プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム
おみくじ

男の子

うちの8歳の娘は、時々家に友達を連れてきます。

今までずっと女の子の友達を連れてきて、部屋でゲームをしたり一緒に本を読んだりと、まあ女の子らしいというか静かに遊んでいたんですが、最近男の子も連れてくるようになったんですね。
まだこのくらいの年齢なので、男の子が遊びに来るのは構わない。
親としてもどんどん遊びなさい、という感じ。

しかし、うちには男の子がいないのもあり、男の子の動きに免疫がないのです。自分の小さい頃の動きなんて忘れちゃってるし客観的には感じられないし、ちょっと驚かされることが多い。

最初に遊びに来た男の子は、近所の同級生で、挨拶もしっかりしていて、一緒に食べるお菓子も親から持たされていて「これお菓子です」と丁寧に渡してくる、非常に好印象な子でした。
遊んでいる様子も穏やか。
自分の子供の頃では考えられない。挨拶はしていたと思うが、もっと私はクソガキだった。
最近の子供は男の子でもこうなのか…と驚きました。


しかし、違う日に来た男の子で幻想は打ち砕かれる…




私が平日に家にいたある日、娘は2人の男の子を連れてきました。
そのうちの1人が、遥人くん(仮名)
後の私のライバルになる男。


遊びに来たもう1人の男の子は、前に来た子に比べるとそこまで礼儀正しくないしそれなりにうるさいが、まあ子供らしい子供で可愛げがあった。

さあ主役の遥人。
無言で家に入ってきて出迎えた私を素通りし、居間へ。いきなりソファに勢いよく座りだす。と、思ったら今度は和室に行ってウロウロ…

落ち着きない。


ま、まあこのくらいの男の子なんて本来こんなもんさ。
私も小さい頃は落ち着きない方だったし。

遥人は娘ともう一人の男の子に促されて、娘の部屋へ連れていかれる。
しかし、そんなに簡単に応じる男ではない遥人は、他の部屋にも入ろうとする。それを二人に阻止され、なんとか娘の部屋にゲートイン。
あ、ゲート入りしない馬ってこんな感じなんだね…。


部屋ではギャーギャー楽しそうに遊んでいる。
うん、うん、楽しそうで何より。

私は居間で過ごしていたんですが、そのうちなぜか遥人が居間に走ってやってきてうろちょろ。
そして和室に入り、その日は七段の雛人形が飾ってあったんですが、その雛人形の周りを光速で動き始める

「は、遥人くん…。そ、そこでは遊んじゃだめだよ」

娘たちも来て遥人を止め、また部屋に連れていく。

せ、せーふ…


あのまま動かれていたら、完全にお雛さんの首は取れていたね…

その後もヒヤヒヤしながら遥人の動きを観察し、学校で決められている帰宅時間になり、無事帰宅。
とてつもなく長い1時間45分だった…
この日で、遥人は私の中でマークすべき強敵に認定






そして、2度目の闘いは意外にも早くに訪れた…
訪れてほしくなかったんだけど…

一週間後、またまた遥人登場


今回は男の子3人、女の子2人で遊ぶことに。

まず期待を裏切らない男・遥人。
みんな家に入って来たのに、1人だけ家に入って来ない。
「遥人、早く来いって」と何度もみんなに言われ、やっと入ってくる。

そして、私の前を素通りし、何も言わず家の中を探索。


マジ期待を裏切らない…


今回もみんなに押されて部屋にゲートイン。
しかし、ゲートは遥人により何度も開閉。部屋から出たり入ったりを繰り返す。
これゲート再審査だね…

相変わらずの落ち着きのなさ。
さすが、遥人…


しかし、こっちも一度君と対戦して、少しは変幻自在の動きに免疫はついた。
この一週間の放牧で君が大きく変わったとはこっちも思っていない。
今回は倒されるのではないかと肝を冷やした雛人形はもうないし、君の攻撃を受けてたとうじゃないか。


少しすると娘の部屋のドアが開き、足音が聞こえてくる。

その足音は階段を下り居間へ…

来たか…



案の定、遥人だった

さあどんな行動に出るんだ?

こっちは余程のことじゃないと驚きはしな…







遥人、いきなり居間のテレビのリモコンで音量を48までボリュームアップ





「は、遥人くん…。そ、それはやっちゃ…ダメだよ…」







カン!カン!カン!カン!

第1ラウンドでノックアウト…

COMMENT

遥人…はると…

は!わかりました!

は:ハービンジャーの は
る:レクレドールの る
と:いけえやすとし(池江泰寿)の と

ですね!

父がステイゴールドかな?と思いましたが、荒れ方としてはベルーフですね(笑)

中山金杯で放馬したやすですね(笑)手がつけられません〜!

No title

アキュチャーさん
はっ!?
ヤツはベルーフだったのか!
なるほどね。どおりでゲート入りが難しかったのか…。

また近いうちに闘いますよ。いつか、picotさんの前ではうちの子落ち着いてるんですよね~とお母さんに言わせます。

EDIT COMMENT

非公開コメント