プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

【ノルマンディー】出資馬近況(7月4週)

昨日、4次募集馬の馬名総選挙の結果発表がありました。
注目のサイレンスブランドの13の馬名は「ガーオガーオ」にならず…。獲得票率は2位の29%。1位は「シュティルヴァルト」(静かな森)になりました。いい名前なんですが、私の中で既にガーオガーオと呼んでしまっていたので180°方向性の違うカッコイイ系の名前に慣れるのは時間がかかりそう。毎回言いますが、出資はしていません。
ノルマンディー出資馬の近況です。

パラヴィオン(2歳・新馬)
2015/7/24 (ジョイナスファーム)
「現在はダク1400m、軽いキャンター700mの後、18~20秒ペースのキャンターを2100mのメニューで調整しています。国枝調教師が確認に訪れる中、今朝3ハロン17秒台のペースで調教を消化しました。やはり、まだ自分からハミを取って行くような前向きさに欠ける気持ちの面や、基礎体力の不足、ゲートからの発馬を課題点に挙げられていました。現状を踏まえて判断すると、もう少し総合的にパワーアップさせてから入厩させた方が、結果的にデビューが早いかもしれませんね。単走よりも併せ馬の方が気持ちの面でいくらか乗って走れているため、来週は併せ馬で3ハロン15-15をおこなう予定です」(担当者)
今週来場した国枝調教師の発言に注目していましたが、入厩にはまだ時間がかかりそうです。ジョイナスファームさんでもっとパワーアップしてもらいましょう。


カルヴァリオ(2歳・新馬)
2015/7/24 (松風馬事センター)
馬体重:483kg
「引き続き角馬場で軽めダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。皮膚病はまだ帯道周辺に症状が残っていますが、首から脾腹辺りにかけては症状が和らいできました。念のため、飼い葉に錠剤を混ぜるなど、内面からのケアもおこなっており、汗のかきにくい早朝に調教するようにしています。来た時よりも馬っ気を出したり、いななくことも減ってきましたので、これは良い傾向と言えるでしょう。ゲート練習では寄りが今一つですし、周囲を気にする素振りを見せているので注意しながら進めていきたいと思います。輪乗りの際にも他馬にちょっかいを出したりするなど、やんちゃな面がありますのでこの点にも気を配りたいところです。走りからは素質を感じさせますし、大竹師も具体的な移動時期を見定めている様子でした」(担当者)
具体的な移動時期を見定めている大竹調教師ですが、結構見定め期間が長い気が…。まあまだ皮膚病も完治していないからそれも影響しているんでしょうか。単に厩舎の都合の可能性の方が高い気がしますが。やんちゃなのは大いに結構なんですが、ノルマンディーはセン馬率が高いのでカルヴァリオにも注意してもらいたい(笑)


*出資馬の情報についてはノルマンディーOCから転載許可をいただいております。

【シルク】出資馬近況(7月4週)

今日は雨の中キャンプの予定。友達二人の家族と行く毎年恒例のキャンプなんですが、ここ数年は毎年雨…。
行く場所は一応結構前に決めるんだけど、結局雨の少ない地域を直前になって選んで変更するというフレキシブル対応。ちなみに去年は当日の午前中に高速道路のサービスエリアで集まって天気予報を確認し「どこも雨だけど帯広はまだましそうだね。じゃあ帯広にする?」とそこからキャンプ場に電話して決めました。行き当たりばったりもまた楽しいです。今年も行先は安定の前日変更(笑)
さて、今週のシルクの出資馬近況です。

パドルウィール(4歳・500万下)
2015/07/22 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:軽め調整
次走予定:小倉8月15日 芝2000mか16日 筑後川特別・芝1800m
中尾師「外国人騎手とあってゲート内でも遊ばせることなく、集中させてくれていたので抜群のスタートを決めてくれましたね。それが悪い方に出たと言うか、少し気持ち良く走らせてしまった為に終いの伸びを欠いてしまいました。それでもこれまでの中では最後まで脚が上がることもなく、勝ち馬とはそこまで差はなかったので、もう少し脚を溜めていれば勝負になっていたと思います。レース後も今のところ変わりありませんし、このまま続戦させようと思いますが、小倉を使うことになると長距離輸送が控えているので、中3週ぐらいで臨みたいと思います。小倉3週目なら中距離の番組が2つあるので、いい乗り役を確保できる番組に出走させたいと考えています」
d_02430138.jpg
小倉を選択しましたか…。小回り平坦短い直線のコースでパドルの持ち味は活かせるのでしょうか。今まで阪神、京都、東京といった主要競馬場以外は直線の長い新潟と中京しか使っていなかったので、今回の選択はどうなんでしょう。メンバー的には恵まれそうなんで自力で勝てるかもしれませんが…。そして相変わらずの上位騎手探し。パドルにとっては乗り替わりの連続はあまり好ましくないと思うんですけどねぇ。


プルーヴダモール(3歳・500万下)
2015/07/23 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン 22日に帰厩
調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター
次走予定:小倉8月1日 伊万里特別・芝1200mか2日 芝1200m
西園師「昨日の検疫で帰厩しました。前回と同じ10日競馬で臨むつもりですが、それでも精神的な面から状態が一息になってしまうので、2日に平場の芝1200mの番組があるものの、1日でも早い方が良いと思うので8月1日の今万里特別に出走させる方向で考えています。乗り役は調整中ですが、新馬戦で騎乗した酒井騎手に打診を行っています」
d_02430147.jpg
ストレスを考え一日でも早く出走させる方向。特別レースの方を選択することになりますが、今はいかにプルーヴがストレスの少ない状態で走れるかが重要なのでいい選択だと思います。新馬勝ちしてくれた酒井騎手に乗ってもらえたら最高です。


ウィズレヴェランス(3歳・500万下)
2015/07/24 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルでダク5分、ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間からトレッドミルのペースを少し上げて、ダクで運動させています。脚元の状態も特に変わりないので、この感じで少しずつメニューを充実させていきたいと思います。馬体重は524kgです」
d_02430056.jpg
おお、一ヶ月ぶりのウィズ君の姿。状態は変わらないみたいですが、先月の写真よりは肉付きは良くなったように感じます。馬体重も横ばいですし安定していますね。シルクは最近すべての馬の近況写真を毎月アップしてくれるようになりましたが、これは出資者にとっては嬉しいサービスです。


クードラパン(2歳・未勝利)
2015/07/23 <所有馬情報>
在厩場所:23日に美浦トレセンに帰厩
調教内容:
次走予定:8月9日の新潟・1600芝
天栄担当者「坂路での動きそのものは問題なかったですが、馬体をもう少しフックラさせたかったですね。それでもこちらでは順調に調整できましたし、良い状態で送り出せたと思います」馬体重497kg
d_02430074.jpg
トレセンに帰厩しました。天栄の方はもう少しふっくらさせたかったとのことですが、新馬戦の時464kgだった馬体重が497kgまで増えている(笑)。これでまだふっくらしきっていないと言わせるクードラパン。絶賛成長中です。でも写真を見ると確かにふっくらはしてないですね…、と思ったら撮影日時が7月2日だった(笑)


ジスターキ(2歳・新馬)
2015/07/24 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターとトレッドミル、週2回は坂路コースで14-14
次走予定:未定
担当者「体は徐々にですが戻ってきているので、トレッドミル併用で坂路にも入れ始めました。毛艶がもう一つなので、体調アップを図りながら進めていきます」馬体重463kg
d_02430092.jpg
うーん、あんまり増えてないなぁ。毛艶もまだよくないようです。私の中で秋デビューへ気持ちがシフトしてきています。


ジュメイラリーフ(2歳・新馬)
2015/07/24 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン14~18秒のキャンター2本、残りの日は角馬場でフラットワークの調整
次走予定:未定
担当者「この中間から週1回はハロン14秒までペースアップしています。順調に乗れていますが、まだトモのあたりは緩さが残っていますので、単に速いところを乗るだけではなく、調教にメリハリを付けるなどして成長を促しながら調整していきたいと思います」馬体重490kg
d_02430095.jpg
順調そうですがまだ入厩の声はかからなそうです。馬体は先月よりも締まった感じがしますが、まだボリュームは不足していますね。でも相変わらずいい馬体してます。


*出資馬の情報・写真についてはシルクHCから転載許可をいただいております。

シルク 2015年度募集馬発表

みなさんからだいぶ遅れてこのネタです。
今週発表だと踏んでいた私としては、先週金曜日に不意を突かれた形での発表となりました。募集馬発表は今か今かと待ちわびていたので嬉しい誤算。その割にはこのネタ書くの遅いな…。

もう会員のみなさんは見飽きたと思いますが、募集馬一覧表です。
bosyu_list.jpg

色んな感想があると思いますが、私の感想としては昨年以上に非常に楽しみなラインナップになったなと感じました。
母が海外G1馬だったり兄弟にG1馬がいたりという良血揃い。
あれも良さそうこれも良さそう、と今から懐事情を心配しております。
ディープインパクト産駒は凄い繁殖牝馬の質ですね。この中に超大物が眠ってるかもしれないですね。
去年1頭と少なかったハーツクライ産駒は今年は7頭。私もいつかは持ちたいと思っているハーツクライ産駒ですので、いい馬であればぜひ出資したいです。
次にステイゴールド産駒。今年ステイゴールドが亡くなってしまったので今年、来年の募集馬は非常に貴重です。しかも今年の募集馬はなかなかの血統の馬たちなので、ステゴ産駒も狙いたいです。
個人的に注目しているのが、初年度産駒となるルーラーシップ産駒と2年目のヴィクトワールピサ産駒。良血の繁殖牝馬の仔が募集されましたので、非常に楽しみにしています。
キングカメハメハ産駒が少ないのは仕方ないですね。あとは、凄い血統の持ち込み馬、社台系クラブでは珍しいアイルハヴアナザー産駒、渋いけどちょっと面白そうなローエングリン産駒など、なかなか楽しみなラインナップです。

さあ、そんな中から私が今から実馬を見るのが楽しみな馬を何頭かあげてみます。
毎年のことですが、潤沢な資金があるわけではない我がPICOT FARMは、いろいろと資金繰りを考えないといけません。ですので、素晴らしい良血馬が並んだディープインパクト産駒は早々に切ります(笑)

ハーツクライ産駒
 リップスポイズンの14
 アドマイヤテレサの14
ルーラーシップ産駒
 ナスカの14
 フサイチエアデールの14
 アフリカンピアノの14
ステイゴールド産駒
 プチノワールの14
 ペンカナプリンセスの14
 スカイディーバの14
ヴィクトワールピサ産駒
 ベルベットローブの14
 ルシルクの14
 キューティーゴールドの14
アイルハヴアナザー産駒
 フィロンルージュの14
ローエングリン産駒
 ヒストリックレディの14

ちなみに、昨年も同様に募集馬発表の時点で気になる馬を5頭ほど挙げてみましたが、馬体と動きを見て出資申し込みしたのは0頭。馬体や動きを見てみると評価はがらっと変わりますからね。早くカタログが見たいです。募集スケジュールは8月中旬に価格・厩舎発表、9月中旬にカタログ発送とのこと。

花開くときが来るのを信じて待つのみ

パドルウィール(4歳・500万下)
2015/07/20 <レース結果>
パドルウィール
 7/19(日)中京8R 500万下(混)[芝2,000m・13頭]4着[1人気]
スタートを決めて前に付け、道中は3・4番手を追走、逃げ馬の直後でレースを進め、4コーナーで外に出して追い上げに掛かると、坂上で先頭に立つ勢いでしたが、追い比べで後続に遅れて4着に敗れています。
ルメール騎手「先生からは『スタートには気を付けて、中団からレースを進めて欲しい』と言われていました。上手くスタートを切ってくれたのですが、あそこから後ろに下げるわけにもいかず、そのまま好位からレースを進めました。道中は少しハミを頼って走っていて、直線で外に出すと脚を使ってくれているのですが、リズム良く運べなかった分、最後は脚が上がってしまいました」
中尾秀正調教師「ルメール騎手とは中団からレースを運ぶ様に話をしていたのですが、スタートが上手く出たことが逆に仇になってしまいました。中京コースだと、あそこから後ろに下げるとかなり後方まで下げないといけなくなりますし、あの位置からの競馬になってしまったのも仕方なかったと思います。最後はよく伸びてきてくれていますが、終始マークされて早めに動かないといけない展開になってしまいましたし、今日は上手く噛み合いませんでした。この後は厩舎に帰って状態を見ながら、どうするか検討したいと思います」
11696492_1013623608648047_8665521632849849337_o.jpg
馬場や展開でどんな結果にもなる馬だとは思っていましたが、メンバーを考慮してもこの結果は痛い…。
今回は予想以上にスタートがよく先行策をとりました。ペースも馬場が重たかったとはいえ1000m通過62.4秒ですから、普通ならあの位置取りは悪くない。でもパドルの特徴を考えてもそうですし、結果的にも上位馬はすべて後方待機の馬だったので、いつも通りの競馬の方が良かったのかもしれませんが…。敗因に馬場もあったのかもしれませんが、私は重い馬場が全くダメだとは思っていないのでどれほどの影響があったのかはわかりません。
ただパドルには2000mはギリギリの距離だと思うので、馬場だったり途中からペースを上げる展開だったり、今回のように道中スタミナを消費してしまう何かしらの要因があれば最後まで持たないんだと思います。であれば1800mメインでレース選択してもらいたいですね。まだそれほど走ってはいませんが1600mでも可能性を見出してほしいです。
そして騎手ですが、私も最近までは上位騎手が確保できたら喜んでいましたが、パドルは乗り難しい馬なのでこの馬の特徴をちゃんと把握して乗ってくれる騎手じゃないと力を引き出してくれないと思います。毎回同じ上位騎手が乗ってくれるならいいですがこのクラスの馬では難しいと思うので、それであれば松山弘平騎手や藤岡康太騎手といったパドルが最も力を出せる直線勝負でそれなりに結果を出した騎手に、結果が出ないことがあっても乗り続けてもらった方がいいと思いますね。上位騎手が乗り替わりで乗ると自分の力で勝たせようとしてしまう気がします。パドルは不器用なのでどんな展開でも後方待機で直線勝負しかできないんです(笑)。
ここまで負けが続くとは思いませんでしたが、この馬はまだ成長していますし今は我慢の時なんだと思います。この馬に必要なのは、特徴を把握して乗り続けてくれる騎手と適切なレース選択ですね。あとは当日の馬場と展開が味方についてくれることを祈るのみ。
脚質からコースに坂があるか直線が長いことが必須ですので、次走は続戦するなら新潟じゃないでしょうか。8/9の新潟芝1800m(外)月岡温泉特別なんかいかがでしょう、中尾先生(笑)


*出資馬の情報・写真についてはシルクHCより転載許可をいただいております。

【ノルマンディー】出資馬近況(7月3週)

出資者でもないのにガーオガーオに首ったけ(笑)
いい名前ですよ、コレ。でも出資者じゃないのであまり言いすぎないようにしないと…。
さて出資馬近況ノルマンディー版。

パラヴィオン(2歳・新馬)
2015/7/17 (ジョイナスファーム)
「現在はダク1400m、軽いキャンター700mの後、20秒ペースのキャンターを2100mのメニューで調整しています。まだ自分からハミを取って行くような前向きさに欠けるものの、こちらの環境にはすっかり慣れたようで飼い葉食いが旺盛で夏負けの兆候もありません。ゲート練習では発馬と駐立までは問題ありませんが、前扉を開けてもまだ反応が鈍いことからもう少し練習を重ねる必要があります。来週の金曜日に、国枝調教師も来場する中で3ハロン17秒ペースで動かすつもりですので、そこである程度の入厩の目安がつくのではないでしょうか」(担当者)
前向きさに欠けるようですが体調自体は良さそうですね。しっかり食べて元気つけて、強い体を作ってほしいです。来週の国枝調教師の発言に注目。


カルヴァリオ(2歳・新馬)
2015/7/17 (松風馬事センター)
馬体重:485kg
「現在は角馬場で軽めダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。皮膚病の症状がまだ残ってはいるものの、この中間から運動量を増やして乗り進めています。まだ脚の反応に良化が見られず、騎乗者とのコンタクトにも難色を示す場面が目につきますが、気持ちが乗った際は素晴らしいギャロップで能力の高さには疑いようがありません。ゲート練習でも一頭の時と他馬がいる時とでは集中力がまるで違いますし、馬っ気のキツさなどメンタル面の幼さが解消されてくれば先々相当、出世できると見込んでいます。疲れも抜けて、こちらの指示や意図を徐々に呑み込める余裕が出てきましたので、入厩までの間にもう少し中身を詰めて送り出したいと思います」(担当者)
うーん、課題は多そうですが、またしても素質の高さコメント。半信半疑の私ですが、育成場を移動しても行くところ行くところで担当した方はこの馬の素質を見出してくれています。まったくダメな馬ではなさそうですし、結構楽しめる馬なのかもしれませんね。もうそろそろ入厩…と言ってもう1ヶ月以上経ちますが、さていつ入厩かな…。


*出資馬の情報についてはノルマンディーOCから転載許可をいただいております。

【シルク】出資馬近況(7月3週)

なんか突然シルクの2015年度募集馬の発表があったようですね。来週と踏んでいた私には寝耳に水でしたが、早く知りたかったので嬉しいサプライズでした。これからじっくり募集馬を確認していきたいと思います。
今週の出資馬近況です。

パドルウィール(4歳・500万下)
2015/07/15 <調教タイム>
パドルウィール
 助 手 7.15CW良 84.4- 68.6- 53.5- 38.8- 11.5[7]一杯追伸る
2015/07/15 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 15日にCWコースで追い切り
次走予定:中京7月19日 芝2000m[ルメール]
中尾師「今日(水)、CWコースで追い切りました。先週しっかりやっているので、今日は終いサッと流す感じで行いましたが、良い動きでしたよ。予定通り、今週の中京・2000芝にルメール騎手で投票します」
2015/07/17 <出走情報>
パドルウィール
 7/19(日)中京8R 500万下(混)[芝2,000m・13頭]57 ルメール 発走13:50
中尾師「今週の追い切りの動きはテン良し終い良しで、状態も問題ありません。ここ最近はチグハグなレースが続いていて上手く結果を残せていませんが、今回はルメール騎手を確保できましたし、ジョッキーの手腕にも期待しています。力のある馬ですから、ここは決めて欲しいですね」
降級馬はパドルを含め2頭で、そのもう一頭は芝では全く結果が出ていない馬ですね。力をつけてきている3歳馬はちょっと怖いですが、それでも今回も力は上位。鞍上も最高の騎手を確保できたわけだし、降級初戦で勝ってくれることに期待したいです。ただ、パドルは展開一つで大きく結果が変わってくるのでねぇ。左回りが得意か不得意かを語るほど走ってはいないものの、左回りでは今のところ結果出ていませんし。おそらく一番人気になると思いますが、毎回そうですが強気にはなれない(笑)


プルーヴダモール(3歳・500万下)
2015/07/17 <所有馬情報>
在厩場所:滋賀県・ノーザンファームしがらき
調教内容:トレッドミル調整・坂路でキャンター
次走予定:小倉開催1週目の芝1200mの番組
調教主任「小倉開催1週目を目標にしているとのことなので、いつ帰厩しても良い様に進めています。カイバはこちらでは食べてくれているのですが、トレセンに入るとあまり食べなくなるようですね。モリモリ食べなくても、馬体を維持できるぐらいは食べて欲しいですね。こっちではフレッシュな状態なので、在厩期間を短くして変わり身を見せてくれればと思います。馬体重は460kgです」
しがらきではフレッシュダモールのようです。トレセンでは不適応ストレスフルダモール。果たして小倉では…。


ウィズレヴェランス(3歳・500万下)
2015/07/17 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:トレッドミルで常歩10分、ウォーキングマシン
次走予定:未定
担当者「この中間はトレッドミルの運動時間を少し減らし、その分ウォーキングマシンで運動量を確保しています。まだどんどん進められる段階ではないですし、引き続き脚元のチェックとケアを行いながらですが、経過は順調ですので、今後もメニューをいろいろと工夫して調整していきます」
経過は順調。骨折から半年経たちましたが、今のところ何事もなく回復できています。完治までのあと半年も順調にいってほしいですね。


クードラパン(2歳・未勝利)
2015/07/17 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回は坂路コースで14-13
次走予定:8月9日の新潟・1600芝
担当者「今現在、馬体重は競馬からプラス25㎏の489kgとなり、馬体は良くなっていますよ。普段は大人しいですし、坂路で速いとこ行くと問題ないのですが、馬場入りやキャンターの出だしでは危なっかしいので、今後も気を付けて調整していきます」
馬体は順調に回復していますね。今週は大したことなかったですが、相変わらずのやんちゃコメント。やんちゃコメントがない週はないんじゃないか(笑)。次走予定出ました。8月1週に牝馬限定戦があったのでそっちもありかなと思いましたが、混合戦を選択したようです。この後は直接新潟入りするのかな?


ジスターキ(2歳・新馬)
2015/07/17 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:周回コースで軽めのキャンターとトレッドミル、週2回は坂路コースで15-15
次走予定:未定
担当者「調教を進めたところ、少し疲れが出て飼い食いも落ちてしまい、せっかく増えた馬体も減ってしまいました。入場時から毛艶がもう一つだったように、状態も落ちているようですね。調教自体は継続しますが、トレッドミルを併用して様子を見ながらやっていきます」馬体重459㎏
先週475kgまで回復したのに459kg…。毛艶もよくないようですし美浦でのハードトレの疲れが取れていない気がします。夏デビューは難しい気が…。


*出資馬の情報についてはシルクHCから転載許可をいただいております。

ノルマンディー 4次募集馬の馬名総選挙

毎度おなじみ、ノルマンディーの馬名総選挙が行われています。
今回は4次募集馬の2頭。私は出資していないのでどの名前に決まろうとも関係ないといえば関係ないんですが、投票してどの名前に決まるのか楽しみではありますので、今回も投票しますよ。候補は以下の通りです。

サイレンスブランドの14(父:ジャングルポケット)
・オキシデンタリス:ヘラクレスオキシデンタリス。ヘラクレス属の中で最強クラスの兜虫
・ガーオガーオ:父ジャングルポケットの由来の歌の一番目のライオンの事。百獣の王
・サラワクチャンバー:ジャングル=熱帯雨林の中にある世界最大のポケット=洞窟
・シュティルヴァルト:静かな森(独)。父名、母名より連想
・レイデラセルバ:父名より。ジャングルの王の意(西)

フラーテイシャスミスの13(父:Tizway)
・アトラクティズ:魅力する、引きつける(母名より連想)と父名ティズ
・ギャラクシーエンド:銀河の果て
・ゴルディオン:トルコ語。古代神話より。アジアの王になって欲しいという願いを込めて
・ダルトンハイウェイ:アメリカ合衆国の道路名。父から連想 
・モストロ:怪物(伊)。実力、力量など並外れた才能を持っている者

真っ先に目を引くのがサイレンスブランドの13のガーオガーオ。
シルク風味漂う名前ですが、ちょっとありかなって思ってしまった(笑)。出資していないからそう思うというところもありますが、某掲示板を見ると意外にも出資している方からも好評のようで。会員ページには名前を考えた方の自由記入したコメントも載っていますが、ちゃんと思いが込められた名前だということも伝わってくるので、もし出資しててもこれに投票してたかも。まあ出資していない私の投票なんて一口出資者の1/10票ですから票には影響しないでしょう(笑)。ということでガーオガーオに一票。ちなみにお母さんといっしょの歌、ジャングルポケットの一番までの歌詞です。
『ジャングルポケット』 歌はコチラ
 ジャングルポッケ ジャングルポッケ
 ジャングルポッケ
 ぼくのポケットはジャングルだ
 いろんなどうぶつ すんでいる
 ポケットのなかに すんでいる

 ジャングルポッケ ジャングルポッケ
 ジャングルポッケ
 いっぴきめ とりだした
 ガーオ ガーオ
 ライオンが きばをむく
 (2番に続く)

ありだな(笑)

フラーテイシャスミスの13の方は、アトラクティズかギャラクシーエンドですね。両親からの連想が好きな私としてはアトラクティズはなかなか考えられた名前だなと感心するんですが、最近のクラブ馬は名前を聞いて意味がわかる馬が少なくなってきているので、響きも意味もいいギャラクシーエンドに投票することにしました。

すっかり定着したこの企画には毎回楽しませてもらっています。気になるのは最近ちょいちょいシルク風な名前をスタッフが選んで入れてきている気がすること(笑)。ノルマンディーは総選挙で会員というフィルターがあるので、そうそう選ばれないと思いますが、インパクトの強いユニークな名前もたまにはありかもしれないですね。

News & お知らせ
【お知らせ】
密かにツイッター的なものはじめてます…(6/25)

【レース結果】
ウィッシュノートが3歳未勝利を11戦目で勝利!(6/17)

【お知らせ】
おみくじやめました。 飽きたから…。(6/17)

【レース結果】
アリンナが葵S(OP)を快勝!(5/13)
次走予定

7/  2   クードラパン

函館・道新スポーツ杯 芝1200m

      アリンナ

中京・CBC賞   芝1200m

7/  9   パドルウィール

福島・七夕賞   芝2000m

*7/16 函館記念の可能性もあり

7/16   ディロス

函館・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
4-2-4-4-2--18
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター