プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム
おみくじ

中尾イズム

20131128_1042885.jpg
*イメージ画像

パドルウィール(4歳・牡・1000万下)
前走後
2015/10/28 <所有馬情報>
中尾師「休養明け2走目ですが、これまで3走目で出来落ちしていた経緯を考えると、ここで早めに一息入れておけば立て直すのに時間も掛からないので、放牧に出すことにしました。次走については、牧場での状態を確認してからになりますが、年末に帰厩させて年明け京都開催を目標に牧場で調整してもらいます。昨日(27日)、ノーザンファームしがらきに放牧に出しました」
12月18日に帰厩
今週のコメント
2015/12/23 <所有馬情報>
次走予定:京都1月30日 稲荷特別・芝2000m
中尾調教師「放牧から戻って間がなく、体が伸びて全体を使って走り切れていない所があるので、暫くは修正しながらじっくり乗り込んで行こうと思います。京都1開催目は適鞍がないので、2開催目の京都1月30日の稲荷特別を目標に徐々に仕上げて行きます」


1/5に芝2000mの番組があるんですが、それ以降はパドルにとっての適鞍である芝1800~2000mがない。
それは出資者でさえわかっていたこと。
でも中尾先生は年明けの京都を目指すと言っていた。
このタイミングでの帰厩だし、1月早々にレースは考えているはず。
どうするんだ、中尾先生?無理やり1/5目指すのか。中京に変更か。それとも1600mいっちゃいますか?
answerは?

「第2回京都です」

…。
誰もが第1回京都開催で出走と思ったはず。
年明け京都というのは、年が明けてすぐの京都という意味ではないのです。年が明けてからのいつの日にかの京都という意味。
これぞ中尾イズム。なぜこのタイミングでの帰厩…。
1ヶ月以上厩舎で調整なんですね。


でも私は中尾先生は嫌いじゃないです。
パドルの出資者の方たちは、結構中尾先生に不満を持っている方も多そうです。
「違う厩舎ならもっと活躍できているはずだ!」と思っている方もかなりいるでしょう。


私もそう思います(笑)


私もローテーションに疑問を持ったりすることはありますが、それでも私は中尾先生は嫌いじゃない。
パドルを大切にしてくれている感はとても感じますし、ケガなく競走生活を送れているのも無理のないローテーションや調整のおかげでしょうし。
なのでパドルを中尾先生の元で大成させてもらいたい。
嫌いじゃない、というよりそこそこ好きかもしれない(笑)


そこそこ好きなんですが…


レーススケジュールは早めに確認してください…


*出資馬の情報についてはシルクHCより転載許可をいただいております。

COMMENT

どうも行き当たりばったり感がありますよね(^_^;)その辺が上位厩舎とは違うのかなと思ったり。
でも私も嫌いじゃないです…笑
大事にしてくれてますよね。
来年はパドル飛躍の年になりますように^ ^

No title

みいさん
そうなんですよ、行き当たりばったりなんですよね。
帰厩前にスケジュール確認しておけば、このタイミングで帰厩しなかったんじゃないかって(笑)
でも憎めない中尾先生ですね。パドルを大事にしてくれているので。
今年の初めにも「今年は飛躍の年に!」と思っていましたが、来年こそ!ですね(笑)。いつか大成する日がくることを願って応援していきましょう!
また来年もよろしくお願いします。

EDIT COMMENT

非公開コメント