プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
出資馬タグリスト
検索フォーム

My special horse

先週、出資馬クードラパンの引退が発表されました。

引退期限の3月を待たずに引退することになり

まだあと1、2戦走るところを見られると思っていただけに

ちょっと残念ですが、

お母さんになるという大事な仕事が待っていますからね。

仕方ありません。

お疲れさまでした、クードラパン。




クードラパンは私にとって

本当に、本当に

特別な馬。

クードラパンを通して

いろいろな経験をさせてもらいました。




私がはじめてクードラパンに会ったのは

まだルシルクの13だったころ。

YearlingからノーザンF空港に移動したばかりの時でした。

牧場見学で会うのを楽しみにしていた私でしたが、

私の前に出てきたと思ったらブヒブヒ言いながら立ち上がろうとしたり

暴れまくり…

まさかの面会拒否か…(笑)

スタッフさんが、怪我したら困るからと厩舎内に移動して

会わせていただきました。

DSC00683.jpg

目が…(笑)

でもこのお転婆っぷりがラパンのかわいいところ。

ちょっとこの時心配しましたけど

出資してよかった。




このお転婆っぷりは入厩してからも変わらず

私の最も好きなエピソードの一つに

久保田先生を振り落すというのがあるんですが、

その時のコメントがコチラ。

久保田調教師
「昨日は今日の追い切りのために角馬場で私が乗って運動を行っていたのですが、元気が有り余っていて振り落されてしまいました。躓いた拍子に落ちることはありますが、普通にしてて落とされたのは最近記憶がありません。まだ2歳のこの時期ですから精神的に幼いのは仕方ないですが、結構言う事を聞いてくれないタイプですね」


カワイイ…

大好きこのエピソード(笑)

久保田先生は明治大学の馬術部時代、

全日本学生馬術選手権を3連覇し、

オリンピックに行こうと思えば行けた実力の持ち主だったとか。

そんな人を振り落すなんて…(笑)

すごすぎるぞ、お転婆ラパンさん。

お転婆すぎて2歳のころのコメントは

気性のことばかり書かれてましたね。




クードラパンと言えば尻尾を抜きにしては語れない。

尻尾のエピソードで印象的なのは

短いから夏場に虫を追い払えず

可哀想だからと久保田先生の提案で付けた

尻尾のエクステ。

その時のコメントがコチラ。

久保田調教師
「短い尻尾では虫などを払うことができず、特にこれからの季節は虫が多くなり、かなりのストレスになると思うので、能面に使う馬の毛を編み込みエクステ代わりにしました」

11217596_993876777289397_3399898282915583121_o.jpg

このエピソードも大好きなんですけど、

尻尾が普通にしてても不自然で、

走ってなびくともっと不自然だったので

デビュー戦の1走だけで終わってよかった(笑)




お転婆だったり、尻尾のエピソードだけじゃなく

G1にも挑戦するほどの馬だったのですよ、ラパンさんは!

なお第一線で走れたのは3歳の春まで。

でも2歳の時でもG1に出走できたのは立派な勲章です。

私にとってはじめての出資馬のG1挑戦だった

阪神ジュベナイルフィリーズ。

あのときはドキドキだったなぁ。

2連勝で臨んだし、

8人気だったけど、意外にいけるんじゃね?

とか思ったけど、甘かった…

13着…

でも楽しませてもらいましたし、出られただけで嬉しかった。

現地観戦したまつりさんに気を利かせてもらい、

クードラパンのグッズを送ってもらったことは一生忘れません。

ありがとう、まつりさん!




このあとも桜花賞とか、

重賞で、とか

そういうステージでの走りに思いを巡らせましたが

桜花賞にも出られず、

最後まで条件馬からは抜けられず…

引退期限の3月までになんとかOPに上がんないかな…

とか思いましたが、仕方ありません。

でも1600万下までいったんだから

私の中では十分。

1000万下を2勝もできましたし、言うことありません。




私の中のベストレースは

3歳の時のHBC賞かな。

d_02570009.jpg

勝つの難しいんじゃないかなと思ってましたが

見事優勝。

目の前で勝ってくれたこともあって

嬉しさ倍増。

あの時も嬉しかった。




5歳時の潮騒特別の復活劇も最高だった。

1001.jpg

3歳時以降、2年間馬券にも絡まない成績が続いていた中での

2年ぶりの勝利。

この時も嬉しかったなぁ。






長々と書きましたけど、

本当にクードラパンには感謝しかない。

ありがとう、クードラパン。

次のお母さんになるという仕事を頑張ってください。

ぜひともいい仔を産んでほしい。

そしてラパンが欲しかった(と思う)

長い尻尾のある仔を産んでね!笑

メジャーエンブレムの仔には負けたくない!(私の願望)

正直、最近の出資が思うようにできないシルクでは

もう楽しめないんじゃないかと思って

退会…ということも考えたこともありましたが、

でもクードラパンの子供に出資せずにはやめられない。

その思いだけでシルクを続けていきます。




というわけで、

タイトルにも書きましたが、

My special horse.

おそらくクードラパンを超える馬は

今後も出てこないんじゃないかな、と思える馬。

いや、ちょっと待てよ。

確か前にも出資馬引退する時こんなこと書いたような…

でもちょっと違うんだよなぁ。

ラパンのspecialさは本当に特別(なお同じ意味)




最後に

もう一度、声を大にして言います。






クードラパン、





本当にありがとう


d_02330108a.jpg
募集時のこの写真が一番好き

COMMENT

クードラパン、お疲れ様でした!可愛い名前で早期から活躍しましたし、私としては羨ましい限り。

繁殖牝馬にもなれますし、ラパンの叶わなかった重賞制覇は子供に託されますね。血統は幼稚園児並みなのでアレですが、ロードカナロアとか付けて快速っ子が出来るんですかね?

ぜひラパンの子で夢の続きを見てください!

アキュチャーさん

無事繁殖に上がることができて本当に嬉しいです。実はシルクの出資馬でノーザンFに繁殖として戻ったのはクードラパンが初めてでして、今から子供に出資するのが楽しみで仕方ないです。でも、シルクに来るかわからないし、来たとしても現状の実績制だとお金持ちにかっさらわれるという…
なんとか出資したいので、シルクの現状制度の改革を心待ちです(笑)でも出資できなくても子供が走ってくれるのは楽しみ。それでその子が強くなってG1とか出たりしたらもう…
やっぱ出資したいわあああああ

EDIT COMMENT

非公開コメント