プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

2014年度シルク第2回追加募集馬

シルクの第2回追加募集馬が発表されました。

この発表がある少し前にノルマンディーで2頭に出資してしまったので、そんなに急ぐ必要もなかったし出資少し待ってシルクの追加募集馬検討してから考えても良かったかな、と思いましたが、見た感じそれほど私の出資意欲に火がつきませんでしたのでノルマンディーでの出資を後悔せずに済んだかな、と。

動きを見ていないので何とも言えませんが、写真だけ見るとジェイズジュエリーの13がよく見えました。バランスがよく、見栄えのする馬体で雰囲気もありますね。天皇賞馬の兄とはちょっと違うタイプですね。フレンチデピュティを感じさせないすらっとした馬体です。母系が出たんでしょうか。
上の兄弟はアドマイヤジュピタ以外は期待は高かったと思いますがあまり走っていません。キャロットでアグネスタキオン産駒の兄とフレンチデピュティ産駒の姉が募集されていてネットで写真を見たんですが、はるかにこの馬の方がよく見えました(エンドスウィープ産駒の兄もいたが写真は探せなかった)。高齢の母というのは心配材料ですが、この母の産駒としてはアドマイヤジュピタに次ぐ成績を残してもおかしくないなと思いました。2000万円というのも安い。

と、写真だけ見たところいい馬の可能性があると褒めておきながら、母の高齢は気になるし、もう気持ちが14年産駒に向いているというのもあって積極的に出資は考えないですね。
動きがすごくよく見えたらわかりませんが…。
いや、ないかな(笑)

COMMENT

No title

いつも興味深く拝見しています。
ノルマンディーのアンダルシアはクラブの一押しのようですが、よくトップページを見ていますが、なかなか残り200口以下になりませんね。不思議です。
私もノルマンディーの調教見学ツアー行きたかったのですが、日程的に合いませんでした。picotさんのレポ楽しみにしてます!

No title

shikataijiさん、はじめまして!
大したこと書いてないブログですが、いつも見てくれているとは嬉しい限りです。
アンダルシアの13は残口まだ200口以上あるようですね。オークルームの13の方が人気はないだろうと思っていましたが、こちらの方が先に200口を切ったのはやはり早期始動できるというのが大きいんでしょうかね。アンダルシアの13はまだ入厩まで時間がありそうなので、最終的には結構売れそうな気がしますがどうでしょうか。厩舎も不安に思ってる方も多いかもしれませんね。
ツアーについてですが、私は行く予定がないんですよね(笑)。性格的に一人で自由に見学したいという思いもあり、いまだにツアーというものに参加したことがありません!今度どんなものか参加してみようかなと思っていますが、いつになるかな(笑)

EDIT COMMENT

非公開コメント

次走予定

10/ 9   ウィッシュノート

京都・3歳以上500万下(牝)ダ1200m

10/15   トラソニャータ

東京・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
5-6-6-6-6--27
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
ツルマルワンピースの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター