プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

ブレーヴストーリー、天国へ…

ブレーヴストーリー(2歳・未勝利)
2015/01/06 <最新情報>
 腸炎の症状が悪化し、誠に残念ながら6日に急死いたしました。ご出資会員の皆様にはお悔やみを申し上げるとともに、本馬の冥福を心よりお祈りいたします。なおご出資会員の皆様には近日中に書面にてご報告いたしますので、今しばらくお待ちください。
担当者「年末から再び疝痛の症状を何度か繰り返していました。お腹にガスが溜まって腸の変位の疑いもあったのですが、これまでにかなりの体力を消耗していましたし、最近は飼い葉もあまり食べておらず、開腹することにも耐えられないと判断して、出来る限りの治療を行いながら経過を観察していました。なんとか乗り越えて欲しいと思っていたのですが、今日の昼過ぎに残念ながら急死してしまいました。苦しい思いをしながらここまで本当によく頑張ってくれたと思いますし、今はゆっくり休んで欲しいと思います」


昨日の記事で、春先には元気な姿を見せてもらいたいと書いた数時間後にクラブからショッキングなメールが送られてきました。本当にショックです。
昨秋に腸炎になってから50kgも馬体重を減らし闘病生活を送っていたブレーヴストーリー。最近は徐々に良くなってきそうだなと思わせる時もあったんですが、身体はだいぶ弱っていてもう回復する力は残っていなかったようです。相当つらかったと思います。もう一度競馬場に戻ってくるところを見たかったんですが、本当に残念でなりません。
出資馬ではじめて牧場まで会いに行った馬ですし、とても思い入れもありました。デビュー戦は5着でしたが、将来的にはもっと上で走れた馬だと思っています。同じ腸炎から復活し、見事菊花賞を勝ったトーホウジャッカルのように病気から回復し活躍してほしいと願っていましたが、馬の腸炎はやはり相当な病気だということを思い知らされました。

つらい闘病生活を終え、今はやっと楽になれたと思います。ブレーヴストーリー、お疲れさま。安らかに眠ってください。ご冥福をお祈りいたします。
d_02320023a.jpg


*出資馬の情報・写真はシルクHCから転載許可をいただいております。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

次走予定

8/20   ソルオリーヴァ

札幌・3歳未勝利 芝1200m

8/27   パドルウィール

小倉・小倉日経オープン 芝1800m

9/ 3    キングスヴァリュー

新潟・新馬戦 芝1800m

9/16   ディロス

阪神・野路菊S 芝1800m

2017年成績
5-3-6-5-3--24
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター