プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

ノーザンF空港見学(2015年秋)その1

さて空港に移動。
今回案内していただいたのは、これまたシルクではおなじみのNさん(早来とは違うNさん)。丁寧な説明で空港でも気持ちのいい見学ができました。ありがとうございました。

見学した順番は違いますが、まずは療養中の出資馬から。
ウィズレヴェランス(3歳・500万下)
DSC00423.jpg
DSC00422.jpgDSC00429.jpg
見学時は確か530kgくらい。
なんちゅう馬体…。テカテカでムキムキ。そして少しぽっちゃり。デビュー前から見学させていただき、実際に実馬を見るのはこれで3度目になるんですが、迫力がどんどん増しています。種牡馬かっていう馬体(笑)。もともと見栄えのする馬体だったんですが、磨きがかかりましたね。写真では伝わらないんですが、実馬はもっと迫力があり、オーラがあるというか…。シェイプアップしたらすごい馬体になりそう。これでケガしてなかったら、どんな活躍してたんだろうか…と思ってしまいます。おっと、たらればはいけないですね。もう前を向いていきましょう。
前回見学時はまだ馬房暮らしの時で元気がなさそうに見えたんですが、今回は元気そうでした。眼に力がありますよね。
ケガの方は順調に回復していて、膝などの怪我に比べると競争への影響もなさそう。ただ、同じ場所を骨折する可能性はないとは言い切れないとのことでした。
今後はもう少しここで乗り込んで、年明けくらいに移動じゃないかと。どの段階でしがらきに移動させるかはまだ決まっていないとのことでした。
ん?しがらき?
堀先生はよくしがらきを使っていますが、この馬は今までは天栄でした。骨折したのも天栄。でもこれを機にこの馬もしがらきでの調整になるようです。堀先生が天栄じゃなくしがらきを使う理由については、震災後の影響なんだとか。深くは聞いてませんが、なんかあったんですね。
何事もなく進めばウィズレヴェランスにここで会えるのもおそらくこれが最後でしょう。最後に元気な姿が見れてよかったです。このまま順調に調整が進んでくれることを祈りたいと思います。


次は空港の1歳様子見馬編です。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

次走予定

10/ 7   キャンディケイン

東京・2歳新馬 芝1400m

10/ 9   ウィッシュノート

京都・3歳以上500万下(牝)ダ1200m

10/14   キングスヴァリュー

東京・2歳未勝利 芝1800m

10/15   トラソニャータ

東京・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
5-6-6-6-6--27
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
ツルマルワンピースの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター