プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
出資馬タグリスト
検索フォーム

【ノルマンディー】2歳出資馬近況

近況がアップされてからしばらく経ちますが、ノルマンディーの2歳出資馬たちの成長を振り返りたいと思います。

キョウエイトルースの14(2歳・牡 父:アイルハヴアナザー)
2015/12/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:463kg
現在は馬場1周と坂路コースを1~2本を20~22秒ペースのメニューで調整中です。どちらかというと晩成傾向のある母系の出身なので無理することなく進めていますが、現時点でこれといった不安はありません。まだまだ心身ともに幼さは残りますが、要所には着実に身が詰まってきており、さすがは血統馬と思わせます。今後もじっくりと乗り込みながら基礎固めに専念する予定です。
20151229a.jpg
452(11月)→463kg(12月)と着実に成長しています。馬体はすごく何かを感じさせるほどいいとは思いませんが、この時期なので馬体の変化に一喜一憂してもしょうがないかなと。血統的にも晩成でしょうしね。完成するころにはいい馬体になってくれるでしょう。基礎固めの段階なので、ケガなく成長してもらうことを一番に願っております。この馬は目つきがいいですね。何かを捉えています。目線の先には兄の勝った東京大賞典があるに違いない…(笑)


クイーンナイサーの14(2歳・牡 父:スペシャルウィーク)
2015/12/29 (ノルマンディーファーム)
馬体重:513kg
現在は馬場1周と坂路コースを1~2本を20~22秒ペースのメニューで調整中です。物見をしたりと若さは覗かせますが、恵まれた体躯を存分に生かした走りはダイナミックで力強いフットワークで坂路を駆け上がっていきます。しばらくは基礎造りに専念していきますが、スピード調教でどんな動きを見せるのか今から楽しみでなりません。
20151229b.jpg
521kg(11月)→513kg(12月)と若干のシェイプアップに成功。写真でも成長がうかがえて、全体的に引き締まり、より見栄えのする馬体になりましたね。こちらはキョウエイトルースの14より一歩先に成長している感じがします。私の出資馬にはいない芝の中長距離路線で活躍してくれる馬になりそうな予感。この馬もやんちゃそうな顔していますね。以前にも気が強いとコメントされていましたが、やんちゃなくらいがちょうどいいです。私の出資馬もやんちゃな馬の方が走っていますし。ただ、ひねくれるとまずい方向に行くので、気の良いやんちゃな馬に育ってほしいものです。


フェリスホイールの14(2歳・牝 父:バゴ)
2015/12/29 (オカダスタッド)
馬体重:478kg
現在は騎乗馴致をおこなっていますが、間もなく完了し、坂路調教を開始する予定です。購買後に移動してきてからグングンと成長し、一回りも二回りも大きくなりました。父の産駒で結果を残している牝馬は骨格のしっかりとした馬体を有した馬が多いだけに好材料と言えるでしょう。力強さと素軽さを兼備しているので本馬にはオールマイティーな活躍を期待しています。まずはしっかりと土台を固めていく予定です。
20151229.jpg
481kg(11月)→478kg(12月)と横ばい。この時期にこれだけの馬体重があれば言うことありません。馬体は牝馬だしこの時期なので冬毛が生えて見栄えはしませんね。バランスもいいとは思えない。この馬ももちろんこれから成長していい馬体になってくれることを願っていますが、母が実績あるわけじゃないしちょっと心配(笑)。育成の進み具合はまだ馴致が完了していないということで、1歳時に坂路入れなかったんですね。2歳のうちに活躍するのは難しいかな。ゆったりと成長を見守ることになりそうです。
現在残口15ですか。近々満口になりますね。安い値段がつけられたという低評価を覆す馬になってもらいたいです。


ノルマンディーの牡馬2頭はかなり楽しみ。
個人的には現時点ではクイーンナイサーの14の方がよく見えますが、血統も含めてトータルで考えるとキョウエイトルースの14の方が期待できそうです。
今年のPICOT FARMのテーマは『健康』ですので、3頭ともとにかくケガや病気にはくれぐれも気を付けて、日々成長していってもらいたいと思います。

COMMENT

No title

PICOT FARM!さん
こんばんは。

牡馬2頭、順調に成長していますね。
ほんとに楽しみですね。

クイーンナイサー14は、ほんとにダイナミックで見栄えのする馬体していますね。恵まれた馬体を活かして、力強い走りを期待しています。父スペシャルウィーク×祖母ナイサーの血、昆先生もセール時に期待していたお馬さんですので、重賞級の期待を持って見守っています。

キョウエイトルース14は、懇親会で高木先生にお話を伺った際も、先日の村本氏のコラムにおいても、他のブログ等での馬体コメントでも、体(筋肉・関節等)が柔らかいとの評価を受けています。また、兄と比較しても、後肢の踏み込みが力強いとの評価も受けています。父アイルハヴアナザーの特徴である柔軟性を受け継いでいる点において、高い期待を持っています。芝の瞬発力競馬で勝負できるお馬さんになるかもと思っています。兄サウンドトゥルーはダートG1馬になりましたが、本馬は芝G1馬になるかも(笑)とかなり高い期待を持ってしまっています。父アイルハヴアナザーが日本競馬にマッチする高いレベルの種牡馬であれば、母は成長力のある血なので、夢で終わらないかもと本気で思っています。
(父方にあるプリンセスオリビアの血×母方のフジキセキ←サンデーサイレンスの血を鑑みると、トーセンラー・スピルバーグのように、芝マイル~中距離でのG1級の活躍も期待できるのではと思ってしまいます(笑))

今年の2歳から一口馬主デビューとなりますが、デビュー前の成長を見守るのは、ほんとにワクワクして、楽しい時間だなあと感じています。
これからも、同じ出資者として、ご一緒に見守らせて頂ければと思います。

No title

まささん、こんにちは
牡馬2頭はどこまでいってくれるのか本当に楽しみです。
各方面の情報とまささんの冷静な分析を見ると、キョウエイトルースの14はかなりやってくれるんじゃないかと期待してしまいます。母の繁殖能力は証明済みなので、あとはアイルハヴアナザーがどこまで能力のある種牡馬かっていうところにかかってきますね。こればっかりは走ってみないとわかりませんからね(笑)。
デビュー前は色々と妄想ができて楽しい時間ですよね。私も愛馬への期待からついつい大きな夢を抱きがちなんですが、デビュー後に結構現実を突き付けられることが多いので注意です(笑)。
私もこの世代最も期待している2頭なので、同じ出資者として一喜一憂できたら嬉しいです。今後ともよろしくお願いします!

EDIT COMMENT

非公開コメント

次走予定

10/24   キンナリー

名古屋競馬

10/28   クードラパン

東京・国立特別(1000万下)芝1400m

11/ 4   トラソニャータ

福島・2歳未勝利 芝1800m

11/ 5   ディロス

東京・百日草特別 芝2000m

11/11   ソルオリーヴァ

福島・3歳以上500万下 芝1200m

11/12   ポートフィリップ

京都・2歳新馬戦 芝1800m

11/25   アナザートゥルース

東京・3歳以上1000万下 ダ1600m

12/ 2   キングスヴァリュー

中山・葉牡丹賞(500万下)芝2000m

12/ 9   パドルウィール

中京・中日新聞杯   芝2000m

2017年成績
7-6-6-6-7--30
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
ツルマルワンピースの16
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター