プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
出資馬タグリスト
検索フォーム

結局何に申し込んだのか

ブログタイトルに募集馬選びのことを匂わせておけば

いつもより訪問してくれる方が激増するこの時期。

私のブログも最近は過疎化が進んでいますが、

昨日はかつての活気が一時的に蘇る訪問者が来てくれました。





なのに…

ブログ読み返してみたら

昨日の記事は、

昨日訪れてくれた方の9割は

何も得るものがなかったクソ記事…

馬選びとかタイトルにしておいて

選んだ馬書いてないし…





おそらく需要があったのは

アキュチャーさんをはじめとする、

いつも訪問してくれている

一部の変態一口馬主のみなさんくらいで…

あ、すいません、言いすぎました。

変態はアキュチャーさんと私くらいで

あとの方は準変態。

ちょっと話が逸れてしまいました。

アキュチャーさんと私がどう変態なのか話し始めると、

1分半くらいかかっちゃうのでまた今度にします。





まあクソ記事と言いましても、募集馬選びの参考にしたかった

ごく普通の一口馬主の方にとって、ということで

私の中では最高の記事。

昨日の記事の何がいけないんですか。





いや、しかし…

気づいちゃったんですけど、

このブログ、4月から出資馬の…

いや出資してるしてないかかわらず、

馬名を一切出していないんですよ…

一口馬主ブログなのに、3ヶ月も馬名を出さない斬新なスタイル。

きっとその間、何も得るもののないブログだったんだな…

やっと気づいたよ。

無価値なブログだったということに…

いや、でも今気づいたのならまだ早い方だろう。

まだ3ヶ月だし。

ああ、早めに気づいて良かった。





とうわけで、少し前に進もうかと。

無価値なブログから、

髪の毛1本くらいは価値あるブログに前進したいな、と。





前進のために、とりあえず

馬名出します。












シルクの申し込んだ馬の名前出しまぁす!


















別に大声で言うことでもないんですが…

普通のことなんですけど、3ヶ月ぶりの分

気合が入りました。



そんなわけで、申し込んだ馬はご覧のとおり。




ローマンエンプレスの17

スナッチドの17

ウルトラブレンドの17

ルージュクールの17

タイタンクイーンの17

アンティフォナの17







抽優馬はルージュクールの17

申し込み後も変更できるみたいですが、おそらく変えない。





毎年のことですが

ディープ産駒のいわゆるディープインパクツたちは

申し込まず。

もう意地でもインパクツたちに出資しないスタイルで通そうかと。

まあただお金ないだけなんですけどね…

あと、5000万を超える馬にも手を出さず。

最高で3500万。

シルクでは中価格帯の下くらいでしょうか。

それくらいの価格の馬で当てたらかっこいいじゃあああああん!

すいません、金ないだけです。





昨日も言いましたが

あっという間に決めて馬選びを堪能したとは言えないけど、

申し込んだ馬には満足。

あとは当たるだけ。





去年3頭しか出資してないし、

実績は期待できないので、全部抽選でしょう。

さあ来い、抽選。

まあ私は抽選の鬼ですので、

期待しかありません。

私くらいの無類の抽選好きになると、

抽優馬制度は競争率がガクッと下がって

ぬるい勝負になるので

正直使いたくなかったんですけど、

使わないという選択はどうもできないようなので

仕方なく使いました。(はいはい)









というわけで、




















全頭当たりますように


シルク17年産馬選び

ついに…

シルク17年産募集馬の

カタログPDF発表が…



















きたあああああああ
(時差が凄い)














発表は結構前にあったみたいですが

ブログがタイムリーに更新されてないので

こんな反応になります。

さらっと流してください。




というわけで、

一口野郎が大好きな

募集馬選びのシーズン到来。

私も大好きです。















さあ堪能しよう。













しかしね…

なんていうか…

私の馬選びのスタイルの変遷に伴い…

今まで“馬体派”で通してきたスタイルが…

現在はさらに進化して





“馬体派”から
















“山勘派”になりまして

















あっという間に馬選びが終わるという…




これからあるツアー動画も

検討会動画も見ずに
















申し込み終了。















何となくこの馬いいんじゃね的な感じで

選んじゃった…





一口野郎にとって

募集馬選びが最も楽しいという説もあるのに

火曜日に発表され

金曜日には申し込み済んでしまっちゃうという…

早すぎ…

もっとこう堪能してもよかったんじゃね的な…






でもね、

一番大事なのは

後悔しない馬選び。

私も“馬体派”から“山勘派”になりましたが

確実に馬選びの質は上がっております。




近頃、競馬に全く興味のない

小学生の娘からこう言われました。


















「パパの相馬眼半端だって!」


















えー、そんなわけで、

早くもシルクの馬選びは終わりましたが、

早くも俺の夏は終わりましたが、
























我が馬選びに一片の悔いなし(名言)