プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム
おみくじ

【ノルマンディー】出資馬近況(7月4週)

昨日、4次募集馬の馬名総選挙の結果発表がありました。
注目のサイレンスブランドの13の馬名は「ガーオガーオ」にならず…。獲得票率は2位の29%。1位は「シュティルヴァルト」(静かな森)になりました。いい名前なんですが、私の中で既にガーオガーオと呼んでしまっていたので180°方向性の違うカッコイイ系の名前に慣れるのは時間がかかりそう。毎回言いますが、出資はしていません。
ノルマンディー出資馬の近況です。

パラヴィオン(2歳・新馬)
2015/7/24 (ジョイナスファーム)
「現在はダク1400m、軽いキャンター700mの後、18~20秒ペースのキャンターを2100mのメニューで調整しています。国枝調教師が確認に訪れる中、今朝3ハロン17秒台のペースで調教を消化しました。やはり、まだ自分からハミを取って行くような前向きさに欠ける気持ちの面や、基礎体力の不足、ゲートからの発馬を課題点に挙げられていました。現状を踏まえて判断すると、もう少し総合的にパワーアップさせてから入厩させた方が、結果的にデビューが早いかもしれませんね。単走よりも併せ馬の方が気持ちの面でいくらか乗って走れているため、来週は併せ馬で3ハロン15-15をおこなう予定です」(担当者)
今週来場した国枝調教師の発言に注目していましたが、入厩にはまだ時間がかかりそうです。ジョイナスファームさんでもっとパワーアップしてもらいましょう。


カルヴァリオ(2歳・新馬)
2015/7/24 (松風馬事センター)
馬体重:483kg
「引き続き角馬場で軽めダクと本馬場でキャンター1600mを2セット(20秒ペース)のメニューで調整中です。皮膚病はまだ帯道周辺に症状が残っていますが、首から脾腹辺りにかけては症状が和らいできました。念のため、飼い葉に錠剤を混ぜるなど、内面からのケアもおこなっており、汗のかきにくい早朝に調教するようにしています。来た時よりも馬っ気を出したり、いななくことも減ってきましたので、これは良い傾向と言えるでしょう。ゲート練習では寄りが今一つですし、周囲を気にする素振りを見せているので注意しながら進めていきたいと思います。輪乗りの際にも他馬にちょっかいを出したりするなど、やんちゃな面がありますのでこの点にも気を配りたいところです。走りからは素質を感じさせますし、大竹師も具体的な移動時期を見定めている様子でした」(担当者)
具体的な移動時期を見定めている大竹調教師ですが、結構見定め期間が長い気が…。まあまだ皮膚病も完治していないからそれも影響しているんでしょうか。単に厩舎の都合の可能性の方が高い気がしますが。やんちゃなのは大いに結構なんですが、ノルマンディーはセン馬率が高いのでカルヴァリオにも注意してもらいたい(笑)


*出資馬の情報についてはノルマンディーOCから転載許可をいただいております。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント