プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

シルク16年産募集馬検討中

今年のシルクの募集馬。

ネットでPDFと動画見て最初に思ったのは

シルクは1年おきに

いい年とそうでない年がやってくるんでしょうか、

ということ。

去年はやはりすごかったですね。

今年も1次で申し込みたい馬はそれなりにいますが、

1次で埋まらずに通常募集以降まで残っている馬で

とりたい馬というのはほとんどいないんじゃないか、と。

なんて思う今日この頃。

そして、みんな思うことは同じっぽく

今年は去年以上にほしい馬に一極集中するんじゃ…

私の実績じゃ取れませぬよ…

ほしい馬が絞られているので

複数口いこうかとも思いましたが

それで外れたら…

しゅーりょー…




しかし私は、

抽選に強い男。(なお去年の1次は1勝4敗)

根拠はありませんが

今年も抽選は当たる気がします(だから1勝4敗)




今週ツアーに参加しますので

そこで実馬を見て最終的に決めようと思いますが

現時点での申し込み候補馬をご紹介。

最初は手広く申し込まないけどいいと思ったお馬さんも含めてみます。




【いいと思ったお馬さん】
<関東>
シルキーラグーンの16
ロジャーズスーの16

スイープトウショウの16
シーイズトウショウの16
サマーハの16

ディアジーナの16
ルシルクの16
ウルトラブレンドの16
キーオブライフ16
アンティフォナの16
ポーレンの16

メジロフランシスの16
ヒカルアマランサスの16


<関西>
ヒッピーの16
バラダセールの16
スナッチドの16
ヴィヤダーナの16

ラッドルチェンドの16
プリモスターの16
ビアンカシェボンの16

レーヴドスカーの16
プチノワールの16
ロザリンドの16
グリューネワルトの16
マハーバーラタの16
ウインフロレゾンの16
ラトーナの16
クレヨンルージュの16
スカイクレイバーの16





えっ、今年の募集馬は…とか言ってたくせに

なんか多くない…?




ご安心ください。

これは馬体と動きだけを見てかなり広めに選んだものなんですが

ここから測尺やら価格やら何やらかにやらで一気に絞ります。

それがコチラ




【いいと思ったお馬さんを絞ってみた】
<関東>
ロジャーズスーの16
サマーハの16
ディアジーナの16
ルシルクの16
ウルトラブレンドの16
アンティフォナの16
ポーレンの16


<関西>
ヒッピーの16
バラダセールの16
ヴィヤダーナの16
ビアンカシェボンの16
プチノワールの16
ロザリンドの16
ウインフロレゾンの16
ラトーナの16





この中から申し込む馬を選びたいと思います。

しかし、もし私がツアーに行かないとしたら

この時点でだいたい申し込む馬を決めるわけですが、

そうであれば申し込む馬は




<関東>
ルシルクの16
ウルトラブレンドの16


<関西>
ビアンカシェボンの16
プチノワールの16
ウインフロレゾンの16

になりますね。




去年もツアーで募集時から成長して少し変わっていた

というお馬さんもいて

順位変動がありました。

もちろん最初に手広く挙げた中からも

下剋上を果たすお馬さんもいるかもしれませんから

あまり先入観は持たずに見てこようと思います。




そういえば、だいぶ前にシェアザストーリーの16

申し込むとか言ってなかったっけ?

ああ、それなんですが、

ネット上ではだれも気にしている人は見当たらないんですが

私にはヤヴァく見えたんですよね…

馬の能力的にではなく怪我が心配…

それもツアーで確認してこようと思います。

もし杞憂に終わるのであれば候補に入れますよ。




しかし、私の候補馬たちはきっと全て抽選対象ですね。

先ほども言いましたが、おそらく当たります。

しかし、万が一全滅ってことになったら…

恐ろしい…

今から徳を積んでおくか…

あ、もう遅いですか…


ノルマンディー4次募集

ノルマンディー15年産4次募集


タニノジャドールの15
父: エイシンフラッシュ
1,280万(32,000円)
栗東・昆貢

リンダムーンの15
父:スペシャルウィーク
1,480万(37,000円)
美浦・畠山吉宏

エムケイミラクルの15
父:ショウナンカンプ
880万(22,000円)
美浦・青木孝文

コールミーシュガーの15
父:アポロキングダム
600万(15,000円)
美浦・堀井雅広

スイートクラフティの15
父:ダノンシャンティ
1,080万(27,000円)
栗東・飯田祐史

マイネナデシコの15
父:ゴールドアリュール
1,920万(48,000円)
栗東・羽月友彦

ヤマトプリティの15
父:アポロキングダム
760万(19,000円)
美浦・菊川正達

ヤマカツアンナの15
父: シニスターミニスター
500万(50,000円)
園田・盛本信春




ノルマンディーさん…

多すぎ…

この時期に8頭って…

そしてすごいの出してきましたね…

なんていうか、

馬が渋すぎて…

まあそれは今に始まったことじゃないですけど

渋さがいつもの1.7倍…

あと意外な馬が高かったり…

安かったり…




アポロキングダム産駒は

4次募集に出してくるだろうと思っていましたけど

あらためて調べたら、

15年産アポロキングダム産駒は31頭いるみたいなんですが

そのうち2頭がノルマンディーで募集という…




私は、アポロサラブレッドクラブ持ちの繁殖牝馬以外で

アポロキングダムを付ける意味を全く見出せずにいるんですが、

牧雄さんはアポロサラブレッドクラブ以外で唯一

アポロキングダムの良さをわかっている人ということなんでしょうか…




その他の馬も萌えない…

私はもう15年産は出資する気はないんですが、

この中で選ぶんだったらおもしろくもなんともないですけど

普通にリンダムーンですね。

飛節は伸びないけど、ほどよい柔らかみとリズムいい歩様に好感。

パワーもありそうでダートで走りそうなイメージ。

でも牧雄さんが絶賛するほどなのか…という感も…

タニノジャドールはここらで一発みたいな期待はありますけど、

さすがに母高齢だし

エイシンフラッシュがどんなもんかまだわかりませんし

6月産まれというのもちょっと怖い…

あと牝馬はどれも…だけど

緩さは気になるけどちょっとエムケイミラクルがいいと思った私は

見る目なしでしょうか…

ていうかマイネナデシコのぼったくりみたいな値付けは…




とまあ、ネタ的にはおもしろいですが、

買う気はおきない4次募集。

でも売れちゃうんだろうな…

会員増えてるし、お財布に優しい価格だし。

アポロキングダム産駒も売れちゃうんだろうな…

いや、これ売れるのか…

いくら安いと言っても…

さすがに購買意欲旺盛なノルマンディスト相手でも売れないんじゃ…

ということで、

4次募集はノルマンディストの購買意欲に注目です。


シルク 16年産募集馬発表

なんと、シルクが…





16年産募集馬を発表。(遅い)






ネタとしては古くなってしまいましたが、

一覧載せて、

感想言って、

私の注目馬は…

というありきたりの流れをやりますよ。

それが募集馬が発表になった時の定石です。

このブログも定石を踏んだブログを

実は目指していますからね。

目指しているんですけど、

なんていうか…

非定石というか非常識というか…




では定石ブログとして歩むための第一歩として

宣言した通りの流れでやります。



シルク16年産募集予定馬

シルク16年産募集馬



ぱっと見、去年の方が豪華だったな、

という印象を持ちましたが、

よくよく見ると、

あ、これちょっと面白そうじゃない?

という馬が結構いる…

という感想。




次は、私の注目馬のコーナー。

私は、『血統知識は小2レベル』を自負しておりまして、

詳しいことはわかりません。

なので、一口を始めた時から

『馬を見ていいと思ったら血統はあまり考えない』を信条にしており、

そういう思いで毎回馬を選ぼうと思ってはいるものの

中途半端な血統知識と中途半端なデータを取り出して

結局中途半端な選び方をしているという

さっき言った信条は馬を選ぶとき43%くらい…。

いや、それもう信条じゃないじゃん…

そもそも信条ってナンデスカ…?

よくわからない内容になってきましたが…、

まあ何が言いたいかというと、

この一覧見ても注目の馬とかは

父と母と兄弟の活躍くらいでしかわかりませんので、

私レベルでは何も目新しいことは言えません。




ただ、一頭このラインナップの中で

心揺さぶられる馬がいましたね。

それはね、






シェアザストーリーの16(父:ゴールドアリュール)






私の元出資馬ブレーヴストーリーの弟。

私はね、実は未だにブレーヴストーリーの死を引きずっているんですよ。

女々しくてお恥ずかしいんですが、

彼の死は本当に私の心に強烈な爪痕を残していったんです。

デビュー戦後の突然の腸炎。

50kgも痩せた壮絶な闘病生活。

そして、回復を信じていた矢先の突然の訃報。

その頃はピュアな思い溢れる一口馬主2年目だったので

ものすごくショックだったんですよ。

今までは出資馬の兄弟だからって出資する

というスタイルはとってこなかったんですが、

ブレーヴストーリーだけは別ですね。

彼の兄弟が募集されたら出資したいと思い続けていました。

でもなかなかシルクでは募集されなかったんですが、

やっときましたね。

出資できるチャンスが。

これはいくしかない…

余程のことがない限りいきますよ。(明らかにこれは…というのだったら…)

おそらく、ゴールドアリュール産駒は

サマーハの16に人気が集中するでしょうから

チャンスです。

picot、行きます。




というわけで、

最後はちょっと湿っぽい、

馬場でいうと、やや重風のブログになってしまいましたが、

お許しください。

募集馬が発表になったので、

次はカタログ発送待ちですね。

7/20かぁ…

あと1ヶ月以上ある…

長い…

それまで暇なので、

一口馬主の定石通り、

募集馬の馬体を一頭一頭想像することにします。(定石外れ)


魔が差した結果…

ちょっと前のことになるんですが、

私に降りかかったある出来事について

お話しします。





4月と5月は仕事もプライベートも結構忙しくて、

心身ともに疲れていることが多かったんですが、



そんなときに…




疲れからか…




週に…








週に何度も…














魔が差すことがあったんです。

*魔が差す:悪魔が心に入りこんだように、一瞬判断や行動を誤る。出来心を起こす。(デジタル大辞泉)












通常、私は月2回ペースで魔が差してたんですが、

なんとこの週は…

この週だけで6回。

多すぎる…

魔が差し過ぎてる…

というわけで私はこの週を

『魔が差しWEEK』と呼ぶことにしたんですが、

そんな『魔が差しWEEK』に…




やっちまいました…








魔が差した結果、



悪魔の囁きが聞こえた結果…






私は…












押してはならないあるボタンを押してしまいました。














そしたら…

私も予想だにしていないことが起きました。




なんと、








とあるクラブの出資馬一覧に














なんか馬が一頭増えてました。













これはいけない。

悪魔って怖い…

この前一頭増やしたばかりなのに…

この世代もう結構出資してるのに…

もうすぐ16年産の募集が見えてくるのに…






でも、










増えたものは仕方ない。












というわけで、

開き直って発表します。

仲間入りしたのはこの馬。

























d_02650071.jpg



シルク

ストラスペイの15(父:ルーラーシップ)








シルクの第2回追加募集馬の中でも

人気なさそうなルーラー牝馬です。

おそらくこの馬は満口にならないんじゃないかな…

ルーラーシップ産駒は今のところ牡馬でも思ったほどの活躍は…

という感じなのに、

牝馬はもっと走っていませんからね。

最近になってやっと2勝馬が2頭出てきたので

これから…と期待を込めて思いたいところですが…。




でもね、

このペイちゃんはね、

私のとあるセンサーがビンビンに反応したお馬さんで(謎)、

動画…とくに坂路の走りでグッときましたね。

ああこの馬…、あのレース勝っちゃうな、と。

あのレースだけでも勝ってくれないかな…と。(なお未勝利)





1500万とシルクにしては安め設定なお馬さんなんですが…












私には明るい未来しか見えません。










というわけで、ご一緒の方、

よろしくお願いします。

一緒にこの馬の活躍を夢見ましょう。



そして

この馬が勝ったら、





一緒に…












ストラスペイ踊りましょう。
(馬名考えてて初めて知ったやつ)


仲間が増えました(ハムじゃないやつ)

前回予告した通り、

我がPICOT FARMに仲間が増えたことを報告します。

今回はハムスターじゃありません。

モルモットでもありません。






UMAです。







さあ、どの馬が仲間になったのかな?

シルクかな?ノルマンディーかな?



さっそく発表です。

























20170430.jpg







ノルマンディー

ミラグロレディの15(父:ブラックタイド)











本当は3次募集馬はスルーする予定だった…

募集時は特別よく見えたわけじゃないし…

しかしね…

調教動画を見て衝撃を受けたんだYO!

この馬には未来を感じる…

来年はあのレースを走ってますよ、きっと…

あのレースってもちろん、

最初に”おう”のつくレースですよ…(黄梅賞のもよう)

馬体はまだまだですけど、

遅生まれだしこれからです。




ノルマンディーはね、

この時期に残口残っている馬にお宝が眠っています。

去年もいましたね。

後にG2とOPを勝つ馬が。

じゃあ今年もいますよ。

後のオープン馬がまだ残ってますよ。






ちなみにミラグロレディの15はね、

言っちゃいますけど








第2のアリン〇です。
(なお、アリンコの可能性もあるので伏せ字)








そのくらいの期待を持って

この馬のデビューを待ちたいと思います。







あとは名前ですね。

3次募集馬なのでまだ名前が決まってませんが、

ブラックタイドミラグロレディの仔ですから

これしかありません。





ノルマンディーさん、



この馬の名前…











ミラグロイドでお願いします。


ギガバッ〇ケン

只今、私の中で絶賛評価急上昇中の2歳馬がノルマンディーにおります。


その名は…







ギガバッ〇ケン










募集時は馬体は良かったものの

動きがやる気のない牛のようで

敬遠した方も多かったこの馬。

でも育成が進んでいくと牧場スタッフの評価も上々。

調教動画もいい動き。

これは一気に残口が減るかと思いましたが

ここにきて爪のトラブルでお休み中なので

もう少し様子見できるでしょうか。




私も昨日、この馬のこと記事にさせてもらいましたが、

これ以上推さないでくれと

アキュチャーさんからのコメントがありました。

なのでアキュチャーさんのお願いを受け、

昨日の記事ではこの馬の名前を

ギガバッ〇ケンと途中から伏せ字にしたんですが、

アキュチャーさんから伏せられていないと

突っ込まれました。




どれどれ、

よく見ると…

あ、

ホントですね。

伏せられているようで伏せられていない。

ギリギリ伏せられていませんね。

私にはここに一文字ある気がしてならなかったんですが、

勘違いだったようです。




しかしなぁ、なんかここに一文字あるんじゃないかと

思えて仕方ない。

そこで私は関係者を直接取材。

数人の関係者の証言をまとめると



どうもあそこには本来、








一文字入るということが判明。








やはりそうでしょう。

入りますよ、普通。







そこで私なりに予想してみました。

この名前を考える時には

ギガ=巨大  バッ〇=?  ケン=人名 or その他

これがスタンダードでしょう。

というわけで候補をずらり。




・ギガバッケン = 巨大な後ろ拳(技の名前)


・ギガバッケン = 巨大な鞄がもらえる権


・ギガバッケン = 巨大なバッジがもらえる権


・ギガバッケン = 巨大バッタ・ケン(バッタの名前)


・ギガバッケン = 巨大コウモリ・ケン(コウモリの名前)


・ギガバッケン = 極悪非道な悪い犬


・ギガバッケン = 巨大なバッハ圏(バッハが影響を及ぼす巨大な勢力圏)


・ギガバッケン = 頑張って的な言葉+ケン(人名)





一個、スタンダードじゃないパターンがありましたが

基本、何か入るとしたらこんな感じ。

何でしょうね、あの○の中は…


私としては、方言なのか頑張っての最上級なのかわかりませんが、

ギガバッテケ…





おっと、ここで新たな情報が入ってきました。



なんと、




ギガバッ〇ケンは…












ギガバッケンでいいそうです。
*出資者のみなさんごめんなさい。

ノルマンディーの2歳馬調教動画を見て

先週、ノルマンディーの2歳馬の調教動画が

やっとアップされましたね。

待ってましたよ…。

ずいぶん待たせてくれたじゃないですか、

ノルマンディーさん…




私は見づらいと巷で評判の

ノルマンディーの坂路動画から

馬の素質を見抜くことに命を懸けてまして、

まあ見抜けたためしはないんですが

今年も独断と偏見で評価しちゃいますよ。




ノルマンディーの調教動画は横から撮るスタイルですが、

私はノルマンディーの坂路動画で何を見るかというと

横からわかる走りのバランスもそうなんですけど、

一番のポイントは余力を残して走っている状況で、

全力で走った時にどれだけの走りができる馬なのかを想像すること、

だと思っているんですよね。

要は、その馬の速く走る能力がどれだけ秘められているかを見ること。

じゃあどこを見ればいいのか。

馬の走りは全身を使うので、前駆もそうだし後躯もそうだし

首も背中も重要だと思うので、

一部だけ秀でててもダメなんでしょうけど、

それでも特に重要な部分はよく言われますが、トモ

そして背中なんだと思うわけですね。

で、私はノルマンディーの調教動画でもそれらは

ある程度はわかると思っていて

本当は速いところをやっている馬の方がわかりやすんですけど

遅くてもそれなりにはわかるのかなと思っています。

馬の走りはピッチ×ストライド。

どんなにピッチ走法で回転が速い馬がいたとしても

一完歩が短ければ速くは走れません。

なのでトモと背中の筋力、バネから

どれだけ一完歩のストライドを伸ばせるか。

これが重要。

話が回りくどくなりましたが

それで何を見ているかというと

一番はトモと背中にどれだけの筋力、バネが秘められているか。

どんなにキレイな走法で、

バランスよく走れる馬がいたとしても

これがないとお話がならない馬になっちゃうわけです。

見た目じゃわからない、動かさなきゃわからない部分。

これは私の見解なので異論もあるでしょうけど

ここ数年はこんな感じで見ています。

本当は調教動画を見てから出資を決めたいんですが、

人気馬は先に埋まっちゃうのでできないんですよね。

私が調教動画を見てから出資した馬というのは少ないんですが、

動きを確認して選んだ馬は成績がまあまあいいので

今のところはこの見方を続けようかなと。





で、本題ですが

15年産の馬たちの走り。

この世代はマジでいい馬一杯揃えたな、

と改めて走りを見て感じましたね。

まだ軽めの馬もいましたし、

吹雪で見づらかったり、

速いところ走っている時が奥側で

走りがよく見えない馬もいましたので

これから評価が逆転する馬もいると思いますが。




本当は全頭の評価を出そうかなと思ったんですけど、やめました。

一回書いたんですけどね。

出資馬と個人的に特に気に入った馬だけを取り上げます。




―バカによく見えた馬―

ヴィアプライド(出資馬)


―よく見えた馬―

ギガバッケン
ディステニーレイ


―なかなかよく見えた馬―

ファントムメナス(出資馬)




まともに評価できるのは速いところをやってるヴィアプライドとギガバッケンくらいなんですが、ヴィアプライドはいいですね。全身バネみたいな感じ。これは期待できますよ。
ギガバッケンはまだ残口がありますね。首がもう少し使えたらいいのになというのはありますが、ストライドの伸びからかなりの脚力とバネを感じさせますし、これはいいですなぁ。欲しい…。
もう満口になっちゃいましたが、デスティニーレイはいいバネ持ってそうで素質を感じさせますね。
出資馬のファントムメナスは正直雪でよく見えなかったんですけど、動きは悪くはなかったですよ。ちゃんと走っているところを撮ってくれれば次回はもっと上の評価かも。

この他にもいいなと思った馬は何頭かいました。
あと素質はありそうだけど、まだ緩さが残りすぎてて推進力につながっていないなと思う馬とか、フットワークとかバランスはいいんだけど後躯に力が付ききっていないという馬もいましたね。そういう馬はこれから変わってくるでしょうが、変わらないこともあるので…。
でも総じて言えるのはノルマンディーのこの世代はレベルが高そうだということですね。





というわけで、

出資した2頭は走りを見ても期待は膨らみました。

そして、ノルマンディーの調教動画の醍醐味は

まだ眠るお宝発見。










ギガバッ〇ケンいいね。
(アキュチャーさんの希望にて伏せ字)

次走予定

7/30   ビターレ

札幌・3歳未勝利 ダ1000m

    ブラックジェイド

札幌・3歳以上500万下 ダ1700m

8/ 5   ソルオリーヴァ

札幌・3歳未勝利 芝1200m

8/12   カルヴァリオ

札幌・STV賞(1000万下)芝1500m

*8/13 札幌・HTB賞の可能性もあり

8/27   パドルウィール

小倉・小倉日経オープン 芝1800m

2017年成績
5-2-5-5-2--22
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター