プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

シルクの気になる馬

もうこの世代は出資しない方がいいのはわかってるんです。
わかってはいるんですが、気になる馬がいるんです…
毎年そうなんですが、なかなか様子見をやめられない(笑)

そしてシルクの場合、高額馬よりも安い馬で、しかも残口のある馬の中に当たりが潜んでいる確率が高いので、様子見は続けた方がいいですね。そう思うことにします。

シルクのこの世代の牡馬はあまり気に入った馬が一次の頃からいないなぁ、と思っていたんですが、今更になっていい馬だったかもと思える馬も出てきて、出資しときゃ…とちょっと後悔したりもしているんですが、今残口のある馬の中でもまだこれはひょっとして…と思える馬も出てきております。


気になっている牡馬は2頭。

最も気になっているのは、ラバピエス(サルスエラの14)
d_02500061.jpg
馬体は首と前肢の位置に若干のアンバランスさを感じますが、それ以外のバランスはいいですし、見栄えのする好馬体だと思います。1月の写真の方がよく見えましたね。筋肉は柔らかそうには見えないですし、動きもやや硬めに映ります。バランス的には距離持ちそうな体型ですが、父が欧州のマイラーだったので、この馬も短いところの方が活きるのか、むしろ立ち繋ぎでもあるしダートの方が合っているのではとも思います。その繋ぎですが、立っているのが気になってしまいますが、わりとクッション効いていますし、私はさほど問題ないのではないかと。

調教動画も多く更新されています(売るためだろう…)。
ピッチ走法で走りのバランスがいい、パワフル、前進気勢が見て取れる、といった印象。ただ弾むようなバネはあまり感じられないです。でもこれもマイラー、ダート馬だと思えば悪くないのかな。

父のタートルボウルが未知数すぎて手を出しにくいですが、フランスの初年度産駒43頭の中から2頭のG1馬を出しており、今年の3歳世代にもキャンディードという将来期待の持てる馬も誕生したとか。
ん?なんか現地に残してきた産駒の中でG1勝った馬がいるとか、チチカステナンゴっぽくない?まずい、イメージが…。
欧州の種牡馬で日本にマッチした馬というのは少ないイメージですが、欧州のクラシックディスタンスで走ってきた馬よりは短距離で結果を残してきた馬の方が日本には合うのかなという気もしないでもないです。
昨年のセレクトセールで何頭か上場されていて、今でも上場馬の馬体と動きは確認できるんですが、どの馬も馬体の感じは似ていない。どちらかというと母の影響が出やすい種牡馬なのかもしれないですね。この馬も父は脚短めですが、母に似たのか脚長ですし。でも動きは硬い馬が多かった印象。そこは受け継いでいるんですね。やっぱり芝のマイル前後かダートかって感じなんでしょうか。こう見ると、大成功する種牡馬ではないかも(笑)。数頭しか見ていないので、それで傾向までは掴めないかもしれないですし、数少ない産駒から実績作ってますんで一発はある種牡馬なのかも、と期待したいところです。

母はキャロットで募集された馬で、未出走で引退。血統は抜群にいいですから、いつか大物が誕生してもおかしくないかな、と。
でもこの時期に一口価格5万はお高い…。
残っている馬に出資する時って、ついつい安い馬に手を出してしまいがちな私なので、ちょっと躊躇するお値段ですね。


牧場で実馬を見て、評判でも聞いてこようかな。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

次走予定

7/30   ビターレ

札幌・3歳未勝利 ダ1000m

    ブラックジェイド

札幌・3歳以上500万下 ダ1700m

8/ 5   ソルオリーヴァ

札幌・3歳未勝利 芝1200m

8/12   カルヴァリオ

札幌・STV賞(1000万下)芝1500m

*8/13 札幌・HTB賞の可能性もあり

8/27   パドルウィール

小倉・小倉日経オープン 芝1800m

2017年成績
5-2-5-5-2--22
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター