プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

シルク 12年産 気になる馬たちの近況(4月)

シルクの気になる馬たちの近況が更新されました。

もう当初予定していた12年産出資馬枠の3頭が埋まったのに、いつまで気にしているんだという感じですが、気になるものは気になるんです!(笑)
出資するかはわかりませんが、気になる馬がまだ3頭もいます。

プルーヴダモール(プルーフオブラヴの12)

2014/04/04 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン16〜18秒のキャンター2本、残りの日は周回コースでスローキャンター1,200mの調整
次走予定:未定
担当者「同じペースで調教していますが、もうしばらくこのメニューで乗り込んでから、ハロン15秒の調教を取り入れていく予定です。ここまで何の不安もなく進めてこられているのは、体質の強さの賜物であり、今後も大きな強みになりそうです。馬体重も459kgと安定しており、調教を継続しても減ってこないのは好材料ですね」


だいぶ見栄えのする馬体になりましたね。半月前に牧場見学で見た際はもっとでっぷりしていましたが(笑)。全体的には締り傾向ということなんだと思います。体質の良さは本当に武器ですね。何度も使えそうです。牧場見学の際にスタッフさんから「大物感はないですが…」とはっきり言われましたので、ものすごい期待というのはしていません(笑)。しかしこの馬、体高さえもう少し高かったらいいバランスに見えるんですがねー。
調教動画もちょうど更新されてましたが、相変わらずリズムよく集中して走っていました。走りを見ると、ピッチで稼ぐというよりは跳びが大きくストライドが伸びていて、脚は短いけど胴の長さと身体の柔らかさ、蹴りの強さで体高の低さをカバーしているのかな、と感じます。適性は短距離と言われていますが、少し距離が伸びてもいい走りしそうに感じますね。


アンジュデトワール(エンゼルカロの12)

2014/04/04 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:周回ダートコースでハロン24〜25秒のキャンター2,500m
次走予定:8日(火)に福島県・ノーザンファーム天栄に移動予定
担当者「リラックスして走れるようにするためのリフレッシュ目的で、周回コースでの調整に留めていますが、それまでは坂路コースでハロン15〜18秒で乗り込んでいました。この中間、さらにペースアップして乗り込んでいますが、手応えよく力強い脚取りで登板しています。ここまでこちらが想像した以上の成長具合を見せてくれていますね。天栄ツアーに連れて行く早期デビューが見込まれる馬ですので、このまましっかり乗り込んで送り出します。馬体重は429kgです」

2014/04/08 <最新情報>
アンジュデトワール
 8日(火)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しています。


この馬は相変わらずバランスよく見えますね。しかし、全体的になんというかメリハリがなく見えるんですよね…。トモにはいい筋肉ついてるんですが。シルエットなんかはアネモネSを勝った同じスペシャルウィーク産駒のペイシャフェリスにも似た感じがあるんですが、あちらはもっと柔かみのある動きをしてますし、筋肉にもメリハリがあるように見えます。ただ、この馬も動きは悪くないですし、牧場スタッフの評価もいいので全く走らないということはないと思いますが…。もう天栄に移動してますし、早くから楽しめるでしょうね。

ブロウユアマインド(シンプルザベストの12)

2014/04/04 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1〜2本、残りの日は軽めの調整
次走予定:未定
担当者「今週からハロン15秒のメニューを取り入れており、週1回は1本、週2回は2本の調教をこなしています。ペースを上げてからも脚元や体調は変わりなく順調です。もともとバランスが良く、体の使い方が上手なので、乗り味は抜群ですね。まだ少しハミに頼った走りですが、これからトモに力が付いてくれば解消されるでしょう。馬体重は448kgです」


うーん、やっぱりバランスはいいですよね。馬体だけ見たら走りそう…。牧場見学で実物を見てきましたが、筋肉ものすごかったですし。気性は悪くはないみたいなんですが、音に敏感だったり、調教の動画を見ても首を振っていたりと、そのへんが心配ですね。ただ、そこを克服したらすごい走りそうで。吉田直弘厩舎も今年に入ってから好調ですし、その流れに乗ってこの馬も活躍しちゃうんでしょうか!?
血統的には兄弟が走っていませんが、ホワイトマズル産駒の活躍馬を見ると、兄弟が全く走ってなくてもホワイトマズル産駒だけ異様に走っていることがあるので、母の能力を無視して走る仔が産まれたりするんですかね(笑)
そう考えると、性格的なところがもったいない…。


*募集馬の情報・写真についてはシルクHCから転載許可をいただいております。

COMMENT

Unknown

フィルさん、コメントありがとうございます。

どの馬も安いですがいいものを持ってるように感じるので、値段以上の働きはしてくれそうに思えんですよね。その中でも一番化けそうなのはブロウユアマインドかなと感じます。馬体からは1500万の馬とは思えません!ただ、気性的に能力発揮できない可能性も…。
プルーヴダモールもいい部分がたくさんあるんですが、やっぱり体高の低さが気になりますね。
どの馬もギリギリまで様子を見ていくことにします。

Unknown

ぴこっとさん、こんばんは。

自分の枠埋まっても気になるという気持ちは痛いほど分かります。あれだけ運よく揃ってもまだ格安帯で気になってる馬いますので。具体的にはノルマンディーさんのエンパイアメーカー産駒牝馬とか。

プルーヴダモール大物感ないですか(笑) 確かにチチカス総流し組では三振上等ホームラン狙いのアーデルハイト、血統重めも馬体派推薦オーバーザヴォール、中間層のアベレージ狙いのプルーフオブラヴと言われていたみたいですので…。

ブロウユアマインドはもう少し成長してダート路線進めれば、敏感な気性でも逃げきれるスピードと持続力ありそうで面白そうですよね。ホワイトマズル自身は自分の特徴強く出す遺伝力かもしれませんね。ディープ牝馬は母系の血脈反映しやすいのと正反対かもしれません。

EDIT COMMENT

非公開コメント

次走予定

8/20   ソルオリーヴァ

札幌・3歳未勝利 芝1200m

8/27   パドルウィール

小倉・小倉日経オープン 芝1800m

9/ 3    キングスヴァリュー

新潟・新馬戦 芝1800m

9/16   ディロス

阪神・野路菊S 芝1800m

2017年成績
5-3-6-5-3--24
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター