プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

ノルマンディーファーム見学

先日、ノルマンディーファームを見学してきました。

様子見しているハッピーキャップを見る目的で行きましたが、せっかくなのでその他で良さそうに見える馬も見てきました。
案内してくれたスタッフの方にゾネブルムに出資していることを伝えると、期待に応えられずすいません、と謝られてしまいました(笑)。兄弟も晩成だったし、緩さが解消したら変わってくるのではないかとのことでしたので、秋までの勝ち上がりに期待したいです。

ハッピーキャップ(ミッドキャップの12、父:マンハッタンカフェ)


徐々に見栄えのする馬体になってきましたが、腰高ですしまだまだ成長しそうです。
バランスはやはりよく見えますね。ただ胸の厚みはあまりなかったですし、力強さもあまり感じませんでした。全体的にもう少しボリューム感がほしいなと思いました。動きは柔かみがあっていい動きをするとのことでした。
性格は素直とのことで、問題になるようなところはないそうです。
早めの入厩という話もクラブの情報で出ていましたが、スタッフの方に伺うとまだ成長しそうなので早めの入厩はないのではないかと仰っていました。私もまだまだ競馬に行って勝負になるほどまでは成長していないなと感じました。
ちなみに最近更新された情報です。
2014/4/30 (ノルマンディーファーム)
馬体重:457kg
引き続き馬場1周と坂路2本を18〜20秒ペース(週2回は14〜15秒ペース)のメニューを消化しています。ペースを上げて乗り込んでいますが、へこたれる様子は全くありません。飼葉喰いも安定しており、体を見ても着実に成長している様子が伺えます。中間からゲートの通過と駐立をおこなっていますが、素直な性格ということもあって問題なく対応することができています。全体的に見て良化が感じられるので、この調子でさらなる上積みを求めていきたいところです。



グレイスフルワード(タニノハイクレアの12、父:ハーツクライ)

牝馬ならこの馬かなと思い見てきました。
まともに立ち姿の写真がとれないくらい煩かったです(笑)。気性がすごく悪いわけではないので競馬にいってからはそんなに影響ないのでは、とのことでしたが、どうでしょう…。
クラブの更新写真よりはバランス良く見えましたが、見栄えがするかと言われるとそれほどではなかったです。歩かせると硬い印象でした。牝馬ですし、もう少し柔かみがあってもいいのかなと思いました。

ルグランパントル(ザッツザウェイの12、父:マツリダゴッホ)

落ち着いていて堂々としていました。バランスも整っているなと感じましたが、全体的にスッキリしていて、もう少し肉付きが良くてもいいのかなと思いました。
最も早い調教組で、もうそろそろ入厩しそうとのことです。順調にいっていて仕上がりも早そうなので、今回見た中では現段階で一番勝ち上がりに近い馬だと思いました。
スタッフの方に、12年産のクラブ馬で最も牧場の期待が高い馬をお聞きすると、この馬とキョウエイトルースの12とのことでしたので、牧場での評価も高いようです。キョウエイトルースの12は40口で候補外なのでもちろん見学はしていません(笑)
ゾネブルムに出資しているので、またマツリダゴッホ産駒に出資しようとは思わないですね…。

ソリッドアクシス(シスタークイックの12、父:Flashy Bull)

追加募集の外国産馬ならこの馬が良さそうに見えます。
この馬も見学時は落ち着いていて好印象でしたが、普段はもう少し煩いそうです。
バランスのとれた馬体で見栄えがしました。筋肉質ですし血統的にもダートだと思われるんですが、現在440kgくらいとまだ小さめなので、もう少し大きくなってほしいところですね。

スイートアスペンの12(父:ファルブラヴ)

最近追加募集された騙馬です。デビュー前から騙馬になるとはマイナスな印象を持ってしまいますが、気性的には去勢する以前から全く問題なかったそうです。ファルブラヴの産駒で活躍しているのが騙馬か牝馬で、牡馬は硬くなりやすいので岡田牧雄氏の意向でセリで購入後に去勢したとのこと。デビュー前から騙馬にするのは岡田氏の名義の馬では珍しくないそうです。
馬体は力強さには欠けますが、バランスはまあまあ良かったです。気性は悪いわけではないと思いますが、少し敏感なところがあるように見えました。
何といってもこの馬は安いのが魅力ですね。1勝さえできればほぼ募集額を回収できますしね。今キャンペーン中で、出資額の10%割引で且つ2ヶ月分の会費が無料になります。会費分も出資額から引いたことにすると、総額が600万円位になるので、そう考えるとお得な馬ですね〜。維持費も5月分からですし。


全体的には、シルクのノーザンファーム育成馬たちと比べると小粒な印象でした。まあ、血統が違いますし、当たり前といえば当たり前なんですが…。
今回見た中で最も見栄えのした馬はソリッドアクシスなんですが、私の好みはやっぱりハッピーキャップですねぇ。ただ、今の時期であの馬体の成長度は若干危険な香りもします(笑)。出資するかはわからないですが、どんなふうに成長するか楽しみなので応援はしていきたいと思います。

COMMENT

Unknown

フィルさん、こんばんは。
牧場見学当日は天気も良くていいドライブになりました。

キョウエイトルースの12は血統的には最も魅力のある馬ですよね~。馬体も良さそうに見えますし、私も400口なら考えましたね。

社台系の馬たちとの質の違いは見学して感じました。ノルマンディーの魅力はお手頃価格以外では、社台系にない血統の馬がてるということだと思いますので、そう考えると日高にしかない血統の馬は面白みはあるんですがね~。
人によって楽しみ方は違うと思いますが、それなりの成績を望むのであれば、ノルマンディーの馬たちはきついかな…と。各世代で当たり馬が1頭いるか、1頭もいないかくらいで考えたほうがよさそうですね~。

Unknown

ぴこっとさん、こんばんは。
ノルマンディーファームまでの長距離ドライブお疲れ様でした。

キョウエイトルースの12、各地で400口だったらなぁと言われてますよね。フレンチ×母父フジキセキで募集価格2200万ならとっくに満口だったでしょうに…。

あくまで私の主観ですが、この5頭で選ぶならスタートダッシュで比較的手薄の夏を狙えるザッツザウェイの12か、初めて購入したPOG本でこの牧場で昨年からの上昇度では1・2位を争うと書いてあったミッドキャップの12でしょうか。

ただ、血統や毛艶はシルクと比べると確かに…ですね。あくまで傍系血統買うクラブ(エンパイアメーカーやファルブラヴ、良血だけど安いヴァーミリアン)として割り切ればアリかもしれませんが。

EDIT COMMENT

非公開コメント

次走予定

10/ 9   ウィッシュノート

京都・3歳以上500万下(牝)ダ1200m

10/15   トラソニャータ

東京・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
5-6-6-6-6--27
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
ツルマルワンピースの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター