プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

ノルマンディーで目指せプラス収支

今年に入ってからノルマンディーの調子がいいです。
一口馬主DBでのクラブ獲得賞金ランキングでは10位。日高系ではラフィアン、ウインに続く3位です。勝利数では社台RHと並ぶ6位と、今までを考えるとなかなかの好成績。
この勢いを続けてもらいたいです。


ノルマンディーは今年でクラブ創設5年目となり、一期生が今年5歳となります。
だいぶクラブとして波に乗ってきたな、と思いますが、当初のクラブのコンセプト通りクラブは進んでいるの?と思うところもあります。

創設当初、牧雄さんは「私には“馬主として収支をプラスにできる”という自負があります」と前置きした上で、募集馬の価格を上限3000万円に定め、できるだけリーズナブルな価格帯に設定する。丈夫な馬を選び、年間出走回数を増やして手当を稼ぐ(年10走が目安)。というコンセプトの元、会員の収支をプラスにするという目標を立てていました。社台系クラブのような華やかな血統でG1を意識できる馬ではなく、コツコツ条件を走って稼ぐ馬を提供する、という感じだったと思います。


当初のコンセプト通りクラブは進んでいるか?
ここまで感じるのは、
・思ったほど馬が出走していない
・維持費を含めたプラス収支が見えてきた馬はほぼいない
・上限価格を越えた馬が3年目で出ちゃった
・会員の声が大きかったからか、大きなところも意識した馬も増えてきた
というものですね。


この中で気になるのは、プラス収支は本当に可能なのか、と。

11年産である一期生は勝ち上がり率50%と頑張った世代です。まだこれからの馬もいるかもしれませんが、限界が見えてきたと感じる馬も多いように感じます。そして出資していないので詳しくはわかりませんが、現段階で維持費も含めた収支がプラスの馬はいないはず。

12年産の二期生ではセリで購入したブラゾンドゥリスが準OPまで登りつめ、まだまだ活躍が望めそうなクラブのエースとなっています。
そして、この馬だけがおそらく今のところプラス収支の馬です。
この世代ではビスカリアやウォリアーズソウルもまだ稼いでくれそうな感じですが、牧雄さんが言うようなプラス収支を望める馬はそれほど多くないと思います。

普通に他のクラブで一口やってれば、プラス収支がそんなに簡単じゃないことはわかると思いますが、本当にノルマンディーで今後プラス収支になる馬が続々現れるんでしょうかね。クラブとしてプラス収支を謳っている以上、「たまに現れる当たり馬に出資すればプラスは可能です」ではダメだと思うので、コンスタントに稼いでくれる馬が何頭もいないと。
牧雄さんの強い自信に心打たれた私としては、これからも信じたいところですが、大丈夫かな…という思いでいっぱい(笑)


でも、14年産から何か雰囲気変わってきたし、信じてみる価値はあるかなと。
今年の出資馬はそれなりに走ってくれると思っていますし(おそらく)。
それに、何だかんだいっても私にとってはクラブサービスを含め魅力的なクラブであることには違いないです。ていうか徐々に魅力は増していっていると思うので、ついていきますよ、牧雄さんに。


ノルマンディーで成功したい私が最近思っていること。まあほとんどの人が感じていることだと思いますが、このクラブでカギを握るのは、セリ購入馬だと思いますね。
岡田スタッドの看板繁殖牝馬のキョウエイトルースとスノースタイルは魅力ですが、だいぶ高齢になってしまいましたし、新たな看板繁殖牝馬が現れてくれればと思いますが、簡単には出てこないでしょうしね(ツーデイズノーチスはなかなかの繁殖牝馬になるのでは、という話は聞きましたが)。今後もいつか大きなところを狙える岡田スタッド産の馬は現れるでしょうが、それ以外のハズレ馬の数が半端ないと思うので、狙うのが怖い…。
そして頼もしいことに、牧雄さんは馬を見る目を持ってらっしゃる方なので、素直に牧雄さんがいいと感じた馬の中から選び込んだ方が良さそうです。自家生産馬には多少甘い目も加わって評価しそうですし(失礼)、それなら厳しい目で見て買ってきた馬の方が良さそうな気がします。
私も14年産からはそれを意識し、キョウエイトルースの14以外はセリ購入馬を選びました。
おそらく安い馬を大量に購入するスタイルを今後もとってくると思うので、第二のブラゾンドゥリスを見つけたいと思います。
ノルマンディーはセリマンディー。格言です。



今の残口馬の中にもそんな馬がきっと潜んでる……はず

COMMENT

No title

クラブの関係者の方にも読んでもらいたいです。

14年産からノルマンディー会員になりました。

ひでオッチャンさん
14年産から会員になられたんですね。ノルマンディーはいいクラブだと思いますよ。一緒にクラブライフを満喫しましょう。

クラブ関係者にも…
結構牧雄さんネタを書いてるので、見られたらまずいです…(笑)

上限3000万超え、出資馬ゴルディオンの手応えが怪しすぎるな…アキュチャーです。

勝ってほしいのは山々ですが、せめて維持費を出走して取ってきてくれたら…と甘い考えはありますね。

ノルマンディーには満足してます。なぜなら、ノルマンディーOCの募集馬より私をワクワクさせるクラブはないでしょうからね…(笑)

No title

アキュチャーさん
ゴルディオンはこれからの馬と思いたい…。
私も貧乏がゆえに、ロマンもいいですがリアルにマネーも欲しております(笑)。それがこの趣味を長く続けさせると思いますので、回収もシビアに考えていきますよ。ノルマンディーのコンセプト通りに出資馬にはたくさん走ってもらい、出走手当てと賞金とを稼いでもらいたいですね。
アキュチャーさんを満足させるクラブはノルマンディー以外にないかも(笑)。私はユニオンにもちょっと萌えてますけどね。ただ基本200口っていうのがなぁ…

いやー、リアルにお金は回収したいです。きっと、怖くて考えないようにしていたのですね…数字を見るのが怖いですからね…

ユニオンも、なかなかな顔ぶれですよね。最近は成績も向上している感じありますし。

200口はリスクめちゃありますよね〜。シルクにすら入っていない私は当分縁のない話。

そのシルクは、ゴルディオンが稼げないので、今年も春入会無料を見送ることになりそうです…

No title

アキュチャーさん
お金第一ではないですけど、ある程度は意識しちゃいますよね。一緒にノルマンディーでプラス収支を目指しましょう!
ユニオンはなかなかですよ。でもポンポン活躍馬が出るわけではないので忍耐がいりますね。そして200口というリスクがちょっと…。というか私の懐具合では無理です(笑)

今年のシルク入りならずですか!残念…。ぜひアナザートゥルースに稼いでもらって、気持ちよく入会といきましょう(笑)。シルクも会費が安くなればいいんですけどね~

パラちゃんどうだったんだろーと結果をみると…競争中止との事。無事を祈ります…。

No title

アキュチャーさん
心房細動による競走中止みたいですね…
問題はないとのことですが、大丈夫か心配です。
どうか無事で…
心配していただきありがとうございます!

EDIT COMMENT

非公開コメント

次走予定

7/  2   クードラパン

函館・道新スポーツ杯 芝1200m

      アリンナ

中京・CBC賞   芝1200m

7/  9   パドルウィール

福島・七夕賞   芝2000m

*7/16 函館記念の可能性もあり

7/16   ディロス

函館・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
4-2-4-4-2--18
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター