プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

まだまだやれる

20233022_1631837866826615_9057179491393554239_o.jpg






クードラパン(4歳・牝・1000万下)
[父:ダイワメジャー 母:ルシルク]
2017/07/24 <レース結果>
7/23(日)函館12R 潮騒特別〔芝1,200m・16頭〕4着[3人気]
互角のスタートから、馬群の外目を馬なりで追走します。直線入口でスムーズに大外へ進路を持ち出し追い出されるとグイグイ伸びましたが、ゴール前でやや甘くなり、4着でゴールしています。
岩田康誠騎手「ゲート内ではモゾモゾして落ち着きがなかったのですが、上手く出てくれました。他に行きたそうな馬がいましたし無理せずに追走しましたが、道中は折り合いがつきました。最後もいい脚を使ってくれたのですが、あとひと押しが利かなかったです。これまでとの比較ができないのですが腰が甘いというか、もしかするとフケが来ていたのかもしれませんね。揉まれこむと分かりませんが、今日のような形でも競馬は出来ますし、前に行く必要もないと思います



今回はいつもの前に行く競馬ではなく、

無理して行かず、

流れに身を任せて中断より後ろからの競馬。

今までもそういう試みをしたことありますが、

新馬戦以外でうまくいったためしなし。

これ伸びないパターンじゃ…

と思ったら、

直線、外を回って伸びてくるじゃありませんか…!




クードラパン潮騒特別1

ここから







クードラパン潮騒特別2

あと少し!







ラパン…
















まだやれるじゃん。
















そう思わせてくれた潮騒特別。

55kgでどうかと思いましたが、

このクラスではまだまだいい競馬ができそうです。

引退はまだ早いよ。




そして岩田騎手、素晴らしい騎乗でした。

岩田騎手は今まで乗ってくれた騎手とは一味違いますね。

コメントからも牝馬のことを理解している感じですし、

今後も乗ってくれたらラパンの力を引き出してくれそう。

ラパンが札幌競馬に向かえば乗ってくれる可能性もありそうですが、

おそらく放牧に出ちゃうので、

夏競馬が終わればもうしばらくは乗ってくれる機会はないでしょうね。

なんとも残念…




今回で後ろからの競馬もできることがわかったのは収穫。

最近は無理に前に行ってハイペースでつぶれちゃうことも多かっただけに、

いろいろ可能性を感じられるレースになりました。

もしかしたら避けてきた東京1400mもいけちゃうかも。




この後は秋競馬に向けて放牧でしょう。

夏の疲れを十分にとって、

また中山で元気な姿を見せてほしいです。

この夏は10→6→4着と

確実に良くなりました。




いける…

まだいけるぞラパン。

秋には復活しよう。




今年中にウイナーズサークルで

その短い尻尾をフリフリする姿を見せてね。


札幌2歳Sは夢だった…

DSC02347.jpg






札幌で会いましょう






札幌で会いましょう






札幌で会いましょう






札幌で…








ディロス(2歳・牡・新馬)
[父:ステイゴールド 母:ラトーナ]
2017/07/19 <近況>
在厩場所:18日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧
調教内容:
次走予定:未定
木村哲也調教師「こちらが思っていた以上に強い競馬をしてくれました。正直、まだ緩く、よくなるのはまだ先だと思っていますが、それでこの内容ですから、先々が本当に楽しみになりますね。レース後も脚元など変わりはないですが、初戦から一生懸命に走ってくれたようで、それなりの疲れがあります。能力があるのは確かですが、まだしっかりしていない現状では、今後のためにもここであまり無理をしない方がいいでしょう。札幌2歳ステークスは自重し、秋からの始動でいいと思っています






すっかり忘れてました…

キムテツ兄さんが天栄の一部だということを…

キムテツ兄さんの主要構成要素がTENEIだということを…

キムテツ兄さんの別名がプリンス・テンエーだということを…




地元で愛馬の走りを応援し、

札幌2歳Sという重賞で口取り。

という、壮大な夢を見たんですが…

仕方ありませんね…




ただね、最初は残念だなと思いましたが、

もう吹っ切れました。

切り替えの速さは誰にも負けませんから。

札幌2歳Sのことはもう頭にないです。




そして改めてこの決断を考えると

これは王道を進ませるということですから、

プラスに捉えていいものだと思います。

もちろん目指すは暮れのあのレース。

今年からG1に昇格したホープフルSです。

その前に東スポ杯を使うでしょうか。

なんならその前に芙蓉Sを使うなんてどうでしょう。

いや、このローテ完璧だ。

めちゃくちゃ楽しみ。




キムテツ兄さん、よろしくお願いします。

私をホープフルSに連れてってください。

そうじゃなきゃ許しませんよ。

調整ミスとか許しませんよ。









もし連れてってくれなかったら、


















俺の札幌2歳S返せ。(根に持つ)

ディロスのデビュー戦。

行ってきました。

噂のアイツのデビュー戦を見に函館まで。

前後で仕事が入っていたので日帰りだったんですが、

デビュー前から注目度が高く、

紙面でディロスの文字が躍るのを見て

これは見に行かなきゃとダメだなと。

そんなわけで朝5時に起き、

家族を引き連れて函館へ。




競馬場には9時半過ぎに到着。

2Rからたしなむ程度に馬券を買い、

たしなむ程度に外れ、

昼食もたしなむ程度に食べ、

さあいよいよアイツのデビュー戦。

よし、家族を置いてパドックへGO。

しかし、あいにくの雨…

あ、傘置いてきちゃった…

私はずぶ濡れが鈴木ちなみの薄いコメントの次に嫌いなので

屋根のあるところから愛馬を撮影。

お、愛しの…

愛しのアイツが出てき…





DSC02324.jpg












ディロぉおおおス!











すいません、つい興奮してしまいました。

ディロスに会うのは2月以来。

牧場にいた時のほわんとした雰囲気と違って、

なんかこれから戦うぞというキリっとした感じが漂っていましたね。

競走馬らしくなってきているんだね、ディロス。

しかし、なんて堂々としてるんだ…

後ろの馬たちが立ちあがったり

何かに過敏に反応したりして取り乱しているのに

ディロスは全く動じない…

あなたのお父さんは本当にステイゴールドですか…

同じ父のゴールドフラッグはパドックでは主役級の

ひどいありさまだったのに…

さすが兄がゴールドシップなだけはある…

それにしてもディロスは本当にすごい落ち着き様。







DSC02336.jpg







周りがうるさくても我関せず。

これは期待できる。







DSC02339.jpg


馬場入場。

ル・メールさん、よろしく。

単勝1.7倍ですか。

すごい支持率ですが、ル・メールさんなら大丈夫でしょう。

芝は良発表でしたが、力がいりそうな馬場になってきましたね。

ディロスは育成時代からパワーがあると言われてきたし、

血統的にも問題ないでしょう。





さあ、いよいよスタートの時間。

胸が高鳴る…

やるんだディロス。

勝利に向かって…

ガッシャン!




DSC02342.jpg


スタート!

いいスタート。

行きたがっていましたが抑えて3番手追走。

いい位置だディロス。




道中は新馬戦特有のゆったりとしたペース。

ちゃんと折り合ってるぞディロス。

いいじゃないか。




3コーナーあたりからペースが上がる。

徐々に押し上げていくディロス。

4コーナーでは先頭に並びかけて直線へ。




ディロス先頭!

ディロス先頭!

いけー!ディロース!

そのままぁぁー!

突き放せぇぇー!

せっかく家族を説得して日帰りで函館まで来たんだから、これで負けるわけにはいかないんだぞぉぉ!帰りの車中は何としても明るい雰囲気にしないとぉぉ!わかってんのか、ル・メールさんよぉぉ!子供たちは今の時点でもう競馬場に飽きてるんだから、この後、父親も暗かったら可哀想だろうがぁぁ!帰りに機嫌とるためにラッキーピエ















ディロス新馬戦













ディロス 1着












ディロス(2歳・牡・新馬)
[父:ステイゴールド 母:ラトーナ]
2017/07/16 <レース結果>
函館5R メイクデビュー函館 芝1,800m 優勝
C.ルメール騎手は「乗りやすくていい馬ですね。道中は問題なく運ぶことができ、最後はゴーサインに応えてしっかり脚を使ってくれました」と話していました。

騎乗したルメールは「走りそー」と大物感を含ませたのが第一声。「ペースは遅すぎたけど3番手でリラックスしていた。距離も馬場も問題なし。いい反応で4角からもいい脚。余裕!」と振り返った。(スポニチより)


DSC02347.jpg




やりました…

圧倒的な人気に応えての勝利。

嬉しい…

嬉しすぎる…

わざわざ函館まで来た甲斐があった…

ありがとう、ディロス。

これから期待しちゃうな、この勝利は。




DSC02348.jpg


DSC02361.jpg


お疲れさま、ディロス!






この後、函館競馬場に来ていたベルさんにお会いして祝福してもらいました。

ありがとうございました、ベルさん。

他にも応援してくれたみなさま、ありがとうございました。




さあディロス、次はどこへ行く。

札幌2歳Sでしょうか。

ぜひそちらに向かってもらいたいですね。

そして暮れにはホープフルSが待ってますよ…って

まだ早い…

まだ1勝…

そこまで行きたいものですが、

これからディープ軍団が出てきますし

つおいヤツらがわんさか出てくるので

期待はほどほどにしておきます。

ただ、競馬場に来ていた古谷剛彦さんも

ディロスは函館開催の中では一番の器だと

レース前の予想で言っておられましたからね。

それなりにはやってくれるんじゃないかと思ってます。






というわけで、ディロス。


まずは1勝してくれてありがとう。


夢を見させてくれる勝利をありがとう。



レースの疲れをとって





次は、













札幌で会いましょう。
(キムテツさんよろしく)


俺の2歳戦、始まる。

待ってました。

待ち焦がれてました。

この馬がいい、あの馬がいいと

カタログとにらめっこし、

DVDを見まくり、

ツアーや牧場見学で馬を触りまくる…。

そんな15年産募集馬を検討し始めてから約10ヶ月。




ついに私の2歳馬も今週デビュー。

タイトルを大声でもう一度言わせてください。








俺の2歳戦、始まる。








ありがとうございます。

気合が入りました。




この世代は10頭出資とやりすぎた感がありますが、

かなり期待をしている世代です。

シルクでは1次募集の抽選では1勝4敗で

1頭しか取れませんでしたが

無抽選で取れた馬や、

その後の通常募集でほしい馬に出資できましたんで、

満足していますし後悔はない世代です。




picot2歳軍団のトップバッターで

今週函館でデビュー予定なのが

シルクの一次募集の抽選で唯一取れたディロス

この馬は本当にほしかった一頭なので出資できてよかった。

もともと期待はしていたんですが、

このディロス。

なんとデビュー前からものすごく評価が高いのです。

キムテツさんの近況コメントでも

それなりに期待の高さは感じ取れましたが

先週のウイニング競馬の天栄リポートで

期待の2歳馬として天栄場長の木實谷さんから紹介され

さらに期待度が上昇。

それがコチラ。




ウイニング競馬ディロス1

ウイニング競馬ディロス2

ウイニング競馬ディロス3




ははは。

期待度が高いのはわかりましたけど、

まだデビュー前なのに

来年のクラシックとか、

なにを言ってr…


















真に受けますよ。
















というわけで、

今週のデビュー戦は

来年のクラシックに続く第一歩。

負けられない…

こんなに期待されてるんだから

絶対に落とせない…




でもまあ、まだ競馬場で走ってもいない馬に

あまり過剰に期待を寄せるのも酷です。

ちょっと力が入りすぎてしまいました。

他にどんな馬が出るのかもまだ知りませんし、

まずは次につながる競馬ができればそれでいい。

キラリと光るところが少しでも見られればいい。

まだ右も左もわからない2歳馬ですから。

はじめての子供の運動会を応援する感じで見守りたいです。







そんなわけで、ディロス。



















勝て。


走る気は見せたね、パドル。

19800735_1615673015109767_2499935299353679184_o.jpg







パドルウィール(6歳・牡・OP)
[父:クロフネ 母:レストレスハート]
2017/07/10 <レース結果>
7/9(日)福島11R
 七夕賞(GⅢ)〔芝2,000m・12頭〕8着[9人気]
まずまずのスタートから無理せず、道中は8番手辺りを追走、4コーナーでラチ沿いを回って進出していき、直線で空いたスペースを突こうとしますが、進路を見つけるのに手間取り、最後は流れ込むように中団のままゴールしています。

石橋脩騎手「先生からは中団くらいでとのことでしたが、スタート直後から前がやり合うのが見えて流れが速くなりそうだったので、無理にポジションを取りにいかずにこの馬のリズムで走らせました。道中の手応えは良かったですし、みんなが動いたところでも反応してくれていたのですが、内枠で下がってくる馬がいたり外から押し込まれたりで、勝負どころを上手く捌けませんでした。直線で内に入れてからも最後まで気持ちを切らさずに走ってくれていただけに、道中どこかで外に出して動きたいところをもう少しスムーズに乗れていれば掲示板はあったと思います」

中尾秀正調教師「全体的に流れの速いレースになりましたが、それにも上手く対応してくれたと思います。内枠だったので仕方がないですが、勝負どころをもう少しスムーズに動けていれば、あるいはという内容だったと思います。でも、ここ数戦気になっていた、自分から競馬を止めてしまう面は見られなかったですし、パドルからすごく走りたい気持ちを感じることができました。暑い中頑張ってくれましたし、今後は週中の様子を見てから決めさせていただければと思います」





話題になっていますが、

マルターズアポジーに競り掛けたフェイマスエンドの

シルク的にいうとナイスアシストのおかげで

ハイペースになった七夕賞。(ゼーヴィントおめでとう)

事前から今回は後方から脚を溜めると公言していたパドルにとっても、

まあ展開的には悪くなかった。

前から進めたらまたズルズルの展開だったでしょう…

しかし、石橋しゃんも内にこだわってしまったと言ってましたが、

3コーナーから4コーナーにかけて

前が詰まって位置を下げてしまったのが痛かった…

直線向いたところであの位置では

切れないパドルの脚では無理…

できれば直線入るところでもう少し前にいたかった…

ただ伸びてはきているし、ちゃんと競馬にはなっていた。

まだ走れるんだということを確認できたという意味では

まあ悪くないレースだった。

54kgだったんでもうちょっと…

と思うところはありますが、まあいいです。




問題なかったら次もサマー2000シリーズでしょう。

小倉記念いきますかね。

小倉記念ではもっと少ない斤量でお願いします。

鞍上は松山君でいい。

アルアインの悔しさをパドルで晴らせばいい。

勝っちゃえばいい。

いや、3着でいい…(現実主義)




というわけで、

これからさらに暑くなりますが、

元気に小倉記念を迎えよう、パドル。(まだ決まってないけど)

まだやれるぞ。

目指せ50戦だ。

その間に1勝くらいしてください。




このレースで重賞挑戦が11戦を迎えたpicot軍団。

しかし未だ重賞未勝利…

いつ勝てるのか…

どうやって勝つのか…

重賞勝つのってムツカシイ…

この壁を破ってくれる愛馬ちゃん募集…


パドルの七夕賞

19092738_1583069485036787_6409345781802459568_o.jpg






パドルウィール(6歳・牡・OP)
[父:クロフネ 母:レストレスハート]
2017/07/05 <調教タイム>
 助 手 7. 5CW不 85.5- 69.0- 54.0- 39.7- 11.5[8]一杯追伸る

2017/07/05 <所有馬情報>
在厩場所:栗東トレセン
調教内容:5日にCWコースで追い切り
次走予定:福島7月9日 七夕賞(G3)〔石橋脩〕
中尾秀正調教師「5日にCWコースで追い切りました。先週長めからしっかり時計を出しているので、今回は終いの反応を確認する程度で行いました。前走は結果を出すことが出来ませんでしたが、はっきりとした敗因がわかっていますし、何とかリベンジしたいですね。落鉄の影響がなかったのは幸いでしたし、この中間も馬っ気を出すなど、この馬特有の調子の良さが窺えます。ここ最近は好走した時のように先行力を活かす競馬をしていましたが、今回は初心に戻り、無理せずじっくり追走させる競馬をしてもらおうと思っています。ハンデも54kgと恵まれたので、末脚を上手く活かしたいですね




正直、ここ数戦はパドルに裏切られ続けている…

全く強気になれない…

去年中京でレコードを出し、

G2でも2着に来たパドルはどこへ…

どこで歯車狂ったのか、

もうパドルは終わりなのか、

いや、パドルはまだ終わらない。

実は福島巧者だということをみんなまだ知らない。

私も知らない。

多分違う。

福島巧者じゃなくても、

勝てる要素はある…

中尾先生曰く前走の敗因は落鉄。

でもこの中尾先生の決めつけも違う気がしている…

落鉄だけであそこまで負けない…

あれ、勝てる要素が遠ざかった…

他に何か…

あ、ハンデが54kg。

もっと軽くても…という声もあるけど

パドルより軽いハンデの馬たちを見ると

この馬たちと同レベルとはならないから妥当なところ。

そして、今回はパドルの原点でもある

後方から脚を溜める競馬をしますよ。

しかし、なぜ福島でこれを…

でもまあ、今は何かしらの変化が必要なので、

これがプラスになるといい…

ただ、どうだろう…

今のところ強気になれる要素はハンデだけ…

あとは…

あ、そういえば

七夕賞はここ2年、

父クロフネ、母父サンデーが3着に来ているという

なんとも頼もしいデータがあるらしい。

やっと強気になれるデータがありました。

これでパドルが勝つ可能性もゼロではな…

いや、これだと3着の可能性しか導き出せない…




やはり今回は優勝ではなく、





今のパドルの立ち位置と、







データを素直に受け止め、














3着目指そう。(て言いながら勝っちゃえ)

涙が…

19488949_1607678482575887_8206939320017819651_o.jpg





アリンナ(3歳・牝馬・OP)
[父:マツリダゴッホ 母:ヴンダーゾンネ]
2017/7/2 (中京競馬場)
馬体重:408kg
★7/02(日)
中京・CBC賞(G3・芝1200m)高倉稜騎手 結果17着

出負けしたわけではなく、スタートから他馬とのスピードが違い過ぎましたね。真ん中の枠も災いして、内と外から蓋をされるように前を閉じられたら、ハミを全く取らなくなって走るのをやめてしまいました。揉まれる競馬も初めてで、それにとまっどってしまったこともあるのでしょう。この形の敗戦を経験したことで、今後の糧になってくれればと思います」(高倉稜騎手)







クードラパン(4歳・牝・1000万下)
[父:ダイワメジャー 母:ルシルク]
2017/07/02 <レース結果>
函館12R 道新スポーツ杯 芝1200m 6着
松岡騎手は「ゲート裏から他馬を気にする素振りを見せていたのですが、ゲート内で他の馬が暴れているのに反応して萎縮していました。ペースが緩くなりましたし、自分から動いて行ったのですが外を回らされて厳しい展開となってしまいました」と話していました。






涙が止まらない…

アリンナ、クードラパンとも残念な結果…

どちらも人気にはなってはいなかったけど、

それなりに期待しはしていた…。

特にアリンナには、一発あるんじゃないかと思っていただけに…

古馬の壁に跳ね返された感じですね。

力不足です…

次走は予定ではアイビスSDと言っていましたが、

馬体重の細さが気になりますね。

今日も最低馬体重更新の408kg。

100kg以上違う馬たちとやり合うことになるので、

もっと増やしてほしいですね。

今後のことを考えるとノルマンディーFの青草で…




クードラパンは…

これで終わりじゃないところを見せてほしい…

しかし、きっかけがつかめない…

今日も4コーナーまではいい感じできていましたし、

良くなりつつはありますので次はもっといい競馬を見せてほしい。

このまま滞在で使い続け、

ダメならダートというのもありかもしれません。

とりあえず、次は潮騒特別使って、

その後札幌でお待ちしております。


次走予定

10/ 7   キャンディケイン

東京・2歳新馬 芝1400m

10/ 9   ウィッシュノート

京都・3歳以上500万下(牝)ダ1200m

10/14   キングスヴァリュー

東京・2歳未勝利 芝1800m

10/15   トラソニャータ

東京・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
5-6-6-6-6--27
出資馬一覧
2016年産
アンティフォナの16
マハーバーラタの16
ツルマルワンピースの16
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター