プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

カルヴァリオ だいぶいい感じ

ノルマンディーの2歳出資馬カルヴァリオ。
先週の近況更新では、少しずつ実が入ってきたかなという程度のコメントだったんですが、最近おなじみのブログでアップされた動画でこの馬の姿や動きを見ると、半月前の動画での様子とはだいぶ変わってきていて驚きました。のっぺり映った馬体もメリハリがついてきましたね。
出資時MAXだったこの馬に対する私の期待値は小野町に移動してからの様子を見て徐々に下降線をたどっていたところだったんですが、これを見て「ちょっとやれるんじゃね?」と盛り返してきました。



ブログに書いてあった大竹調教師のコメント
『見映えのする馬だよね。上体が立派な分、ヨロやお尻の筋肉にまだ物足りなさを感じるけど、そこのバランスが取れてきたら凄くいいイメージがある』
今までの師のコメントからもなかなか期待も高いようです。
今週あたりに声がかかるんじゃないかな?楽しみになってきました。

動画には出資馬パラヴィオンも出演していました。半月前の動画同様、ゲート練習での様子がかわいい(笑)。必ず駐立の時にゲートをハミハミします。怪我も大したことなかったし、あと少し小野町で頑張って入厩に備えてもらいたいですね。

【ノルマンディー】出資馬近況(6月4週)

今週は早かったクラブの近況更新(笑)

パラヴィオン(2歳・新馬)
2015/6/26 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:458kg
6/22(月)より騎乗運動を再開しており、現在は馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週に2回は16~18秒ペース)のメニューで調整中です。右後肢の傷腫れは幸い軽度のもので、3日間舎飼で様子を見ましたが、既に腫れは引いているので今後の調整に支障をきたすことはなさそうです。小休止を挟みましたが、程よいリフレッシュになったようなので入厩に向けて様子を見ながらピッチを上げていきます。
怪我は大したことなくよかったです。そろそろ声がかかりそうですね。


カルヴァリオ(2歳・新馬)
2015/6/26 (松風馬事センター)
馬体重:481kg
「現在は角馬場で軽めダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(17~18秒ペース)のメニューで調整中です。良い意味で普段からだいぶ煩さが出てきていますが、これがこの馬の本来の姿なのかもしれませんね。まだ15-15こそ踏めていないものの、動きが活発で中身も充実してきた印象ですし、ようやく軌道に乗ってきたと思います。昨日来場した大竹調教師からは『だいぶ締まってきた印象を受けますが、体のフレームを考えるとお尻の筋肉はまだ小さく映ります。そのバランスが取れてくれば、もっと見映えする馬になりそうですね。近いうちの入厩を考えたいと思っています』と話されています」(担当者)
この馬もそろそろ声がかかりそう。私も大竹調教師の言われるように、後躯のメリハリに欠ける筋肉が気になっていました。いや本当に(説得力なし…笑)。大竹先生に鍛えてもらいましょう。


*出資馬の情報についてはノルマンディーOCから転載許可をいただいております。

【シルク】出資馬近況(6月4週)

シルクから第3回追加募集馬の発表がありました。
このタイミングかよ…。しかもよく見える馬いるじゃないか…。これについてはそのうち気が向けば記事にしたいと思います。
今週の出資馬近況です。

パドルウィール(4歳・500万下)
2015/06/25 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン 25日に帰厩
調教内容:
次走予定:中京7月19日 芝2000m
中尾師「今日の検疫で帰厩しました。明日から乗り出しを開始しますが、牧場でも中京開催を使う様に進めてもらっていたので、このまま変わりない様であれば中京3週目の芝2000mを本線として仕上げに入って行きたいと思います」
帰厩が検疫の関係で一週遅れましたが目標は変わっていないようですね。降級初戦となりますが、ここは取りこぼさずに一発で決めてほしいところです。


プルーヴダモール(3歳・500万下)
2015/06/26 <所有馬情報>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル調整
次走予定:小倉開催
調教主任「まだ日によって安定しない時がありますが、体もふっくらとして状態は上向いてきています。少し環境が変わるだけで飼葉を食べなくなってしまうところがあるので、そのあたりは気を付けて進めて行きたいと思います。おそらく前回同様10日競馬で臨む形になると思うので、それに合わせてピッチを上げて行きたいと思います。馬体重は458kgです」
しがらきが好きなプルーヴなので、しがらきが頼みの綱です(笑)。デビュー戦を勝った小倉でまた復活してもらいたいですね。


ウィズレヴェランス(3歳・500万下)
2015/06/26 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルで常歩15分
次走予定:未定
担当者「引き続きトレッドミルの運動で様子を見ていますが、今のところ脚元の状態も変わりないですね。馬体重は522kgでまだ余裕がありますが、このところあまり変動はないですし、現段階ではこれぐらいが丁度良いのではないかと思います」
d_02420129.jpg
久々に姿が見れました。体重がある割にふっくらしてないですね。脚の方は順調に回復しているようで何よりですが、走れるようになってからも万全の状態まで持っていくのには時間がかかりそうです。


クードラパン(2歳・未勝利)
2015/06/26 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
次走予定:未定
担当者「競馬の疲れはそれほどありません。体はちょっと細いかなという程度で馬体の戻りも悪くありません。以前に比べ少し背が伸びたように思います。普段は落ち着きがありますが、乗るとテンションが高いので、そこは気を付けながら調整していきます」馬体重470kg
馬体は徐々に戻っているようです。初戦は3着でしたが、まだまだ成長する馬ですからね。天栄で鍛えて兄のように大きなところで走れる馬になってほしいですね。とりあえずは次で勝ち上がれるよう、調整をお願いしたいです。


ジスターキ(2歳・新馬)
2015/06/26 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:ミニトラックでハッキング
次走予定:未定
調教師「今は楽させているからかもしれませんが、飼い葉はそれなりに食べています。体もそれほど細いわけではないですが、これから乗り込んでいってどうなるかですね。毛艶はもう一つなので、少し疲れがあるのかもしれません。まずは疲れを取ってから進めていきます」馬体重469kg
北海道からトレセンに移動し、バンバン坂路で走ってましたからね。結構疲れが溜まっているんじゃないでしょうか。少し楽をさせる期間が必要そうです。無理せずにデビュー時期を考えてもらいたいです。


ジュメイラリーフ(2歳・新馬)
2015/06/26 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~18秒のキャンター2本、残りの日は角馬場でフラットワークの調整
次走予定:未定
担当者「この中間も坂路でハロン15秒のメニューを中心に進めています。重心がブレることなく安定した走りで、元気いっぱいに登坂していますよ。カイバ食い等、体調面に不安はなく、どんどんトレーニングを積めるのも良い点ですね。今後も怪我には気を付けながら、しっかりと乗り込んで行きます」馬体重494kg
d_02420046.jpg
うーむ、惚れ惚れする馬体。そして育成も順調。これ、入厩できるんじゃ…(笑)


*出資馬の情報・写真についてはシルクHCから転載許可をいただいております。

ノルマンディーのアンケートに参加

久々の投稿になります。
パドルウィールが先週検疫の関係で帰厩できなかったこともあり、現在愛馬は在厩馬ゼロ。
最近はちょっと一口ネタがないこともありブログをさぼってました…と思ったら、ネタはありましたね。

ノルマンディーのアンケート、『あなたが考える2014年産募集馬はこれだ!』

会員の間では話題になっていましたが、私は仕事が忙しかったこともありちょっと出遅れ、今日アンケートに参加しました。
岡田スタッドの2014年産の生産馬63頭の中から今年募集してほしい3頭を選び、その3頭の預託してほしい厩舎と一口価格も希望できるというスーパーアンケート。なかなかないですよ、ここまで会員の意見を反映しようとするクラブは。まあ、反映されるかはわかりませんが(笑)。でも会員が何を望んでいるのかというのはクラブとしても知りたいところだと思うので、クラブの方向性を決める上でもいい企画なんじゃないでしょうかね。

生産馬リストを見て会員全員がまず思うこと。
「マツリダゴッホ産駒多すぎ…」
なんと22頭…。実に34.9%がゴッホ産駒。
今年もゴッホ産駒5頭は募集されるな(笑)。いや、今年から20頭縛りがなくなるので、もしかしたらもっと…。クラブが抱える「ゴッホだらけ問題」は深刻ですが、活躍馬が出てくれれば会員のこの問題に対する不満も8%(推定)は減少すると思うので、とりあえずクラブのゴッホ産駒から活躍馬を出してほしいところです。現在ロードに期待の星がいるところが悔しいところ…。

面白そうな種牡馬の仔もいますね。アイルハヴアナザーやスマートファルコン、ルーラーシップなど新種牡馬の産駒には未知の魅力を感じてしまいます。新種牡馬は能力が未知数なだけに選んで失敗することも多いんですが、どうしても期待してしまうんですよねぇ。

さて、深く考えず良さそうな産駒を3頭チョイス。そしてすぐ投稿。
これでクラブポイント300Pゲットです。答えるだけで300Pですよ!
私は大した出資もしていないのにどんどん貯まるポイント。野党からポイントのばらまきだと批判されてもおかしくない政策ですが、会員としては嬉しい限り。ありがたく頂戴します。

しかし、後になって気付いたこと。3頭中2頭(スノースタイルの14、タニノハイクレアの14)がセレクトセール行きが決まってた…。
決まってるなら外してくれても…と思いましたが、主取りもありますからね。なさそうですが。

ということでせっかく頭を悩ませて(7~8分ほどで)選んだのに一頭しか意味のある投稿になりませんでした。まあクラブへの会員のニーズというメッセージにはなったと思うので、無駄ではなかったかもしれません。
さて貴重な希望を込めたその一頭とはフランシールの14です。アイルハヴアナザー産駒ですね。母系の血統がいいので面白いかなと。

14年産は例年通り8月に発表、9月の募集開始となる見込みとスタッフブログにありました。
どんなラインナップになるのか楽しみですね。

【ノルマンディー】出資馬近況(6月3週)

今週のノルマンディーのスタッフブログで出資馬2頭の情報と動画もアップされていました。それを添えての今週の出資馬近況です。

パラヴィオン(2歳・新馬)
2015/6/19 (ノルマンディーファーム小野町)
馬体重:460kg
昨日まで馬場1周と坂路2本を18秒ペース(週に2回は15~16秒ペース)のメニューで乗り込んでいましたが、今朝になって右後肢に傷腫れが見られたことから、騎乗を休止して舎飼で様子を見ることになりました。症状から、昨晩~今朝方にかけて馬房内でぶつけてしまったのが原因と考えられます。軌道に乗りかけたところで残念ではありますが、幸い重いレベルのものではないので週末まで休養させて回復を図り、週明けには運動を開始できる見込みです。
環境の変化にもすぐ慣れ、飼い葉食いが落ちずに調教をバリバリやれている点には好感が持てます。到着当初はさすがに傾斜のキツイ坂路に余力が無かった印象でしたが、今では体力面でも伴っており、ダート馬場を周った後に、しっかりとした脚取りで坂路を毎日2本登坂することができています。コーナーリングも上手く、スッと動けるようになってきたパラヴィオンには器用さと素軽さが感じられます。(6/15 スタッフブログより)
怪我はそれほど重いものではなさそうなので良かったんですが、今月末の入厩はなくなったかな。牝馬でうるさい気性なんですが、移動で体は減ったものの環境の変化には戸惑うことなく順調に回復させ、調教もしっかり積めているところはかなり頼もしいですね。体力もついてきているようですし楽しみな馬です。


カルヴァリオ(2歳・新馬)
2015/6/19 (松風馬事センター)
馬体重:476kg
「現在は角馬場で軽めダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(18~20秒ペース)のメニューで調整中です。この中間、ハミの摩耗からかひどく右奥歯を気にする様子だったため、歯科医を入れて削り治療しました。性格的にはまだ全体的に幼さが残っているものの、稽古の随所に光るモノを感じさせます。トモに緩さがあるため、馬場でもバリバリとは速めをやっていませんが、体力面でもそう心配のないレベルにきています。このままもう少し状態を上げていければ、入厩の声も近いと思います」(担当者)
美浦近郊の松風馬事センターに在厩しているカルヴァリオも、煩いくらいに元気が戻ってきました。腰からトモにかけて若干疲れが見られたため、現在はフラットワーク主体のメニューで調整していますが、歩様に力強さが感じられますし、調教のピッチも徐々に上がってきています。こちらもそう遠くない時期に入厩の声が聞こえてきそうです。(6/15 スタッフブログより)
入厩が近づいているようです。もう少し鍛える必要はありそうですが、今のところ順調にきていますし夏デビューはできそうですね。しかし、毎週ちょこちょこ素質を評価するコメントを出してきますね(笑)。まあ嬉しいんですが、半信半疑…。



パラヴィオンのゲート駐立の時の様子がかわいい…(笑)


*出資馬の情報についてはノルマンディーOCから転載許可をいただいております。

【シルク】出資馬近況(6月3週)

出資馬が相次いで放牧に出てしまい、またもやトレセン在厩馬がゼロになったか…、と思ったらパドルウィールが帰厩してくれました。毎月レースが楽しめそうなこれまでにない、いい流れ。あとは勝ってくれるだけ…。
今週の出資馬近況です。

パドルウィール(4歳・500万下)
2015/06/18 <最新情報>
パドルウィール
 20(土)に栗東トレセンへ帰厩する予定です。
2015/06/19 <所有馬情報>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき 20日に帰厩
調教内容:周回コースでハッキング、キャンター
次走予定:中京開催
厩舎長「中尾師から20日の検疫で帰厩させると連絡がありました。中京開催で使うと聞いていたので、背腰のケアを重点的に行ってきましたが、疲れも癒えましたし、いい状態で送り出せそうです。馬体重は504kgです」
中尾師「20日の検疫で帰厩させることにしました。中京開催を目標に進めて行きます」
これまでにない早いお帰り。2週間くらいの短期放牧でしたが疲れはとれたようです。7月11日か19日の2000m戦が目標となりそうですね。


プルーヴダモール(3歳・500万下)
2015/06/19 <所有馬情報>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:角馬場でハッキング調整
次走予定:小倉開催
厩舎長「先週から飼葉にサプリメントを混ぜて与えたところ、しっかり食べる様になりました。体も戻ってきましたし、西園師から『順調なら小倉開催1週目を使いたいのでそれに向けて目標に進めて下さい』と指示がありました。前回と同じ10日競馬で臨むことになると思うので、もう暫くはトレッドミルで負担をかけない様に体を動かして行きたいと思います。馬体重は457kgです」
しがらき大好きプルーヴは順調に身体が戻ってきています。小倉1週目に芝1200mの番組が2鞍あるのでどちらかを使って、その後は滞在させるんでしょうかね。滞在競馬はぜひ試してもらいたい。トレセンには長く滞在できないので(笑)。もし1週目を使ってその後もストレスを溜めることなく滞在できたら、3週目にも牝馬限定戦の1200mがあるので中1週でそちらも目指すとかが個人的には理想ですね。


ウィズレヴェランス(3歳・500万下)
2015/06/19 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルで常歩15分
次走予定:未定
担当者「運動再開後も変わりないので、この中間からトレッドミルを始めています。まだ様子を見ながら常歩程度ですが、適度に負荷を掛けられますし、メニューもいろいろ工夫できますので、まずはトレッドミルで調整しながら脚元の経過を見ていくつもりです」
だいぶ前進!トレッドミルでの運動ができるようになりました。今のところは故障箇所も問題なくきているので、このまま順調に回復してもらいたいです。


クードラパン(2歳・未勝利)
2015/06/17 <所有馬情報>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:軽めの調整
次走予定:未定
調教師「トレセンでの様子から、レースに行ってどうなるか心配な所があったのですが、落ち着いて競馬が出来ていましたね。欲を言えば、もう少し内をロスなく回ってくることができていれば、もっと勝ち馬と際どい勝負が出来ていたと思いますが、初戦にしては良いレースだったと思います。ただ、一度使ってテンションが高くなることも考えられますので、次も同じ様に落ち着いてレースに挑めるかが重要になってくると思います。レース後の状態も、ここまで特に問題ありません。次走については明日からまた騎乗してみて、テンション、状態を見てから判断します」
2015/06/19 <最新情報>
クードラパン
 再調整の目的で19(金)に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出ています。
続戦の可能性もあるのかと思いましたが、やはり放牧に出ました。まあ疲れもあったでしょうし放牧に出てリフレッシュして新潟あたりで復帰してもらいたいです。2歳出資馬で新潟開催の可能性がある馬多いな…。


ジスターキ(2歳・新馬)
2015/06/17 <所有馬情報>
在厩場所:17日に福島県・ノーザンファーム天栄に放牧
調教内容:
次走予定:未定
調教師「脚元などは問題なく調教の方は順調に来ているのですが、どうしても食欲が旺盛になってきません。とりあえずゲート試験にも合格しましたし、2歳のこの時期ですから慌てることはないでしょう。一旦、天栄に放牧に出し、もう少し食べられるようになってから、改めて競馬に向けて調整していきます」
こちらも放牧となりました。ちょっと調子が落ちてきましたし仕方ないです。入厩してからかなり坂路で乗り込みましたからね。きっとこれがデビュー戦に活きてくると思います。当初の予定通り新潟デビューとなりそうですね。


*出資馬の情報についてはシルクHCから転載許可をいただいております。

ヴィクトリーコード、繁殖に上がれず

5月に、出資馬だった3歳のヴィクトリーコードが登録抹消されました。
牝馬なので牧場の買戻しとなり募集価格の10%の分配があるとクラブから報告があり、最初はこれでヴィクトリーコードも無事繁殖に上がれたんだと安心しました。しかし、今月にクラブから書面が送られてきて、買戻しの分配はあるけれどもヴィクトリーコードは福島で乗馬になるとの報告がありました。

なんとヴィクトリーコードは繁殖に上がれなかったんです。
買戻しは繁殖に上がれない馬も含めて全てのクラブ所属の牝馬に適用されるんですね。
この結果は出資者としては本当に残念です。
普通に血統を考えたら繁殖に上げるだろうと思っていたんですが…。
ノーザンはヴィクトリーコードくらいのレベルでは繁殖に上げないのか、とも思いましたが、ヴィクトリーコードの患った疾患が鶏破とスクミだったので、もしかしたらそれが原因なのかなとも思いました。
鶏破は私が調べる限りでは遺伝性とは書いてありませんでしたが、ヴィクトリーコードは重症の鶏破でしたからね。スクミは母親からの遺伝という説もあるようなので、両疾患とも筋系ですし筋系に重大な疾患を抱えているという理由で繁殖に上がれなかったのかもしれません。

もし鶏破やスクミは関係なくて、ただレベルの高い分厚い繁殖牝馬層に入れなかっただけなら日高で買い取ってくれる牧場で繁殖生活を送ってほしかったんですがね…。
ヴィクトリーコードの仔が競馬場で走る姿が見てみたかっただけに、ただただ残念…。
でも血統と競争成績で生死がかかっている世界ですからね。生きていられるだけでも幸せなのかな。

福島かぁ。福島のどこの牧場かもわからないし、会いに行く機会はほぼないだろうな。
鶏破がちゃんと治ってないし、変わった歩様なので乗馬として向いているのかもわかりませんが、ヴィクトリーコードの第2の馬生が幸せになることを祈るばかりです。

次走予定

8/20   ソルオリーヴァ

札幌・3歳未勝利 芝1200m

8/27   パドルウィール

小倉・小倉日経オープン 芝1800m

9/ 3    キングスヴァリュー

新潟・新馬戦 芝1800m

9/16   ディロス

阪神・野路菊S 芝1800m

2017年成績
5-3-6-5-3--24
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター