プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

また馬名を考える

先日お伝えしましたが、ノルマンディーの3次募集馬、オークルームの13に出資しました。
この馬は3月に募集された馬で、まだ馬名が決まっていません。
クラブでは今まさに馬名を募集しています。その後スタッフが応募された馬名の中から5つの候補を厳選し、恒例の馬名投票という流れ。私ももちろん参戦します!

ノルマンディーの馬名応募に参加するのは初めて。ノルマンディーの一次募集馬はなかなか満口にならなくて、春になっても残口たっぷりある馬がほとんどなので、あえて情報の少ない早い時期に出資することはないんですよね。強いて言うなら募集年の年内は10%割引なので、それに惹かれれば出資するかもしれませんけど。なのでこれからも一次募集馬の馬名応募に参加する機会はあまりなさそう。ただノルマンディーは追加募集が多いので、今回のような追加募集馬の馬名応募ならこれからも参戦できそうです。

さて、馬名を考えるにあたって、まずどのパターンにするか。
私はとりあえず父母や祖父母の馬名からの連想を考えます。これでいいのがなければ全く関係ない馬名を考えますね。なので、まずは血統表を見てみる。

オークルームの13の父はマツリダゴッホ、母はオークルーム
やっぱり父母名からの連想が王道ですね。この連想から、響きもいい、意味もいい、という馬名が生まれれば言うことなしです。
じゃあゴッホから調べるか。
ということでゴッホについてネットで調べてみました。ほう、ゴッホって今まであっさりしか知らなかったけど、こんな人生を歩んでいたのか…。こんな絵も描いていたとは…。
と、ゴッホについて少し詳しくなった(笑)
これも馬名を考えることで生じた副産物。いい知識を獲得しました。
でも馬名に使えそうなネタってなかなかないんですよね。
これまでノルマンディーで募集されたゴッホ産駒は、ヴィンセンツイヤー(ゴッホの耳)、ゾネブルム(ひまわり)、ルグランパントル(偉大な画家)と父名から連想した馬が3頭います。一期生から2年連続で連想した馬名が出ていたんですね。しかし、13年産はこの馬のほかに4頭ゴッホ産駒がいますが、今のところ父名からの連想はないですね。もうネタが尽きてきたかな?

では母名はというと、オークルームは直訳すると『樫材を使った部屋』でしょうか。ネットで検索すると色々なホテルのレストランやバーが引っかかります(私がごくあっさり調べた限りではニューヨークのザ・プラザホテルのオークルームが最も古かった)。ネタになりそうな感じはありますが、果たしていい名前が思いつくかな?

一応祖父母の名前の由来も調べて考えてみましたが、なかなかいい名前は思いつきませんねぇ。そんな中、母の母クアドリフォリオはイタリア語で『四葉のクローバー』という意味の素敵な名前。でも父はミホシンザンという…。イメージからかけ離れ過ぎています(笑)

さて、どんな名前で応募しようかな。
とりあえずスタッフの選ぶ上位5選に入らなければ。そうそう選ばれないでしょうが…

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

次走予定

7/23   クードラパン

函館・潮騒特別(1000万下)芝1200m

7/30   ビターレ

札幌・3歳未勝利 ダ1000m

    ソルオリーヴァ

札幌・3歳未勝利 芝1500m

*8/5 札幌・未勝利の可能性もあり

8/12   カルヴァリオ

札幌・STV賞(1000万下)芝1500m

*8/13 札幌・HTB賞の可能性もあり

8/27   パドルウィール

小倉・小倉日経オープン 芝1800m

2017年成績
5-2-5-4-2--22
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター