プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
出資馬タグリスト
検索フォーム

お疲れさま、ジスターキ

ジスターキ(3歳・牝・未勝利)
2016/06/27 <レース結果>
6/25(土)函館3R 3歳未勝利(牝)[芝1,800m・15頭]15着[10人気]
まずまずのスタートから先団に付け、道中は7番手あたりを追走、3コーナー過ぎから追い出しましたが反応は一息で、4コーナーでは後方に下がってしまうと、直線でもそのまま巻き返せず後方に敗れています。

勝浦正樹騎手「馬場入りなどチャカチャカして決して大人しいわけではないのですが、調教ではもっと元気なタイプなのに、レース前から萎縮している印象を受けました。それでも、行く気を見せてくれて道中はいいポジションで進められましたが、勝負処でペースが上がって他の馬に交わされると、一気に走る気をなくしてしまいました。気持ちを切らさずに走らせてあげたかったのですが、うまく行かず申し訳ございません」

田村康仁調教師「3,4コーナーで手応えが怪しくなると、そこから気持ちが切れてしまったようにバッタリと止まってしまいました。勝ち馬よりも良い位置にいながらあそこまで下がってしまうのですから、厳しいと言わざるを得ません。調教の動きを見る限り、もう少し走っても良いと思うのですが、気持ちの問題だと思います。今回は滞在競馬で切っ掛けを掴んでくれるかと思い、函館に連れていきましたが、競馬の内容に変化はありませんでした。このような血統馬を預けていただいて、私自身も楽しみにしていたのですが、もう手の打ちようがないというのが正直なところです。期待されていた方々には本当に申し訳ない気持ちです」

これまでのレース内容を考慮して協議した結果、今後短期間に状態面や成績の向上を見込むのは難しいとの結論に至り、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。29日に登録抹消の手続きを取り、提供牧場から30日のサラブレッドオークションに上場される予定です。なお、規約に基づいて提供牧場に募集価格の10%で買戻され、この買戻し額が引退精算時に分配金の対象となります。サラブレッドオークションにおいて、この買戻し額を上回る金額で落札される場合もございますので予めご承知おきください。
13490816_1215816618428744_5614286121992647417_o.jpg

ジスターキの引退が決まりました。

2歳時のデビューからの2戦は6着、7着とまだ希望が持てる内容だったんですが、そこから膝裏が張ったりなどで5か月半休養すると、帰って来た時には走るのイヤイヤになってしまっていました。
仕上がっていない状態でレースに出したりなど復帰後の田村調教師の使い方にもあまり納得はいっていないんですが、それがなくても気性的に難しかったのかもしれないです。
最後は手を尽くしてくれたとは思っていますので、温情でたむりん卒業(笑)


牧場見学に行ったときにスタッフの方に言われた言葉が印象的だったんですが、
牝馬では同じく気性難で扱いに苦労するダイワメジャー産駒とステイゴールド産駒でも、ダイワメジャー産駒はその気の悪さが走る方に向くが、ステイゴールド産駒はひねくれてしまう、
と言っていました。

まさに、ジスターキはひねくれてしまったいい例でした。

ステイゴールド牝馬の難しさを感じましたね。


実は初めて2口出資した馬だったんで、結果を残さずに引退というのは正直痛い(笑)

でもまあいい経験になりました。

血統はそこそこいいので、ぜひいいお母さんになって子供に母の果たせなかった勝利の味を味わわせてもらいたいですね。
その前にサラブレッドオークションに上場されるので、買い手がつけばまだ地方で走りそうです。このひねくれ具合だと難しいんじゃないかな(笑)


ということで中央ではもう走ることがなくなったジスターキ。
お疲れさまでした。

カルヴァリオ change成功で完勝!

カルヴァリオ(3歳・セン・500万下)
2016/6/26 (函館競馬場)
馬体重:460kg
★6/26(日)函館・奥尻特別(500万下・芝1800m)黛弘人騎手 結果:優勝
「最内枠でいい位置につけられましたし、道中は折り合ってリズム良く進められました。勝負所からも前を見ながらスムーズに捌けて完勝の内容だったと思います。洋芝自体は問題ありませんが、今日のような緩い馬場はあまり得意ではないように感じました。パンパンの良馬場ならもっと良いパフォーマンスが望めるはずですし、距離が延びても対応可能だと思いますよ」(黛弘人騎手)
13466487_1706612302935897_5174555328399654792_n.jpg


初の古馬との戦い。

初の洋芝。

渋った馬場。


そして、


痛恨の鞍上change(隼人→まゆゆ)


という不安要素はありました。


ですが、カルヴァリオはやってくれました。




強い…


不安要素をものともせず、


最も不安だったchangeも乗り越えてくれました(笑)


ていうかナイス騎乗、まゆゆ。



想像以上に強い勝ち方で勝ってくれましたね。
これは、今後の成長が楽しみ。


パドックではパシュファイヤーを使ってましたね。
滞在も大きかったと思いますが、こういう陣営の工夫も落ち着いてレースを臨める一因になったのだと思います。


チーム大竹…



大好きです。




ということで、カルヴァリオが私に今年2勝目をプレゼントしてくれました。

ていうか、今年の2勝は全部カルヴァリオという…

もううちのエースになりつつあります。


今日勝ってくれたので、


心置きなく5次募集にお金つぎ込めます。



カルヴァリオ、次も頑張ろう。


次走は7/24の松前特別(芝・2000m)で勝っちゃおうよ!(甘い)

ジスターキ no change…

ジスターキ(3歳・牝・未勝利)
2016/06/25 <レース結果>
函館3R 3歳未勝利 芝1800m 15着
勝浦騎手は「大人しいわけではないのですが、調教ではもっと元気なのにレース前から萎縮している印象を受けました。道中はいいポジションで進められましたが、勝負どころで一気に走る気をなくしてしまいました」と話していました。
 


「私やっぱりchangeしな~い」

「走るのやーめた」

ジス嬢




ん、ん~…、no change…
no chage



途中までは良かったんですが、3コーナーあたりからはずるずる後退。
スタミナ切れではなく、もうレースをやめちゃってしまいました…。


想像以上に厄介な性格の気まぐれプリンセス・ジスターキ。


もうオバマさんでもchange不可能なのか…


このまま続けても変わらないでしょうね。


しかし、最後まであきらめないでいただきたい。


ブリンカーなどを使ってみたり、距離は1200mを試してみたりと、最後までchangeの可能性を探っていただきたい。




そうしないと、田村先生


ずっと『たむりん』のままですよ。

パドルウィール 収穫の2着

パドルウィール(5歳・牡・1000万下)
2016/06/25 <レース結果>
阪神10R 京橋特別・芝2000m 2着
川田騎手は「無理に好位に取り付けた訳でもなく、リズム良く走っていたのであの形で競馬をさせていただきました。今日の馬場でも気にすることもなく、最後まで頑張ってくれたのは収穫だと思いますから、相手次第ですぐチャンスがあるでしょう」と話していました。
13482936_1215936871750052_5590631848995688900_o.jpg

レースはパドルの苦手な重馬場。
しかも後方待機がお決まりのパドルを2番手で先行させるという展開にもっていった川田騎手。

1コーナーで「ああ、終わったな…」と思いました(笑)

しかし、前でもうまく脚をためてくれ、直線で勝ち馬に交わされたものの2着に粘るというかなり収穫の多いレースになりました。

さすがは川田騎手。
私が最もパドルの持ち味を引き出してくれると感じている騎手だけあります。
次走も乗っていただきたい。
ていうか川田騎手が乗れるレースを選んでいきましょう(笑)

だいぶ馬が成長してきているようなので、馬場や展開にも幅が出てきたんでしょうか。
そうなったら頼もしい。
今まではどんな展開でも後ろからしかレースできなかったので、展開に合わせて前でもレースを運べたら、このクラスの勝ち上がりももうそこに見えてきます。

次走は7/17の中京・シンガポールターフクラブ賞(芝・2000m)だな、きっと。

カルヴァリオも函館でchange

今日のクラブ公式ブログの記事アップ時刻が衝撃の5:40…。
以前から噂されていた、ノルマンディーがブラック企業なんじゃないか疑惑が再燃…。

い、いや、我らのノルマンディーがそんなわけがありません。
きっと予約投稿だったに違いない。
それかノルマンディーは始業を5時間早めるサマータイム制度をとっているんでしょう。
どちらにしても早朝から会員にホットな記事をお届けするというサービス精神。

これがノルマンディズムです。



さて、クラブのブラックっぷりを疑うのはこの辺にしておいて…
今週はノルマンディーのうちのエース、カルヴァリオの登場。

カルヴァリオ(3歳・セン・500万下)
2016/6/23 (函館競馬場)
☆6/26(日)函館・奥尻特別(500万下・芝1800m)黛弘人騎手
19日(日)に函館競馬場のWコースで4ハロン62.0-45.3-15.4を単走で馬ナリに追われ、23日(木)にもWコースで5ハロン72.2-55.5-40.0-13.0を単走で馬ナリに追い切りました。
「函館競馬場に到着後、飼い葉食いが少し細いと報告があったため心配していたのですが、今朝の追い切りの動きからは十分レースを使える状態にありますね。土曜日の特別戦(芝2000m)にも登録はしていたものの、より距離適性と感じる1800mのこちらへ出走を決めました。来週へのスライドも含めて、最終的なレース選択の判断を遅らせたことから、予定していた鞍上からの乗り替わりが生じましたが、今回騎乗する黛騎手には追い切りの走りを間近で確認してもらい、カルヴァリオの特徴をレース前に事細かに説明するつもりです。あとの課題はいかにレースに落ち着いて臨めるかの一点。滞在競馬は合うと見込んでいるだけに結果を出したいですね」(大竹正博調教師)
00810555-s.jpg

な、な、なんと、これまで乗ってくれていた吉田隼人騎手が函館に来ているにもかかわらず、レース選択が遅れてしまい黛騎手にchange!
やはり函館はchangeが似合うところですねぇ。

できることなら吉田隼人騎手で臨みたかったですが、仕方ありません。

カルヴァリオにとっては初の古馬との戦い。
でもメンバーはそれほど揃った感はないですし、11頭と少頭数で競馬もしやすい。
直線の短い函館ですので、前目につけて直線抜け出す競馬がしたいですね。
洋芝の鬼とか出てこない限りは、十分勝ち負けのチャンスありでしょう。
あとは、黛騎手にやってもらいましょう。




えー、それではカルヴァリオのレースの時には恒例の、いつものあの人形を…

あ、なんと、
もうスーパーの方の人形は使い果たしてしまいましたか…

仕方ないです。
クラブから仕入れておきます。


まあそこまで強気になれないところもあるので、

今回は静かにノーマルまきおくん人形で勝負します…(しっとり)

函館でchange

ジスターキ(3歳・牝・未勝利)
2016/06/22 <調教タイム>
ジスターキ
 勝 浦 6.22函W良 68.9- 52.9- 39.4- 13.2[3]馬なり余力
2016/06/23 <出走情報(確定)>
 6/25(土)函館3R 3歳未勝利(牝)[芝1,800m・15頭]54 勝浦正樹
2016/06/23 <近況>
在厩場所:函館競馬場
調教内容:函館Wコースで22日に時計
次走予定:今週土曜の函館・芝1,800m(牝)〔勝浦〕
たむりん:「昨日(水)は勝浦騎手が騎乗し、函館Wコースで追い切りましたが、抑えきれないぐらいに手応えが良かったようです。函館入厩後は元気が良くて具合は良いみたいですよ。調教の動きは悪くないのですから、もう少し走っても良いと思うんですけどね。滞在競馬が良い方に出てくれればと思っています」
 


今年に入ってから、16→14→13着という惨敗続きのジスターキ。



このままでは間違いなく未勝利引退でしょう。



このままでは…



でも牧場時代に未来を期待されたこの馬が、このまま終わると思いますか?




Change or Stay the Same?
change.jpg





「このままでは終わらない。私、変わるわ」





「函館でchangeよ!」
ジス嬢






ジスターキは函館で変わります。




とりあえず25日のレースで掲示板に入って、変わったところをお見せします。



そして北海道シリーズで勝ち上がります。




ここにきて成長し、

滞在で復調し、

ステゴ産駒得意の洋芝で激走する。





ハコチェン見せます。



ハコチェンで魅せます。

雨はキライ

パドルウィール(5歳・牡・1000万下)
2016/06/23 <出走情報(確定)>
パドルウィール
 6/25(土)阪神10R 京橋特別 1000万下(混)[芝2,000m・10頭]57 川田将雅
2016/06/22 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:逍遥馬道から角馬場でハッキング、坂路でキャンター 22日にCWコースで追い切り
次走予定:阪神6月25日 京橋特別・芝2000m[川田将雅]
中尾調教師「今朝(22日)、CWコースで追い切りました。前半の時間帯で行いましたが、開場時は馬が混みあってスムーズな追い切りが出来ないので、少し遅れ気味に馬場に入りました。テンは無理せず6ハロンから時計を出して行きましたが、自分が取った時計では終いが12秒と、無理していない割には抜群の時計でゴールしました。レース後の反動が軽くなってきたことで、牧場でも立ち上がりがスムーズに行えるようになったこともありますし、こちらに戻って来てからもすぐに仕上げに入ることが出来ましたので、短期放牧明けでもいい状態で競馬に向かえると思います。週末の天候は気になるところですが、馬場の状況次第では辛抱してくれるはずなので、この馬の底力に期待します」
パドルウィール5

おそらく雨。

パドルは渋った馬場が苦手です。

今回も天気と馬場との戦いになりそうです。


相手は2頭が前走1000万下を勝っている降級馬。

この馬たちは手ごわそうですが、それ以外は十分勝てる相手です。


馬場はマイナスですが、今回は10頭という少頭数で競馬はしやすいですし、鞍上は私が最もパドルとの相性がいいと思っている川田騎手ですので、なんとか3着以内を期待したいです


あ、なんて現実的な目標を掲げてしまったんだ…

面白くない…

ここはM雄さんばりに吹いてやります。



パドルはね、雨でも勝ちますよ

次走予定

10/24   キンナリー

名古屋競馬

10/28   クードラパン

東京・国立特別(1000万下)芝1400m

11/ 4   トラソニャータ

福島・2歳未勝利 芝1800m

11/ 5   ディロス

東京・百日草特別 芝2000m

11/11   ソルオリーヴァ

福島・3歳以上500万下 芝1200m

11/12   ポートフィリップ

京都・2歳新馬戦 芝1800m

11/25   アナザートゥルース

東京・3歳以上1000万下 ダ1600m

12/ 2   キングスヴァリュー

中山・葉牡丹賞(500万下)芝2000m

12/ 9   パドルウィール

中京・中日新聞杯   芝2000m

2017年成績
7-6-6-6-7--30
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
ツルマルワンピースの16
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター