プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム
おみくじ

プルーヴがくれたもの

プルーヴダモール(5歳・牝・障害OP)
[父:チチカステナンゴ 母:プルーフオブラヴ]
2017/03/22 <近況>
在厩場所:栗東トレセン/24日に競走馬登録を抹消予定
調教内容:
次走予定:
西園正都調教師「トレセンに戻って状態を確認したところ、右前の裏筋が気になった為、22日に診療所で詳しく検査を行ったところ、浅屈腱炎の診断がおりました。症状も重度とのことで、完治するまでかなりの時間を要するとのことでした。新馬戦を勝ち上がった後は苦戦を強いられましたが、障害レースに矛先を変えてから未勝利を勝ち上がり、よくここまで頑張ってくれたと思います」

これを受け、今後について協議した結果、復帰までには相当の時間が掛かる見込みであり、その過程において再発のリスクも高いと言わざるを得ず、このような状況では、ご出資会員の皆様のご負担が増えるばかりとなってしまう可能性が高いことから、誠に残念ではございますが、このまま引退させることといたしました。24日に競走馬登録抹消の手続きが取られ、今後は乗馬となる予定です。詳しいご案内は後日書面にて出資会員の皆様にご案内申し上げます。


プルーヴの引退が決まった…

これまで脚元に不安は全くない馬だったんですが

残念ながら浅屈腱炎となってしまったようです。




プルーヴは私の一口2年目の出資馬でして、

いろいろな経験をさせてくれた馬でもあります。

プルーヴがくれたもの。

最後にこれを紹介させてください。




その1 「衝撃の可愛さ」
blog_import_538835d4223ea.jpgblog_import_538835d4d172b.jpg
プルーヴは私が初めて出資馬見学としてノーザンFに行ったときに見た馬で、牝馬も何頭か見たんですが、プルーヴが断トツで可愛かった…。撫でまくった記憶が蘇ります…。私はね、プルーヴの短足っぷりが大好き。なんて可愛いんでしょう。父チチカスから何を受け継いだって、この短足ですよ。当時の記事にも書いてありますが、マスコット枠で出資してもいいと思ったくらい。この頃はまだおっとりさんでした。この頃は…。でも、今でもテレビを通じて見る姿からも可愛さが伝わってきますよ。プルーヴ、ありあまる可愛さをありがとう。




その2 「初めての新馬勝ち」
d_02331015.jpg
プルーヴは、私の一口馬主として初めての新馬勝ちをプレゼントしてくれた馬でもあります。忘れもしない。あの日は札幌記念でゴールドシップとハープスターが激突した日。そんな芦毛と鹿毛の怪物が繰り広げた歴史的な一戦の裏で、灼熱の小倉を舞台に芦毛の短足娘・プルーヴダモールと1番人気に支持された鹿毛の珍名馬・パピプペポが熱戦を繰り広げました。直線に向いてからの名実況「プルーヴダモール、パピプペポ。プルーヴダモール、パピプペポ」が今でも耳に残ってますね。なお、パピプペポは3着。1勝もできずに引退。この新馬戦、4着馬が後に低人気で勝ち上がりましたが、それ以外は中央で勝ち上がった馬はいないという、恵まれまくった超弱メンレース。それでも勝ったときは感動しましたよ。プルーヴ、感動の新馬勝ちをプレゼントしてくれてありがとう。




その3 「トレセンいやいや病」
プルーヴトレセン嫌い
新馬勝ちした後、プルーヴはトレセンいやいや病にかかってしまい、トレセンにいるとストレスがかかりまくって胃が荒れてしまうほど…。レースでも全く力が発揮できず、なるべくトレセンにいる期間を短くしようと10日競馬でレースに向かうなど、いろいろ対策を施してきましたがうまくいかず…。3歳10月の結果的に最後となった平地でのレースではタイムオーバーにもなりましたし、ここで見限られても仕方ない状況だったんですが、西園先生は見限らずにプルーヴの気持ちを大切に、環境適応の一環として障害練習を取り入れるという神対応をしてくれました。その効果もあって、プルーヴのトレセンいやいや病は治りました。プルーヴを通じて、馬は身体能力だけじゃ勝てない。気持ちがものすごく大事、ということを改めて知ることができました。プルーヴ、大事なことを教えてくれてありがとう。





その4 「美しいジャンプ」
プルーヴのジャンプ
そんなわけで障害練習に取り組みだしたプルーヴ。短足だけど大丈夫なのか、と思ったんですが、意外にも練習してみるとジャンプはセンスがあるという評価。もともと走りはキレイな走法で、重心の低さもあって安定感があったので、これがよかったのかジャンプは短足だけど美しかった…。練習だけじゃなく障害に転向という形になり、レースでも走るようになりましたが、成績はついてこなかったけど、私はプルーヴのキレイなジャンプが見らればそれで満足でしたよ。プルーヴ、美しいジャンプをありがとう。





その5 「感動の障害初勝利」
d_02570013.jpg
最初は気持ちが落ち着いたらまた平地に戻るのかな、と思っていましたが、結局最後まで障害馬として走ることになったプルーヴ。障害未勝利レースではだいたい8着前後で、全くダメダメではなかったものの勝つのは難しいんじゃないかといった空気が出資者の中に漂い、もう引退で…なんて声も多くなってきました。でも、西園先生はまだ走らせる。障害に転向して半年以上経っても掲示板に載ったことがないのにあきらめない。プルーヴも気持ちの問題を乗り越え、西園先生の期待に応えるべくトレーニングに励んでいきました。
そして感動の瞬間が訪れる…。去年の8月7日の小倉競馬場。私は札幌競馬場でそのレースを観戦。9頭立ての5番人気で、正直私も期待はしていませんでしたが、なんと奇跡の障害初勝利。私にとっても愛馬の障害レース初勝利の瞬間。このレースは新馬戦以上に感動しましたね。本当に嬉しかった。あきらめずに信じることの大切さをプルーヴから学びました。プルーヴ、感動の勝利をありがとう。






プルーヴダモールにはいろいろなものをプレゼントしてもらいました。

1000万という安い馬でしたが、十分楽しませてもらいました。

いろいろな経験もさせてもらいました。

トータルではマイナスですが、

本当に出資してよかった。

繁殖牝馬になれなかったのは残念だけど、

第2の馬生がプルーヴにとって素敵なものになることを祈っています。

現役生活、お疲れさまでした。







最後に、


プルーヴダモール










本当にありがとう。

先週の結果(3月20日)

ひどい…

なんだこの成績…

今年に入ってから二桁着順が13戦のうち8回…

一桁着順といっても9頭立てで8着、9着もあるから

凄まじく悲しい成績…

先週…といってもこの前の月曜日ですけど、

2頭走ったんですが2頭ともやってくれましたよ…

プルーヴは先に結果をお伝えしたので

残り2頭の泣ける結果を報告します…



スカイノーヴァ(3歳・牝・未勝利)
[父:ステイゴールド 母:スカイディーバ]
2017/03/21 <レース結果>
 3/20(月)中山6R 3歳未勝利〔芝1,800m・16頭〕8着[6人気]
スタートでやや出負けし、後方からの追走となります。3,4コーナーで徐々に前との差を詰めにかかり、直線でも懸命に追われますが、大きく着順を上げられず、8着でゴールしています。
戸崎圭太騎手「今日は本馬場入場の時から、かなり精神的にキツいところを見せていました。それでもレースでは折り合って走れていたのですが、最後は追ってもあまりペースが変わりませんでしたね。今日はテンションが高かったことが影響したのだと思いますが、初戦と比べるとレースで前向きさが出てきていたのは良かったと思いますし、この馬なりに成長はしていると思います」
藤沢和雄調教師「パドックまでは比較的落ち着いていたのに、ジョッキーが跨った瞬間にテンションが上がってしまいました。ああなってはなかなか力を出し切れないでしょう。それでも初戦から見るとだいぶ動けるようになってきましたし、変わり身があったと思います。体もだいぶ実が入ってしっかりしてきました。ただ周りに気を使い過ぎる気性がこの馬のネックとなっているので、一戦一戦間隔を空けつつ気持ちが後ろ向きにならないように気を付ける必要があると思います。この後はトレセンで馬体チェックしてから、一旦放牧に出す予定です」
17390801_1484768894866847_822066847047024284_o.jpg

ステゴ牝馬なのに例のコメントが出されてない、やったぜ、

と思ってたら、ついにきた…

待ってましたよこのコメント…って嘘です…

待ってません…

これはステゴ牝馬がたどる、あの道まっしぐらなんでしょうか…

やめてください。

ストップをかけてください、カズヲさん。

気持ちのことを考えたカズヲ流調整をしてくれそうなので

そこに期待ですが、期待できるのか微妙になってきた…

結構、高かったんですけどね、この馬…





ウィズレヴェランス(5歳・牡・500万下)
[父:Henrythenavigator 母:Glorificamus]
2017/03/21 <レース結果>
 3/20(月)中山7R 4歳上500万下〔芝1,600m・15頭〕14着[7人気]
まずまずのスタートから、先行集団の内目をキープ。前半は手応え良く追走するも、勝負どころで徐々にポジションを下げ、直線も前を追いかける脚はなく、14着でゴールしています。
A.シュタルケ騎手「スタートしてから楽にポジションを取れているように、持っている内は手応えもありましたし、良い感じに追走することができていました。ただ勝負どころに入ったところでそれ以上促してペースアップしようとしても、精神的な部分に問題があるのか馬が行く気を見せませんでしたね。ブレーキを掛けるほどではないのですが、一定のペース以上に進んで行こうとしませんでしたから、最後も無理はしませんでした。前走との比較はできませんが、道中の感じからするとブリンカーは悪い方には向いていなかったように思います」
池上昌和調教師「抱えているうちはいいのですが、追い出してもストライドが伸びていかないようです。、前走もそうでしたが、もしかしたら自分で庇ってセーブしているのかもしれません。調教ではそういうところは見受けられないのですが競馬となるとブレーキをかけるまではいかないものの、気持ちが前に向かないようです。道中の感じは良かったと乗り役は言っていましたから、ブリンカーがマイナスというわけではなかったと思います。この中間は攻め馬をしっかり行い、だいぶ絞れてきましたし、馬体の張り・艶は上向いて状態は上がってきていたと思います。しかもここ2戦は脚元を考えてダートを試してきましたが、今回は新馬勝ちした時と同じ条件に戻し、変わり身があると思っていたのですが、結果を出せず申し訳ありません。競馬の後の状態を確認してから、今後のことを考えたいと思います」
17389077_1484773751533028_1554708479171894298_o.jpg

誰だ、芝に変わって感動の復活待ったなしとか言ってたの。

何も変わらなかったじゃない…

芝ダート云々じゃないってことですよ…

怪我した脚をかばってるのか、

気持ちが前に向かないのか…

大怪我からの復活後、すでに3戦。

いつまで我慢強く走らせてくれるんでしょうか…





という、今週も悲報をお伝えしました…

アザースが勝って春が来ると思ったらなかなか来ない…

今週も4頭出走するんですが、

誰か私に本当の春を届けてください…

プルーヴは大方の予想を覆し…

昨日はうちの白いジャンプ娘、

プルーヴダモールが障害OPに出走。




このレース、

プルーヴは単勝191.8倍の

圧倒的14番人気(14頭立て)

余程の人気のなさ。

普通に考えればビリですよ。




元々、能力的に障害OPでは厳しいし、

今回は距離も長いし、

期待はしていませんでした。





でも、プルーヴは頑張ってくれましたよ。




なんと、大方の予想を覆して…







プルーヴ13着










13着(14頭立て)










プルーヴダモール(5歳・牝・障害OP)
[父:チチカステナンゴ 母:プルーフオブラヴ]
2017/2017/03/18 <レース結果>
中京5R 障害オープン 障3,300m 13着
田村太雅騎手は「思ったよりも折り合いが付いて進めることができました。ただ一生懸命すぎるところがあるので、最後はフラフラで体力が残っていませんでした」と話していました。
17358745_1482063795137357_2100149787607085545_o.jpg




オッズ的にも大方の予想はビリでしたよ。


そんな中、プルーヴは1頭抜かしましたね。


しかも3番人気の馬。


すごいじゃないか、プルーヴ。


人気の馬に勝ったし、


相変わらず短足だけど


頑張って障害跳んでたし、


なにより可愛かった。






なので、このレースの結果については、











言うことなし。(ナイス ジャンプぅ~)

ついにウィッシュする日が来るのか…

ウィッシュノート(3歳・牝・未勝利)
[父:ゴールドアリュール 母:デイトユアドリーム]
2017/03/15 <調教タイム>
 鮫島駿 3.15栗坂良 52.0- 38.0- 24.8- 12.3 馬なり余力
2017/03/16 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:15日に坂路で追い切り
次走予定:阪神3月26日 ダート1,200m(牝)〔松若風馬〕
安田隆行調教師「15日に坂路で追い切りました。後半のハロー掛け後に行ったこともあり、時計が出易い馬場だったのは確かですが、それにしてもよく動いてくれましたね。鮫島克駿騎手が騎乗していたこともあるかもしれませんが、調教後感触を確認したところ、『かなり動きが良かったですよ。持ったままで余力十分でした』と言っていました。体型はまだコロンとしているものの、休養を挟むごとにしっかり動けるようになってきているので、確実に成長してくれていますね。順調に仕上がってきましたので、3月26日の阪神・ダート1,200m(牝)を松若風馬騎手で向かう予定です」
d_02620140.jpg


ウィッシュが成長している…

確実に進化している…

調教タイムが物語っていますよ…











素晴らしいぞ、ウィッシュ。












これ、マジで期待できますよ…





そしてもうひとつ素晴らしいことが。

こんなに調教で動いたら、

今までだったら安田先生の突然の思いつきで

「仕上がったので今週走らせます」

と、出走させていたのが、



なんとそんなだった安田先生が…













ちゃんと予定を立てている。













目標を見据えて動いていますよ…

これは今までにない変化…

安田先生もウィッシュに負けじと進化している…







ウィッシュも安田先生も進化しているのなら








来週は、ついに





私の念願だった…















ウィッシュできますね。
(お願いウィッシュさせて)

今週の出走馬(3月18日、20日)

今週は3頭が出走。
本当は4頭の予定だったんですが、キンナリーが痛恨の2週連続除外…
ついに新馬戦デビューはできなかった…
まあ仕方ないです。
来週の未勝利戦は出られると思うので、なんとか調子を崩さず出走にこぎつけてほしい。

では本題の今週の出走馬。
3連休ということもあって月曜にも開催されるんですが
月曜なのに今週と言っていいのかどうなのか、
結構悩んで、でも競馬界的には今週で、
ブログの今までの流れからいっても今週と言っちゃっていいんjy…(省略)



プルーヴダモール(5歳・牝・障害OP)
[父:チチカステナンゴ 母:プルーフオブラヴ]
2017/2017/03/15 <調教タイム>
 助 手 3.15栗坂良 58.8- 40.9- 26.2- 13.4 末強目追う
2017/03/15 <近況>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:15日に坂路で追い切り
次走予定:中京3月18日 障害OP・芝3,300m〔田村太雅〕
西園正都調教師「障害練習と速い追い切りは先週しっかり行っているので、15日の追い切りはテンションを上げないように坂路でサッと行いました。これまでにないぐらい体調が良く、調教後も飼い葉をしっかり食べてくれているので、緩めずに乗り込むことが出来ました。ON・OFFがはっきりしている馬なので、実戦に行ってどこまで折り合って走ってくれるかがポイントになりますが、障害レースなら息を入れるところが作れるので、この馬には向いているのかもしれません。テン乗りで未勝利を勝ち上がったように、乗り難しい馬ではありませんから、乗り替わりは問題ないと思います」
d_02620234.jpg
3か月ぶりのレース。
馬自体は成長も見られるようですし順調に調整できたようですが、正直障害OPでは厳しい…。それにプルーヴはスタミナもないので今回の3300mも長いし、今回は次走に向けた調整ということで…。
4月以降に福島と新潟で3000m以下のレースがありますので、西園先生もそちらを見据えてると思いますよ。今回はいつものようにプルーヴのキレイなジャンプが見られればそれで満足。




スカイノーヴァ(3歳・牝・未勝利)
[父:ステイゴールド 母:スカイディーバ]
2017/03/17 <調教タイム>
 木幡育 3.17南W稍 54.0- 39.1- 13.4[8]馬なり余力
  ファーブルトン(三未勝)馬なりの外に0.5秒先行同入
2017/03/16 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:坂路コースでキャンター/17日に時計を出す予定
次走予定:3月20日の中山・芝1,800m(牝)〔戸崎圭太〕
藤沢和雄調教師「その後は順調に来ています。今週の出走が決まりましたが、月曜競馬なので、17日(金)に追い切りを行う予定です。乗り込みつつ馬はだいぶよくなりましたよ。前回はまだ緩くて、スタートも出ていきませんでしたし、直線も追い出してから頭を上げてフワフワしていましたが、ここに来てトモなどだいぶしっかりしてきました。今回はもっと動けるはずですし、前進はあると思っています
d_02620181.jpg
4ヶ月半ぶりのレース。前走新馬戦8着(3番人気)でこれが2戦目。
前走後に世界のカズヲ先生が何も心配いりませんよ的なことを言っていたんですが、どうなんでしょうか、この馬…。休養中の天栄では、順調だけど体重が全然増えてこない、ということばかり言われていましたけど、馬がどう変わったのかというのはあまり伝わって来ず…。ステゴ牝馬ですが、気性に関して今までほとんど触れられてきていないのはグッドなんですけどね…。走ってもらわなきゃ困る血統ですのでね。いきなりは難しいかもしれませんけど、近いうちに勝ち上がってほしいです。まあ今回も走っちゃう可能性もありますから、いきなりでもいいですよ、勝っちゃうの。でもショック受けそうだから期待するのは控えにしときます…。68%くらいの期待度に留めておきます…(意外に高い)




ウィズレヴェランス(5歳・牡・500万下)
[父:Henrythenavigator 母:Glorificamus]
2017/03/16 <調教タイム>
 助 手 3.16南D重 65.9- 50.7- 37.4- 13.0[6]一杯に追う
2017/03/16 <近況>
在厩場所:美浦トレセン
調教内容:南Dコースで16日に時計
次走予定:3月20日の中山・芝1,600m〔A.シュタルケ〕
池上昌和調教師「16日に南Dコースで単走で追い切りを行いました。追い切りではブリンカーを着用してみたのですが、走りに悪影響はなくいい動きをしていました。前走では急に手応えがなくなったということでしたから気持ちの問題かもしれませんので、今回は競馬でもブリンカーを着用してみようと思います。今回は久々の芝のレースになりますが、新馬勝ちした舞台ですし、いい競馬を期待したいですね
d_02620139.jpg
ついに来た…
ウィズレヴェランスは芝馬や…。このコース、距離は新馬勝ちした舞台と一緒。1年10ヶ月ぶりに復帰してからは脚元を考慮してダートを使ってきたけど、ついに芝に戻った。これは感動の復活劇待ったなし…
と、今までよりは期待していますが、現実的には"けーじばん"でしょうかね。あわよくば3着。





今週は。めっちゃ期待している、という馬はいないんですが、

スカイノーヴァとウィズレヴェランスには淡い期待は抱いている…

何かの間違いでゴール板を一番に駆け抜けないかと…

でも現実的には掲示板ですね…

今年は掲示板に載ることも少ないので、

とりあえず掲示板に載って賞金少しは稼いでください…

あ、プルーヴはキレイにジャンプするだけで合格。

キミのジャンプにはそれだけの価値がある…

賞金はいらない…

美しいジャンプが見られれば…

賞金はいら…

いや、多少稼いでくれてもいい…

じゃあ8着目指そう…

出資馬の父

気になり出したら止まらない。

昨日から出資馬や出資クラブについていろいろ気になっているpicotです。




タイトルの通り、

私の出資馬の父を調べて

私が何フェチなのかをこの際はっきりさせようと思います。




これも昨日と同様、

我らが一口馬主D&B(Dynamic & Beauty)さんを利用させていただきます。

血統の小系統別に見ていきます。

出資馬は2歳(15年産)以上の28頭。

種牡馬の右の☆は勝ち数です。



サンデーサイレンス系(18頭)
 マツリダゴッホ    5頭 ☆☆☆☆☆
 ステイゴールド    4頭
 ハーツクライ     2頭
 ゴールドアリュール  2頭
 ダイワメジャー    1頭 ☆☆☆
 ゼンノロブロイ    1頭
 スペシャルウィーク  1頭 ☆
 ディープブリランテ  1頭
 スズカフェニックス  1頭

キングマンボ系(2頭)
 Henrythenavigator  1頭 ☆
 キングカメハメハ   1頭

ミスタープロスペクター系(2頭)
 エンパイアメーカー  1頭
 ウォーエンブレム   1頭

ヴァイスリージェント系(1頭)
 クロフネ       1頭 ☆☆☆☆

グレイソヴリン系(1頭)
 チチカステナンゴ   1頭 ☆☆

フォーティーナイナー系(1頭)
 アイルハヴアナザー  1頭 ☆

レッドゴッド系(1頭)
 バゴ         1頭

ストームバード系(1頭)
 ヘニーヒューズ    1頭

ボールドルーラー系(1頭)
 シニスターミニスター 1頭




サンデー系が溢れている時代ですから仕方ないのかもしれませんが、

サンデー系種牡馬が64.3%占めるという結果に。

うーむ。

数字的には多いけど、

時代を考えるとこれはそれほど多くないのか、もしかして…

種牡馬リーディング10位以内に

サンデー系が7頭いる時代ですから

こんなものなんでしょうかね。

その中でもマツリダゴッホが5頭って…

世の中の流行を無視した出資。

完全に病気や…

でも結果出ているから悪くはないんや、この選択…

これからもゴッホと共に生きていきますよ…

ディープより普通にゴッホが好きぃぃ(懐的に)




そして私はステイゴールドも好きなんや…

結果が出ていないけど好きなんや…

4頭のうち2頭は2歳馬だし、1頭は3歳でまだ1戦しかしていない。

これからや…

これからゴッホと共にステイがうちを盛り上げるんや!




小系統で分かれちゃったけど、

ミスプロ系全体で合わせると5頭。

これからはここが増えるだろう。

ここが盛り上がるだろう。

ここが今後カギを握る系統や…




あとはヘニーヒューズにも期待している。

ここももっと増えるかもしれないですね。

でもあまりクラブで募集されないからな…

あとは最近アメリカから輸入されている

種牡馬たちにも期待しているんですよ、密かに…

父がタピっとしていて白い色の創作家的な馬なんか…

ちょっと気になっているんですよね…




こうしてみるとマツリダゴッホとステイゴールドには

結構出資していますが

それ以外はばらけていますね。

この趣味をやっているからには

せっかくですからいろんな種牡馬の仔に出資したい。

これはいい傾向。

ただね、同じ種牡馬に出資し続けると

産駒の傾向とかわかってくることも多いので

メリットもあるんですよね。

幅広くいっちゃうと自分で感じるものは

積み重ならないですからね。

でもこれに関しては、

私はあまり戦略的に出資するタイプではないので

今後も自然とこうなっちゃいました~ってきっとなりますね。

今年はこの種牡馬の産駒に出資したい、とかあまりないし。




まとめますと、

もう改めて言う必要もないと思いますが、

私はゴッホフェチ…

ていうか今回調べて思いましたが、

ゴッホなくして私の一口はあり得ないですね…

私とゴッホ。

何でしょうかこの関係は。

単なる好きな種牡馬というだけじゃない。

ちなみに言うと、実は言うほど好きなわけでもない。

でも切っても切り離せない重要な馬…

というわけで

今日から

ピコリダゴッホと名乗ります。(これがまとめ)

私のクラブ別成績とクラブとの相性

私はシルクとノルマンディー、どちらと相性がいいのでしょうか…
そんなことを突然知りたくなったもんですから、私の出資しているクラブの成績をまとめてみました。



picotさんちのクラブ別成績(3歳世代以上)
クラブ名頭数勝上り勝上率出走勝利数勝率重賞出走数募集額
平均
募集額回収頭数平均総賞金
blog_import_5388353a6e3a8.png シルク114.3647710.13072072万32049万
blog_import_5388353b07723.png ノルマンディー94.444347.20611431万21080万
(H.29年3月15日)



こんなとき、一口馬主D&B(Dynamic & Beauty)さんは役に立ちますね。

世代によって出資頭数に偏りがありますし、一概にどっちがどうとか言えませんが、これを見るとですね、最初に思ったのはシルクの勝率の悪さ。ノルマンディーの方がお話にならない馬を引いてきている印象があったんですが、ノルマンディーは意外とそうでもなかった。ただ古馬が増えれば勝率は悪くなっていきますから、ノルマンディーは3歳世代が多いのでその差も出た感じですね。

シルクは勝ち上がりも悪いなぁ。この中に未デビュー馬と1戦で天国にいってしまった馬もいるんで、それもあって低く出てしまっているんですが、クラブの平均よりも勝ち上がり率が低いし、もう少し上げたいところ。ノルマンディーはまあこんなもんでしょう。

シルクは思っていたより募集額平均が安いですね。ノルマンディーと600万しか差がない。ノーザンF育成でも安い馬ばっか出資していましたから。それが悪かったのかと思いましたが、活躍しているのはみんな安馬で、高い馬の方が走っていないという…。

ここまでを考えるとノルマンディーの方が良さ気ですが、一頭当たりの賞金や重賞出走数はやはりシルクの方が上。こういうところで楽しませてもらってるって感じですね。でもノルマンディーは3歳世代にこれから活躍が見込まれる馬が何頭かいますので、これからここは上がってきそうです。

今のところ、うまく役割分担できていますね。大きなところで夢を見られるのはシルク。募集額と回収率を考えるなら、安くて安定して走ってくれるノルマンディー。

どっちの方が相性がいい、とは言い切れませんね。どっちのいいところもまあまあ出ている結果になりましたし。

ただ、このままのクラブの傾向が続くのであれば、普通にノルマンディーの方を厚めに出資しといた方が収支はいいような気がしないでもないんですが、2歳世代は大きく方向転換してシルクを厚めに買っちゃったんだよな…。夢を優先した世代なんで…。15年産世代からシルクがちょっと変わったと踏んでいるので、大きなところを夢見れる馬が現れることに期待したいです。でもシルクの馬、かなり高くなったので走らなかった時が恐ろしい…。マイナス半端ない…。

News & お知らせ
【引退】
プルーヴダモールが浅屈腱炎のため引退となりました。
(3/23)
【レース結果】
アナザートゥルースが新馬戦を快勝!
(3/6)
【出資】
シルクのポートフィリップに出資しました。

記事はコチラ。(2/28)
【牧場見学】
ノーザンF空港・早来に見学に行ってきました。

記事はコチラ。(2/21)
次走予定

  3/25 アナザートゥルース  

  3/25 ブラックジェイド  

  3/26 キンナリー  

  3/26 ウィッシュノート  

  4/22 アリンナ  

2017年成績
1-0-0-1-0--10
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター