プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

パ、パドルくん…

昨日のエプソムカップ。

出資馬のパドルウィールが出たわけですが、

低人気でもパドルが走る条件はそろっていた…。

これはやっちゃうだろう、パドル。

そんなわけで、私は戦前、ブログでこう言いました











「自信がありますよ」











いつものように自信満々。

こんな言い切って二桁着順だったら

恥ずかしいですよ。






さあ、やっちゃんだ、パドル。

14番人気という低評価を下したやつらに…





華麗な走りを魅せつけろ。













魅せつけた結果、













パドルエプソムC18着













18着。










パドルウィール(6歳・牡・OP)
[父:クロフネ 母:レストレスハート]
2017/06/12 <レース結果>
6/11(日)東京11R・エプソムカップ(G3)〔芝1,800m・18頭〕18着[14人気]
押してポジションを取りに行き、道中は7番手辺りを追走、直線に入って追い出されますが、脚色は鈍くズルズルと後退してしまい、最後方でゴールしています。

池添謙一騎手「ゲートの中で煩くて、3回ほど立ち上がろうとしたのですが、上手く体勢が決まった時にゲートが開いてくれたので、五分にスタートを切ることができました。ただスタートしてすぐに躓いてしまい、おそらくその時だと思うのですが、右前を落鉄してしまいました。そこからある程度ポジションを取りに行きましたが、多少脚を使ってしまった分はあったと思いますし、4コーナーを回る時にはもう手応えが怪しくなってしまいましたから、最後は無理させませんでした。このクラスで互角に戦っていくためには、現時点では何かしらの助けが必要なのかなという印象は受けましたね。それに厩務員さんは状態が上がってきていると言っていましたが、跨った感触的には前回乗せていただいた時よりも馬が硬い感じがしましたし、まだ体調的に良化途上の部分もあったのかもしれません」

中尾秀正調教師「段々とこの馬らしい元気なところが戻ってきていましたし、東京までの輸送がありましたが目方を減らすことなく出走できましたから、状態的には悪くなかったと思います。ただ右前を落鉄してしまったのは痛かったですね。スタートしてすぐにガクンと態勢を崩してしまった時にやってしまったのだと思うのですが、もうそこから走りのリズムが崩れてしまいました。ペースも速くなってしまいましたし、今日は色々なことがパドルウィールには向きませんでした。この後は厩舎に戻って状態を確認してから、どうするか決めたいと思います」
19092738_1583069485036787_6409345781802459568_o.jpg


自信あるとか抜かして…

さーせん…。




パドルくん…、

落鉄も影響したかもしれないけど、

このクラスだと

いろいろ条件がハマらないと

厳しいね…。






なんか、もう

パドルは最近の走りから

輝けない雰囲気が漂ってきましたが…






そんなことはないです。

あきらめるのはまだ早い。






パドルはもう一度…











きっと輝くんだから。
(サマー2000で復活や)

次走予定

10/ 9   ウィッシュノート

京都・3歳以上500万下(牝)ダ1200m

10/15   トラソニャータ

東京・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
5-6-6-6-6--27
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
ツルマルワンピースの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター