プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

出資候補馬(シルク編)

12年産のシルクでは何頭か様子見している馬がいます。
その中でも現在のところ出資に気持ちが傾いている馬No.1はプルーフオブラヴの12です。
理由は安いから(笑)
いやいや他にも理由はありますよ♪

1月の写真です。


募集時の写真やDVDを見ると、どっしりしていて動きも重そうな感じで、体高も低いちょっと足の短い女の子なんですが、伸びのある馬体でトモもしっかりしていて、踏み込みも深く、うまく成長すればおもしろいんじゃないかと思っていました。何よりがっちりした馬体が丈夫そうに見えました。
しっかりとした腹袋も健康な証しでしょうし、シルクの募集馬検討会でノーザンファーム空港の並木さんが言われていましたが、余裕のある腹袋を少しシュッとさせたいが調教を強めていっても飼葉喰いも減らないし全然応えなくシュッとしないそうです(笑)
それくらい体力がある馬だと褒めて(?)いました。

そして調教での走りが私には素晴らしく見えました。重心の低い安定した走りで、前肢は脚さばきがよく強い掻き込みでパワーを感じさせますし、後肢は深い踏み込みから強い推進力を生み出しているように感じました。何というか、グイー、グイーと進んで弾むような…(素人的表現)

うーん…、欲しい。
欲しいけれども、他にもこの馬を出資検討されている方は多いと思いますが、色々と心配な材料もありますよね。
正直、もう少し体高が欲しい。
しっかりしてそうに見えて意外に菅囲が細い(12月で19cm)。でも足短いから、負担は足の長い現代っ子よりは軽いのかな?
血統的にも、母系は伯母にシーキングザパールがいますし、母父サンデーなので文句はないんですが、父チチカステナンゴですからね…。
でも安いから募集額くらいは稼いでくれるんだろうなぁ。いや、うまくいけば第二のエクセレントビューにもなれるんじゃないか!?と妄想は膨らむばかり。

ちなみに2月の近況です。
2014/02/03 <所有馬情報>
北海道・ノーザンファーム空港在厩。週3回屋内坂路コースでハロン17〜18秒のキャンター2本、残りの日は周回コースでスローキャンター1,200mの調整。担当者は「元々しっかりとした走りを見せていましたが、継続した乗り込みでさらにパワーを付けており、手応え十分に登坂しています。以前はヤンチャな一面もありましたが、今は落ち着いて調教に取り組めているのも好印象ですね。今後も徐々に負荷を強めていきます」とコメント。馬体重461kg


順調そうですね。走りからもパワーはあるんでしょうね。
まあすぐには満口にならないと思うので、もう少し様子見したいと思います。


*募集馬の情報・写真についてはシルクHCの転載許可をいただいております。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

次走予定

8/20   ソルオリーヴァ

札幌・3歳未勝利 芝1200m

8/27   パドルウィール

小倉・小倉日経オープン 芝1800m

9/ 3    キングスヴァリュー

新潟・新馬戦 芝1800m

9/16   ディロス

阪神・野路菊S 芝1800m

2017年成績
5-3-6-5-3--24
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター