プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

もう愛馬の馬券は買わない。

きっとだいぶ前からうすうす気付いていた…

去年あたりから出資馬の数が増えて、

毎週のように愛馬のレースがあるようになってからは

本当はわかってたんだけど…






愛馬のレースって買わない方がいいよね。






私は前にも言いましたが、

愛馬のレースを見るときも冷静さを失わず

客観的に展開予想できる人間なんですが、

その冷静さと客観的な物の捉え方は

巷では、京子の試合を見るアニマル浜口並と言われています。




そんな私をもってしても、

愛馬のレースで馬券を買っても全く当たりません。

冷静さを失わずに愛馬のレースを予想してみるんですが、

「これ普通に勝つだろ」、とか

「なんとか掲示板!頑張って3着じゃ~!京子ぉー!」とか

通常、愛馬の場合考えちゃうよね。

賞金稼いで、あとついでに馬券も獲っちゃいましたって

そんな展開期待したいよね。




あと、あんまり自信ないレースでも、

もし間違って愛馬が馬券内に来て

馬券買ってませんでしたってことになったら

かなり損してる気分になるよね。




昨日、愛馬のパドルウィールが

小倉大賞典で大負けをしたんですが、

私の妙な自信ありありの記事を信じてくれて

ブロ友のじろうさんが

全財産(in PAT)をパドルの複勝に投じてくれました。(500円)

じろうさん、ありがとうございます。

そして、すいません。

じろうさんだけに勝負させるわけにいきませんから、

私も全財産(in PAT)いきましたよ(2000円)




こうして、妙な自信は

2人の男の全財産(in PAT)をすっからかんにしたわけで、(総額2500円)

これはなんとかしないといけないな、と。

被害が拡大する前に対策を講じねば、と。




やっぱりね、愛馬のレースは買っちゃいけないですね。

私は一口をはじめてからは、

まともに馬券を買う頻度は少なくなったんで、

被害額自体はそれほどでもないんですが、

ただチリツモで大きな額になりますからね。

そして、今年の馬券成績がひどいありさまで、

そのだいたいが愛馬絡みですから…。

もし愛馬の馬券でおいしい思いをしても

同じような馬券の買い方をしていたら

絶対トータルでマイナスになりますよね。

いつもいつも馬券内に来るわけじゃないから。

一口歴もうすぐで4年になりますが

最近気付きました。

早めに気付いて良かったです。





というわけで、


ここに宣言しますが、



もう愛馬の馬券は買わないことにします。








妙な自信がない限り。(買うなコレ)

第2のオグリキャップ

先日の

『NHKプロフェッショナル 仕事の流儀』 ~競走馬・オグリキャップ~

見ました。

楽しませていただきました。

最後の引退レースは何度見てもうるっときますね。

私はアレに弱い…。




やっぱオグリはすごいなぁ。

何がすごいって

卓越した心肺機能という身体能力もさることながら、

気性とか精神力とかでひっくるめられてしまいますが、

勝負根性、ON・OFFの切り替え、レースへの気持ちの入れ方とかが

他の馬とは違ったんですね。




オグリは並外れた身体機能を持っていたのは明らかなんですが、

でも、オグリくらいの身体機能を持つ馬は、

おそらく日本の競馬史上では何頭もいたはず。

オグリのすごさはむしろ精神力だったんじゃないかと

特集を見て思いましたね。

あのひたむきに走る姿と

崩れない安定した成績を支えていたのは

類まれなる精神力に他ならない。

そう思いました。




アレを見て、

私も第2のオグリのような馬を一口で持って見たい。

そんな気持ちになった一口馬主も多いのでは。

私もその一人です。




しかしですね、ああいう魅力的な馬というのは

どういうふうに生まれるんでしょうか。

強い馬、安く取引されたけど名馬となった馬、

個性的な馬、ドラマチックな生涯を送った馬

というのは、オグリ以降もいましたが、

なぜかオグリのような感情は沸いてきません。




オグリほどではないというのもありますが

他に根本的なものもある気が…




そんな疑問を持っていたところ、

とある記事を発見。

これを見るとちょっと分かった気がしたので紹介します。




オグリキャップの「半額」の弱者ブレスジャーニーが活躍も上がらない注目度。キタサンブラックやモーリスが「第二のオグリ」になれない理由





なるほど。

この記事では、オグリのような馬が現代になかなか現れない背景に

日本競馬界が発展のため努力し、

世界から良血が集まるようになった結果、

二流血統の馬でも、少し血統を遡れば

活躍を後付できるような”血”がどの馬にも眠っている。

オグリのような説明不能の活躍馬は存在しにくい。

そういうことなんですね。




記事に取り上げられたブレスジャーニーも安く取引されましたが、

結局、母父がサンデー直仔のフジキセキだったり

曾祖母がダイナカールだったりということで

活躍してもおかしくない血統ということになっちゃうんです。




オグリの父ダンシングキャップは重賞も勝ってませんからね。

母系も特に優秀でもない。

ホワイトナルビーはあとから桜花賞馬・オグリローマンを産んで、

実は名繁殖牝馬だったということになっちゃったんですけど、

血統的には最初から評価される馬ではありませんでした。

オグリが産まれた時点では完全に雑草といっていい血統です。




しかし、今の競馬界じゃ良血じゃない馬と言っても、

どこかにサンデーが入っている。

岡田総帥もサンデー系の種牡馬はどこから活躍馬が出てもおかしくない

と言っていましたし、

母系にサンデーが入っていても可能性を感じますよね。




サンデーが入ってなくても、

キンカメの系統の仔や海外の優秀な種牡馬たちの仔だと

活躍してもおかしくないと思っちゃいますし、

非サンデーというだけじゃドラマチックになりません。

でも非サンデーは第2のオグリの必須条件でしょう。




というわけで、今の日本の競馬界で第2のオグリになるような馬は

以前よりも現れにくくなっているという現状があるんですね。




もし、現れるとすれば以下の条件を満たす馬でしょう。


■サンデーを全く持たない。

■父は、何で種牡馬になったの?というくらい大したことのない競走成績。

■父の産駒成績は二流だが、その1頭だけが突然変異的に強く産まれた。

■母も大したことのない競走成績と繁殖成績。

■小さな牧場で生産。

■安く取引された。

■できれば地方から競走生活を開始。 →雑草を演出

■できれば芦毛(笑) →女性・子供を味方につける



最後の芦毛はいいとして、この条件を満たした上で

並外れた身体能力と精神力を兼ね揃えている馬が

第2のオグリです。




そんな馬、まずいませんね(笑)

でも可能性はゼロではない。

私はあきらめませんよ。

目指すはクラブ馬で第2のオグリ発掘です。




言えるのは、

社台系の牧場からはオグリのようなアイドルホースは絶対に生まれませんね。

雑草感がまったく出ない。

なので、第2のオグリは日高からですよ。

日高じゃなくても非社台ならいいです。

今でも小規模牧場では最初から地方競馬で走らせることを考えて

配合されている馬たちはいますから、

そのあたりが狙い目です。

その生産者さんが、

あらこの馬、意外に出来がいいんじゃね?

ということで、セリに出し、

セリでは血統表を見ずに馬を見る男、

我らが岡田牧雄さんに見初められ、

超低価格で落札。

ノルマンディーで募集。

地方から競走生活をスタート。




これが”私が”クラブ馬で第2のオグリに出資するシナリオです。

牧雄さんはマイナー血統でもどんどんセリ落としますからね。

アポロキングダムの仔とか…。

そんな牧雄さんのクラブ、ノルマンディーでは

このようなシナリオ自体はあり得そうですが、

問題はその馬が強くなきゃね…。




でも、牧雄さんが選ぶ二流血統の馬から



選び続ければ、いつか出会えるかもしれませんよ。










第2のオグリに…(牧雄さん、ついていきます)

オグリキャップ

なんと、

2月13日の『NHKプロフェッショナル 仕事の流儀』の主役は





オグリキャップ


オグリ




馬がこの番組で扱われるのは初。

ていうか、人以外が特集されるのは初だとか。

これは凄いですね。

ぜひ見なきゃ。




実は私、

隠していましたが、

大のオグリキャップ好き。

ミーハーと言われようとも

あの強さ、あの生き様には惹かれます。




オグリキャップの現役時代は私は小学生で、

リアルタイムでレースは見たことはなかったんですが、

オグリが引退した翌年から悪友に誘われ競馬を見始めて、

まだオグリ引退の余韻がある頃でしたし、

日高ではオグリの見学者で溢れ、

大いに盛り上がっていた頃なので

オグリがどれだけすごかったのかはちょっとは感じてきた年代です。




現役時代のレースは何度も見ましたね。

実際に私も父親に何度も優駿スタリオンステーションに

連れて行ってもらいオグリを見ましたよ。

北海道のローカル局が作ったオグリ特集の特別番組を

中学時代に録画して何度も見ていた記憶があります。




私が当時、妙に好きだったのが

オグリの特徴である独特の手前の替え方。

その独特の手前の替え方で手前が替わると

もの凄いエンジンがかかるという。

必殺技みたいでなんかカッコいい。

そういうところもなんとも魅力的に感じられる馬でした。




今、地方からあんな風に地味な血統で、

最初から地方でしか走らせる気がないのに

ものすごく強くて、

周りが、中央で見てみたい!と

騒ぐような馬は出てこないですからね。

岡田総帥がやろうとしているのは

作り上げられたサクセスストーリーのようで

個人的にあまり盛り上がりません。

オグリみたいな馬はもう出てこないのかなぁ。




久しぶりにオグリの特集が見られるのは楽しみ。

出資馬がもう1ヶ月も走っていなくて、

ひまひま星人だったので

こういうところで楽しもう(笑)

みなさんもぜひ。

予告MOVIE

暇、そしてツキのない1月…。でもきっとこれからいいことが…

現在3歳以上の現役出資馬は全部で14頭いるんですが、

そのうち在厩しているのはパドルウィールとアナザートゥルースの2頭だけ。

去年あたりから出資馬が増え、毎週のようにレースが見られたんですが、

なぜか1月は出資馬たちが一斉に休養に入り、

次に予定されているレースが2/19までないという

暇な状態になっております。




本当に暇や…

レースがないのはつまらん…

しかも、私の今年に入ってからの一口運はよくない。

1月に出走した出資馬たちは

4着(7番人気)、10着(3番人気)、8着(1番人気)と

成績わるっ…

それなりに人気になっていても応えられてない…

完全にスタートダッシュに失敗してますね。




なおかつ、パソコン画面の右上でも愚痴ってますが

ノルマンディーのお年玉年賀はがきも

馬名総選挙の候補にもハズレ、

つまんねぇに拍車がかかっております。

まあどっちもそうそう当たらないのはわかっていますが、

馬名のほうは知ってる方も結構残ってるし…

なぜその馬名が残るのに私のは…というのもあるし…(極めて失礼)

絶対クラブスタッフ、無作為に選んでるだろとか思っちゃうし…

愚痴が止まりませんね。

これはまずい流れ。




でも、こうついてないことが続くときは

きっといいことが…

すごいことが…

どかんとあるのが人生ですよ。




来ますね、そろそろ私にツキが。







ものすごい物が当たる気がします。










きっと、








シルクのキャンセル募集とか馬名採用とか














内田博幸トートバッグが当たりますね。
(ノルマンディーのプレゼント)

ノルマンディー馬名総選挙の最終候補に…

馬名に関しては、初めて出資馬の名前を応募した頃はかなり力が入っていたんですが、

最近はそれほど力が入っていません。

なんというか、いい意味で力が抜けてきたというか…。

考える名前も、以前はキラキラネームっぽい名前が多かったのが、

最近は若干冒険に出ている名前も多いです。




さて、本題のノルマンディーの馬名総選挙ですが、

私は今年で3回目。8頭目の馬名応募。

今まで一度も5頭の最終候補に入ったことがありません。

今回はエスワンスペクターの15ヴイプラドの15の2頭に応募しました。

そろそろあるかな、と思っていたら土曜日の0時から選挙開始でしたね。

去年もそうだったのか覚えていませんが、

なぜ0時なんだ…

よくわかんないけどノルマンディーも力が入っている行事だということはわかります。




私はこの2頭の名前、

ほどほどの自信の出来。

以前ならもっと時間をかけて考えたところでしたが、

考える時間もそれほどかかりませんでしたね。

いい感じの力の抜け具合。




その力の抜け具合がはまったのか、







なんと、








馬名応募3年目にして









初の













最終候補入り!


































ならず。

ノルマンディスト名言集(その3)

ノルマンディストのみなさん、こんにちは。

そういえば、こんなコーナーあったなぁと

ある方のコメントで思い出したpicotです。

みなさんは憶えていましたか?

ではプレイバック名言集その1その2




気づいたら、3か月ぶりのこのコーナー。

私の引き出しにはもう名言は眠っていませんので、

ノルマンディストのみなさんの発信を私が拾って

このコーナーをなんとか存続させようと思っていましたが、

企画者がすでにこのコーナーの存在を忘れかけているという始末…。

せっかくみなさんが名言を発しても、

肝心のセンサーが故障しているようなものなので

拾いきれずに名言が気づかれていない可能性があります…。

誠に申し訳ありませんでした…。




なので、みなさん。


これからは、







名言応募制にします。








名言は自ら申請する時代に突入。

大名言時代の始まりです。

ただ審査は厳しいですよ。

簡単には通しません。

ノルマンディスト名言審査委員会(審査委員:1名)での審査を通り、

名言認定を受けなければなりません。

審査委員会が開かれるのは年2回。

しかも1回の審査で通らない可能性もありますので、

認定を受けるまでにかかる時間は長いと1年以上。

名言への道は厳しいのです…。

ですが、みなさん。

この道の険しさを聞いて気後れすることなく、

ノルマンディストの心を揺さぶる名言をよろしくお願いします。








さて、本題ですが、


今回も素敵な名言をご用意しました。





それでは、早速ですがご堪能ください。


















『ゴッホを征するものは、ノルマンディーを征す』 by じろうさん

















これはもう…

何も言うことありませんね…。

これはノルマンディーの歴史を知る

クラブ初年度からのノルマンディスト・じろうさんの名言です。

素晴らしい名言をありがとうございます。





最近活躍馬が出始めているクラブのゴッホ産駒。

この活躍を考えると、この名言はノルマンディストなら当たり前…

と、今なら思ってしまいますが、

初年度からの会員さんなら知っている。

ゴッホ不遇の時代を…





ゴッホの産駒デビューの年とクラブの初年度募集馬デビューの年は同じ。

つまり種牡馬としてのゴッホとノルマンディーの歴史は一緒にスタート。

デビュー前の産駒の出来は評判がよく、

クラブの馬も活躍してくれるんじゃないかとかなり期待が高かったんですが、

1期生(11年産)のゴッホ産駒は思ったほど走らず。

2期生(12年産)もそれほど走らず…。

なのにクラブはゴッホ産駒を募集馬に入れてくる手を緩めません。

ていうか、年々増えていく…。

3期生(13年産)なんか、20頭募集のうち5頭がゴッホ産駒…。

3次募集でゴッホ産駒が募集されたときにはかなりのブーイングでしたね。

もうゴッホいらねぇよという声が多数。

そして、どうせ走らねぇよという感じでした。

しかし、そのブーイングを浴びた馬がカルヴァリオ。

見事にブーイングを覆す活躍を見せてくれました。

同期のロードクエストが大活躍したこともあり、ゴッホ産駒の評価は急上昇。

14年産からも重賞でも活躍しているディバインコードやアリンナも出たので

今じゃ「ゴッホ産駒持ちたい」という声も増えました。

陰ながらゴッホを応援していた私からすると嬉しい…

けど、ちょっと人気になって淋しい気持ちもある…。

あの不人気だった頃が懐かしい…。

話しがずれてしまいましたが、

ここまで活躍馬が順調に出ていることを考えると

ゴッホ産駒を狙ってしっかり当てることが

ノルマンディーを征することにつながりますね。

なのでノルマンディストならこの言葉は肝に銘じておきたいところです。





この名言の凄いところは2013年に書かれているということですね。

牧雄さんの執念や岡田スタッドの種付け頭数の推移から、

ゴッホ産駒の活躍馬はいつかクラブから出るだろうと予測しているんですね。

じろうさん、素晴らしいの一言です。

しかし、初年度から現在までクラブ所属馬(地方馬除く。3歳以上)は94頭いて、

そのうちゴッホ産駒は16頭と約17%を占め、

相当募集馬の数は多いんですが、

外れも多いのが難しいところ…。

でも、なんとも言えない魅力があるんですよね、

ゴッホ産駒には。

以前記事にしたことがあるんですが、

ゴッホは狂気の天才芸術家なのですよ。

これが本当に魅力的。

なので、私は今後も追いかけていきます。

ゴッホと共に生きていきます。







さあ、いかがでしたか。

今回の名言は。

このコーナーで真面目な話をするとは思ってなかったんですが…。





え?

結局、名言って全部ゴッホじゃんですって?

何度も言わせないでください。

ノルマンディー=ゴッホ

ノルマンディー=牧雄さん

ノルマンディーはゴッホと牧雄さんから成り立っているんです。

ゴッホのいないノルマンディーは

もはやノルマンディーではありません。

カレーで言えば

ルー抜きカレーみたいなものです。

カレーが成り立ちません。

ルーがゴッホだったら、ライスが牧雄さん。

それでやっとノルマンディーというクラブが成り立つんです。

ゴッホがノルマンディーにとってどれだけ重要か。

わかっていただけましたね。









いやぁ、やはりノルマンディスト名言集はいいですね。

今一度大事な何かに気づかせてくれる。

今回の名言が心に響いたノルマンディストは、

やることはひとつですよ。

ヴイプラドの15を早くポチるのです。

私と一緒に当たって砕けましょう。

ノルマンディストならせめて一頭は出資してなきゃいけませんよ。

ゴッホ産駒に。

真のノルマンディストを目指す人は各世代で出資してください。







ということで、ノルマンディスト名言集。

次回をお楽しみに。(次回があれば)

本当はこの時期に

昨日はノルマンディーに歴史的な瞬間が訪れましたね。

クラブ創設後、初の重賞馬誕生。

ローズジュレップが兵庫ジュニアグランプリに優勝しました。

ノルマンディーおめでとう!牧雄さんおめでとう!出資者のみなさんおめでとう!

いいですね、こうやってクラブが盛り上がれば嬉しい。




次のクラブの目標はアレですね。

中央重賞初制覇。

それを成し遂げるのは、もちろんあの馬の産駒ですよ。



そう、



マツリダゴッホ





今、クラブにはカルヴァリオ、ディバインコード、アリンナという

ゴッホ三銃士…、




いや、







レッツゴッホ3匹がいますからね。
(いくらなんでもこれは…)








その3頭にはノルマンディーの、

牧雄さんの悲願をぜひ達成してもらいたい。








頑張れ、レッツゴッホ3匹。
(なお、ブラゾンドゥリスがさくっと達成しちゃう可能性あり)










おめでたい話題でスタートから大きく本題から脱線しましたが、

昨日まで書いてた牧場見学について。

今年もシルクの1歳馬たちを見に行ってきたわけですが

本当ならこの秋にはノルマンディーの馬たちも見に行く予定だったんです。

もう牧場見学は私の一口馬主ライフに欠かせないライフワークなんで。

去年も行ってきて、ブラックジェイドに衝撃を受けて出資を決めましたし、

今年も行って実馬をしっかり見て出資する馬を決めたいと思っていたんですが、

今年のノルマンディーは去年までとは違ったんです。

なかなか行けないんです。



なぜかというと、1歳馬の1/3以上がまだ






えりもにいるから。




erimo1.gif






えりもはね、北海道人でも遠くて躊躇しますよ…。

行けなくもないけど、見学時間が8:30~10:00ですから、出発は早朝…というか夜中…。

何頭も見たい馬がえりもにいるなら考えますが、

見たい馬が多いわけじゃないし…。

去年は10月までに牡馬は全てノルマンディーFに移ってましたから、

今年もそうかなと思ってたんですが、

一向にえりもから移って来ない…

かと言ってノルマンディーFだけというのも淋しい…

なのでこの秋にはノルマンディーの馬たちは見に行かない予定。
(ライフワーク、えりもに屈す)

ノルマンディストのみなさん、ホットな情報をお届けできなくてすいません…

そのうち2次募集がありそうですから、

そしたら見に行ってこようと思います。





でも時期が冬なので





気が向いたら。

News & お知らせ
【レース結果】
ウィッシュノートが3歳未勝利を11戦目で勝利!(6/17)

【お知らせ】
おみくじやめました。 飽きたから…。(6/17)

【レース結果】
アリンナが葵S(OP)を快勝!(5/13)
次走予定

7/  2   クードラパン

函館・道新スポーツ杯 芝1200m

      アリンナ

中京・CBC賞   芝1200m

7/  9   パドルウィール

福島・七夕賞   芝2000m

*7/16 函館記念の可能性もあり

7/16   ディロス

函館・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
4-2-4-4-2--18
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター