プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

ボールはともだち

翼くんの名言に

こんなものがあります。













ボールはともだち













そう、



ボールは大切なともだち。

いつまでも一緒にいたい存在。






苦しい時、

つらい時も、

ボールがあれば

乗り越えていける…






そう、

















ボールはともだち。
そして、かけがえのない宝物。

























アナザートゥルース(3歳・牡・500万下)
[父:アイルハヴアナザー 母:キョウエイトルース]
2017/5/31 (オカダスタッド)
馬体重:464kg
28日(日)に厚賀・オカダスタッドへ移動しました。現在はパドック放牧のみにとどめています。輸送熱などなく無事到着していますが、長距離輸送の影響で体が減ってしまったため、今週一杯は楽をさせる予定です。こちらに戻ってきてからまだ日は浅いものの、他馬を見ると耳を前後左右に激しく動かして鳴き、馬っ気の強さなど精神面に幼さが見られる現状を踏まえて、今後の方針について高木調教師と話し合いを持ち、筋肉質で逞しくなり過ぎる血統面からの傾向と、有り余っているエネルギーを抑えることでより走ることに集中させたい考えから、近日中に去勢手術を施すことになりました。半兄サウンドトゥルーやルールソヴァールに性格や特徴がよく似ていることからも、その効果は大きいはずで、この秋の飛躍が楽しみです。
NO BALLS






















アナザートゥルース、



















ともだちを失う。

よく走るウィッシュノート

先週、出資馬のウィッシュノートが

未勝利戦に出走し3着でした。

勝ち上がれなかったのは残念ですけど、

ウィッシュノートは本当に頑張り屋さんで、

このレースが10戦目の出走。




そして、なんと

我らが一口馬主DB(Dynamic & Beauty)さん調べによると

シルクの14年産獲得賞金ランキングで

1勝もしていないウィッシュノートが










16位にランクイン。(72頭中)






シルク14年産獲得賞金ランキング5_28





回収率ランキングではなんと8位。




この世代のシルクは72頭募集で

5月28日現在、勝ち上がりは28頭(勝ち上がり率:38.9%)

勝ち上がった馬たちを差し置いて

堂々の16位。




これはすごい。

やっぱ馬は走らなきゃね。

ちなみにシルクでウィッシュノートの10戦に続くのは

8戦している馬が2頭。

7戦している馬が4頭。




うーむ、ウィッシュ抜けてますね。

頑張る仔や…




ただ、安田先生はこの馬の所属を

たくさん走らせることをコンセプトにしている

ノルマンディーと勘違いしているんじゃないか

という疑惑が持ち上がっていますが、

まあそれでもいいんです。

あっち系天然の安田先生なので

ホントにあり得そうですが、構いません。

これからもいっぱい走っていっぱい稼いでください。






せっかくなので、

2歳戦開始からちょうど一年経ったこの時期までに

10戦以上している3歳のクラブ馬を調べてみました。

10戦以上している馬は全部で28頭





内訳は、



ラフィアン:18頭

ウイン:3頭

社台:2頭

ライオン:2頭

東京:1頭

ロード:1頭

シルク:1頭
(ウィッシュノート)

(13戦:2頭、12戦:2頭、11戦:7頭、10戦:17頭)





ラフィアンすげぇな…

イメージではウインとほぼ同じクラブ体制だと

勝手に思ってたんですが、

ちょっと違うんでしょうか、

断トツで走らせてます。

11戦以上している馬のうち

11戦に社台、ウイン、ライオンの馬がいますが、

あとは全部ラフィアン。

クラブのコンセプトがはっきりしていて気持ちイイ。




意外なことに社台馬が2頭入っていて驚き。

ここはノーザンとの違いなんでしょうか。




ノーザングループではウィッシュが唯一の10戦ですから、

やはりすごいことですよ。

ちなみに東京の馬は日高産。




今回のウィッシュはノーザングループとしては

まれなケースですが、

いやぁ、やっぱり上に挙げたクラブのように

馬をいっぱい走らせるクラブっていうのはいいですね。




ちなみにノルマンディーは

2歳戦からガツガツ使わないので

この時期までに10戦している馬はいないんですが、

3歳からはいっぱい走らせるので

平均出走率は高めです。








ウィッシュノートの話から

広がりすぎてしまいましたが、

ウィッシュノートの話に戻しますと、

前走の走りを見るとかなり成長が見られますし、

勝ち上がりはそう遠くないはずです。




この夏でキメよう。

サマーウィッシュしよう。

というわけで、

頑張り屋さんのウィッシュノート。

歓喜まであともう少しなので

頑張ってください。

18672859_1565691346774601_915143813480259217_o.jpg

ソルオリーヴァがG1出走する馬を煽ったいうので見てみた。

ソルオリーヴァといえば、

デビュー戦が12頭立ての10着。

2戦目の未勝利では15着でタイムオーバー。

久々の前走も15着。

一度も一桁着順すら経験したことがない。




この時点で勝ち上がりに超不安を抱いてしまうような…

ていうか、未勝利確定の判を押されてもおかしくない、

そんなお馬さんだったわけですが、

遅生まれということもあり、

ここにきて馬が一気に成長を見せているようです。




最近の動きは以前のソルオリーヴァではない。

前走の時にも同じことを言いましたが、

今回は本当です。

信じてください。




何を根拠にって?

それでは先週の大竹先生のコメントをご覧ください。





ソルオリーヴァ(3歳・牡・未勝利)
[父:スズカフェニック 母:ナリタオリーブ]
2017/5/26 (美浦トレセン)
21日(日)に坂路コースで4ハロン58.8-43.4-28.4-13.7を単走で馬ナリに追われ、25日(木)にはWコースで6ハロンから0.9秒追走して併せ、79.0-63.8-49.9-36.1-12.5を馬ナリに追い切りました。
「先週の追い切りで併せたスワーヴラーシドが特別戦(新潟・湯沢特別)を圧勝。
今週も格上のグレーターロンドンをアオるような動きを披露して、今トレセンではちょっとした話題になっているようです
ここ数週はそれほどの内容濃い稽古を消化してこれています。
贔屓目なしに、ここにきての成長ぶりが著しいですし、今のソルオリーヴァなら期待を持ってレースに臨めますよ
来週6/4(日)東京・3歳未勝利(芝1400m・混)を予定しています」(大竹正博調教師)




グレーターロンドンといえば、

父:ディープインパクト、母:ロンドンブリッジ

姉がオークス馬・ダイワエルシエーロという良血で

7戦6勝2着1回というすごい成績を引っさげて

いざ初のG1・安田記念に挑む、というあの馬。

ソルオリーヴァはそんな馬の大事な一週前追い切りに

一緒に走らせてもらったわけですが、



なんと…



そこで…



あろうことか…



グレロン先輩を…











煽っちゃったもよう。










ソルオリーヴァくん…

君が力をつけているからって、

グレロン先輩を煽っちゃいけない…

相手はチーム大竹の3番手に位置する通称・ロンドンのグレたナイフ。

キレたら怖いグレロン先輩ですよ。(前々走上がり3F:32.3秒)

おそらく、厩舎に帰ってから

グレロン先輩に呼び出しを喰らっていること間違いなし。

1、2発は殴られているでしょう。

下手したら、ガムテープで”すね毛”抜かれてるかもしれません。

やはりG1の一週前追い切りですからね。

そこは先輩に食らいつかずいい気持ちにさせないと。




そんなソルオリーヴァのメンタル面はちょっと心配なところですが、

出資者としては嬉しい成長ぶり。

ではレーシングビュアーの重賞調教で

ソルオリーヴァの煽りっぷりを

みなさんと一緒に細かく確認していきましょう。








グレーターロンドンとの調教1





おお!























グレーターロンドンとの調教2





おお~














どうでしたか、みなさん。

細かく見ていきましたが、



想像以上に












すごい煽りでしたね。











これは期待できますよ。




ノルマンディストのみなさん。

ソルオリーヴァは今週やっちゃいますね。

大竹先生の自信も凄いですし、

美浦トレセンで今一番話題の馬ですよ。(そこまで言ってない)




ここはみんなで、




ソルオリーヴァの単勝で勝負して…














4次募集に臨みましょう。














儲けたらリンダムーンの15に5口いきましょう。

コールミーシュガーの15に10口いきましょう。




ソルオリーヴァの出資者で、

リンダムーン募集を待ち望んでいたアキュチャーさん

おそらく単勝1万の大勝負に出ると思いますが、

私はそれを素直に応援したい。

リンダムーンだけじゃなく、

クイーンズトゥルーとハーランズパンサーの15も

買ってもらいたい。

えらい景気のいい話になってしまいましたが、

でも、今回はそれくらい可能性があるレースです。






というわけで、

みんなの期待を背に…

全国のノルマンディストを幸せにするために…



















頑張れ、ソルオリーヴァ。
(なお、私は複勝300円)


連闘BJ

ノルマンディーの黒い内臓脂肪こと

ブラックジェイド(BJ)が

連闘で…

なおかつ東京遠征してまで

勝ちに来た昨日のレース。




BJに合う条件ということで

ダートの長距離レースを求めて、

こんな無理をしてまで臨んだので、

ぜひとも勝って帰りたい。









何がなんでも勝ちたい。












そんなBJにとって大事な一戦となったこのレース。

鞍上にはノリさんを迎え、必勝態勢。




では、直線の熱い戦いを

名物アナウンサーの

ピコ本清さんの実況と共にどうぞ。






BJ500万下1


さあ直線に入った!

まだ先頭はブラックジェイド

今年もあなたの、

そして私の夢が走っています。(3歳500万下)

あなたの夢はコトブキファルコンかブッラクドーンか

私の夢はブラックジェイドです。

さあ先頭はブラックジェイド!







BJ500万下2


外から何かが飛んで来たぞ!

凄い勢いで何かが飛んで来た!

これは凄い脚!

何かが凄い脚!

2頭の一騎打ちになった!

2頭の一騎打ちになった!

あとはもう来ません!

ブラックジェイド踏ん張れるか!

ブラックジェイド踏ん張れるか!

ここからが本当の勝負!

夢に見た栄光のゴールに向かって!







BJ500万下3


ブラックジェイド並ばれた!

並ばれたが…

また盛り返す!

凄い根性だ、ブラックジェイド!

ムチなどいらぬ!ムチなどいらぬ!(いる)

押せ!ブラックジェイド!

しかし、外から来た何かも食い下がる!

伸びてきた!伸びてきた!何かが伸びてきた!

これは噂に違わぬ強さであります!

ブラックジェイド頑張れ!







BJ500万下4


どうだぁー!

うわぁー

2頭ならんでゴールイン!

交わされたのか、踏ん張ったのか!

私の夢、ブラックジェイドぉ!

これは凄い競馬になりました!

平成の名勝負になったといっても過言ではありません!



いやぁ~大坪さん。

これは見応えがありましたね、

2頭の直線の攻防。

何でしょうかこの興奮冷めやらぬ余韻は。

場内がざわついております。

外から来た何かも相当な…













結果








ハナ差 2着










ブラックジェイド(3歳・牡馬・500万下)
[父:スペシャルウィーク 母:クイーンナイサー]
2017/5/20 (東京競馬場)
馬体重:520kg
★5/20(土)東京・3歳500万下(ダ2100m・混)横山典弘騎手 結果2着
本当にいい馬。まだ物見したり、他馬を蹴りに行くような幼い面があると聞いていたが、今日はそういった面を潜めていた。連闘だったり輸送競馬だったりと必ずしもいい条件ではなかったと思うが、それでいてこれだけの競馬ができるんだから能力が高い。道中びっしりとマークされていたし、並んで口向きの悪さを出していたけど勝ち馬も強かったね」(横山典弘騎手)
18664641_1852143988382727_3289352101582606827_n.jpg





うぉ…



うぉ…









うぉすぃ…(惜しい)








この言葉に尽きます。

勝ちたかった…

本当に勝ちたかった…




でも、

能力の高さは見せてくれたし、

ノリさんもBJの能力は高いと言ってくれたし、

やっぱりBJはいい馬だと思えた一戦になりました。

BJのこれからがさらに楽しみになりました。




昨日の走りを見て思いましたが、

芝にしてもダートにしても

BJは距離長いところじゃないとダメみたいです。

でもダートの長距離は番組少ないですから、

ここは北海道シリーズで結構ある芝の長距離レース使って、

そちらで勝ち上がって

秋には菊を目指すというプランはどうでしょうか。

昆先生の判断に注目です。




まあとにかく、BJはよく頑張ってくれましたよ。

芝でもダートでも可能性を感じさせてくれますし、

本当に楽しみな馬ですよ。

これからもっと大きいところで楽しませてくれる

馬になってもらいたいですね。





この夏、さらに成長して、













でかいところ狙おうぜ、BJ。


めっちゃ速いンナ

今週愛馬オープン出走3頭祭りの途中ですが、

嬉しい勝利があったので、

報告させていただきます。










葵S








アリンナ 葵S(OP) 優勝。








アリンナ(3歳・牝馬・OP)
[父:マツリダゴッホ 母:ヴンダーゾンネ]
2017/5/13 (京都競馬場)
馬体重:412kg
★5/13(土)
京都・葵ステークス(3歳OP・芝1200m・混)藤岡佑介騎手 結果:優勝
「一回叩いた分なのか、前走の1400mよりも逆に今回の方がスタートからリキまずに走れていましたし、折り合いも楽でしたね。次走はブリンカーを外してチークピーシズに替えてもいいと思いますよ。アリンナの最大の武器であるスピードと合わせて考えても、現状は1200mがベストディスタンスでしょう。千直も面白いと思います。直線で後続を突き放しにかかりフワーッとなったので左ステッキを入れたら右にモタれて、右ステッキを入れたら左にモタれたけど、最後はまだ余力がありましたね。なんとか前走と変わらない体重で出走できましたが、これくらいがギリギリ大丈夫なところだと思います。最内枠をひき、脚質的に道悪馬場も味方し、執拗に他から絡まれることもなくスムーズなレースが出来て、色々と恵まれた点もありましたが、ここで決められて本当に良かったです」(藤岡佑介騎手)





馬場は不良。

馬体重は前走-14kgと大きく減らした馬体重と同じ。

増えてない。

スピードある馬だし、体も小さいですから

不良馬場はマイナスじゃないかと思いましたし、

前走の敗因は-14kgだと思ったので

増えてない今回は厳しいだろうなと思いましたね。




しかしね、考えて見ればアリンナはプールの女王。

水は得意です。

あれだけプールに通えば、

おそらく進化して水かきも備わっているのでしょう。




馬体重は今回もマイナスに働いたと思いますが

それも苦にしないほどのスピードで

押し切っちゃったという感じなんだと思います。




それにしてもアリンナ、

めっちゃ速い。

アリンナのスタートと二の脚を見ると

いつも爽快。

周りが頑張って前に行こうとしているのを

あっさり交わしちゃってハナ切るのは

毎回たまらない。

レース序盤でこんなにたまらないのに

そのまま押し切っちゃうときは

愉快、痛快、怪物くんです。




現地観戦したアリンナ仲間のワンパラ大王さんから教えてもらったんですが、

藤岡佑騎手は「現役馬の中でも屈指のスピード馬」と仰っていたそう。

すごいなアリンナ。

これはもっと上でも楽しませてくれるんじゃという期待が…

いつか重賞なんて夢を…

いや、まさか…じーわんとかいう世界に…




私の妄想は甚だしいのでこの辺でSTOPをかけますが、

でもホント楽しみですよ、アリンナは。

昨日はいい思いをさせてくれてありがとう。

そしてこれからもっと楽しませてください。




さて、愛馬がオープン勝ちましたから

一口馬主としてはやるべき行動はひとつ。

前に宣言した通り、

さっそくやってやりました。











次回








「仲間が増えました」(ハムじゃないやつ)

今週は3頭がオープン走るよ。

なんと、今週は

出資馬6頭が出走予定。

最近の傾向なんですが、

うまくばらけない。

4月は出資馬のレースが3つあったんですが、

3つとも同じ週。

楽しみは一週間だけ。




5月もレース数で見れば

まあまあ走ってくれるんですが、

今週一挙に6頭って…。

たくさん出資馬いる方ならわかりますけど

私レベルで6頭は多いな。

本当はもっとばらけてくれて

毎週楽しみがある、というのが理想ですけど。

でもまあ、こういうお祭りのように

短期間で一気に盛り上がるのも楽しみではあります。




そして、なにが楽しみって、

タイトルにも書きましたが、

6頭のうち3頭がオープン戦。




アリンナ 葵S(京都・芝1200m)

パドルウィール 都大路S(京都・芝1800m)

アナザートゥルース 青竜S(東京・ダ1600m)





いやぁ、これは楽しみ。

そしてこれはすごいですよ。

3頭も同一週にオープン走るなら

1頭くらい重賞走ってもいいですよ、普通。

重賞に3頭出るよりも難しそう。

私はまだオープンでの勝ちは経験していないので

ぜひともどの馬かは勝ってほしいものです。




その他にもダートに戻ったブラックジェイドの500万下とか、

仕上がってないけどとりあえずデビューすること優先のビターレ

ついに勝ち上がるか、いやそろそろ勝ち上がってちょうだいのウィッシュノートとか、

楽しみ満載の週末。




6頭もいたらどれか勝ってくれるでしょ。

いやお願いだから勝ってください…。

特にオープン走る3頭。

君たちには期待している。(賞金面で)

まあできればオープン組に勝ってほしいけど

それ以外の馬たちでもいい。

君たちのうち誰か一頭勝ってくれたら

私はね、ここに宣言しますけど、

PICOT FARMに仲間増やしますよ。




そんなの当たり前です。

出資馬が勝って賞金をGETしたら

そのお金は仲間を増やすことに使わなければなりません。

それが私の流儀。




というわけで、



今週出資馬が勝ったら、

















ハムスター増やします。(2匹目)

Bonjour ボンディール

シルクの2歳出資馬に

オルボンディール(Or bondir)という馬がいまして、

私はこの馬のこと、

オルと呼ぼうか、ボンディールと呼ぼうか、

はたまた本来の区切りを無視して

オルボンと呼ぼうか…

と、なんて呼ぼうか悩んでいたんですが

とりあえず、ボンジュール(こんにちは)と呼んでいます…

というどうでもいい話は置いておいて。




このボンジュール。

ステゴ牝馬というのが嫌われて

すぐには満口にはならなかった馬なんですが、

ドSジャパンでキャプテンマークを巻くほどの

代表クラスのドSを自負する私が、

未だステゴ牝馬で当たったためしもないのに

自信の2口勝負に出たという

今から失敗フラグ立ちまくっている…

かのように見えて、

実は結構いけるんじゃね?

ボンジュールやってくれるんじゃね?

と思っている今日この頃。




よく意味の分からない文章ですが、

何が言いたいかというと、

「難易度高いステゴ牝馬だけど

ボンジュールは意外と走っちゃうかもね」

と言いたいのです。




最初から簡潔にそう言えばいいじゃん

と思ったあなた。

さーせん…

その通りです…

次から2行でまとめます…




そんな回りくどく言いたいほど

個人的には期待している

ボンジュールの近況と調教動画をご覧ください。



オルボンディール(2歳・牝)
[父:ステイゴールド 母:サダムグランジュテ]
2017/04/01 <近況>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、週1回周回コースでハロン24秒のキャンター3,000m、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間、坂路調教の本数を2本と調教量を増やしています。登坂2本の内容もハロン16秒と高い負荷をかけていますが、まったく問題にせず気合満々に最後までしっかりと登坂しており、抑えるのが大変な程です
多少、神経質な面を見せ始めましたが扱うのに問題のない程度です。ここまで順調に進めてきているので、今後はペースアップよりも気性面に注意しながら進めていきます」馬体重435㎏
d_02640045.jpg



あっ、

ステゴ牝馬で出ちゃいけない

気性面コメントが…。

今まではステゴ牝馬にしては優等生。

牧場見学の時も

気性的にもステイのよくないところがない

という評価だったんですが、

やはり父さんの血は…

と言ってもまだそこまで心配するレベルではなさそうですので

今から無駄に憂慮しないことにします。




それより、私がこれまで出資したステゴ牝馬の中では

一番と言っていいほどの均整のとれた馬体。

そして軽やかな脚捌きで

ハロン15秒くらいでは余裕たっぷりに駆け上がってくるこの動き。

これはやっぱね、期待しちゃいますよ。




正直、ステゴ牝馬はここ数年

G1レベルの馬は出ていませんし

重賞も年1回勝てるかというレベルなんで

血統的にはそれほど自信は持てないんですが…



でも、

何を起こすかがわからないのが

父 ステイゴールド。

そのパルプンテ的な不思議な力に懸けてみたい。

馬自体の出来はいいし、

実質ステイゴールド最後の世代に

何かやらかしてくれそうな期待感もある。




というわけで、


今からワクワクが止まらない。


猛々しい妄想が止まらない。






期待しているよ











オルボンジュール。(微妙に違う)

News & お知らせ
【レース結果】
ウィッシュノートが3歳未勝利を11戦目で勝利!(6/17)

【お知らせ】
おみくじやめました。 飽きたから…。(6/17)

【レース結果】
アリンナが葵S(OP)を快勝!(5/13)
次走予定

7/  2   クードラパン

函館・道新スポーツ杯 芝1200m

      アリンナ

中京・CBC賞   芝1200m

7/  9   パドルウィール

福島・七夕賞   芝2000m

*7/16 函館記念の可能性もあり

7/16   ディロス

函館・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
4-2-4-4-2--18
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター