プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
出資馬タグリスト
検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープン馬

先週、パドルウィールの引退が決まり、



あー出資馬でオープン馬いなくなっちゃったなー

出資馬がオープン入りしてくれるのしばらく先かなー






なんて思ってたら、

日曜日にやっちゃってくれた馬がいましたよ。

なんと、

準OPを見事勝って









カルヴァリオがOP馬の仲間入り











おめでとう、カルヴァリオ。

ありがとう、カルヴァリオ。








しかもね、勝ち方が凄かった






みちのく3コーナー

ここから















みちのくゴール2

ずどーん







4コーナー手前から

15頭ごぼう抜き。










レース映像もどうぞ。














カルヴァリオつおいいいい









ここは福島やで…

開幕週やで…

5ヶ月の休み明けだし、

勝ったことのない距離だし、

いい競馬はするかもとは思ってましたが、

まさかこんな強い勝ち方してくれるとは…

これからめっちゃ楽しみになりました。





そんなわけで、

オープン馬が1頭抜けましたが

代わりに新たな期待のオープン馬が誕生。

うまくできているもんですね。

パドルロスを埋めてくれたカルヴァリオ。

ありがとうございます。





タマはないけど、

君は男の中の男だ…

いやタマはないんだからその表現はおかしい。

そもそも男じゃないんだから…

いや昔は男だったんだし…

牧雄さんがカルヴァリオに承諾を得ずに

無理やり…








ってもうタマの話はいい。




タマはないけどね、

















カルヴァリオ最高。

スポンサーサイト

パドルウィールと私

パドルウィールの引退が決まってしまった…





悲しい…





最近は全く結果が出なかったけど

引退してほしくなかった…

走っている姿をまだ見たかった…

ちょっとショックが大きい…





だって、私の一口馬主人生はパドルウィールからスタートしたから…





忘れもしない、2013年の春。

一口馬主に興味を持ち始め、

一口やってみようかな~とシルクのホームページを覗いたら

こんな馬が残ってて…





d_02191050.jpg





美しい…

こいつは走るで…

こいつは将来金鯱賞2着になっちゃうで…

こいつは1億稼いじゃうで…

と見た瞬間思いましたよ。(ウソ)





こんな馬が2歳の6月にまだたっぷり余ってて、

一目惚れしちゃって。

どうしようかなぁ…

一口やるならもうすぐ1歳募集始まるし

スルーしようかな…

と思ったんだけど、

7月末に入厩アラームが鳴って

もう衝動的にポチっちゃったんですよね。

しかもカタログも請求しないでポチるという

破天荒なやり方で。

今はできませんけど、昔は会員じゃなくてもできたんですよ。

だから私、この世代のカタログとDVD持ってないんすよ。





まあそんなわけで、それから始まった

私の一口馬主ライフ。

パドルウィールからすべては始まったんです。







そんなパドルウィールとの思い出はたくさんあります。





デビュー戦は12頭立ての12番人気だったパドル。


だけどすごい脚で追い込んで2着になったパドル。


ゲート入りでは一度も嫌がる素振りを見せたことのないパドル。


だけどゲートの中に入ると暴れまくっていつも出遅れるパドル。


うまくハマった時の追い込みは爽快だったパドル。


私に初めて重賞挑戦をさせてくれたパドル。


1000万下でコースレコード叩き出しちゃうパドル。


格上挑戦の金鯱賞で2着に来て見事オープン入りしたパドル。


一億稼いでくれたパドル。


クロフネ産駒だけどダートがからっきしダメなパドル。


脚元が丈夫で7歳まで37戦も走ってくれたパドル。







パドル…





ありがとう。














めっちゃ楽しませてもらいました。













私にとってパドルを超える特別な馬は

これからも出ないんじゃないかと思えるくらい

特別な馬。

長い現役生活、おつかれさまでした。







パドルウィール、




本当に




本当に




















今までありがとう

d_02560112.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。