プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

ノルマンディーの2歳馬調教動画を見て

先週、ノルマンディーの2歳馬の調教動画が

やっとアップされましたね。

待ってましたよ…。

ずいぶん待たせてくれたじゃないですか、

ノルマンディーさん…




私は見づらいと巷で評判の

ノルマンディーの坂路動画から

馬の素質を見抜くことに命を懸けてまして、

まあ見抜けたためしはないんですが

今年も独断と偏見で評価しちゃいますよ。




ノルマンディーの調教動画は横から撮るスタイルですが、

私はノルマンディーの坂路動画で何を見るかというと

横からわかる走りのバランスもそうなんですけど、

一番のポイントは余力を残して走っている状況で、

全力で走った時にどれだけの走りができる馬なのかを想像すること、

だと思っているんですよね。

要は、その馬の速く走る能力がどれだけ秘められているかを見ること。

じゃあどこを見ればいいのか。

馬の走りは全身を使うので、前駆もそうだし後躯もそうだし

首も背中も重要だと思うので、

一部だけ秀でててもダメなんでしょうけど、

それでも特に重要な部分はよく言われますが、トモ

そして背中なんだと思うわけですね。

で、私はノルマンディーの調教動画でもそれらは

ある程度はわかると思っていて

本当は速いところをやっている馬の方がわかりやすんですけど

遅くてもそれなりにはわかるのかなと思っています。

馬の走りはピッチ×ストライド。

どんなにピッチ走法で回転が速い馬がいたとしても

一完歩が短ければ速くは走れません。

なのでトモと背中の筋力、バネから

どれだけ一完歩のストライドを伸ばせるか。

これが重要。

話が回りくどくなりましたが

それで何を見ているかというと

一番はトモと背中にどれだけの筋力、バネが秘められているか。

どんなにキレイな走法で、

バランスよく走れる馬がいたとしても

これがないとお話がならない馬になっちゃうわけです。

見た目じゃわからない、動かさなきゃわからない部分。

これは私の見解なので異論もあるでしょうけど

ここ数年はこんな感じで見ています。

本当は調教動画を見てから出資を決めたいんですが、

人気馬は先に埋まっちゃうのでできないんですよね。

私が調教動画を見てから出資した馬というのは少ないんですが、

動きを確認して選んだ馬は成績がまあまあいいので

今のところはこの見方を続けようかなと。





で、本題ですが

15年産の馬たちの走り。

この世代はマジでいい馬一杯揃えたな、

と改めて走りを見て感じましたね。

まだ軽めの馬もいましたし、

吹雪で見づらかったり、

速いところ走っている時が奥側で

走りがよく見えない馬もいましたので

これから評価が逆転する馬もいると思いますが。




本当は全頭の評価を出そうかなと思ったんですけど、やめました。

一回書いたんですけどね。

出資馬と個人的に特に気に入った馬だけを取り上げます。




―バカによく見えた馬―

ヴィアプライド(出資馬)


―よく見えた馬―

ギガバッケン
ディステニーレイ


―なかなかよく見えた馬―

ファントムメナス(出資馬)




まともに評価できるのは速いところをやってるヴィアプライドとギガバッケンくらいなんですが、ヴィアプライドはいいですね。全身バネみたいな感じ。これは期待できますよ。
ギガバッケンはまだ残口がありますね。首がもう少し使えたらいいのになというのはありますが、ストライドの伸びからかなりの脚力とバネを感じさせますし、これはいいですなぁ。欲しい…。
もう満口になっちゃいましたが、デスティニーレイはいいバネ持ってそうで素質を感じさせますね。
出資馬のファントムメナスは正直雪でよく見えなかったんですけど、動きは悪くはなかったですよ。ちゃんと走っているところを撮ってくれれば次回はもっと上の評価かも。

この他にもいいなと思った馬は何頭かいました。
あと素質はありそうだけど、まだ緩さが残りすぎてて推進力につながっていないなと思う馬とか、フットワークとかバランスはいいんだけど後躯に力が付ききっていないという馬もいましたね。そういう馬はこれから変わってくるでしょうが、変わらないこともあるので…。
でも総じて言えるのはノルマンディーのこの世代はレベルが高そうだということですね。





というわけで、

出資した2頭は走りを見ても期待は膨らみました。

そして、ノルマンディーの調教動画の醍醐味は

まだ眠るお宝発見。










ギガバッ〇ケンいいね。
(アキュチャーさんの希望にて伏せ字)

次走予定

8/27   ビターレ

札幌・3歳未勝利 ダ1000m

8/27   パドルウィール

小倉・小倉日経オープン 芝1800m

9/ 2    カルヴァリオ

札幌・日高特別(1000万下)芝1800m

*9/2 札幌スポニチ賞の可能性あり

9/ 3    キングスヴァリュー

新潟・新馬戦 芝1800m

9/16   ディロス

阪神・野路菊S 芝1800m

2017年成績
5-3-6-5-3--25
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター