プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム
おみくじ

【ノルマンディー】出資馬近況(7月2週)

ノルマンディーのブラゾンドゥリスが未勝利戦勝利しましたね。これでノルマンディーはこの世代、募集馬20頭中9頭勝ち上がり。勝ち上がり率を見ると日高のクラブの中では最も高いですし、現状シルクより高い(笑)。ノルマンディーは2勝目、3勝目が遠いのが残念なところですが、まだクラブの歴史は浅いですしこれからの躍進に期待したいです。今年の募集馬が楽しみ。
さてノルマンディー出資馬の近況。


パラヴィオン(2歳・新馬)
2015/7/10 (ジョイナスファーム)
「今朝から乗り始めていますが、気持ちの面でまだ前向きさに欠ける印象がありますね。環境の変化にも戸惑いがあるのか、食欲はあるものの馬房では片隅の方でジッとしていて元気がないように映りますし、もっと主張してくるぐらいの覇気を感じられたらと思います。動きの方は少し硬さもありますが、体力面で問題なければペースを上げてどんどん進めていくつもりです」(担当者)
あまりよく知らなかったんですが、ジョイナスファームって国枝調教師御用達の外厩なんですね。そして移動後いきなり元気ない(笑)。環境の変化による反応なのか、疲労なのか。いつも一緒だったクリプトスコードと離れて元気なくなったという説は…、ないですね。でも牧場でも小野町でもずっと一緒に調教してきたし、いいパートナーだったんだろうなと思っていたので、私も離れ離れになってちょっと淋しいです。


カルヴァリオ(2歳・新馬)
2015/7/10 (松風馬事センター)
馬体重:490kg
「現在は角馬場で軽めダクと本馬場でキャンター1600mを1セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。今週から騎乗運動を再開しましたが、少し楽をさせてひと息入れたのが良い方に向いてくれたようで、煩いくらいにまた元気が戻ってきました。皮膚病もだいぶ引いてきたし、週末あたりからは通常メニューを2セットに増やして進めていけそうです。まだざっくりとは動けるものの、脚の運びやマナー的な部分が大味で乏しく全体的に幼さが残ります。騎乗者との間でもそういった細かいコンタクトさえとれるようになれば、フットワークや反応の良さからも走ってくる馬だと思いますね。大竹調教師も週に何度か馬の状態を確認に訪れており、『内面の疲れからくる一過性のものでしょうし、皮膚病の治まり具合を見ながら入厩させるタイミングを図ります』と話していました」(担当者)
皮膚病は問題なさそうです。元気も出てきたようですし、そろそろ入厩の声がかかりそうです。そろそろと言ってもう何週間か経ちましたが(笑)。今度こそはの来週入厩に期待。


*出資馬の情報についてはノルマンディーOCから転載許可をいただいております。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント