プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

ノーザンF空港見学(2017年2月)その2

ノーザンF空港見学、第2回。

今回は中川厩舎の牝馬3頭。
相変わらずのナイスガイ、中川厩舎長でした。

空港牧場に見学に行って何が楽しみかって、中川厩舎長と飯野厩舎長に会うのが楽しみ。そんな中川厩舎長のナイスなお話に、今回も心を撃ち抜かれました。

最高や…、中川厩舎長…


というわけで、出資者のみなさん。
ズキュンと撃ち抜かれてください。

それではどうぞ。



タムロウイングの15(父:ディープブリランテ)
DSC01995.jpg
DSC01997.jpgDSC01993.jpg
馬体重:422kg
出資検討馬。
2次募集馬なのでまだ名前が決まっていませんね。
小柄ですが、筋肉がついてきたなという感じの馬体。近況写真よりもしっかりした馬体でした。弾力のありそうな筋肉で、歩かせてもバネを感じますし、いかにも弾けそう。
入場したときはコロンとして少し太い感じだったが、ストレスかかって減って、今は段々戻ってきたところ。馬体重的には体を見るとちょうどいい感じ。トレーニングを積んで無駄なものもだいぶとれてきて、そこに筋肉がついてメリハリが出てきた。これからもう少し増えてくると思う。サイズはもう少し大きくなりそう、とのこと。
今の調教のペースと成長具合ではちょうどいい馬体を維持できている。筋肉がついてきたこともあり、2月に入ってから動きがぐんと良くなってきた。中川厩舎長曰く、最初の印象は正直それほどよくなかった。走り方がぎこちなく、体が使えなていなかったが、ここにきて体が使えるようになり走りのバランスが良くなってきた。印象はかなり変わってきている。予想より早めに良化してきており、乗り手の評価もよくなってきている。前向きさも出てきた、と。
距離的にはそれほど持たないと思う。母も短めだったし、体形的にも母が出ている感じで、気もいいからマイルくらいかそれより短いかも。
ブリランテ牝馬は、ブリランテ牡馬みたいにムキムキしたような馬じゃなくて、こういうすらっとした馬が走ってくれている、と門さん。
ということで、なかなかおもしろそうな馬ですね。評価急上昇の一頭みたいです。




キャンディケイン(父:ハーツクライ 母:スナッチド)
DSC02011.jpg
DSC02007.jpgDSC02014.jpg
馬体重:489kg
出資馬。
調教は坂路16秒。一番ではないが順調に進んでいる組。
動きはすごくいい。誰が乗っても評価が高い。成長はそんなに早い方ではないと思う。父がハーツクライでもあるし。徐々にという感じで進めている。成長力はあると思う。
ハーツクライのいいところが出ている。いいところとは、この馬は前脚の捌きは硬いが、背中が柔らかいところ。いい脚使えるなと感じる。パワーが貯まって直線の長いところで弾けるイメージ。距離もあった方がいい。マイルから中距離くらい。
姉も結果出ているし、走ってくれる血統なんで期待している。姉たちとは違ったタイプで、ハーツクライが出ている。姉たちと違い馬格もある。今の時点では順調で、心配なところなくきている。動きも申し分ないし、暖かくなって夏越したらもっと良くなると思う。中身がしっかりしてくれば楽しみ、とのこと。
中川厩舎長、まじっすか…。めちゃくちゃ高評価じゃないですか…。私は調教動画の脚捌きの硬さが気になっていたんですが、背中の感触はかなりいいようで、ああいう走りでも期待できるんじゃないかと思えましたね。中川厩舎長はハーツクライ牝馬を知り尽くしてくれてますからね。そういう意味でも期待しちゃいますよ。一応、秋華賞の日は予定あけときます。




オルボンディール(父:ステイゴールド 母:サダムグランジュテ)
DSC02026.jpg
DSC02017.jpgDSC02034.jpg
馬体重:445kg
出資馬。
坂路16秒。スナッチドと同じメニューだがこちらの方が早い。3月中には15-15を始めれそう。
夏デビューのイメージで進めていて、理想的な成長曲線を描いている。先週、西園先生も見に来て褒めていた。夏デビューを目指していくことを確認し合った。新潟・小倉開催くらいでデビューできたらいいかな、と思っている。
動きは相変わらず柔らかくいい動き。
気性的にもステイのよくないところがないので、すごい楽しみ。走っている時も悪いところは出さない。気は強いところがあり、他の馬が来たら威嚇したり、耳絞ったりすることはあるが、コースに入ったら前向きだし、問題ない。
順調そのもの。健康で、脚元で苦労することもないと思う。飼い食いもすごくいい。
中川厩舎長が乗っているが、「本当に楽しみ」と。
母が出ている感じで、ステイの仔にしては骨量、筋肉量がある。母はダートだったが、この馬は走り的には芝。マイルからもう少し距離があっても大丈夫そう。
ステイの仔だし、母は古馬で本格化したので、早いうちから長く楽しめる馬になってくれるんじゃないか。
もうここまでの中川厩舎長のお話でお腹いっぱいになるくらい満たされたんですが、最後の言葉で心を撃ち抜かれました…。
「ある程度上のレベルで活躍してくれるんじゃないかなというふうには感じています」
ズッキューン。
まじっすか…。厩舎長のこの馬に対する手応え…、鵜呑みにしますよ。丸呑みしますよ。
じゃあ桜花賞の日は予定あけときます。




というわけで、出資馬2頭は期待が増しました。
来年の予定が2つ決まりました。
タムロウイングの15は安いし楽しめそうな馬だと思いました。
いい牧場見学だったわぁ~。




あ、ちなみに、

今回も空港牧場でのこぼれ話を用意していますよ。

シルク兄さんこと、門さんに残口ある馬でおすすめの馬を聞いてみました。
この馬!っていうよりは、今回見た馬もそうだし、みんな良くなってきている。
そんな中、選ぶのであれば、門さんとして一番おすすめなのは、ケイティーズソレル(ケイティーズベストの15)とのこと。
へぇ~、そうなんですね。
あら、今回見てないね…。残念…。コメントできません…。
でもいい馬みたいですよ。

みなさん、ケイティーズソレル
要チェックです。




ノーザンF見学空港編はこれにて終了。
次回は早来編です。

今日、仕事帰りに左足をねん挫したんですが、

悪化しなければ、明日記事をアップします。

お楽しみに。



それでは、






おやすみなさウィ。

次走予定

10/ 9   ウィッシュノート

京都・3歳以上500万下(牝)ダ1200m

10/15   トラソニャータ

東京・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
5-6-6-6-6--27
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
ツルマルワンピースの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター