プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム
おみくじ

天栄とウィズレヴェランス

久々に登場のウィズレヴェランス
d_02530099.jpg

調べると去年の12月からブログに登場してませんでした。

3歳1月に新馬勝ちして、その後あまり骨折しない右第三中足骨を骨折(天栄で)。
そして手術し、北海道で療養。
現在ノーザンF天栄で復帰に向け調整中です。


骨折した部位は最近コメントに出てこないので大丈夫なんだと思いますが、右飛節後腫だったり両前裏筋が腫れたりとでなかなか調教ペースが上がらず…
なので馬体重もなかなか絞れなくて、それがまた脚の負担になっているという悪循環…

骨折してからもう1年4ヶ月が経つんですが、まだまだ復帰の目途は立ちません…



復帰できるんだろうか…


と、かなり心配しております。

難しい状況ですが、なんとかもう一度競馬場で走る姿が見たい。
関係者のみなさんの努力で、どうにか無事に復帰させてほしいです。
出資者としては祈るような思いで、毎週の近況更新を見ています。




そんな中、シルクから送られてきた先週の近況がコチラ

ウィズレヴェランス(4歳・牡・500万下)
2016/05/20 <近況>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄
調教内容:トレッドミルと周回コースで軽めのキャンター、週3回は坂路コースで18-18
次走予定:未定
天栄担当者「蹄鉄がない方が引っ掛かりがなく、脚元には楽だと思い、この中間は蹄鉄を外したのですが、今度は蹄を痛めてしまったので、すぐに蹄鉄を履かせました。蹄の痛みはすぐに治まったのでもう心配ないですが、今後も試行錯誤しながら調整していきます。今のところ飛節後腫の方は悪くなっていません」馬体重533㎏


現場の人たちは試行錯誤を重ね、一生懸命やってくれているのはわかるんですが、

こういう結果になるところが



天栄だなぁ…と



でも、なんとか復帰させてあげてください。

よろしくお願いします。

COMMENT

No title

picotさん
ウィズレヴェランス、なかなか良化してこないですね。
天栄に移動してから約半年程時間が止まってしまった感覚です。
2走目を見れないなんて哀しすぎます。ここからなんとか立て直して復活して欲しいと思います。

真面目ですみません。

No title

picotさん、こんばんは。
これって良く言えば「試行錯誤」「工夫」かもしれませんが、冷静に見れば「思いつき」「行き当たりばったり」なのでは?
天栄の人的レベルにはがっかりです。
この場合なら獣医師に事前にアドバイスをもらうとか、あったんじゃないでしょうか?
知識的にも疑問を感じられずにはおられませんね。

すみません、真面目に批判しちゃいましたw

No title

五右衛門さん
無事なら今頃どんな活躍をしていたのか…と思ってしまいます。少なくとも1000万下にはいるだろうなと。ケガが付きもののサラブレッドなんでそんな「たら・れば」を語っても仕方ないのですが、ただそのケガがトレセンでのものではなく天栄でのミスステップですからね…。
なんとか復活してもらいたいです。

No title

Rami*さん、こんばんは
「思いつき」「行き当たりばったり」
確かにそうかもしれません(笑)。専門的知識がないのでこの措置が正しいのかわからないんですが、今まで聞いたことないのでよく行われることではないと思いますし、苦し紛れでやったことっぽいですね。今回は何事もなくて良かったですが、こういうことしてるからケガが多いんでしょうね、天栄って。
やっぱり天栄か、と言われることのないように管理の質を上げていただきたいです。

EDIT COMMENT

非公開コメント