プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

どうしたらブライトエンブレムに出資できたか?

ブライトエンブレムが札幌2歳Sで優勝しました。強かったですね。小回り平坦、直線短い札幌であの競馬ですから、相当能力ありそうですね。
出資者のみなさん、おめでとうございます。出資を決断されたその相馬眼に感服いたします。

12年産の馬たちの競走生活はまだ始まったばかりですし、もっと活躍する馬が出てくるかもしれないですが、多くの名馬を生んだ札幌2歳Sで強い勝ち方をしたブライトエンブレムはひょっとしたらこの世代の中心となる馬になるかもしれないですし、シルクの12年産の当たり馬の1頭であることは間違いないと思います。

ブライトエンブレムは一次で満口にならず、その後もしばらく残口がある馬でした。
出資しようと思えば誰でも出資できる状況でしたが、私には無理でしたね。高額馬は最初から検討すらしていなかったので(笑)。一口10万は考えられませんでしたねぇ…。
出資した一口7万のブレーヴストーリーもかなり躊躇しての出資でしたので、それ以上の馬は全く候補にすら入っていませんでした。

出資検討はしませんでしたが、走りそうな馬かどうかはとりあえず募集馬全頭見て考えてはみていました。しかし、ブライトエンブレムがここまで走るとは全く思いませんでしたね。私の相馬眼もまだまだです…。

募集時のブライトエンブレムです。
2012005_01.jpg
バランスも良いいですし悪い馬体とは思いませんでしたが、後躯の形がそれほど好みではないなぁと募集時は感じましたね。募集時DVDでの歩様も特別目を引くものはなく、とにかくフツーだな、と。
しかし、坂路調教が始まるとその走る姿は非常にいいものを感じました。走法もいいと思えましたし、前向きさ、真面目に走っている様子も伝わってきました。

やっぱり調教動画まで見られると違うなぁと感じます。
私の相馬眼レベルでは募集時の写真や動画だけで能力を推し測ってはダメですね。できることなら調教動画まで見たいものです。人気馬では一次満口なのでそんな悠長な検討は無理ですが…。情報が揃ってない一次募集はギャンブルだなぁとつくづく感じます。
ブライトエンブレムに関しては調教動画で評価して出資というのが可能だった訳ですので、募集時はそれほどよく見えなくても調教動画まで見ていいと思えたら、良血馬であり能力が備わっている可能性が高いと踏んで出資を検討…と考えるべきだったんですね。お金があれば(笑)

もし募集時からブライトエンブレムの能力を評価するのであれば、素直に血統を信じるということも大事だったのかもしれません。(私の眼には)普通に見えても良血馬は能力が備わってる可能性が高いということも考えるべきですね。しかし、私は血統より馬体・動きを重視して検討していますので、募集時にあまりよく見えない良血馬に出資するのは今のところないかな~。

勉強になりました。走る馬を募集時からさかのぼって振り返るのも大事ですね。これが13年産の相馬に活かせればいいんですが…。


*所属馬の写真についてはシルクHCから転載許可をいただいております。

COMMENT

No title

picotさん、こんにちは。
ブライトエンブレム、正直眼を疑いましたね。2歳でゴールドシップ出来るのかと。
2戦連続で最後尾追走の追い込み一辺倒ですから、真価が問われるのは2歳冬の阪神か中山だと思いますが、それにしても強いの一言でした。シルクさんのスタッフ的にもお祭り状態だったでしょうね。カタログ発送直前の絶妙なタイミングでしたので(笑)

一次出資の判断はやはり難しいですよね。人気馬は当然そこで満口になりますから、やはり歩様と調教で判断するのは難易度全然違うでしょうし。

私の場合、馬体見る眼ないと自覚してますので比較的血統字面(配合)重視ですが、ウィークポイント目をつぶって何か1つストロングあってそこに惚れるかが結局一番かもしれません。

参考までに 
ペルセヴェランテ→怪我リスクも気品あり
レオパルディナ→小柄なのは忘れて、瞳の意志力
ですから、走ってみるか見学しないと分かりませんよね、実際のところ(苦笑)

No title

ブログ拝見致しました。

相場眼なんて、みんな無いですよ(笑)

私はウインバリアシオンの全弟が故障で募集中止になった時、

それに見合う出資馬を探したら、この馬ぐらいしかいなかったので

半信半疑で出資しました。ネオで10万円は普通はためらいます。

運が良かっただけですよ。

ただ、大きい所を夢見るには、このぐらいの価格帯が主流に

なるかも知れませんね。

No title

フィルさん、こんにちは。

ブライトエンブレムには驚かされました。まさに札幌記念のゴールドシップさながらの競馬でしたから。
シルクは今年に入って重賞3勝目ですし、フィルさんの仰るとおり13年産募集直前の優勝ですので、会社的にも万々歳の結果だったんじゃないでしょうか。

一次募集でその馬の能力を見極めるのはやはり難しいですよね。フィルさんの言うようなストロングポイントを見つけ、多少のウィークポイントには目をつぶるというのは私も有りだと思います。ウィークポイントがあると手を出しづらくてすぐには満口にはならないと思いますし、そしてそのウィークポイントも本当に弱点となり得るのか?というのもありますしね。情報がすぐに回る時代ですので、ブライトエンブレムに関しては白目剥き出しの顔に加え、父・ネオ、母父・ウォーエンで気性難だろうという読みが広まってましたが、蓋を開けてみたら素直な扱いやすい馬だったというオチでしたので、ウィークポイントと思っていた情報自体が間違いだったという可能性もあるんだと思いました(笑)。
実は私まだ一次募集というものに参加したことがないので、今年は楽しみにしてるんですよね。ちょっと今年はよく見えれば高めの馬も狙ってみようかと思っていますが、初めての経験なので戸惑いそうです(笑)

No title

picotさん。 こんばんは。

ブライトエンブレム強かったですね。クラシック戦線でも活躍出来そうですね。

ただ、なかなか出資するとなると難しいですよね。カタログ見ても、バランスは良さそうに見えますが、5000万円出すとなると、ちょっと躊躇ってしまいます。ネオユニと母の父がウォーーエンブレム、気性面も心配ですし、リスク回避のためにも、ギリギリまで様子を見たくなりますよね。

今後はますます様子見が出来なくなるので、血統の裏付けや、兄弟が活躍している馬はすぐに満👄になるかもしれないですね。

私の場合、そもそも一口10万円する馬に最初から出資する勇気はないので、今後もお手頃価格で「お値段以上」の馬を探すのに徹しそうです(笑)

私はシルク入会時にプルーヴダモール出資した後、一口二万ぽっきりが恥ずかしくて、二次でペルセヴェランテを買いました。
その際、ブライトエンブレムも気になりましたが、結局、ペルセヴェランテを選んだのは、クラシックが終わった後も楽しめるかです。
こればかりは、難しいですね。

No title

?さん、こんばんは。(すいません、お名前がわからなかったので…)

ブライトエンブレムに出資されてるんですね。この度はおめでとうございます!
謙遜されるかと思いますが、ネオユニヴァース産駒で10万は出せないと思う方が多い中、ブライトエンブレムに何かしらの可能性を見出されて出資されたと思いますので、そこでの選馬はやはりすごいと思いますよ。
もちろんいい馬に出資するのは運もあると思いますが、長くやっていてもそうそう重賞馬には出資できるものじゃないと思いますし、運も含めてそういう馬に出資されている方は少なくとも私には尊敬できます。毎回いい馬を見抜くのは難しいですが、一頭でもそういう馬を選んだ際に発揮した力はすごいなぁと。私にもいつかそういう馬に出資できる日が来ることを願っているんですが、いつになることやら(笑)
確かに大レースを勝つ馬を選ぶとなると高額馬に出資した方が可能性は高くなりますよね。私もいつかはG1をという野望を持っていますが、基本財政難一口馬主ですので、13年産を選ぶ際も財布と相談しながら葛藤しそうです(笑)
これからもブライトエンブレムの活躍を期待しています。つまらないブログですが、また遊びに来てください!

No title

シルクイケイケさん、こんばんは。

ブライトエンブレムは強かったですね~。出資してみたい馬ですが、やはり5000万円は高いですよね…。確かに血統的にもリスクが考えられる馬ですし、一次で出資するのは勇気がいりますね。
今年のシルクはいい馬が多く揃っていそうですが、どれくらい一次で満口になるのか想像できませんね。どうしても欲しい馬がいれば今年は私も一次に参戦しようかと思っていますが、冷静さが失われないか今から心配です(笑)
シルクイケイケさんはお手頃価格の中からいい馬を選ぶ力が本当に長けているな、と私がブログを始めた頃から思っていました。私も基本的にはその路線派ですのでその方針は今後も継続していき、それに加え今年はちょっと色気のある馬選びもしようかと企んでいます(笑)。
また出資検討する際は情報やお考えを参考にさせていただきますね~

No title

Y子さん、こんばんは。

ペルセヴェランテを選ばれたのはそのような理由があったんですね。しかし、そこでペルセヴェランテに出資したことは今後大きそうですね。囁かれている期待の大きさを聴くと、私もどういう馬になるのか楽しみです。
馬を選ぶ際、2頭で迷ってどちらを選ぶかは、私も何歳まで走れるかとか、路線的にどういう楽しみがあるかとか考えますが、なかなか想像するようには進まないですし難しいですよね。まあ、そういうことも考えながら馬選びするのも楽しいんですがね(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

次走予定

10/ 9   ウィッシュノート

京都・3歳以上500万下(牝)ダ1200m

10/15   トラソニャータ

東京・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
5-6-6-6-6--27
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
ツルマルワンピースの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター