プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

いよいよあの馬のデビューが見えてきた

この馬のことをまともに記事にするの、

去年の7月以来だった…

この世代一番期待している馬なのにこの扱い…

でも、これからは主役級の扱いをしていきます。



アナザートゥルース(3歳・牡・新馬)
[父:アイルハヴアナザー 母:キョウエイトルース]
2017/2/10 (美浦トレセン)
5日(日)に坂路コースで4ハロンから0.3秒先行して併せ、56.8-41.7-26.7-12.4を馬ナリに追われ、8日(水)にはWコースで5ハロンから併せ、70.4-55.9-41.2-13.7を一杯に追い切りました。
「感触や適性を確かめてもらう目的で、この中間、大野君に跨ってもらいました。『父は違えどサウンドトゥルー、ルールソヴァールの弟ですね。どちらかというと、やっぱりパワータイプのように感じます。ファーストコンタクトですし、追い切りで跨ったわけではありませんが、ダートの中距離がピッタリのようです』との進言があったので、3/5(日)中山・3歳新馬(ダ1800m)もしくは翌週の3/11(土)の同条件を目標に進めましょう。パシュファイアーを装着していますが、うるささだけは兄2頭をすでに超えていますよ。正直、手を焼いてます (‘・c_・` ;) 」(高木登調教師)


あ、すいません。

顔文字は私が付け足しました(笑)

高木先生、きっとこういう顔している…。

もうすでに兄を超えるうるささ。

来年の今頃はアレがああなっちゃってるんじゃ…




とまあ、そんな気性に危うさを抱えているアナザートゥルースですが、

やっとこさデビューが見えてきました。

なんとか新馬戦のあるうちにデビューできそうです。




何を隠そう、この世代の出資馬の中では一番の期待馬。(さっきも言った)

遅咲きの血統なので頓挫があったわけではなく、

もともと遅めデビューの予定で進めてきました。

動きも素質があるようですし、

デビューがめちゃくちゃ楽しみです。

ただ兄たちもそうでしたが、

本格化するのはもっともっと先でしょうから

早めのうちからは結果が出ないかもしれないですね。




2歳時に牧場で見てきたときは、

そこまで大きい馬じゃなかったんですが

今は500kgくらいあるようですね。

成長したなぁ(しみじみ)

でもあの頃は割と落ち着いていた気性も

今じゃひどいことに…

競馬にいって問題なければいいんですけどね。

兄くらいの活躍ができるなら

種牡馬の道だって可能性がある馬ですので。

アレがああならないことを祈りたい。




距離適性はだいたい兄たちと同じ感じみたいですね。

いいよいいよ、

ダート路線の王道突き進もうよ。




と、大きいこと抜かしているのはデビュー前だからです。

心優しいみなさん、

鼻で笑いながら温かく見守ってください。




でも本当に期待してるんだから(小声)

次走予定

7/23   クードラパン

函館・潮騒特別(1000万下)芝1200m

7/30   ビターレ

札幌・3歳未勝利 ダ1000m

    ソルオリーヴァ

札幌・3歳未勝利 芝1500m

*8/5 札幌・未勝利の可能性もあり

8/12   カルヴァリオ

札幌・STV賞(1000万下)芝1500m

*8/13 札幌・HTB賞の可能性もあり

8/27   パドルウィール

小倉・小倉日経オープン 芝1800m

2017年成績
5-2-5-4-2--22
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター