増。

他の馬では30kg近く増えている馬もいる…

すごいな青草って…

他の牧場でもそうなの…

ノルマンディーの青草だけ特別なの…

えっ、まさか…




私はクラブの今年に入ってからの青草アピールと

実際に青草効果を目の当たりにし、

ひとつの疑念が湧いてきました。





今年からノルマンディーFの青草は、













何か特殊な栽培方法で育ててるんじゃ…













すいません、ノルマンディストとしてあってはならない疑念を抱いてしまいました。

決して我らがノルマンディーが

禁止薬物ウマフトール配合された肥料なんて使っているとは思っていません。(なんだウマフトールって)




ただ、ノルマンディー関連牧場の青草が

ノルマンディーの馬たちの強さの原点になることに間違いない。

きっとこの青草をたくさん食べた2歳馬たちが

青草に入っている他とは違う何らかの栄養素をパワーに変え

大活躍してくれることでしょう。














バンザイ青草。















これからもノルマンディーの馬たちを大きくしてください。

強くしてください。






このブログはノルマンディーの青草を応援しています。
(ノーザングループには栽培方法は内緒)


各クラブ会員を何て呼ぶか問題

一口馬主の皆さま、こんにちは。

今日は私を悩ませる一口界隈の議題をひとつ。





今日のテーマ

『各クラブ会員を何て呼ぶか問題』






これはね、

かなり難しい議題ですよ…

かなり深いですよ…

私の入っているクラブの話をしますと

ノルマンディー会員のことを『ノルマンディスト』と呼ぶのは

だいぶ定着してきた感がありますが、

じゃあシルク会員のことは何て呼べばいいんでしょうか。

よく〇〇民というのは目にしますが、

これは全てに使えちゃいますから、

オリジナリティという点では

若干点数が下がってしまいますし…

じゃあいい名前考えよう。

新しいやつ考えよう。




というわけで、

勝手に私が各クラブの会員さんの呼び名を考えましたので

発表させていただきます。






では、まずシルクから。





【シルク会員】


改め、










『絹野郎』










一口クラブ界きってのやんちゃクラブですから、

これくらい荒々しい名前の方がいいですね。












続きまして、



【キャロット会員】


改め、










『キャロライン』










一口クラブ界きっての実力を持つクラブですので

このくらいセレブっぽい名前が似合ってます。












続きまして、



【サンデー会員】


改め、










『サザエさん一家』










日曜といえばこれです。

会員はみんなファミリー。












続きまして、



【社台会員】


改め、










『シャダイン』










最近の成績低迷を吹き飛ばす、

オシャレな呼び名ですね。












続きまして、


【G1サラブレッド会員】


改め、










『Gメン』










ノーコメント。












続きまして、


【東京サラブレッド会員】


改め、










『都民』










東京の人ですからね、

これしかないです。












続きまして、


【ライオン会員】


改め、










『獅子組』










あ、これなかなかいけるんじゃ…











続きまして、


【広尾会員】


改め、











『広尾さん』










これしか思い浮かびませんでした…

ていうか、これ以外の案ってないんじゃ…












続きまして、


【ラフィアン会員】


改め、










『So Sweet』(総帥と)










総帥と共に夢を追いかけるクラブですから

So Sweetでいいでしょう。












いかがでしたか、

各クラブ会員の呼び名。

まだクラブはありますが、この辺でやめておきます。

この時点ですでに苦情のメールが多数届いておりますので

これ以上は続けられません…

会員でもないのにネタにしてすんませんでした…

ワラウカドの会員の呼び名なんかは

おもしろそうなのができそうですが、

それは会員のアキュチャーさんに任せるとして…




それしにしてもひどい出来でしたね。

どれも愛称として定着しないことは一目瞭然。

ただ、So Sweetはちょっといけるんじゃ…

という冗談は置いといて。





いろいろ考えてはみましたが、

どれもしっくりこない。



やはりこう見ると










ノルマンディストが一番ですね。


仲間が増えました。

ご無沙汰しております。

久々のブログアップ。

超不定期気まぐれブログとなってからは

初めて記事を書きます。




私のブログとしては間隔が空いてしまったので

久しぶりに何を書いたらいいのか…

ちょっとこの間隔に慣れず悩んでいたんですが、




そういえば、ひとつ報告しなければいけないことが。




ブログをさぼっている間にですね、












仲間を増やしちゃったんですよ。












ノルマンディーは3次募集が始まってます。

シルクは第2回追加募集がまもなく始まりますね。

様子見の鬼と称される私。

この追加募集でもいつもの変態的な様子見を敢行。

でもすでに募集されてる馬にも

良さそうな馬いるよね。




吟味に吟味を重ね、




そして、






ついに…






このタイミングで…













この子が仲間入り。



























































はみぃ





はみぃ
ジャンガリアンハムスター
めす 2ヶ月



父:キングカメハムハ
母:ハームスター








子供が飼いたいっていうから買いに行ったら

私がペットショップで一目惚れ…

まずこの反則級の可愛さ…

はみぃ、我が家に着いてすぐにイエローカード。

そしてまた血統字面がね…

父は言わずと知れた、キングカメハムハ。

母はキャロットハームの名牝ですよ。

あのハームスター。

忘れもしない、桜ハム賞でのあの末脚…

この子のゲージ内での目を見張るような素早い動きは

ああ、母譲りなんだなあって。(病気)



なおかつ…








え、何ですか?

この病的な話しはいつまで続くのかって?










そうですね。

久々に書くと我ながらひどい内容ですね。

これはまずい。

そしてみなさんが私の話を止めちゃうから

せっかく妄想ワールドに突入しようと思ったのに

完全に着地点を見失っちゃったじゃないですか。

うーむ…

ここからどうまとめましょう…













えー、



みなさん。

















久々に書くとこんな感じです。
(まとまらず)

シルクのキャンセル募集

先週はちょっと忙しかったんですが、

そんなときにシルクからキャンセル募集のお知らせがありまして。

もう15年産は打ち止めにしようと思ってたし、

もし何かの間違いで出資するとしても

ノルマンディーにしようと思ってたし、

でもキャンセル募集ってなんか宝くじみたいで

当たったら儲けもんみたいなところあるし、

うーん、どうしようかな~

なんて考えていました。




で、結局どうしたかというと…










応募せず。









正確に言うと、

考えているうちに

募集が終わってたという…

せっかくシルクの盛り上がる行事なのにね…




実は、昨年度もどうしようか考えているうちに

締め切られていたんですよね…

2年連続のキャンセル募集に参加せず。

ちなみに、2年前にはじめてキャンセル募集に参加した時は

4頭に申し込んでなんと1頭当選。

何を隠そう、キャンセル募集当選確率25%。

自分でも忘れてましたが、

実は私、いろんな肩書を持っていますが、

『キャンセル募集の鬼』という肩書もあります。

私にかかれば何かしらの馬には当たりますよ。

なお、2年前当たった馬は未勝利引退。

馬は当選しても、当たり馬かどうかは別です。




一応、どの馬がいいかな、

と近況や動画を見てみたんですが、

あいにくの懐事情で高額馬には申し込めない…

なので、お手頃な馬でいい馬は…と探したところ、

いましたよ、おもしろい馬が。





私がもし、申し込むのであればこの2頭。


アフリカンピアノの15

ラッドルチェンドの15
(一次でハズレた馬)








恥ずかしながら、私の

『もし申し込むならこの馬』

発表させていただきました。





でも申し込まなかったので、









だからどうしたという話です。

出資馬の父

気になり出したら止まらない。

昨日から出資馬や出資クラブについていろいろ気になっているpicotです。




タイトルの通り、

私の出資馬の父を調べて

私が何フェチなのかをこの際はっきりさせようと思います。




これも昨日と同様、

我らが一口馬主D&B(Dynamic & Beauty)さんを利用させていただきます。

血統の小系統別に見ていきます。

出資馬は2歳(15年産)以上の28頭。

種牡馬の右の☆は勝ち数です。



サンデーサイレンス系(18頭)
 マツリダゴッホ    5頭 ☆☆☆☆☆
 ステイゴールド    4頭
 ハーツクライ     2頭
 ゴールドアリュール  2頭
 ダイワメジャー    1頭 ☆☆☆
 ゼンノロブロイ    1頭
 スペシャルウィーク  1頭 ☆
 ディープブリランテ  1頭
 スズカフェニックス  1頭

キングマンボ系(2頭)
 Henrythenavigator  1頭 ☆
 キングカメハメハ   1頭

ミスタープロスペクター系(2頭)
 エンパイアメーカー  1頭
 ウォーエンブレム   1頭

ヴァイスリージェント系(1頭)
 クロフネ       1頭 ☆☆☆☆

グレイソヴリン系(1頭)
 チチカステナンゴ   1頭 ☆☆

フォーティーナイナー系(1頭)
 アイルハヴアナザー  1頭 ☆

レッドゴッド系(1頭)
 バゴ         1頭

ストームバード系(1頭)
 ヘニーヒューズ    1頭

ボールドルーラー系(1頭)
 シニスターミニスター 1頭




サンデー系が溢れている時代ですから仕方ないのかもしれませんが、

サンデー系種牡馬が64.3%占めるという結果に。

うーむ。

数字的には多いけど、

時代を考えるとこれはそれほど多くないのか、もしかして…

種牡馬リーディング10位以内に

サンデー系が7頭いる時代ですから

こんなものなんでしょうかね。

その中でもマツリダゴッホが5頭って…

世の中の流行を無視した出資。

完全に病気や…

でも結果出ているから悪くはないんや、この選択…

これからもゴッホと共に生きていきますよ…

ディープより普通にゴッホが好きぃぃ(懐的に)




そして私はステイゴールドも好きなんや…

結果が出ていないけど好きなんや…

4頭のうち2頭は2歳馬だし、1頭は3歳でまだ1戦しかしていない。

これからや…

これからゴッホと共にステイがうちを盛り上げるんや!




小系統で分かれちゃったけど、

ミスプロ系全体で合わせると5頭。

これからはここが増えるだろう。

ここが盛り上がるだろう。

ここが今後カギを握る系統や…




あとはヘニーヒューズにも期待している。

ここももっと増えるかもしれないですね。

でもあまりクラブで募集されないからな…

あとは最近アメリカから輸入されている

種牡馬たちにも期待しているんですよ、密かに…

父がタピっとしていて白い色の創作家的な馬なんか…

ちょっと気になっているんですよね…




こうしてみるとマツリダゴッホとステイゴールドには

結構出資していますが

それ以外はばらけていますね。

この趣味をやっているからには

せっかくですからいろんな種牡馬の仔に出資したい。

これはいい傾向。

ただね、同じ種牡馬に出資し続けると

産駒の傾向とかわかってくることも多いので

メリットもあるんですよね。

幅広くいっちゃうと自分で感じるものは

積み重ならないですからね。

でもこれに関しては、

私はあまり戦略的に出資するタイプではないので

今後も自然とこうなっちゃいました~ってきっとなりますね。

今年はこの種牡馬の産駒に出資したい、とかあまりないし。




まとめますと、

もう改めて言う必要もないと思いますが、

私はゴッホフェチ…

ていうか今回調べて思いましたが、

ゴッホなくして私の一口はあり得ないですね…

私とゴッホ。

何でしょうかこの関係は。

単なる好きな種牡馬というだけじゃない。

ちなみに言うと、実は言うほど好きなわけでもない。

でも切っても切り離せない重要な馬…

というわけで

今日から

ピコリダゴッホと名乗ります。(これがまとめ)

私のクラブ別成績とクラブとの相性

私はシルクとノルマンディー、どちらと相性がいいのでしょうか…
そんなことを突然知りたくなったもんですから、私の出資しているクラブの成績をまとめてみました。



picotさんちのクラブ別成績(3歳世代以上)
クラブ名頭数勝上り勝上率出走勝利数勝率重賞出走数募集額
平均
募集額回収頭数平均総賞金
blog_import_5388353a6e3a8.png シルク114.3647710.13072072万32049万
blog_import_5388353b07723.png ノルマンディー94.444347.20611431万21080万
(H.29年3月15日)



こんなとき、一口馬主D&B(Dynamic & Beauty)さんは役に立ちますね。

世代によって出資頭数に偏りがありますし、一概にどっちがどうとか言えませんが、これを見るとですね、最初に思ったのはシルクの勝率の悪さ。ノルマンディーの方がお話にならない馬を引いてきている印象があったんですが、ノルマンディーは意外とそうでもなかった。ただ古馬が増えれば勝率は悪くなっていきますから、ノルマンディーは3歳世代が多いのでその差も出た感じですね。

シルクは勝ち上がりも悪いなぁ。この中に未デビュー馬と1戦で天国にいってしまった馬もいるんで、それもあって低く出てしまっているんですが、クラブの平均よりも勝ち上がり率が低いし、もう少し上げたいところ。ノルマンディーはまあこんなもんでしょう。

シルクは思っていたより募集額平均が安いですね。ノルマンディーと600万しか差がない。ノーザンF育成でも安い馬ばっか出資していましたから。それが悪かったのかと思いましたが、活躍しているのはみんな安馬で、高い馬の方が走っていないという…。

ここまでを考えるとノルマンディーの方が良さ気ですが、一頭当たりの賞金や重賞出走数はやはりシルクの方が上。こういうところで楽しませてもらってるって感じですね。でもノルマンディーは3歳世代にこれから活躍が見込まれる馬が何頭かいますので、これからここは上がってきそうです。

今のところ、うまく役割分担できていますね。大きなところで夢を見られるのはシルク。募集額と回収率を考えるなら、安くて安定して走ってくれるノルマンディー。

どっちの方が相性がいい、とは言い切れませんね。どっちのいいところもまあまあ出ている結果になりましたし。

ただ、このままのクラブの傾向が続くのであれば、普通にノルマンディーの方を厚めに出資しといた方が収支はいいような気がしないでもないんですが、2歳世代は大きく方向転換してシルクを厚めに買っちゃったんだよな…。夢を優先した世代なんで…。15年産世代からシルクがちょっと変わったと踏んでいるので、大きなところを夢見れる馬が現れることに期待したいです。でもシルクの馬、かなり高くなったので走らなかった時が恐ろしい…。マイナス半端ない…。

愛馬の馬券を買った結果

先月、

”もう愛馬の馬券は買わない”

と、ブログで誓ったんですが…




なんというか…

魔が差して…

一昨日、きんこしょーというレースを

買っちゃったんですよ…

だってパドルはレ・コード ホ・ルダーだから…

これ買わないと損だろって思ったから…

これ来ちゃうだろって思ったから…








そしたらどうなったかっていうと…








パドル金鯱賞16着











16着。(ビリ)













誓いを守るって大事なことですね。












私もせっかく誓ったんだから

守りたかったんですけど、

中尾先生が…

あんなこと言っちゃうもんだから…





でも、

もうわかりました。




もう悟りました。




やっぱりね、

愛馬の馬券は買っちゃいけないですね。

損しますから。

いやぁ、いいことに気付いた。




先月も気付いたけど、











今月も気付けた。











これで私は無敵ですね。

人より多く気付いてますから。





きっと、













来月も気付けると思います。

次走予定

8/20   ソルオリーヴァ

札幌・3歳未勝利 芝1200m

8/27   パドルウィール

小倉・小倉日経オープン 芝1800m

9/ 3    キングスヴァリュー

新潟・新馬戦 芝1800m

9/16   ディロス

阪神・野路菊S 芝1800m

2017年成績
5-3-6-5-3--24
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター