プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

パドルウィール短期放牧へ

パドルウィール(3歳・500万下)
<レース結果>
3/29(土)阪神11R 毎日杯 G3[芝1800m・14頭]6着[8人気]
スタートで出遅れ、道中は後方3番手あたりを追走、残り800m過ぎから外を回って徐々に押し上げ、直線では大外から追い上げに掛かると、勝ち馬と同じ上がり最速の脚を見せましたが、僅かに及ばずコンマ2秒差の6着に敗れています。

中尾秀正調教師「競馬場に着いてからも入れ込むことなく、落ち着いて競馬まで行けました。ゲートはあまり上手くない方だけど、いつもよりは煩かったみたいで、出遅れてしまいましたが、四位騎手も上手くなだめて競馬をしてくれたので、リズムよく追走できたと思います。結果は残念でしたが、まだまだ良くなっていく馬ですし、この後は短期で出して、成長を促しながら使っていきたいと思います」


おっと、短期放牧ですか。
まだ休養明け2戦しか走ってないので、もう少し走る姿が見たかったですねー。
今の段階でも十分3歳のOPクラスでやっていけそうだったので残念…。とりあえず自己条件勝ってからでも遅くない気がしますが、決まった以上しょうがないです。
またパワーアップして戻ってきてもらいましょう!



*出資馬の情報・写真についてはシルクHCからの転載許可をいただいております。

ゾネブルム惨敗…

ゾネブルム(3歳・未勝利)
★3/30(日)中山 3歳500万下・混(芝1800m)長岡禎仁騎手 結果13着
ゾネブルム惨敗でした…。
レース後の尾関調教師のコメントは、「減量を生かすには積極的な競馬をしたいと思っていたんですが、外枠の分、前半に脚を使ってしまいました。しかし、あそこまで負けるとは思っていなかっただけに今日の敗戦はショックが大きいです」
「タイムオーバーになってしまい福島開催には出走できないので、この後は1度小野町に移動し、間隔を空けたいと思います。次走は距離を短縮するかダート戦も視野に入れ、これまでと違った条件で何とかきっかけ掴みたいです」
でした。

未勝利出走の権利どころか、タイムオーバーで目標としていた福島では出走できなくなるという悪循環。
尾関調教師もショックだったみたいですが、出資者としてもかなりショックでした…。なんというかゾネブルムの限界を感じてしまったような…。

いやいや出資者としては馬の力を信じて、パワーアップした姿を復帰後に見られることを信じたいと思います!
次走はたぶん平坦コースを選択すると思うので新潟でしょうね。距離の短縮やダートも視野にいれていくということで、この馬にぴったりくる適正を見抜いてレースを選択してほしいです。ただ、素人目にはパワーはなさそうに見えるのでダートは合っていない気がしますが…。距離はマイルを試してほしいですね。

とりあえず小野町でいいトレーニングを積んで、5月にはスーパーゾネブルムになっていることを期待したいと思います。


*出資馬の情報についてはノルマンディーOCより引用した形での掲載許可をいただいております。

毎日杯 パドルウィール、力及ばず…

パドルウィール(3歳・500万下)
阪神11R 毎日杯G3 芝1800m 6着
四位騎手は「前回どうだったかわからないけど、ゲートの中でチャカチャカしていたので、出遅れるかなと思っていましたが、思った通り、出が悪かったですね。ただ、脚を溜める競馬をしようと思っていたので、出遅れても焦らずじっくり追走できたので、ロスはなかったと思います。馬込みに入りかけるとフワフワしていたので、勝負どころは外に出して行きましたが、最後まで脚は使ってくれたと思います。まだ気性も子供だし、それでこれだけ走れるのですから、今後の成長が楽しみですね」と話していました。

パドルウィール残念でした。
掲示板は硬いかなと思っていましたが、そう簡単ではありませんでしたね。
スタートはやっぱりヘタで、思いっきり出遅れてました。でも取り残されずにすぐに追走はできていましたし、出遅れた割には悪くない位置で競馬ができたと思います。
直線に入った時は「いける!」と思いましたが、坂の途中で脚色が鈍ってしまいました。
それでも上がり3Fは勝ったマイネルフロストと共にメンバー最速の34.6秒。やはり出遅れたぶん位置取りが後ろになってしまったので、最後はその差が出ました…。
ただ6着でしたが、このレースでOPでもできるということを証明してくれたと思います。上がりはこれで5戦中4戦で最速。OPでもこの脚が使えるんだから、今後も十分このクラスで勝負できそうです。

このあとはどういう使い方をするんでしょうかね。一度自己条件に戻るという選択肢もありそうですが、私としてはNHKマイルを目指した番組選びをしてほしいですね。




*出資馬の情報・写真についてはシルクHCからの転載許可をいただいております。

ゾネブルム、今週まさかの格上挑戦

ゾネブルム(3歳・未勝利)
☆3/30(日)中山 3歳500万下・混(芝1800m)▲長岡禎仁騎手(53kg)

27日に坂路コースで4ハロンから、52.9-38.8-25.8-13.2を馬ナリに追い切られています。
余力があって軽快な良い動きだったとのことでした。
次走は福島開催を考えていたそうですが、希望通りのレースに出走できるかどうか微妙な情勢なため、今週の想定状況をチェックしたところ、格上ではありますが中山の500万下戦がメンバーと頭数が手頃だったので出走に踏み切ったと。駆け込みで入ってきた馬もいて頭数は見込みよりも多くはなったそうですが、「数頭を除けば力で劣ることはないと思っています。権利を掴んで次走に繋げたいところです」と尾関調教師は話されています。
また、左前にソエが出ていて気にはしていますが、レースに向かうには問題のないレベルとのことでした。

驚きましたね。まさかの格上挑戦。
確かに登録が13頭と少なく、ゲットアテープ(父:ディープインパクト)だけが抜けた存在で(たぶんこの馬の圧勝…)、7頭が牝馬でゾネブルムを含め3頭が未勝利馬というメンバー。
尾関調教師も勝つためというより、5着以内に入って権利をつかんで福島の未勝利で勝負という流れを期待しているようですね。
相手はそうでもなさそうですが、10頭は1勝している馬ですからね。5着もそう簡単ではありません。
ただ今週の調教はいい内容だったし、これまでよりも距離も短くなったので前走の時のような全くの見どころなしというレースにはならないような気がします。
鞍上は今年3年目の長岡騎手。まだ通算8勝しかしていませんが、軽量を活かして頑張ってもらいたいです。
ベテラン蛯名騎手が乗った前走で口を割って走ったりと敏感なところがあったので、ちょっと心配ではありますが…。


*出資馬の情報についてはノルマンディーOCより引用した形での掲載許可をいただいております。

今週はパドルウィールが毎日杯に出走

パドルウィール(3歳・500万下)
2014/03/26 <調教タイム>
パドルウィール
 四 位 26CW重 81.2- 65.4- 51.2- 37.5- 12.5 馬なり余力
  インターンシップ(三未勝)馬なりの外を0.6秒追走3F併同入

2014/03/26 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、馬場か坂路でキャンター 26日にCWコースで追い切り
次走予定:阪神3月29日 毎日杯1800m芝[四位洋文]
中尾秀師「想定を見る限り、除外なく出走できそうですね。今朝、追い切りも無事行えましたし、いい状態で競馬に臨めそうです。阪神29日の毎日杯に四位騎手で投票します。」


いよいよパドルウィールが毎日杯(G3)に出走します。
メンバーは飛び抜けた馬がいない印象で、ほとんどが1勝馬というパドル君にとってはかなり恵まれたメンバーになりました。
そうはいっても、ラングレー、ステファノス、ピークトラム、アズマシャトルという前走で2勝目をあげた馬たちや重賞で好走した馬たちがライバルですので、そう簡単にいい結果は得られそうにありません。
データによると、毎日杯はディープインパクト産駒が4勝2着2回3着2回と好成績を残しているそうです。
また、過去10年の1着馬は8頭が父サンデー系でした。
父クロフネのパドルウィールにとっては不利なデータですが、母父サンデーなのでちょっとは仲間入りさせてほしいです(笑)
クロフネは毎日杯を勝ってるわけですから、レースの相性は悪くないと思います!

今年の登録馬でディープインパクト産駒はラングレーとステファノス。この2頭が強敵になりそうですね。
ちなみにこの2頭もクラブ馬。
ラングレー(サンデーCC 募集価格:8000万)
ステファノス(キャロットC 募集価格:7000万)

パドルウィール(募集価格:1800万)

この価格差で勝ったら気持ちいいですね〜。
まあ勝つのはかなりハードルが高いですが、素質では劣らないと勝手に思っています(親バカ)ので、いい結果を期待しています。


*出資馬の情報についてはシルクHCからの転載許可をいただいております。

ノーザンファーム空港見学&近況報告(出資候補馬編②)

ノーザンファーム空港見学の様子と近況報告の続きを載せます。
今回は出資検討している馬たちの第2回目です。


アンジュデトワール(エンゼルカロの12)


白目を見せて少し過敏そうに見えますが、とても落ち着いている馬でした。
現在のところ非常に順調に育成されており、担当の方の話では心身ともにタフで現在のところ注文をつけるところがない、同世代馬と比較しても平均以上の力はあると仰っていました。
これはすごい評価だと思いましたね。『平均以上』をどう捉えるかですが、ノーザンの育成に携わっているスタッフさんですから、少なくとも勝ち上がる可能性は高いと思いますし、仕上がり早そうなのでもしかしたら2歳、3歳のOP戦で顔を出すのかもしれません。あくまでコメントからの推測ですが…。
ただ、「前脚は硬いんですが…」と。私も募集時から気になっていました。走りは力強さがあって良さそうに見えますが、全体的に柔らかさは足りないような…。
でもそんな馬でも走る馬は走りますしね。トモの筋肉なんかはしっかりありますし、違う長所でカバーしてしまうかもしれません。
心身ともにタフというのも大きな武器ですよね。脚元も丈夫そうですし、楽しみはある馬だと思います。硬さや力強さがある点からダートという可能性もありそうですね。

更新された情報です。
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター2本、残りの日は周回ダートコースでスローキャンター2,500m
次走予定:未定
担当者「すでに15秒前後までペースアップしていますが、体調面や脚元などに不安はなくメニューをこなしています。まだ力んで走る部分がありますが、常歩・周回コースでの調教でリラックスして走ることを覚えさせており、その効果が徐々に坂路調教でも生かせるようになりつつあります。なかなか学習能力も高いようですね。このまま順調に進めて、母同様に早い時期から勝負をしていきたいと思っています。馬体重は430kgです」


見学時に担当の方が話されていたように、ものすごく順調ですね。母も函館3歳Sに勝ってますし、この馬も早々に勝ち上がって2歳重賞に出走なんてこともあるのかもしれませんね。


ジャポニカーラ(グリッターカーラの12)


この馬も非常に落ち着いた馬でした。
担当の方の話では、走りに成長が見られ、まっすぐに走れるようになってきたとのことでした。
募集時から体型で気になるところがあって、成長して形が良くなったかなと見てみましたがあまり変わっていませんでした(笑)
ただ、以前のような華奢な印象はなく、すごくしっかりした造りになったなと感じました。

更新された近況です。
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「引き続き坂路をハロン17秒で乗っていたのですが、熱発したため1週間はマシンの調整のみで休ませました。幸いすぐに回復しましたので、徐々にメニューを戻している段階です。今のペースでの調教にはすっかり慣れましたし、動きに安定感が出てきていますが、まだ非力な印象がありますので、今後も成長を促しながら進めていきます。馬体重は412kgです」


まだ非力なようですね。走り自体は安定感がありキレイなフォームだと思うので、パワーがついてくればいいですね。



今回、一口馬主を始めてから初の牧場見学だったんですが、スタッフのみなさんには業務中にもかかわらずとても丁寧に対応していただきました。
そして、それぞれの育成スタッフが、本当に愛情をもって担当の馬と関わっているな、というのをものすごく感じました。各馬のことを尋ねると、セールストークではなく、我が子のいいところを知って欲しい!という感じで、いい部分をたくさん聞かせてもらいました。
ただ失礼な話ではありますが、愛情が深い故に期待も大きくなってしまうこともあるのかなとも思いました。なので、いい馬を選ぶには今回聞いた情報をどう受け止めるかが鍵になりそうです。
非常に気になるコメントもいくつかあり、私の中でそれをどう捉えようか考え中です…。


*募集馬の情報についてはシルクHCから転載許可をいただいております。

ノーザンファーム空港見学&近況報告(出資候補馬編①)

ノーザンファーム空港見学の様子と近況報告の続きを載せます。
今回は出資検討している馬たちです。

プルーヴダモール(プルーフオブラヴの12)


この馬はめちゃくちゃ可愛かったです!顔可愛いですよね〜。性格もいいみたいで人懐っこかったです。
それでいて身体的にはタフで、飼葉もよく食べ、負荷をかけても全然痩せないそうです(笑)
この可愛さだけでうちの『マスコット枠』で購入してもいいんじゃないかと思えてきました(笑)
馬体は芦毛だしこの時期の牝馬なので特別いいようには感じませんでしたが、トモはいいものもっているように思えました。
適性はやはり短距離を考えているそうで、募集馬検討会でも話されていたように夏の北海道シリーズを目標にしているとのことでした。今のところ順調に進んでいるみたいです。

更新された近況です。
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜18秒のキャンター2本、残りの日は周回コースでスローキャンター1,200mの調整
次走予定:未定
担当者「月初めの1週間は、リフレッシュ目的のため軽めの調整に留めましたが、その後もしっかりと調教をこなせています。硬めに映る馬体ですが、母父の影響か身のこなしは柔軟性に富んでいます。気性面でもテンションが上がることもなく、落ち着いていますね。引き続き、早期デビューを視野に進めていきます。馬体重は452kgです」


順調すぎるくらい順調ですね。前からも言われたましたが柔軟性は本当にあるんですね〜。いいことです。馬体重はほぼ変わってません。もう少しシュッとしてもらいたいところです(笑)


ヴィクトリーコード(クロースシークレットの12)


今までそれほど気性難コメントが出ていなかったんですが、見学時はちょっとうるさいところを見せてました。担当の方に伺うと、やはり普段から少しうるさいみたいですね。ただそこまでの気性難ではないみたいで競馬にいってからは全く問題ないとのことでした。むしろこれくらいの方が根性があっていいのかもしれません。
馬体は前よりもバランスがとれたように感じます。小柄なのは変わらなく、担当の方も「みなさん小さいのを気にされますね」と。もう少し増えそうですが、入厩して少し減ることを考えると400kgくらいでレースに出るのではないか、と話されてました。
うーん、400kgでレースを迎えそうですか…。ちょっと、というか結構その馬体重は気になりますが、思いのほか牧場スタッフの方たちは気にしてませんでしたね。
走りはとてもいいそうで、素質を感じるとのことでした。

更新された近況です。
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター2本、残りの日は周回ダートコースでスローキャンター2,500m
次走予定:未定
担当者「この中間から少しペースを上げてみましたが、疲れなども見せず順調にメニューをこなしています。以前は調教中に力んで走るところがありましたが、少しずつ改善されてきており、充実した調教をこなせるようになってきましたね。馬体重は397kgと、まだ線の細さがありますので、心身の成長を促しながら徐々に進めていきたいと思います」


この馬も順調そうですね。馬体重以上に光るものがある馬だと思うんですが、増えるに越したことはないので、もう少し成長してもらいたいですね〜。


ブロウユアマインド(シンプルザベストの12)


この馬は、ものすごい筋肉でした。肩周りの筋肉なんてムッキムキでした(笑)
それでいて硬さは感じさせず、バランスもよかったです。
募集時から気になっていた左前脚を大きく回していることについて訊いてみたんですが、特に脚に影響が出てもいないし順調に調教できているので気にしなくてもいいと仰ってました。
気性も落ち着いていて問題になるようなところはないとのことでした。見学時も落ち着いていました。
顔はやはり特徴的でした(笑)
ブロウユアマインド(ドキッとさせる)という名前はその顔ゆえに付いた名前でしょうかね。顔的に怖そうに見えますが、触っても大人しくて可愛い馬でしたよ〜。
適性は、父ホワイトマズルがいろんなタイプの仔を出すので正直わからないと仰ってました。長距離っぽくはなさそうですがね。

更新された近況です。
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「この中間も順調に調教を積んでいます。引き続きペース・量ともに負荷を強めていますが、ムキになることなくしっかりとしたフォームで走ることが出来ているのは好印象です。精神面も以前に比べて成長を感じさせますし、毛艶やカイバ食いを含む体調面も問題ありません。今後も馬のペースに合わせ、じっくり進めていきます。馬体重は448kgです」


馬体重は半月前から10kg増えてますね。心身共に問題なく順調に育成が進んでいるみたいです。
動画も最近更新されましたが、顔を上げて走っていました。ただコメント的にはそういった精神面のことは触れていないので、そんなに気にしなくてもいいのでしょうか。
先月の情報で、少し敏感でヤンチャな一面があるとのことだったので、見学時はそういった話は出ませんでしたが、多少はまだありそうですね。敏感な気性と聞くとゾネブルムの前走を思い出し、「大丈夫かなぁ」と思ってしまいます(笑)
ただ、馬体だけを見ると確実に勝ち上がることはできそうな感じはします。あとはそういった敏感なところや、血統的に母が活躍馬を全く出していないことなどをどう考慮するかですかね〜。


次回に続く…


*募集馬の情報についてはシルクHCから転載許可をいただいております。

次走予定

8/20   ソルオリーヴァ

札幌・3歳未勝利 芝1200m

8/27   パドルウィール

小倉・小倉日経オープン 芝1800m

9/ 3    キングスヴァリュー

新潟・新馬戦 芝1800m

9/16   ディロス

阪神・野路菊S 芝1800m

2017年成績
5-3-6-5-3--24
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター