プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム
おみくじ

アートプリンセスの15にやっぱり期待しちゃおうかな

今週更新された、シルク2歳馬の近況と写真。

出資馬をチェックしましたが、

その中でアートプリンセスの15の馬体を見て驚き。

先月も素晴らしいなと思ったんですが、今月も凄かった。

d_02620007.jpg

完全にキンカメですやん。

まさにアート。

走りはまだまだというところなんですが、

馬体の完成度は2歳の今時期とは思えない。

ちょっと前に、走りから少し期待値を下げると書いたんですが、

これは期待したい馬体ですね。



ちなみに近況はコチラ。

アートプリンセスの15(2歳・牡)
[父:キングカメハメハ 母父:Officer]
2017/02/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本、週3回周回コースでハロン22秒のキャンター3,000m
担当者「ここまで順調に乗り込めていますので疲れが溜まる前に馬の状態に合わせて休みを入れたりしています。その効果もあって馬体には張りがありますし、こちらに移動してきてからあまり変化のなかった馬体重も徐々に増え始めて成長を感じます。口向きや走りのバランスも良化していますがまだ途上といった感じで、周回コースでは最後までいい走りが崩れないのですが、坂路コースでは苦しくなってくると走りがバラけてしまうので、そのあたりは無理させずに馬の成長に合わせて取り組んでいきたいと思います」馬体重466kg

やはり、走りはまだ発展途上。

これからの良化に期待します。

これだけの馬体を持っているんですから、

体をうまく使えれば、

きっと素晴らしい走りを見せてくれる…

はず。

ノルマンディーの様子見馬の近況を見て

バリスタが入れるコーヒーは

失恋の後にめぐってきた恋の味…

お元気ですか。

コーヒーの飲みすぎで胃痛に見舞われ

昨日、胃薬を飲んだpicotです。




先日、ノルマンディーの2歳馬の近況と写真が更新されました。

私は様子見の鬼と呼ばれていますが、(自称)

ノルマンディーでも変態的な様子見を敢行中。

そんな様子見馬たちはどんな成長を遂げているんでしょうか。

それでは見ていきましょう。




マルカデスティニーの15(2歳・牡馬)
[父:ショウナンカンプ 母父:サンデーサイレンス]
2017/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:454kg
現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。進めていく中で臆病な面は徐々に解消されているものの、物見して馬場の入り口でピタッと止まってしまうなど、まだ集中力の持続に欠けるところがあります。一つ上の姉デスティニーソングは先日、中京・なずな賞(芝1400m)で僅差の2着に好走。抜群のスピードを武器にOPクラス入りを射程圏に入れています。まとまったバランスの立ち姿で筋肉の質も良く、母の最高傑作と呼び声が高い本馬にも期待は高まるばかりです
20170131a.jpg

「母の最高傑作と呼び声が高い…」


「母の最高傑作と呼び声が高い…」


「母の最高傑作と呼び声が高い…」




一口34000円か…

ポch…

おっと、あぶないあぶない。

私としたことが、こんな販促見え見えのコメントに引っかかるところでした。

しかし、母の最高傑作って…

これJAROが黙っておかないんじゃ…

と言いながら、

私もこの馬は募集時から評価しておりましたので、

このコメントを見ても驚きはしません。

心配していた体も大きくなってきたし。

最近、いろいろと気になる馬が出てきていまして、

資金的にどの馬かに絞らなければいけないんですが、

こういうのって、初志貫徹の方がいい結果出たりするんだよなぁ…。

とりあえず、ギリギリまで様子見します。





メルセダリオの15(2歳・牡馬)
[父:ルーラーシップ 母父:タニノギムレット]
2017/1/31 (ノルマンディーファーム)
馬体重:516kg
今月に入って左前の爪に砂のぼりを発症したため、三週間ほど放牧のみで様子を見ていましたが、状態は良化し、27日(金)より乗り運動を再開しました。現在は坂路2本(キャンター)のメニューで調整しています。休ませていただけに反応の鈍さは否めませんが、雄大でスケール抜群の動きを見せており、他を圧倒する威圧感がハンパなく漂っています。ここに力強さが加わって走りの質が向上してくれば、大仕事を成し遂げる可能性も十分にありそうです
20170131b.jpg

「大仕事を成し遂げる可能性も十分にありそうです…」


「大仕事を成し遂げる可能性も十分にありそうです…」


「大仕事を成し遂げる可能性も十分にありそうです…」




もう…

もうだまされませ…

ポch…

おっと、またもやポチる寸前までいってしまいました…

それにしてもなんでしょうか。

この販促見え見えのコメント。

経験の浅い人ならともかく、

私くらいの経験者ならこんなコメントにだまされませんよ。

これもJAROに通報されるレベルですね。

「ハンパなく」ってクラブ公式コメントの表現としてどうなんだ…

しかし、この馬も募集時から評価していた馬。

今回のは行き過ぎたコメントですが、

クラブとしてもそれくらい期待値が高い馬であることは間違いないんでしょう。

やはり、初志貫徹か…







さあ、どうしたもんでしょう。

私も様子見の鬼と呼ばれているくらいですからね。(誰か呼んで)

ここでビシッと適切な選択を見せつけたいと思います。

2頭合わせると108000円…

シルクのあの馬買える…

ちなみに、ノルマンディーでは

ウインディーヒルの15も実はまだ捨ててない。




悩ましい日々は続きそうです…