プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

お疲れさま、ジスターキ

ジスターキ(3歳・牝・未勝利)
2016/06/27 <レース結果>
6/25(土)函館3R 3歳未勝利(牝)[芝1,800m・15頭]15着[10人気]
まずまずのスタートから先団に付け、道中は7番手あたりを追走、3コーナー過ぎから追い出しましたが反応は一息で、4コーナーでは後方に下がってしまうと、直線でもそのまま巻き返せず後方に敗れています。

勝浦正樹騎手「馬場入りなどチャカチャカして決して大人しいわけではないのですが、調教ではもっと元気なタイプなのに、レース前から萎縮している印象を受けました。それでも、行く気を見せてくれて道中はいいポジションで進められましたが、勝負処でペースが上がって他の馬に交わされると、一気に走る気をなくしてしまいました。気持ちを切らさずに走らせてあげたかったのですが、うまく行かず申し訳ございません」

田村康仁調教師「3,4コーナーで手応えが怪しくなると、そこから気持ちが切れてしまったようにバッタリと止まってしまいました。勝ち馬よりも良い位置にいながらあそこまで下がってしまうのですから、厳しいと言わざるを得ません。調教の動きを見る限り、もう少し走っても良いと思うのですが、気持ちの問題だと思います。今回は滞在競馬で切っ掛けを掴んでくれるかと思い、函館に連れていきましたが、競馬の内容に変化はありませんでした。このような血統馬を預けていただいて、私自身も楽しみにしていたのですが、もう手の打ちようがないというのが正直なところです。期待されていた方々には本当に申し訳ない気持ちです」

これまでのレース内容を考慮して協議した結果、今後短期間に状態面や成績の向上を見込むのは難しいとの結論に至り、誠に残念ではございますが、このまま引退させることと致します。29日に登録抹消の手続きを取り、提供牧場から30日のサラブレッドオークションに上場される予定です。なお、規約に基づいて提供牧場に募集価格の10%で買戻され、この買戻し額が引退精算時に分配金の対象となります。サラブレッドオークションにおいて、この買戻し額を上回る金額で落札される場合もございますので予めご承知おきください。
13490816_1215816618428744_5614286121992647417_o.jpg

ジスターキの引退が決まりました。

2歳時のデビューからの2戦は6着、7着とまだ希望が持てる内容だったんですが、そこから膝裏が張ったりなどで5か月半休養すると、帰って来た時には走るのイヤイヤになってしまっていました。
仕上がっていない状態でレースに出したりなど復帰後の田村調教師の使い方にもあまり納得はいっていないんですが、それがなくても気性的に難しかったのかもしれないです。
最後は手を尽くしてくれたとは思っていますので、温情でたむりん卒業(笑)


牧場見学に行ったときにスタッフの方に言われた言葉が印象的だったんですが、
牝馬では同じく気性難で扱いに苦労するダイワメジャー産駒とステイゴールド産駒でも、ダイワメジャー産駒はその気の悪さが走る方に向くが、ステイゴールド産駒はひねくれてしまう、
と言っていました。

まさに、ジスターキはひねくれてしまったいい例でした。

ステイゴールド牝馬の難しさを感じましたね。


実は初めて2口出資した馬だったんで、結果を残さずに引退というのは正直痛い(笑)

でもまあいい経験になりました。

血統はそこそこいいので、ぜひいいお母さんになって子供に母の果たせなかった勝利の味を味わわせてもらいたいですね。
その前にサラブレッドオークションに上場されるので、買い手がつけばまだ地方で走りそうです。このひねくれ具合だと難しいんじゃないかな(笑)


ということで中央ではもう走ることがなくなったジスターキ。
お疲れさまでした。

COMMENT

ジス嬢お疲れ様でした。

私も良血ステゴ牝馬(プチノワールの子、ニエロ)を持ちましたが、ドンケツ続きで引退。地方ですら走る様子なし(泣)

私の一口馬主の1ページに
「ステゴ牝馬は走らなくても気にしない」
が刻まれております。

ですので、picotさんも相当悔しい、というより絶望の最中かもしれませんが、カルヴァリオとともに前に進もうではありませんか!

No title

アキュチャーさん
共にステゴ牝馬で痛い目をみたことになりましたね…。
「ステゴ牝馬は走らなくても気にしない」
いい言葉です。私の座右の銘にします。
14年産で1頭高いの出資しちゃったんだよな…。
ジスターキの引退と走らなさはショックでしたが、残っている馬たちと前を向いていきますよ。カルヴァリオで上を目指します。お気遣いありがとうございました!

(;>_<)もう引退ですか?ここ最近のシルクさん見切り早いように思います。

No title

スージーさん
もう引退なんですよ。まあこれ以上走ってもダメだった可能性が高いんですが、まだ工夫の余地はあったと思うので最後まで希望を捨てずに走らせてもらいたかったですね。

性格の問題で素質はありた様なので、残念ですね~

出資していたタイムアラウドが勝てそうで、なかなか勝てない未勝利戦を脱出した時を思い出しました。あの年は、同じメジャー産駒の女の子がいましたね~あの仔は、未勝利引退を誰もが覚悟してたと思いますが…確か2~3勝してませんでしたか?

購買力上げる為とクラブの定員割れ防ぐ為と出資者の負担を考えてなんですかね?なんか寂しいな~暑い甲子園があっても良いんじゃないのかな?案外、好きです。甲子園。

No title

スージーさん
気性はわからないですね…。ステゴ牝馬なのでリスクはあったんですが、ここまでとは…。
タイムアラウドの世代のダメジャー産駒はアウレオーラですね。調べたら15戦目で勝利しているんですね。最後まで諦めずに勝たせてくれた大久保調教師は素晴らしい。大久保先生ならジスターキも諦めなかったのかなぁ…。

そうそうアウレオーラでしたね。確か…胴長の仔だったと思います。スタミナありスピード無しだったのかな?障害も勝った記憶があるんだけど、違ったかな?

大久保先生は、素晴らしい調教師だったと思います。流石って感じましたね。あんな素晴らしい先生が引退した事は残念でした。年齢での引退は何とかならないもんですかね~あの先生だったら開花させてくれてたかもですね。

気性は難しいですよね~気性悪く発揮出来ない仔もいるし、負けん気な仔じゃないと勝てないし…難しいですよね。ステゴ牝馬は…って聞いてますが気性が悪いって言うより、父親似のヘソ曲がりなのかな?

私は此処だけの話し、ステゴよりゴールデンサッシュの血が好きなんです。息子にも、何で?って聞かれましたが、見れば分かるよ。と言いました。

No title

スージーさん
大久保調教師さんは今も現役だったら出資馬預かってほしいですね。
ステゴ産駒はへそ曲がりなんですよね。ねじれちゃうとどうにもならないんですよ。ジスターキにはひねくれた気性を伝えないでいい仔を産んでもらいたいです。

そうですね~大久保先生の様な先生と呼べる様な、調教師って仕事にプライドを持っている方は少ない様ですからね。

駄目なら次!はい次!ってな流れ作業で扱ってるつもりではないのでしょうが…なんせ生き物で馬主やファンからしたら感情があるわけで、そうも行きませんからね。最後まで諦めず扱って頂きたいものです。

No title

スージーさん
そうですね。
いい成績をあげてくれることも大事ですが、馬を大切に扱ってくれる調教師さんにお願いしたいですね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

次走予定

7/30   ビターレ

札幌・3歳未勝利 ダ1000m

    ブラックジェイド

札幌・3歳以上500万下 ダ1700m

8/ 5   ソルオリーヴァ

札幌・3歳未勝利 芝1200m

8/12   カルヴァリオ

札幌・STV賞(1000万下)芝1500m

*8/13 札幌・HTB賞の可能性もあり

8/27   パドルウィール

小倉・小倉日経オープン 芝1800m

2017年成績
5-2-5-5-2--22
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター