プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
出資馬タグリスト
検索フォーム

ドMの決断

私は自他ともに認めるドMなんですが、

そんな私が今年もドMっぷりをいかんなく発揮し、

みなさんにドM道を見せつけた出来事と言えば、

シルクのサダムグランジュテの15への出資。

d_02560944.jpg

見てください、この素晴らしい馬体。

賢そうな顔。

動きもいい。

母はキングカメハメハの仔で、5勝をあげたOP馬。

血統も悪くない。

私は一次で申し込んで出資しましたけど、

一次では売れませんでしたし、未だに残口あります。




理由はステゴ牝馬というのが大きいんでしょう。

ステゴ牝馬はギャンブル。

気性が悪くてまともに走れない馬が多数。

私もね、13年産でやられましたよ。

シルクで出資したステゴ牝馬・ジスターキ。

まともに競馬ができずに中央未勝利。

やっぱステゴ牝馬難しいな~と思いましたね。

しかもね、ジスターキは

このサダムグランジュテの15の叔母にあたります。





ステゴ牝馬で痛い目見た人は出資をためらうでしょうね。

ジスターキで痛い目見た人はまず出資しないでしょうね。

しかも、母がステゴと相性の悪いミスプロ系ですから、

Mっ気のない人は出資できないでしょう。


・ステゴ牝馬

・同じ父を持つジスターキの姪

・母ミスプロ系


これだけマイナス要素がそろっているのに

この馬に出資した私は








やはりドMですね。








ドMなのは再確認できましたが、

重要なのはここから。

私はね、この馬をみんなが思うよりもいいと感じているんですよ。

ツアーで惚れて一次で出資したんですが、

その後に行った牧場見学でもまたまた惚れ、

なんでこの馬がこんなに残口余っているんだと。



しかもね、

こんなにカワイイ。
DSC01704.jpg




リスクを考えれば一口出資しているので十分なんですが、

私の中の何かが疼く。

そして自分に問いかけました。

リトルpicotが問いかけてきました。







お前のドMっぷりはこんなものなのか?








カッチーン



こうまで言われたら黙ってられない。



というわけで、

私の中の何かが疼いた結果、









2年ぶりに二口馬主となりました。









追加出資したのは実は12月上旬。

ノルマンディーの2次募集もあったり、なんやかんやあって

報告するタイミングを逃してしまいました。

そんなサダムグランジュテの15ですが、

徐々に残口は減っていっている模様。

私と共にドM道を歩む者たちが増えていっている模様。





お仲間の方々、

この馬には確かにリスクがある。

でもそのリスクをはねのけてくれる何かを感じずにはいられない…

という不安要素のある馬を出資したときによく使うセリフで

ここは乗り切りましょう。


と言いながら…




低評価を覆し、









大きな夢を見てやりましょう。(本気)

今年最後はタイムオーバー

久々の更新です。

やっぱ年末は忙しいですね。

パソコンも開けませんでした。

私がブログさぼっている間に、愛馬の今年最後の出走がありました。



ソルオリーヴァ(2歳・牡・未勝利)
[父:スズカフェニック 母:ナリタオリーブ]
2016/12/23 (中山競馬場)
馬体重:502kg
★12/23(祝)中山・2歳未勝利(ダ1800m)野中悠太郎騎手 結果15着
「タイムオーバーによる出走制限」のため、平成29年1月23日まで平地競走に出走できない。
この後は馬体や脚元に異常がなければ、近日中に美浦近郊の松風馬事センターに移動する予定です。

「ダートの走り自体は悪くなく、スタートよく前半はポジションも好位置が取れました。ただ、前日の雨で時計が速くなって、途中からは追走も苦しくなったように今日は距離が少し長かった印象です。パサパサで力の要るダートならまた違う走りができると思いますし、距離を詰めてやればもっとやれる馬です」(野中悠太郎騎手)

大竹正博調教師
「未勝利戦で1分54秒台と速いタイムでの決着でも結果は前残りの態勢。テンから果敢にポジションを取りに行ってレース内容にはそれほど悲観していませんが、着順悪く結果タイムオーバーの制裁をもらってしまい、出資会員様には大変申し訳なく思っています。現状ではまだ追って頭を上げてしまい、推進力が上へ上へと抜けてしまうため、ペースが速くなると対応ができません。そのため距離は1800mにこだわって使ってきたのですが、次はもう少し詰めた距離で競馬を使っていきましょう。脚元の水っぽさを考慮してまだビシビシとは攻めていないため、もっと絞れる体つきです。走るフォームが固まり、非力さが抜けてくればやれる馬だと思っていますので、少し長い目で見てもらえたら幸いです。ひとまず近郊に出して馬体の回復を促し、順調ならば1回東京開催(1/28~)を目指します」
15589757_1782765438653916_6925634649337858093_n.jpg







The time over








なんとも私らしい一年の最後。






それにしてもタイムオーバーってなんなんですか。

嫌な響きですね。

なのでもう私はタイムオーバーとは言いませんよ。

これからは








Over the timesと言います。(時を超えて)









カッコ良くなりましたね。

競馬にタイムは関係ない。(ある)

ソルオリーヴァは時を超えたんです。

もうレースタイムや調教時計に惑わされない。

来年には別次元のソルオリーヴァが見られるでしょう。





私は前述のように今回のレース結果をプラスに捉えていますが(おかしい)

中には悲観している出資者さんも多いでしょう。

ご安心ください。

大丈夫です。

ソルオリーヴァはね、







Over timeですから。(ゆっくり時間をかけて)

うまい!(自画自賛)

今年の〆はソルオリーヴァ

ソルオリーヴァ(2歳・牡・未勝利)
[父:スズカフェニック 母:ナリタオリーブ]
2016/12/21 (美浦トレセン)
☆12/23(祝)中山・2歳未勝利(ダ1800m)野中悠太郎騎手
21日(水)に坂路コースで4ハロン57.0-42.3-26.9-13.1を単走で馬ナリに追い切りました。
「中一週での競馬を意識して、今週はサラッと軽めの追い切りを消化。前走の疲れはほぼ抜けており、動きもけっして悪く映りませんが、まだ気持ちの方が先行している印象を受けますね。もっと体がしっかりして、気持ちと走りがマッチしてくればフォームも固まってくるのですが、現状では前にではなく推進力が上へ上へと抜けてしまう。ペースが上がった際にうまく対応できなかったので、今回はダート戦を試してみましょう。先行力を生かして番手から粘り込む形が理想。使っての変わり身に期待しています」(大竹正博調教師)


先週が出資馬の今年最後の走りだと思っていたんですが

今週、ソルオリーヴァが出走することになり、

ソルオリーヴァが私の2016年を締めることになりました。




有終の美を飾れるのか、飾れないのか。

いい結果で終わりたいところですが、

前走のデビュー戦は10着といいところなし。

一叩きしたこととダート替わりで

変わり身を見せてほしいところなんですが、

うーん、難しそう…。




Myアモーレの大竹先生は

動きは悪くないと評価していますが

どうも推進力が上へ上へと抜けてしまう模様。

推進力が上へ抜ける競争なら相当上位争いできそうな感じですが、

残念ながら今回は普通の競馬ですので、

推進力のベクトルとしては間違った方向と言えますね。

ここはソルオリーヴァに頑張ってもらって、

できる限り推進力は前へ前へ。

今のところ、ソルオリーヴァの武器は先行力。

レースでは前で競馬をしていい感じで粘ってもらいたい。






ソルオリーヴァくん、




いろんな意味で







前へ、前へ。

アリンナは休まずプールに通う

阪神JFという大一番を終えたアリンナ。

もう休まずに4戦もしているので誰もが休養に入ると思いましたが

翌週にはプールに通っていました。

おかしい…。




ははーん、読めたで。

放牧に出る前に大好きなプールに行きたいと

アリンナが駄々をこねたんやな。

可愛い仔や…

プールでリラックスをしてから放牧に出る。

頑張ったアリンナの思いを汲んだ

松元先生の粋な計らい。

素晴らしいです、茂樹先生…




と思っていたら、先週の近況でこんなことが…




アリンナ(2歳・牝馬・OP)
[父:マツリダゴッホ 母:ヴンダーゾンネ]
2016/12/16 (栗東トレセン)
★12/11(日)阪神・阪神ジュベナイルフィリーズ(芝1600m・G1・牝) 田辺裕信騎手 結果8着
「他馬に全く絡まれず単騎で行けたにもかかわらず、最後が甘くなってしまったのは、やはり距離と阪神コースの坂ですね。番手につけていれば入着があったかもしれませんが、マイペースの競馬ができているので、この結果を正直に受け止めるしかありません。ただ、あの大一番でスタートを決め、スッと反応して動ける器用さとスピードは素直にすごいと思いますよ。次走については、田辺君も言っていたように走りに対して真面目過ぎる面があるので、詰めて使うのはこの馬にとっていい方向にいくとは思えませんし、8月中旬にこちらに来てから今回で4戦を消化していますので、慎重に体調を見極める必要はあります。とは言え、賞金を加算して今後を楽にするためにも、1/15(日)京都・紅梅ステークス(芝1400m・3歳OP・牝・混)を武豊騎手で予定させてください。状態確認のため、昨日坂路で16~18秒の時計消化をおこないましたが、問題ありませんでした。最も良さが生きる得意の京都コース、ピッタリの距離、春のローテーションを決める意味でも落とせない一戦です。出走するからには必勝態勢で臨みます」(松元茂樹調教師)





まさかの続戦。





松元先生…



あなたやっぱり、






茂樹的過ぎます。






たしかに、ここを勝てばローテが楽になりまくりで

思うようにレースが選択できる。

ですけど、8月に入厩して以来、一度も休養に出ず、

あの細い体で、5か月もトレセンで過ごすことになるとは…




でも、

松元先生が行けると判断し、

こういう選択をしたんなら応援あるのみ。

しかも鞍上、豊ちゃんじゃないですか~(知り合い風)

逃げが上手い豊ちゃんならアリンナの力を引き出してくれそうです。

豊ちゃん、アリンナをよろしく頼んます。




ストレスと身体疲労が心配ですが、

幸い、アリンナにはプールがある。

プールの女王、プールサイドの女神、水際のエンジェル、魅惑のスイマー…

彼女を形容する言葉はこの数か月でこんなに増えたように

プールと言えばアリンナ。

プールはアリンナの代名詞。

それくらいプールはアリンナにとって安らぎの場所。

心のオアシス。

なので、プールに通っていれば調整は問題ないでしょう。





ということで、



3歳になっていきなり試練ですが、



来年も










頑張リンナ。

先週の結果

先週はシルクの2頭が出走。

今年最後の出資馬の走りだったので、勝って終わりたかったですがそんなに甘くもなく。

まあでも頑張ってくれました。



ウィッシュノート(2歳・牝・未勝利)
[父:ゴールドアリュール 母:デイトユアドリーム]
2016/12/19 <レース結果>
12/17(土)阪神1R 2歳未勝利〔D1,200m・15頭〕4着[5人気]
好スタートを決めると、道中は5番手辺りで人気馬を見ながら追走、直線に入って追い出しに掛かると、ジリジリ脚を使って上位馬に詰め寄りましたがもうひと伸び足りず、4着でゴールしています。
松若風馬騎手「上位馬を見る形でじっくり脚を溜めながら追走しましたが、手応えほどの伸びてくれませんでした。勝負処で早めに上がって行くと脚が甘くなると聞いていましたので、ギリギリまで追い出しを我慢しましたが、ジリジリとしか脚が使えませんでした。テンションが少し高めで、まだ緩いところがあるので、その影響でもうひと伸びできないのかもしれませんが、レースセンスはとても良い馬ですので、成長を促して行けば、末脚をもっと活かせるようになると思います
安田隆行調教師「じっくり脚を溜めていけば前走のように末脚を伸ばしてくれるので、松若騎手には人気馬をマークしながら追走するように指示を出していました。理想通りのレース運びができましたし、もう少し差を詰めてくれると思っていましたが、思っていたほど伸びてくれませんでしたね。その辺りはまだ体がしっかりしていないことで、脚が溜まり切れていないのかもしれません。競馬を使いつつ確実に良化が窺えますから、成長を促しながら使っていけば形になって行くでしょう。優先出走権を取りましたので、トレセンに戻って状態を確認してから、次走を検討させていただきます」
15493395_1381607218516349_3018768498754304151_o.jpg
目標の掲示板は確保。最後は思ったほど伸びなかったですが直線まではいい感じで進めていたし、このまま競馬を使っていくうちに内容は良くなっていくでしょう。このまま続戦するようなので、年明けにぜひともウィッシュしたい。ダートでも悪くないけど、そろそろ芝での走りも試してほしい。




ウィズレヴェランス(4歳・牡・500万下)
[父:Henrythenavigator 母:Glorificamus]
2016/12/19 <レース結果>
12/18(日)中山8R 3歳上500万下〔D1,200m・16頭〕13着[8人気]
まずまずのスタートを切るとスッと行き脚を付け、道中は6番手辺りを追走、4コーナーから徐々に遅れを取り出し、直線も伸びを欠いて、後方でゴールしています。
柴山雄一騎手「初めての距離だったのでどうなるのかなと思っていたのですが、スタートから行きっぷり良く楽な感じで進めることができました。ただ抱えている時は良いのですが、ペースが上がって促して行くと、段々と走りが浮いてきてしまい、最後はバラバラになってしまいました。能力的には良いものを持っているとは思うのですが、まだ精神的な部分と馬体とのバランスが上手く取れていないのかもしれません。距離は問題なかったですし、逆にあまり長いよりは道中の感じからもこれくらいの方が良いと思います」
池上昌和調教師「1200m戦だけしか走れない馬にはしたくなかったので、前半は少し抱えて終いを活かす競馬をしてもらいたかったのですが、思いのほかゲートの出が速くスピードにも乗ってしまって、抑えが利かなくなってしまいましたね。一気に走ってしまったので最後はバタバタになってしまいました。上がりの歩様を見てから今後の事は決めたいと思いますが、理想は1400~1600メートルくらいだと思いますし、脚元の状態次第では芝のレースも考えたいと思います
15493372_1383506208326450_1305838165312602958_o.jpg
1200mにスピードにも十分ついていけたんですが、途中からあらあらの展開に…。もっと粘るかなと思ったんですが、まだブランクを埋めるには足りないでしょうかね…。でもだいぶ絞れましたね。前走から-16kgの494kg。デビュー時の馬体重に戻りました。9月には530kgあってなかなか減らなかったんですが、競馬を使ったことも大きいでしょうが池上先生の脚元に気を遣いながらの調整も本当に大きく、なんとかここまで減らせました。今のところ脚元に大きな不安がなくきているのが素晴らしいです。次走は芝を考えるとのことですが、デビュー戦は芝でしたしダートよりも期待できる感じがします。年明けにぜひともウィズしたい。


ノルマンディー2次募集で申し込みした馬


【2015年産二次募集馬の申込状況・中間発表】

募集No.20 エスワンスペクターの15   86%
募集No.22 レットイットスノーの15   84%
募集No.27 ドゥオナーの15       75%
募集No.30 ベラルーナの15       57%
募集No.23 レーヴドゲランの15     53%
募集No.19 グーテデロワの15      52%




悩みました。

2次募集馬はなかなか見どころのある馬が多かった印象で

でも血統的にどうなんだと思う馬も多い…。

ノルマンディーは血統重視だとやっていけないクラブなんで

素直に馬体と動きで選んでいいと思いますが、

ただそんな悩ましい馬は調教動画出るまで待ちたいところ。

でもだんだん人気クラブになってきて、

それもさせてくれない…。

あ、調教動画は見にくいという意見も多いけど

私はだんだん見慣れてきてあれでいいと思ってる派(笑)





そんな感じで迷いに迷った挙句、

決めた馬がコチラ





ヴイプラドの15


エスワンスペクターの15





エスワンスペクターの15はおもしろくもなんともない選択(笑)

でもですね、実馬を見ても筋肉の質感が違った。

ちょっと気になるところもあるけどいけるだろうと判断。

現在売れ行きは1番ですね。

抽選か口数調整で済むのかギリギリってところでしょうか。

私のように締め切り直前に申し込む人も多そうだし、

そうなると抽選かも。

ぜひぜひ当たりますように。





ヴイプラドの15は人気になってないし、

別にこのタイミングで申し込まなくても良かったんですが、

これは私の意気込みです。

もう出資決定なので、これで私は12年産を除く各世代での

通算5頭目のゴッホ産駒出資。

もうこれで真のノルマンディストにかなり近づきました…。

あとはカルヴァリオかアリンナが重賞勝てば真のノルマンディストを名乗ります。

今年、一次募集でどの馬にも申し込まずという

ノルマンディストらしからぬ行動をとったことは水に流してください。

話はだいぶそれましたが、ヴイプラドの15について。

この馬は馬体や動きなど平均的にどこをとっても優れている、

という馬ではなく、

ある部分が突出して優れていて活躍しちゃうタイプ

と私は踏んでいます。(なお、ある部分は不明)

そしてゴッホ産駒の牡馬の走る要素も持ちあわせている。

ゴッホ産駒を相当な数見てきた私が言うので間違いありません。(なお一桁)





まあそんなわけで、2次募集馬申し込みは以上。

迷ったのはレーヴドゲランの15グーテデロワの15

馬体と動きで実はかなり評価していたのがレーヴドゲランの15。

ブラックタイプ見なければ出資していましたが、

見たら母年齢と兄弟の走らなさでうーん、となりました。

グーテデロワの15も、飛節がもっと伸びればいいけど馬体も動きもなかなか。

この2頭はおそらく先行では満口にはならなそうなので

ちょっと様子見して考えて見たいと思います。

あともう一頭。

やる気なし男のウインディーヒルの15もあきらめてません(笑)





一次で様子見しているメルセダリオの15マルカデスティニーの15ですが、

メルセダリオの15は牧場スタッフさんは心配ないと言っていたけど、

あの頑固さは気になるところ(笑)

乗り運動はじめてからの近況を確認したいですね。

マルカデスティニーの15は短距離馬でしょうから、もっと体重アップしてほしい。

そういうわけで幸いにもまだ残口あるし、5%OFFはもったいなけど

もう少し様子見します。


今週の出走馬(12月17、18日)

今週はシルクの2頭が出走。

もうすぐ一年が終わろうとしていますが、

現在出資馬の年間勝利数が9で、10勝まであと一つなんです。

今のところ、来週以降に出走予定がないので、

今週1勝してもらいたいですなぁ。



ウィッシュノート(2歳・牝・未勝利)
[父:ゴールドアリュール 母:デイトユアドリーム]
2016/12/14 <調教タイム>
 見 習 12.14 CW不 60.3- 44.4- 14.9 [5] 馬なり余力
 見 習 12.14 栗坂不 54.8- 39.9- 25.8- 12.9 一杯に追う
2016/12/15 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:坂路でキャンター、14日に坂路で追い切り
次走予定:阪神12月17日 ダート1200m[松若風馬]
安田隆行調教師「14日に坂路で追い切りました。先週末から時計を出し始めていますが、2本目としては最後まで脚が上がることもなく、動きは良かったですね。動きが一息なら、もう少し本数を重ねてから出走させる方が良いと思いましたが、ラストまでしっかり動けたので今週使うことにしました。だいぶ成長が窺えますが、強気にレース運びをすると終いが甘くなってしまうと思うので、出たなりの位置で脚を溜めていけば末脚を活かせると思います。時期的なこともあって毛艶は一息ですが、代謝が良くなれば見栄えが良くなっていくと思います
d_02600100.jpg
最後の毛艶についてのコメントは当たり前のことを言っちゃってるだけのような気もするんですが…。冬なので寒いですが春になれば暖かくなっていきます的なコメント。さすが、あっち系安田先生。なんか、安田ワールドにだんだんはまってきた…。これでウィッシュノートを勝たせてくれたら、今までのことは忘れ、私は安田ファンになります。
そんな師に育てられているウィッシュノートですが、前回の仕上がり不十分で走った2走よりはだいぶいい仕上がりでレースに挑めそう。強そうなのが2頭いますが、いい走りを期待しています。とりあえず掲示板に載ろう




ウィズレヴェランス(4歳・牡・500万下)
[父:Henrythenavigator 母:Glorificamus]
2016/12/14 <調教タイム>
 助 手 12.14 南芝不 65.3- 51.3- 36.6- 12.4 [2] 馬なり余力
2016/12/15 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:芝コースで14日に時計
次走予定:今週日曜の中山・D1,200m[柴山雄一]
池上昌和調教師「14日に単走で追い切りを行いました。当初はダートコースで追い切る予定でしたが、前日からの雨の影響で馬場がかなり悪くなっていたので、芝コースに変更しました。先週の時点である程度の態勢は整っているので強くは追っていませんが、芝で勝っているだけあって、パワータイプながらも良い動きを見せてくれましたね。今週も中京と中山で検討していましたが、中山の方に柴山騎手で投票させていただきました」
1479698809798-1082172262 (002)
先週除外になったので今週にスライド。
D1800mとD1200mで悩んで1200mにしたようです。前走スタートが今一つでもその後の二の脚の速さを見ると1200mでもいけそうですし、久々もあって前走1600mでバテてたので1200mの方がいいかもしれないです。
1年10ヶ月ぶりの前走を使っての2走目なので前進を期待したい。前走が510kg(+18kg)でまだ太めだったので、今回は500kg前半を目指そう。掲示板を期待





2頭とも前走が7着と14着と振るわなかったですからね。

今回は掲示板があればいいです。

なんか間違って、ウィッシュノートは3着に入ってくれると嬉しい。

ていうか、あと1勝を今週期待とか言ってたけど、

目標掲示板の馬たちだった…

年間10勝は来年にお預けか!?





次回、


「聖夜の前に奇跡が!?」
picotに一足早いサンタがやってきた。二の脚速いアイツもやってきた。




お楽しみに!

次走予定

10/24   キンナリー

名古屋競馬

10/28   クードラパン

東京・国立特別(1000万下)芝1400m

11/ 4   トラソニャータ

福島・2歳未勝利 芝1800m

11/ 5   ディロス

東京・百日草特別 芝2000m

11/11   ソルオリーヴァ

福島・3歳以上500万下 芝1200m

11/12   ポートフィリップ

京都・2歳新馬戦 芝1800m

11/25   アナザートゥルース

東京・3歳以上1000万下 ダ1600m

12/ 2   キングスヴァリュー

中山・葉牡丹賞(500万下)芝2000m

12/ 9   パドルウィール

中京・中日新聞杯   芝2000m

2017年成績
7-6-6-6-7--30
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
ツルマルワンピースの16
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター