プロフィール

Author:picot
2013年からシルク、ノルマンディーに入会し、一口馬主となりました。

クラブ所属馬の情報・写真についてはシルクHC、ノルマンディーOCより転載許可をいただいております。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
全記事表示リンク
出資馬タグリスト
検索フォーム

シルク 16年産募集馬発表

なんと、シルクが…





16年産募集馬を発表。(遅い)






ネタとしては古くなってしまいましたが、

一覧載せて、

感想言って、

私の注目馬は…

というありきたりの流れをやりますよ。

それが募集馬が発表になった時の定石です。

このブログも定石を踏んだブログを

実は目指していますからね。

目指しているんですけど、

なんていうか…

非定石というか非常識というか…




では定石ブログとして歩むための第一歩として

宣言した通りの流れでやります。



シルク16年産募集予定馬

シルク16年産募集馬



ぱっと見、去年の方が豪華だったな、

という印象を持ちましたが、

よくよく見ると、

あ、これちょっと面白そうじゃない?

という馬が結構いる…

という感想。




次は、私の注目馬のコーナー。

私は、『血統知識は小2レベル』を自負しておりまして、

詳しいことはわかりません。

なので、一口を始めた時から

『馬を見ていいと思ったら血統はあまり考えない』を信条にしており、

そういう思いで毎回馬を選ぼうと思ってはいるものの

中途半端な血統知識と中途半端なデータを取り出して

結局中途半端な選び方をしているという

さっき言った信条は馬を選ぶとき43%くらい…。

いや、それもう信条じゃないじゃん…

そもそも信条ってナンデスカ…?

よくわからない内容になってきましたが…、

まあ何が言いたいかというと、

この一覧見ても注目の馬とかは

父と母と兄弟の活躍くらいでしかわかりませんので、

私レベルでは何も目新しいことは言えません。




ただ、一頭このラインナップの中で

心揺さぶられる馬がいましたね。

それはね、






シェアザストーリーの16(父:ゴールドアリュール)






私の元出資馬ブレーヴストーリーの弟。

私はね、実は未だにブレーヴストーリーの死を引きずっているんですよ。

女々しくてお恥ずかしいんですが、

彼の死は本当に私の心に強烈な爪痕を残していったんです。

デビュー戦後の突然の腸炎。

50kgも痩せた壮絶な闘病生活。

そして、回復を信じていた矢先の突然の訃報。

その頃はピュアな思い溢れる一口馬主2年目だったので

ものすごくショックだったんですよ。

今までは出資馬の兄弟だからって出資する

というスタイルはとってこなかったんですが、

ブレーヴストーリーだけは別ですね。

彼の兄弟が募集されたら出資したいと思い続けていました。

でもなかなかシルクでは募集されなかったんですが、

やっときましたね。

出資できるチャンスが。

これはいくしかない…

余程のことがない限りいきますよ。(明らかにこれは…というのだったら…)

おそらく、ゴールドアリュール産駒は

サマーハの16に人気が集中するでしょうから

チャンスです。

picot、行きます。




というわけで、

最後はちょっと湿っぽい、

馬場でいうと、やや重風のブログになってしまいましたが、

お許しください。

募集馬が発表になったので、

次はカタログ発送待ちですね。

7/20かぁ…

あと1ヶ月以上ある…

長い…

それまで暇なので、

一口馬主の定石通り、

募集馬の馬体を一頭一頭想像することにします。(定石外れ)


パドル、馬っ気を武器にエプソムCに挑む。



いざ、エプソムC










こんにちは。

いきなり今週の意気込みを表してみたpicotです。




ということで、

今週はパドルウィールがエプソムCに挑みます。

本番前の状態はどんなもんでしょう。

栗東の中尾君のリポートです。






パドルウィール(6歳・牡・OP)
[父:クロフネ 母:レストレスハート]
2017/06/07 <調教タイム>
 助 手 6. 7CW良 82.5- 66.6- 51.8- 38.5- 11.6[8]直強目追う

2017/06/07 <近況>
在厩場所:栗東トレセン 調教内容:7日にCWコースで追い切り
次走予定:東京6月11日 エプソムカップ(GⅢ)〔池添謙一〕
中尾秀正調教師「7日にCWコースで追い切りました。先週長めからしっかり時計を出しているので、今週は東京までの移動を考慮して行いました。終いの反応を確認する程度でしたが、スッとスピードが乗って抜群の動きでしたよ。都大路ステークスの時もだいぶこの馬らしさが戻ってきたなと思っていましたが、状態に関しては前走以上の出来だと思います。牡馬・牝馬関係なく馬っ気を出して煩いところがだいぶ目立つようになってきているので、良い頃の雰囲気に戻った気がします。週末は少し天候が崩れそうですが、極端な馬場にさえならなければ、それなりに対応してくれる馬ですから、他の馬より有利に働いてくれると思いますよ」

「小倉大賞典と金鯱賞の頃は追い切りで時計が出ても乗っていて物足りなさがありました。今は男性ホルモンがバンバン出て馬っ気が凄い。うるさいけど落ち着きがあって、中京でレコード勝ちしたときもこういう感じだったんです」(島助手/スポニチより)
d_02650201.jpg


今年に入ってから重賞で15着、16着と

まるで結果が出ていませんでしたが、

前走のOPでは復調を感じさせる4着となり、

状態が上向いた感があります。

パドルは基本やんちゃで元気な馬なんですが、

結果が出ていなかった頃は

そのやんちゃさ、元気さがなかったんですよ。

疲れなのか、時期的なものなのかはわかりませんが、

前走あたりからはそのへんが戻ってきているようなんです。

なんと言っても今のパドルは

男女構わず馬っ気を出してますから…

って…、それはどうなんだ…

でもそれも調子のいい証拠。

なので状態的には期待してもよさそうです。

調教も全体としてはまずまずの時計ですし、

直線ではしっかりといい脚使えていますので、

力は発揮できそうです。

ということで、状態面は◎




あとはコースや馬場や枠や展開ですね。

東京では今回乗る池添騎手で勝っていますので問題なさそう。

当日は馬場が悪くなる可能性もありそうですが、

今のパドルは渋った馬場も苦にしないでしょうから大丈夫。

前に行きたい馬が何頭かいますが、

それほど速いペースにはならないでしょうから、

なんとかいい位置で競馬をして、直線早めに抜け出して

粘り切るような競馬をしてもらいたいです。

枠はフルゲートになりそうですし内がいいですね。




メンバーも同じシルクのアストラエンブレムは人気になりそうですが、

ものすごく抜けた存在という馬はいませんので、

どの馬が勝ってもおかしくないレースになりそう。

パドルにもチャンスはありますよ。




ということで、今週のエプソムC、

これは面白いレースになるんじゃないでしょうか。

パドルがやってくれますよ。

中尾先生は、パドルをサマー2000シリーズに

参戦させる意向を示していますので、

その前に弾みをつけたいところです。




パドル、人気にはならないだろうけど、

みんなを驚かせよう。



私もね、今回ばかりは









自信がありますよ。













エプソムCで…












エプソムCで…
















初の…!




























重賞勝利だ。(小声)


先週の結果(6月4日)

最近、ちょっとずつブログ更新頻度が増えてきました。

少し休養期間をいただいたことで、

モチベーションが戻りつつあります。

ただ、内容はひどい…

適当感は以前より増しています…

でもこんな感じで続けていきますよ。




先週は出資馬2頭が出走。

勝ち上がりを目指す、キンナリーとソルオリーヴァ。

さて結果はどんなもんじゃい。




キンナリー(3歳・牝・未勝利)
[父:ディープブリランテ 母:カラヴィンカ]
2017/06/05 <レース結果>
6/4(日)東京1R 3歳未勝利〔D1,600m・16頭〕3着[2人気]
まずまずのスタートを切るも行き脚が付かず、道中は後方3番手辺りを追走、直線で大外に持ち出し追い出されると、一完歩ずつ差を詰めたものの上位2頭には届かず、3着でゴールしています。
戸崎圭太騎手「スタートは出てくれましたが、トモが嵌ってくるまで時間が掛かるので、前半は置かれてしまいました。道中は折り合いもスムーズでしたし、力がある馬なので最後はしっかりと脚を使ってくれました。走りがゴトゴトしていたように、まだ体質的に強くありませんし、時間は掛かると思いますがそこがしっかりとしてくれば、能力はある馬なのでもっと走ってくると思いますよ
田島俊明調教師「前半でもっと前のポジションを取れればいいのですが、まだ体ができていない分、どうしても後ろが嵌ってくるまでに時間が掛かってしまいますし、行きたがるところがある馬なので、押して行ってしまうと掛かってしまう可能性もありますから、難しいところですね。それにあの位置で我慢していたから、直線で上がり最速の脚を使うことができたという面もあったと思います。敗れはしましたが、前目に付けた2頭で決着した中で、しっかりと追い込んで3着にきてくれたように、力のあるところは見せてくれたと思います。この後は優先出走権を獲ってくれたものの、まだ体質的にしっかりしていないことやこれまでの経緯を考えると、無理せず間隔を空けた方が得策だと考えています。一旦放牧に出してしっかりと馬体をケアしてもらい、新潟開催辺りを目標に調整していきたいと思います」
18815286_1574798915863844_3586845990990053126_o.jpg

デビュー2戦目。

前走凄まじいまくりで3着と追い込んだのが評価されて

2番人気に推されました。

が、結果は3着。

今回も上がり最速のいい脚を使っていましたが、

位置取りが悪すぎた…

4コーナーではここですからね。

ほぼ最後方。
キンナリー未勝利4コーナー


ここからよく追い込んできましたよ。
キンナリー未勝利ゴール前


2戦続けて3着と力はあるところを見せてくれました。

最後確実に伸びてきてくれますし、

能力はかなり感じますよ。

あともう一歩。

何もなければ続戦でしょうし、

次で決めちゃいましょう。





ソルオリーヴァ(3歳・牡・未勝利)
[父:スズカフェニック 母:ナリタオリーブ]
2017/6/4 (東京競馬場)
馬体重:486kg
★6/04(日)東京 3歳未勝利(芝1400m・混)丸田恭介騎手 結果7着
「直線に向いた時の手応えからはもう少し上の着順に来ても不思議ない感じでしたが、結果もうひと伸びが足りませんでしたね。1ハロン長いのか、それとももう少し距離があった方がいいのか分かりませんが、いずれにしても時計の掛かる洋芝が合うと思います。休み明けにしては最後まで一生懸命走ってくれましたし、次は変わってきそうですよ」(丸田恭介騎手)
18881776_1858731897723936_4574177576512185284_n.jpg

調教でグレロン先輩を煽った…

その内容から一変を期待して臨んだ4戦目。

結果は7着…。

でも内容は大きくよくなっていましたね。

勝ち上がりの望みもない馬…という評価からは脱却。

勝ち上がれそうな雰囲気は出てきましたよ。

調教から変わったことはわかりますし、

あとはレースで力を発揮できるようになるだけ。

しかし、まだソルオリーヴァの適性が

この時期なんですけど今一つはっきりしない。

ダートよりは芝の方がよさそうですけど、

距離は縮めた方がいいのか延ばした方がいいのか。

あとは大竹先生の手腕に期待ですね。

よろしくお願いします。

丸田騎手、洋芝合うとか言っちゃってますけど、

北海道来そうですかね?

ぜひとも函館で結果を出してほしいです。






だんだん未勝利馬は後がなくなってきた…

キンナリーは故障さえしなければ勝ち上がれるだろう。

ソルオリーヴァは微妙だけど…、可能性はまだある…

picot farmでは現在、未勝利馬5頭抱えているんですが、

なんとか、2頭くらいは勝ち上がってほしいんですけど…

頑張るんだ、みんな。

この夏が勝負や!


にゃーた

私の出資馬一覧に

見慣れない名前が増えています。




と言っても、

また追加出資したわけではありません。

名前が決まっていなかった

シルクのストラスペイの15(父:ルーラーシップ)の

名前が決まったのです。




というわけで、

決定した名前をご紹介させていただきます。








ストラスペイの15改め…


















トラソニャータ


















もう一度言います。



















トラソ ニャータ
























にゃーた1にゃーた


















かわいい名前に決まってよかった。














これから、




にゃーたと共に


















頂点目指します。(ネコ界の)


ボールはともだち

翼くんの名言に

こんなものがあります。













ボールはともだち













そう、



ボールは大切なともだち。

いつまでも一緒にいたい存在。






苦しい時、

つらい時も、

ボールがあれば

乗り越えていける…






そう、

















ボールはともだち。
そして、かけがえのない宝物。

























アナザートゥルース(3歳・牡・500万下)
[父:アイルハヴアナザー 母:キョウエイトルース]
2017/5/31 (オカダスタッド)
馬体重:464kg
28日(日)に厚賀・オカダスタッドへ移動しました。現在はパドック放牧のみにとどめています。輸送熱などなく無事到着していますが、長距離輸送の影響で体が減ってしまったため、今週一杯は楽をさせる予定です。こちらに戻ってきてからまだ日は浅いものの、他馬を見ると耳を前後左右に激しく動かして鳴き、馬っ気の強さなど精神面に幼さが見られる現状を踏まえて、今後の方針について高木調教師と話し合いを持ち、筋肉質で逞しくなり過ぎる血統面からの傾向と、有り余っているエネルギーを抑えることでより走ることに集中させたい考えから、近日中に去勢手術を施すことになりました。半兄サウンドトゥルーやルールソヴァールに性格や特徴がよく似ていることからも、その効果は大きいはずで、この秋の飛躍が楽しみです。
NO BALLS






















アナザートゥルース、



















ともだちを失う。

News & お知らせ
【レース結果】
ウィッシュノートが3歳未勝利を11戦目で勝利!(6/17)

【お知らせ】
おみくじやめました。 飽きたから…。(6/17)

【レース結果】
アリンナが葵S(OP)を快勝!(5/13)
次走予定

7/  2   クードラパン

函館・道新スポーツ杯 芝1200m

      アリンナ

中京・CBC賞   芝1200m

7/  9   パドルウィール

福島・七夕賞   芝2000m

*7/16 函館記念の可能性もあり

7/16   ディロス

函館・2歳新馬 芝1800m

2017年成績
4-2-4-4-2--18
出資馬一覧
新着ブログ & ニュース記事
クラブリンク
シルクバナー

ノルマンディーバナー
カウンター