プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

ノーザンF空港見学(2017年2月)その1

去年の11月に、ノーザンファームに牧場見学に行ってきて、いつもの私のパターンだと次は春に行くことが多いんですが、11月に行ったときは申し込みが遅くて早来に行けずという失敗をしてしまったんで、早来の馬たちを早めに見たかったということもあり、このタイミングで行ってきました。

今回は出資馬の成長具合を確認しに行くのがメイン。あと気になっている馬も数頭いましたので、その馬たちも確認してきました。
今回もなかなかおもしろい情報が聞けましたよ。
ただ、今回はオール厩舎内での見学で写真の質が…
ちょっとアレなんですが…
まあもともと写真のレベルは高くないブログなんで、気にしないで下さい。


それでは、まず空港牧場から。
空港牧場の案内はシルク兄さんでおなじみの、門さんでした。




ブラストワンピース(父:ハービンジャー 母:ツルマルワンピース)
DSC01949.jpg
DSC01946.jpgDSC01931.jpg
馬体重:488kg
出資検討馬。
後ろから写真を撮ろうとすると驚きまくり。恐がってしまい落ち着くのに少し時間を要しました。でも落ち着いた後は、最後まで大人しかったです。まだ若馬なのでそういうこともあるとのこと。まああまり気にしなくてもよさそうです。
普段は大人しい。乗っていてもうるさいところはない、と。
調教は坂路16秒くらいで今のところ順調に進められている。動きは体もうまく使えているし、バランスよく走れているのとの評価。現段階では完成されている方だ、とも。
骨量も多く、力があるパワー型とのことですが、ハービンジャー産駒はそういう馬が多いので、この馬もよくいるハービンジャー産駒のタイプだと。パワー型と言っても他のハービンジャー産駒と同様、ダートというよりはおそらく芝じゃないですかね、と。すでにがっしりしていましたが、これからもっと幅が出てくると思う、と仰ってました。
春先には15-15で走れそうで、上半期の最後位に送り出せるか、というところらしいです。順調に来ていますので北海道でデビューできるかもしれないですね。
門さん曰く、残っている馬の中ではおすすめできる一頭とのこと。勝ち上がり率とか成績考えるとハービンジャー産駒は頑張っている方ですのでね。




ツィンクルペタル(父:ヘニーヒューズ 母:ツィンクルブーケ)
DSC01950.jpg
DSC01958.jpgDSC01962.jpg
馬体重:448kg
出資馬。
秋に見た時よりも、かなり締まった印象で、無駄なものがなくなってきた感じ。これから調教を重ね、筋肉がついてくるとのこと。
現在坂路で16から17秒。最初の頃は前掛かりの走りだったが、段々バランス良くなって大きく動けるようになってきた。相変わらず掻き込みが強い走り。
やはり走りを見るとダートっぽい、と。走りは安定感がある走りで、そういうところもダートっぽさを感じる。芝馬は軽い走りでフワッとした走りに見えるが、ダート馬は地に足着いたようなどっしりした走りに見える、とのこと。競馬使ってみないとわからないですが、今のところダートっぽいですかね~と仰ってました。
ただ、柔らかみはある馬で、乗っていても背中には柔らかさを感じる、とのこと。ダート馬は硬くてごつごつした馬も多いが、一流馬になると芯の強さがありつつも柔らかさもある馬が多い、ということで、ダートの一流牝馬になってもらいましょう(笑)
気性的にはそんなにうるさくないが、子供っぽさは残る。でも精神的にはだいぶ大人になったとのこと。以前はあっちキョロキョロこっちキョロキョロという感じで調教でも集中してなかったが、今はだいぶ集中力が増してきた。調教はビシッと乗れる乗り役が乗っているとのこと。
大和田調教師も見に来ているとのこと。この前、阿部社長と大和田調教師が一緒に見にきていたらしいです。たまたま一緒になったみたいです。待ち合わせしたとかそういうことじゃなk…(省略)。
いいバランスのまま成長しているので、このまましっかり育てていきたい、と飯野厩舎長のお話でした。




ディロス(父:ステイゴールド 母:ラトーナ)
DSC01969a.jpg
DSC01972.jpgDSC01979.jpg
馬体重:484kg
出資馬。
最初に見て、ああいい馬だなと思えました。去年の秋会った時よりも格段に良くなっている。近況写真よりも後躯に幅が出てきて、バランスが整ってきましたね。
調教は現在16-16で一番進んでいる組。走りは、以前は頼りなかったところがあったが、段々体力もついてきてパワフルになってきた。フットワークが力強くなってきた、と。
そのパワフルさについて。血統で言えば芝の長距離だろうが、この力強さは芝でやるのはもったいないくらい。ダートでもいけそう、という話も。ステイゴールド産駒にしては捌きが硬い、ということもあるそうですが、ダートとは思っていなかったぞ…。まあダートでもシルクメビウスみたいになってくれたら、それはそれでいいんですけどね。ただイメージはつかないな…。おそらく普通に芝馬のような感じはしますが。
担当の方はかなり自信があるようで、動きは相当いいと感じているとのこと。背中は硬すぎず柔らかすぎず、非常にいい感じ。走っている時もリラックスしている、とのこと。
気性も、ステイゴールド産駒らしからぬ気性で、普段は大人しく、この厩舎で一番手がかからないそう。それはすごい…。ステイゴールド産駒ですよ。信じられません…。写真を見てください。終始こんな感じで落ち着いていました。顔がもう仏のような域に達してますよね。
そして、走る時は自分からグッとハミをとって走るそうで、抑えるのが大変だそう。これも人間の指示に従わない、言うこときかないというわけではなく、今の調教ペースよりはやろうと思えばもっと走れるという感じらしい。まだまだ余力があるんですね。なんとも頼もしい。
一時走っていた馬格のあるステイゴールド産駒にタイプ的には似ている。ゴールドシップとかフェノーメノとか。という話もありました。
お話を聞いていると普通に期待しちゃうんですけど、と言ったら「はい、僕も期待していますよ」と何とも自信たっぷりに、あっさり返してくれちゃいましたよ…。これは、やっちゃうんじゃないですかね…。私の期待度メーターの針が振り切れました。




次回も空港編。

中川厩舎の牝馬3連発いきます。



乞うご期たウィ。

COMMENT

No title

牧場見学いいですね!
至福の時です(^^)

ブラストワンピース検討中なんですね

ノルマンディーのロワとレイはいつ満口になっても
おかしくないので悩みどころですね(*^^*)

Re: No title

きずなさん
ほんと至福の時でしたわ~。
ブラストワンピースは見ましたが、出資はないですねぇ、きっと。
ノルマンディーの2頭は気づいたらめっちゃ減っててビックリ!
そろそろ決断の時が…
悩むぅー!

EDIT COMMENT

非公開コメント

次走予定

10/ 9   ウィッシュノート

京都・3歳以上500万下(牝)ダ1200m

10/15   トラソニャータ

東京・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
5-6-6-6-6--27
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
ツルマルワンピースの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター