プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

いいよいいよ、アリンナ

アリンナ(3歳・牝馬・OP)
[父:マツリダゴッホ 母:ヴンダーゾンネ]
2017/6/23 (栗東トレセン)
次走予定:7/02(日)中京 CBC賞(G3・芝1200m)高倉稜

18日(日)に坂路コースで4ハロン58.6-42.3-28.0-14.0を単走で馬ナリに追われ、21日(水)にCWコースで4ハロン51.7-38.8-12.3を単走で馬ナリに追い切りました

「水曜日の追い切りは不良馬場の中、ジョッキー騎乗とはいえ、馬ナリで好時計が出ました。実は3頭併せの予定だったのですが、テンからスッといき過ぎてしまって、トラックマンの見た目には単走追いに映ってしまったようです。決して引っ掛かったわけではありませんので、ご心配なく。口向きや手前を替えることに関して、高倉君や自厩舎の金折に聞いても『回りが変わっても、右に行ったり、左に行ったりしませんね』とのことで、予習は大丈夫のようです。とにかく本番まで気合いが入り過ぎないよう注意して調整していきましょう」(松元茂樹調教師)
20170513葵S




来週、いよいよCBC賞に挑む、アリンナ。

そのアリンナの一週前追い切りですが、

どうも3頭併せの予定だったのが

アリンナのテンのスピードが凄すぎて

トラックマンには単走に見えてしまったみたい…

なんともアリンナらしい。

なんて頼もしい。




アリンナのスピードは噂によると

現役馬の中でも屈指。(世界の藤岡佑が証言)

ルメール騎手に「速ッ!」と言わせたほどのスピード。

それをいかんなく発揮してくれた今週の調教。

タイムも優秀だし、

うむ、いい調子。

このままの調子を維持して本番を迎えてもらいたい。




古馬スプリント路線の有力どころがあつまるCBC賞に

3歳で挑み、勝つのなんて相当難しい。

それはわかってる。

でも、

軽ハンデを活かせば…

そして、現役屈指のスピードを持つアリンナが

いかんなく力を発揮できれば…

決して無謀な挑戦じゃない。





「CBC賞、アリンナはアリですか?」と聞かれれば


私はこう答えたい。

























うん。


にゃーた通信 『ウチ、非凡やねん』

今週は愛馬の出走がなくて暇。

ブログネタもありません。

そんなときはこれに限ります。




困った時の







『にゃーた通信』(なお初めて)








みんなのアイドル、



トラソニャータこと、




にゃーた1にゃーた。





さて、今月のにゃーたはどんな様子かな?





トラソニャータ(2歳・牝)
[父:ルーラーシップ 母:ストラスペイ]
2017/06/15 <近況>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本、残りの日は周回コースで軽めのキャンター2,400m
担当者「この中間も体調を崩すことなく、順調に調教を行っています。徐々に馬体に芯が入ってきた印象で、常歩でも段々とゆったり歩けるようになってきていますね。ハロン15秒ペースの調教を始めた当初は走りにブレがありましたが、真っ直ぐと駆け上がれるようになってきています。ここまで成長に合わせてじっくりと進めてきているので、まだ馬体に緩さは残るものの、キャンターをすると乗り味は良好で非凡なセンスを秘めているのが感じられます。引き続き秋移動を目標に進めていきますが、調教のペースを上げてからも馬体が減るということは現時点ではないので、とても調整がしやすいですし、それだけ馬自身がしっかりと成長してきているということでしょう」馬体重486kg
d_02660071.jpg









『ウチ、非凡やねん』








にゃーたは売れ残ってます。

シルクの15年産は6月30日が出資締め切り。

出資前としてはこれが最後の近況更新です。

なのでこれは、

見え見えの販促コメント。

シルクさん…、

わかりやす過ぎますよ。

これを真に受ける人はいないでしょう。



なんですか、


「非凡なセンスを秘めている」


って…。



私もね、一口経験4年にもなるんですから

もういちいちこんなコメントを真に…

ひ、非凡なセンスとか聞いたってね、

私は真に受けたりはしま…

け、決してしませんし…

間違っても、ひ、ひ、ひぼ、ふぃぼ…

ふぃぼんな…しぇんす…

とか言われたって…

舞い上がったりはしま…















えー、

チームにゃーた。のみなさん




















クラシック見えましたね。
(これからも真に受けます)


My Wish…

先週の出資馬の結果。

記事にもしたクードラパンは10着と

私の願いは届かず…

しかも北海道で放送されてるサマー競馬で

実況の松岡俊道さんが『クードルパン』とか言っちゃってたし…

見事復活して私を泣かしてほしかったんですが、

違う意味で泣きました…




でも、先週はもうひとつ大事な戦いがあったんですね。

3歳でもう11戦目を迎えた頑張るあの娘のレース。

そう、

ウィッシュノート。

昨年の8月にデビューしてから

ほぼ毎月出走し、

今回が11戦目。

本当に頑張り屋さん。

過去7回も掲示板に載っている馬ですから

いつかは勝ってくれると信じていましたが、



ついにその時が…







私の願いが…









ウィッシュノート 3歳未勝利1着












Wish!













ウィッシュノート(3歳・牝・未勝利)
[父:ゴールドアリュール 母:デイトユアドリーム]
2017/06/19 <レース結果>
6/17(土)阪神3R 3歳未勝利〔D1,200m・16頭〕優勝[6人気]
ブリンカー着用。好スタートを決めると、持ったままの手応えで3番手を追走、勝負どころから追い出しに掛かると、力強く直線の坂を駆け上がり、待望の初勝利を挙げています。

荻野極騎手「ゲートの出も良かったですし、こちらが促さなくても持ったままの手応えで好位に取り付けることができました。流れが速くなった場面も馬なりでスッと上がって行くことができましたし、手応え十分で勝負どころに入っていけたことで、最後の坂も堪えることなく末脚を活かしてくれました。京都よりは阪神の方が競馬はしやすかったですし、以前騎乗した時に比べてこの馬なりに力を付けているので、上のクラスでも良い競馬をしてくれそうですね。結果を出すことができてホッとしています」

安田隆行調教師「馬体は減っていましたが、ソエを気にせずしっかり調整することができたことで、絞れた分だと思っています。最後まで安心して見ることができるレースでしたし、1戦1戦力を付けてきていますね。メンバーも決して手薄ではなかったと思いますし、牡馬相手に勝ち上がってくれたのですから、内容としては言うことありません。この後はトレセンに戻って状態を確認した上で、今後の予定を検討させていただきます」
19221870_1589364451073957_2824356931431891657_o.jpg





やっとWishできた…

願いが叶った…

長かったです。

いつかは勝ち上がってくれると思ってたけど、

実はこのまま惜しい競馬が続くんじゃないかという

不安もあった…

最初はスタートうまくなかったし

道中もなかなか先団にとりつけなかった。

でも着実に成長して

今回は素晴らしいレースぶり。

最後の直線の力強い走りには

本当に感動した…

きわみーもナイス騎乗。




なんだかんだ言ってきましたけど、

安田先生はコンスタントに使ってくれて

レースをたくさん走らせることで

ウィッシュを成長させてくれました。

安田先生、

なんだかんだ言ってすいませんでした…

勝たせてくれて本当にありがとうございます。

先生の天然ぶり結構好きです…

これからもウィッシュをよろしくお願いします。




というわけで、ウィッシュは無事勝ち上がり。

丈夫な馬だし、長く走ってくれることに期待したいです。

上のクラスでは今のままだと厳しいのが

目に見えていますので

これから成長してグンと力をつけてほしい。

まずは今までかなり頑張ったので休養して、

リフレッシュかつパワーアップして戻ってきてください。






そして、次は500万下で













セカンドウィッシュしよう。


クードラパン頑張ろう

クードラパン(4歳・牝・1000万下)
[父:ダイワメジャー 母:ルシルク]
2017/06/15 <近況>
在厩場所:函館競馬場
調教内容:函館Wコースで14日に時計
次走予定:今週土曜の函館・HTB杯〔菱田裕二〕
久保田貴士調教師「先週、無事に函館競馬場へ到着しており、到着後も飼い葉食いは良好で、状態は維持できています。14日に菱田騎手に跨ってもらい、函館競馬場のWコースで追い切りを行いましたが、動きそのものは良かったものの、弾むようなところが少し物足りなかったという印象でした。そうは言っても、降級戦で開幕週の馬場とクードラパンにとって有利な条件は揃っていますから、力通りの走りが出来れば良い結果も期待できると思っています。前回はブリンカーを着用してレースに臨みましたが、あまり着け過ぎて慣れてしまってもいけませんし、ここでは力は上位だと思いますから、今回は着用せずに出走する予定です」
d_02661041.jpg


今日の函館メイン、HTB杯。

クードラパンが久々に出走します。

ここ最近は走りに精細さを欠き、

前走は心房細動…

と、調子も結果も下降線をたどっていましたが、

休養して身心共にリフレッシュ。

心機一転、昨年復活を遂げた北の地で











今年もまた復活しちゃいますよ。









最近の成績から人気もないし、

調子も絶好調とまではいかないみたいですが、

今回は降級戦。

地力は上位です。

ここはいい勝負になりますよ。





クー様。



得意の洋芝で、



札幌で勝利に導いたヒッシーを背に、



一番にゴールを駆け抜け…














僕を泣かしてください。

パ、パドルくん…

昨日のエプソムカップ。

出資馬のパドルウィールが出たわけですが、

低人気でもパドルが走る条件はそろっていた…。

これはやっちゃうだろう、パドル。

そんなわけで、私は戦前、ブログでこう言いました











「自信がありますよ」











いつものように自信満々。

こんな言い切って二桁着順だったら

恥ずかしいですよ。






さあ、やっちゃんだ、パドル。

14番人気という低評価を下したやつらに…





華麗な走りを魅せつけろ。













魅せつけた結果、













パドルエプソムC18着













18着。










パドルウィール(6歳・牡・OP)
[父:クロフネ 母:レストレスハート]
2017/06/12 <レース結果>
6/11(日)東京11R・エプソムカップ(G3)〔芝1,800m・18頭〕18着[14人気]
押してポジションを取りに行き、道中は7番手辺りを追走、直線に入って追い出されますが、脚色は鈍くズルズルと後退してしまい、最後方でゴールしています。

池添謙一騎手「ゲートの中で煩くて、3回ほど立ち上がろうとしたのですが、上手く体勢が決まった時にゲートが開いてくれたので、五分にスタートを切ることができました。ただスタートしてすぐに躓いてしまい、おそらくその時だと思うのですが、右前を落鉄してしまいました。そこからある程度ポジションを取りに行きましたが、多少脚を使ってしまった分はあったと思いますし、4コーナーを回る時にはもう手応えが怪しくなってしまいましたから、最後は無理させませんでした。このクラスで互角に戦っていくためには、現時点では何かしらの助けが必要なのかなという印象は受けましたね。それに厩務員さんは状態が上がってきていると言っていましたが、跨った感触的には前回乗せていただいた時よりも馬が硬い感じがしましたし、まだ体調的に良化途上の部分もあったのかもしれません」

中尾秀正調教師「段々とこの馬らしい元気なところが戻ってきていましたし、東京までの輸送がありましたが目方を減らすことなく出走できましたから、状態的には悪くなかったと思います。ただ右前を落鉄してしまったのは痛かったですね。スタートしてすぐにガクンと態勢を崩してしまった時にやってしまったのだと思うのですが、もうそこから走りのリズムが崩れてしまいました。ペースも速くなってしまいましたし、今日は色々なことがパドルウィールには向きませんでした。この後は厩舎に戻って状態を確認してから、どうするか決めたいと思います」
19092738_1583069485036787_6409345781802459568_o.jpg


自信あるとか抜かして…

さーせん…。




パドルくん…、

落鉄も影響したかもしれないけど、

このクラスだと

いろいろ条件がハマらないと

厳しいね…。






なんか、もう

パドルは最近の走りから

輝けない雰囲気が漂ってきましたが…






そんなことはないです。

あきらめるのはまだ早い。






パドルはもう一度…











きっと輝くんだから。
(サマー2000で復活や)

パドル、馬っ気を武器にエプソムCに挑む。



いざ、エプソムC










こんにちは。

いきなり今週の意気込みを表してみたpicotです。




ということで、

今週はパドルウィールがエプソムCに挑みます。

本番前の状態はどんなもんでしょう。

栗東の中尾君のリポートです。






パドルウィール(6歳・牡・OP)
[父:クロフネ 母:レストレスハート]
2017/06/07 <調教タイム>
 助 手 6. 7CW良 82.5- 66.6- 51.8- 38.5- 11.6[8]直強目追う

2017/06/07 <近況>
在厩場所:栗東トレセン 調教内容:7日にCWコースで追い切り
次走予定:東京6月11日 エプソムカップ(GⅢ)〔池添謙一〕
中尾秀正調教師「7日にCWコースで追い切りました。先週長めからしっかり時計を出しているので、今週は東京までの移動を考慮して行いました。終いの反応を確認する程度でしたが、スッとスピードが乗って抜群の動きでしたよ。都大路ステークスの時もだいぶこの馬らしさが戻ってきたなと思っていましたが、状態に関しては前走以上の出来だと思います。牡馬・牝馬関係なく馬っ気を出して煩いところがだいぶ目立つようになってきているので、良い頃の雰囲気に戻った気がします。週末は少し天候が崩れそうですが、極端な馬場にさえならなければ、それなりに対応してくれる馬ですから、他の馬より有利に働いてくれると思いますよ」

「小倉大賞典と金鯱賞の頃は追い切りで時計が出ても乗っていて物足りなさがありました。今は男性ホルモンがバンバン出て馬っ気が凄い。うるさいけど落ち着きがあって、中京でレコード勝ちしたときもこういう感じだったんです」(島助手/スポニチより)
d_02650201.jpg


今年に入ってから重賞で15着、16着と

まるで結果が出ていませんでしたが、

前走のOPでは復調を感じさせる4着となり、

状態が上向いた感があります。

パドルは基本やんちゃで元気な馬なんですが、

結果が出ていなかった頃は

そのやんちゃさ、元気さがなかったんですよ。

疲れなのか、時期的なものなのかはわかりませんが、

前走あたりからはそのへんが戻ってきているようなんです。

なんと言っても今のパドルは

男女構わず馬っ気を出してますから…

って…、それはどうなんだ…

でもそれも調子のいい証拠。

なので状態的には期待してもよさそうです。

調教も全体としてはまずまずの時計ですし、

直線ではしっかりといい脚使えていますので、

力は発揮できそうです。

ということで、状態面は◎




あとはコースや馬場や枠や展開ですね。

東京では今回乗る池添騎手で勝っていますので問題なさそう。

当日は馬場が悪くなる可能性もありそうですが、

今のパドルは渋った馬場も苦にしないでしょうから大丈夫。

前に行きたい馬が何頭かいますが、

それほど速いペースにはならないでしょうから、

なんとかいい位置で競馬をして、直線早めに抜け出して

粘り切るような競馬をしてもらいたいです。

枠はフルゲートになりそうですし内がいいですね。




メンバーも同じシルクのアストラエンブレムは人気になりそうですが、

ものすごく抜けた存在という馬はいませんので、

どの馬が勝ってもおかしくないレースになりそう。

パドルにもチャンスはありますよ。




ということで、今週のエプソムC、

これは面白いレースになるんじゃないでしょうか。

パドルがやってくれますよ。

中尾先生は、パドルをサマー2000シリーズに

参戦させる意向を示していますので、

その前に弾みをつけたいところです。




パドル、人気にはならないだろうけど、

みんなを驚かせよう。



私もね、今回ばかりは









自信がありますよ。













エプソムCで…












エプソムCで…
















初の…!




























重賞勝利だ。(小声)


先週の結果(6月4日)

最近、ちょっとずつブログ更新頻度が増えてきました。

少し休養期間をいただいたことで、

モチベーションが戻りつつあります。

ただ、内容はひどい…

適当感は以前より増しています…

でもこんな感じで続けていきますよ。




先週は出資馬2頭が出走。

勝ち上がりを目指す、キンナリーとソルオリーヴァ。

さて結果はどんなもんじゃい。




キンナリー(3歳・牝・未勝利)
[父:ディープブリランテ 母:カラヴィンカ]
2017/06/05 <レース結果>
6/4(日)東京1R 3歳未勝利〔D1,600m・16頭〕3着[2人気]
まずまずのスタートを切るも行き脚が付かず、道中は後方3番手辺りを追走、直線で大外に持ち出し追い出されると、一完歩ずつ差を詰めたものの上位2頭には届かず、3着でゴールしています。
戸崎圭太騎手「スタートは出てくれましたが、トモが嵌ってくるまで時間が掛かるので、前半は置かれてしまいました。道中は折り合いもスムーズでしたし、力がある馬なので最後はしっかりと脚を使ってくれました。走りがゴトゴトしていたように、まだ体質的に強くありませんし、時間は掛かると思いますがそこがしっかりとしてくれば、能力はある馬なのでもっと走ってくると思いますよ
田島俊明調教師「前半でもっと前のポジションを取れればいいのですが、まだ体ができていない分、どうしても後ろが嵌ってくるまでに時間が掛かってしまいますし、行きたがるところがある馬なので、押して行ってしまうと掛かってしまう可能性もありますから、難しいところですね。それにあの位置で我慢していたから、直線で上がり最速の脚を使うことができたという面もあったと思います。敗れはしましたが、前目に付けた2頭で決着した中で、しっかりと追い込んで3着にきてくれたように、力のあるところは見せてくれたと思います。この後は優先出走権を獲ってくれたものの、まだ体質的にしっかりしていないことやこれまでの経緯を考えると、無理せず間隔を空けた方が得策だと考えています。一旦放牧に出してしっかりと馬体をケアしてもらい、新潟開催辺りを目標に調整していきたいと思います」
18815286_1574798915863844_3586845990990053126_o.jpg

デビュー2戦目。

前走凄まじいまくりで3着と追い込んだのが評価されて

2番人気に推されました。

が、結果は3着。

今回も上がり最速のいい脚を使っていましたが、

位置取りが悪すぎた…

4コーナーではここですからね。

ほぼ最後方。
キンナリー未勝利4コーナー


ここからよく追い込んできましたよ。
キンナリー未勝利ゴール前


2戦続けて3着と力はあるところを見せてくれました。

最後確実に伸びてきてくれますし、

能力はかなり感じますよ。

あともう一歩。

何もなければ続戦でしょうし、

次で決めちゃいましょう。





ソルオリーヴァ(3歳・牡・未勝利)
[父:スズカフェニック 母:ナリタオリーブ]
2017/6/4 (東京競馬場)
馬体重:486kg
★6/04(日)東京 3歳未勝利(芝1400m・混)丸田恭介騎手 結果7着
「直線に向いた時の手応えからはもう少し上の着順に来ても不思議ない感じでしたが、結果もうひと伸びが足りませんでしたね。1ハロン長いのか、それとももう少し距離があった方がいいのか分かりませんが、いずれにしても時計の掛かる洋芝が合うと思います。休み明けにしては最後まで一生懸命走ってくれましたし、次は変わってきそうですよ」(丸田恭介騎手)
18881776_1858731897723936_4574177576512185284_n.jpg

調教でグレロン先輩を煽った…

その内容から一変を期待して臨んだ4戦目。

結果は7着…。

でも内容は大きくよくなっていましたね。

勝ち上がりの望みもない馬…という評価からは脱却。

勝ち上がれそうな雰囲気は出てきましたよ。

調教から変わったことはわかりますし、

あとはレースで力を発揮できるようになるだけ。

しかし、まだソルオリーヴァの適性が

この時期なんですけど今一つはっきりしない。

ダートよりは芝の方がよさそうですけど、

距離は縮めた方がいいのか延ばした方がいいのか。

あとは大竹先生の手腕に期待ですね。

よろしくお願いします。

丸田騎手、洋芝合うとか言っちゃってますけど、

北海道来そうですかね?

ぜひとも函館で結果を出してほしいです。






だんだん未勝利馬は後がなくなってきた…

キンナリーは故障さえしなければ勝ち上がれるだろう。

ソルオリーヴァは微妙だけど…、可能性はまだある…

picot farmでは現在、未勝利馬5頭抱えているんですが、

なんとか、2頭くらいは勝ち上がってほしいんですけど…

頑張るんだ、みんな。

この夏が勝負や!


News & お知らせ
【お知らせ】
密かにツイッター的なものはじめてます…(6/25)

【レース結果】
ウィッシュノートが3歳未勝利を11戦目で勝利!(6/17)

【お知らせ】
おみくじやめました。 飽きたから…。(6/17)

【レース結果】
アリンナが葵S(OP)を快勝!(5/13)
次走予定

7/  2   クードラパン

函館・道新スポーツ杯 芝1200m

      アリンナ

中京・CBC賞   芝1200m

7/  9   パドルウィール

福島・七夕賞   芝2000m

*7/16 函館記念の可能性もあり

7/16   ディロス

函館・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
4-2-4-4-2--18
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター